許さない。 

2007年12月09日(日) 15時22分
大切な人達のことは大好きです。

多分自分が傷つけられても、自分が大好きな人のことは、大好きであり続けるだろうなと思います。


でも、大好きな、大切な人のことを信じられない時があるというのが、今の現状なのです。





















私はどれだけ傷つけられても構わない。

それは私のことだから、きっと耐えられる。

・・・でも、もし私の大切な人を傷つけたなら、


その時は絶対に、

彼女はいたって普通の少女で、 

2007年12月09日(日) 15時08分
仲野 単と書いて、なかの ひとえ と読む。

当時中1だった彼女は、いたって普通の少女だった。
何か秀でた才能があるわけでもなく、何か特別な処があるわけでもなく。
どちらかというと目立たない、気がついたら居るような少女だった。

彼女を知る人物は言う。

「いっやー単ちゃんがあんな事するなんて思ってもみなかったわー」
「だって地味で目立たなくてさー」
「そういえばそんな子居たような気がしないでもない、って感じの人だったしー」



とうの仲野単はそんな話を聞き、
怒るでもなく、悲しむでもなく、
ただただ笑ってみせた。

「そうですね、多分あの人達のお陰です」

彼女は今、首相をしている。
日本で初の、女性の首相である。
支持率も高、他国からもとても良い国のリーダーであると言われている。



目立たない、内気だった少女が変わったのは何によるものなのか。

これは仲野 単に関する、過去の出来事のお話。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:刹那 三毛黒
  • アイコン画像 誕生日:6月16日
  • アイコン画像 趣味:
    ・読書-読むのももちろん好きだし、自作小説もあります。
    ・語学-最近はハリポタの最新刊の原書にチャレンジしようとしています。
読者になる
此処では自作小説を公開しています。まだまだ至らないところも多いでしょうが、どうぞ楽しんでいってください。
2007年12月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31