ログ消失。&近況 

2006年11月03日(金) 22時04分
 バイトを掛け持ちにして、いろんなことに足つっこんで忙しくしていて、ここの問題からは遠ざかっていたのですが(悩みから逃げてるだけって噂もあるが。)、久しぶりに掲示板を管理しようと覗いたら・・・、

 エロの勝手にカキコされるログに押し流されて、大事な過去のカキコが全部流されてしまってました・・・。orz

なんか、積み重ねてきた記録が全部消えちゃってて、放心状態のまま、もう掲示板そのものを削除してしまうことに。

 ちゃんとこまめにエロログ消さなかった私の怠慢なんですが・・・やっぱり哀しいですね。

 ついでに、整理できることは軽く整理したけど、こんな調子ならサイトそのものを閉鎖しちゃったほうがいいのかなあ〜・・・と思ったり。


 最近は、隣の子供の騒音問題に悩んでたり、実家の両親の離婚騒動に巻き込まれたり、どうも身辺が穏やかではありません。

 周りでは、またぼちぼち妊娠の話題もあったりして、そういうの聞くと焦る気持ちもあるんですが、セックスレスも相変わらず記録更新中ですので、なんとも言えないです。

 このあいだ、映画を見てたら、映画の中で夫婦がじゃれあってるうちにセックスに行くシーンがあったんですが、あまりにもそういうことから離れすぎてるので、

 ”世の中の夫婦ってのは、こういう風にセックスに行くものなのかなあ・・・。”

 なんて気持ちで、映画を観てしまいました。


 子どもが居ないのも問題だけど、このセックスレスも問題だよね・・・。

 あと2ヶ月で34歳になるんだけど・・・。なんだかな。(苦笑)

発見。 

2006年04月05日(水) 20時31分
 まあ、なんといいますが、ここ2週間ほど、また風邪引いて治らない騒ぎになってまして、お陰で諸問題よりもそちらに関心が行っているので、極めて平穏に(?)暮らしています。

 ホント、女は身体が丈夫っていうのが一番ですね。


 ところで、掲示板を書込み出来ないようにしてしばらく経つのですが、1つ発見がありました。

 書込み停止にしてあるのに、エロサイトの宣伝カキコだけは、消しても消してもされちゃうんですよね。

 おそらくプログラム(?)の中に直接書き込むようになってるんだろうけど、

 ”人がいちいち書いてるんじゃないんだ〜。”

 って発見して改めて驚いたりして・・・。

 世の中の進化ってスゴイですね。

 
 私の住む地域では、そろそろ桜が見ごろを迎えます。

 いい春にしたいな。

朝から2ちゃんで。 

2006年03月21日(火) 9時45分
 朝から2ちゃんを覗いてたら、速報ヘッドラインに気になるニュースが・・・。
【社会】年間200人以上が死に至る命がけの快楽行為「オナニー」 “こすり型”は特に危険
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1142884188/

 『一方で、エイズや性教育に詳しい、社団法人ヘルスプロモーション研究センター長の岩室紳也氏は、 オナニー死には、オナニーの間違ったやり方にも原因があるのではないかと指摘する。
 「最近特に、自分の手を使わずにペニスを壁や床にこすりつけたり、道具を使うといった間違った方法 でオナニーをしている男子中高生が目立ちます」
 刺激ばかりを追い求めるオナニーは、体のへの負担が大きく、それゆえ死を招く可能性も高くなる、
というのが岩室氏の持論だ。そして、このままではオナニー死が中高生の間でも身近な問題になって
くるのではないか、と岩室氏は懸念する。』

 これってまさに射精障害のことじゃんね・・・。
 で書込みは「俺も床でオナニーしてる」というのがつづき、↓こちらへの誘導があって飛んでみます。

 床コキの奴が手コキに転職する為のダーマ神殿
http://sakura02.bbspink.com/test/read.cgi/onatech/1093872059/

 この板の中の書込みはゆっくりだけど、同じ床での自慰をしてた人たちが真面目に治そうと励ましあいつつ頑張っていて、「治した」「手でいけた」という報告もたくさんあり、また、この中から下の別板のまとめサイトへと誘導されます。
 
 膣内で射精できない症候群のまとめ
 http://homepage.mac.com/tai_chi_01/for_men1/Menu3.html

 で、全部に目を通した末、下の2つはとても参考になると思ったので、早速リンクさせてもらうことにしました。


 射精障害の克服に関しては、こればかりは女性だけが頑張ればどうにかなるものでもなく、男性自身の主体的な取り組みが大切なので、大変難しい問題なんだけれど、今日、

 ”男性側でも頑張って症状を克服している人たちがたくさん居るんだ。”

