rice cafe♪ 

February 28 [Sun], 2010, 21:47
またまた近所のカフェにいった。

駒沢はわんこOKのカフェがたくさんあって、
お勉強するにはほんまにいいところ

1年以上住んでるのに、おそいな、って後悔。
1年前からやっていればなぁ、って後悔。

でも、後悔してても進まないから
明日を向いて行こう。


で、
雨上がりにランを住ませて、
きょうのお目当てのカフェにむかった。


きょうは、
rice cafe」。

米好きの私、
きっと「米」とは関係ないやろうけど、
ずっと気になってたとこ。


























インテリアの統一がされていなさそうで、
一体感がありそうで。


カラフルな色使いがきれいだった。



おトイレのロールもかわいいしね。



メニューは、
「ライスカフェプレート」を。



若鶏のソテー、
ほうれん草のソテー、
明太の乗った木綿豆腐、
れんこんとタケノコの煮物、
シャケ、
人参とジャガイモのサラダ、
そして、本日のスープのオニオン卵スープ。


人参とジャガイモのサラダがちょっとへんな味がした。
悪くなってるような、
きのせいかなぁ。

若鶏のソテーは皮がパリパリでおいしいの。

とっても大きいプレート。

こんなにがっつりなカフェごはんはめずらしいな。
でも、こんくらいがっつりがいい!




メニューはこんな感じ。

デザートも食べればよかったなぁ。

でも、デザート食べたら2000円くらいになっちゃう。。。


やっぱり、ランチメニューは、
デザート込みで1000円にとどめたいなぁ。

場所柄たかいのかなぁ。


席は、
ペアテーブルが4席、奥に1席、
4人くらい座れる席が1席。

わんこづれもいたよ。
でも、連れてない人も。


わんこを連れていない人でも気がるに
入れるようなカフェがいいなぁ。




帰りにみた、かわいいお店。










カフェなのかなぁ。
エントランスのカラータイルとアンティークなソファに
ひかれてお写真をとった。


来週はどこにいこうかなぁ。

処女作。 

February 23 [Tue], 2010, 21:36
かたちから入りたいタイプ。

お店のロゴって大切だと思う。
そのひとつのロゴにそのお店の雰囲気がつまってなきゃ。

そんなにだいじなものだから、
なかなかきめられんもん。

思い立ったときに
これから描いていこうと思うよ。

きっとHP担当のパートナー氏がMacでつくってくれるかなぁ。


処女作。
きのう描いたん。




ティーカップのなかが
オレンジのスライスなの。

なんか70年代くらいでよくあったような
「オレンヂジュース」のイラストみたいな、
なつかしい感じがいいの。

どうかなぁ。


ずっと考えちゃう、ロゴって。
むずかしいなぁ。

dog run + cafe slow 

February 23 [Tue], 2010, 21:18
ほかのカフェやランでお手本にしたいことを
このカテゴリーのまとめていきましょ。


まず第1回目は
ここの影響で
「こんなドッグランとカフェ」をやりたいなぁ、って
気持ちが強くなったの。


dog run + cafe slow」さん。

HPの雰囲気や、
cafeやランの雰囲気。
エコに気遣ったメニューやお店づくり。

こういうお店にしたい、ってほんまにおもったところ。

お客さんのブログをみても、
その気遣いやお店づくりのあたたさが伝わってきたの。



http://yaplog.jp/catmania/archive/178
おいしそうなごはん。


http://ameblo.jp/kaori-takeru/entry-10224058303.html
cafeの雰囲気もすてき。


http://blog.goo.ne.jp/mint-lime/e/841ea1ea6ff74d0bf7c813a927224f16
BBQ小屋がいいなぁ。


エコなとこをメモってみる。

・おちっこしらた竹酢液
・リサイクル家具
・古布でつくったふきん
・メニューも自然栽培のもの


ランも芝と砂で2種あって、
ひろいみたい。

いいなぁ。
とおいけどいちばんに行ってみたいとこ。

お手本にしたいなぁ。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:mikan-cafe
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 現住所:東京都
読者になる
ゆめのめも。
2010年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28
メールフォーム

TITLE


MESSAGE