 というのを知ったのは、とても励みになりました。


 うちにも来てくれている人たちが、このサイトやスレを知ることで、少しでも勇気付けられて、いい方向に変わってくれることを願っています。

くだらない独り言。 

2006年03月17日(金) 22時55分
 昨夜、お風呂から上がって居間の扉を開けたら、旦那さんが自慰をしてる最中に遭遇しました。

 エロ動画に夢中で、私がお風呂から上がる音に気づかなかったようで・・・。


 相変わらず、誤った自慰のやり方をしているのを目の前で見てしまって、なんともいえない気持ちになりました。

 何となく、そうなんだろうな、って思っていても、実際に自分で見るのでは、全然衝撃が違うものなんですよね・・・。

 ”やっぱり・・・。”

 という、やっぱりそうなのか、進歩してないのか、変わってないのか、という気持ちと、虚しさと情けなさと、見てはいけないものをみた気持ちと・・・、ホント、これはその立場の人じゃないとわからない気持ちだと思います・・・。


 旦那も、気まずかったようで、慌てて別の部屋へ行って探し物始めたりして、私は自分の化粧をしたりして、なんかお互いにぎこちなく布団へ。


 でも、安眠なんて出来る訳ないんだよね。

 
 もう責めても変わるとは思えないし、自分から何とか変えようとしない限り変わることはないとわかってるので、私も何事もなかったように朝を迎えましたが、 お陰で今日はずーっと寝不足・・・。


 チャットの友だちんちなんて、43才でも週3回セックスあるらしいけど、そういう家庭が羨ましいなあ〜・・・。

 冗談交じりに

 ”女の賞味期限が切れないうちに手打ったら?”

 と言われ、凹んだりして。


 女の賞味期限かあ〜・・・。

 私は熟れることなく枯れそうなんですけど・・・。(ーー;) 


 今週末は、そんなこんなで、ずーっと欲しかったブランドのバッグ、買おうと思います。(って自分のへそくりでなんだけどw)

 こうなったら食欲はヤバイし、物欲でしょ。物欲。(ーー;)

堂々めぐり 

2006年03月07日(火) 17時04分
 昨夜、旦那が”先に寝ていいよ。”というので、先に布団に入ったけど、全然寝付けなくて・・・。

 狭いアパートだから、居間と寝室が隣り合わせだから、音は筒抜け・・・。

 恐らく、1人、エロ動画見つつ・・・なんだろうなあ、と思いつつ、物音がするたびに気になってしまって、余計目が覚めてしまう。

 仕方がないから、布団をかぶって、耳の穴を手で塞いで寝ることにした。

 ”私、なにやってるんだろうなあ〜・・・。”

 と思いつつ・・・。


 一軒家でも買えば、寝室と旦那の部屋は別になるだろうから、物音に余計な妄想して悩むこともないんだろうけれど、そうすれば解決する・・・のかなあ〜・・・。


 昔からのお友だちが、不妊治療で妊娠されたらしい。

 ちゃんとレスを克服してから、夫婦できちんと向き合って、治療も頑張って妊娠したんだから、すごくおめでたいことだと思うと同時に、私はいつまでも進歩なくここにいるんだなあ、と改めて情けない気持ちになった。

 
 今週号の女性自身(?)に、「結婚レス」の記事が載ってました。

 都市部では、3割くらいの既婚カップルがレスに悩んでいるそうです。

 少子化の原因でもあるとかかれてました。


 まあ、前提として、やらなきゃ出来ない訳で、それもそうなのかなあ、と思ったり、複雑な気持ちで読んできました。

 
 私も、もう治療やめてだいぶ経つけど、再開すれば出来るかもしれないし、7回やっても駄目だったら駄目かもしれないし、うーん・・・。

 でも、頑固で馬鹿だけど、旦那が変わってくれないと、今は自分だけ治療という名の人工授精に通うのは嫌だとやっぱり思っちゃうから、その気持ちが解けるまでは駄目なのかなあ、って気がします。

 
 自分がそう思えない以上は、他人のことを羨ましがってても仕方ないから、自分の責任の範囲で生きるしかないんだろうな・・・。

地下鉄にて。 

2006年02月22日(水) 23時11分
 通勤の時、隣に赤ちゃんを抱っこして通勤するママさんが座りました。

 元気な赤ちゃんで、足がバタバタして私にぶつかるので、お母さんが”すみません”と謝ってくれます。

 赤ちゃんは私が読んでる本が気になるらしく、さかんに本と私をジーっと見ては、手を触れてきたり笑ったりして、ホントにかわいいw

 聞いたら1才3ヶ月だって・・・。


 小さい手で、お母さんの腕をぎゅっと抱きしめて、笑ってる姿を見てると、

 ”あー、かわいいなあ〜。。。”

 としみじみ思ったりして・・・。


 私もあんな小さな手にぎゅってされる日来るのかなあ〜・・・。

 下りがけに”バイバイ”と言ったら笑ってくれた顔に、殺伐した空間での癒しを感じつつ、仕事に向かった朝の出来事でした。


                       +++++

 それにしても、週末の騒動、あちらの管理人から返事のメール来ないんだけど、リンクちゃんと消してくれたのかなあ・・・。

 向こうのサイト覗きにいくのも嫌なんで見てないんですが・・・、無関係になっていることを祈ります。

新年ですねー。 

2006年01月10日(火) 17時49分
 年末年始は、体調を崩し、病院に入院しておりました。

 うちの夫婦は、両方とも実家が遠方なので、洗濯や世話は旦那さんが毎日顔を出してしてくれて、改めて”やさしい人だなあ。”と感謝したし、”この人を選んでよかった”と思いました。


 話は、飛びますが・・・、なんといいますか・・・、私の周り、妊娠ネタが多いです・・・。

 ”少子化”なんてホントなの?ってくらい。


 ここで知り合ったお友達で、治療を頑張って妊娠された友だちもいて、その子とかは素直に”おめでとう”って思えるんだけど・・・、リアル友だち、4人目妊娠中だとかで・・・凹みました・・・。

 彼女とは、1ヶ月くらいしか結婚式が違わなかったのに、彼女は希望通り妊娠しつづけて、あっという間に4人目だって・・・。

 同じ年数結婚してても、私なんて未だに0なのに。

 ホントうらやましいと思う・・・。

 
 それに比べたら、私、この8年、何してたんだろう・・・。


 まあ、うちの場合、セックスも丸3年1回もしてない夫婦なんで、今出来たら旦那の子じゃないんだけど、3人産んでもセックスがある、旦那さんから求めてもらえるって、本当にうらやましいよね。

 うちだって、仲が悪い訳じゃないし、旦那はいい人なんだけど、相変わらず、暇を見つけてはエロサイトの動画をDLし続けてる姿を見ると、なんかなあ〜、って感じで・・・。

 
 年明けて、もう33。

 段々、リミットが近づく気がする。

 いつまで、このままいられるんかなぁ〜・・・。

 自分でも謎です。
 

 

参りました。 

2005年12月16日(金) 6時45分
 あと半月で、1つ年を取るというのに、ここにきて体調が優れません。

 風邪による喘息(?)は仕方がないとして、過換気症候群にまでなってしまって・・・。

 自分では、そんなに深く悩まないようにしてたつもりだし、私よりも大変な境遇でも頑張って生きている人もいると思うんだけど、意識的にわざと体調を崩しているわけではないので、どうしたらいいのか、って感じです。

 まあ、今年は、仕事場でも、私生活でも、人間関係にあまり恵まれなかった年で、それなりにストレスはあったのですが、そういう疲れが一気にここにきて噴出してきちゃったのかなあ・・・。

 会社に行く日になると、朝からすごい下痢で、今朝も朝4時から腹痛&下痢で・・・、この時間になってもまだ( ; ̄ω ̄)ゞイテテ・・・。

 お陰で体重は減るからそういう意味ではラッキー(?)なんだけど、夜中には、必ず咳き込んで、ダンナに心配かけちゃうし、一緒にいるダンナも、仕事で疲れて帰って来てるのに、たまったもんじゃないだろうな、って思います。


 でもさあ、手は握ってくれても、抱きしめてくれることは本当にないんだよな・・・。

 どうしてなんだろうね。

 なんで、正面から受け止めてくれないんだろうな。


 年が明ければ、セックスレスになってから丸3年になるし・・・、考えないようにしてるし、気にしないようにしてるけど、そういうことも体調不良に関係してるのかなあ、という気もします。

 
 心療内科で薬をもらうことも1つの手だけど、それでは症状を治めるだけで、根本の原因が変わらなければ完治はしないんだし、難しいですね。

 
 とりあえず、年明けたら、ヨガにでも通おうかな、と思っています。

 自分で自律神経をコントロールできるようになれば、また違うのかなあ、と・・・。

 まあ、それも、根本原因の対処にはなってないんですけど、ね。(ーー;)

 

これじゃ日記じゃなくて月記かな。 

2005年11月27日(日) 11時41分
日記リンクさせていただいてる方の日記に、興味深いサイトが紹介されていました。

少子化・生殖医療関連

◆滅びゆく国の”性と生”の現場から◆
 少子化とSEXと資本主義      「現代」1999-2000

序章
第一部
〔1〕「わが子、誰の子」
〔2〕「不倫」で急増するDNA鑑定
〔3〕開き直る覚悟で不倫する女
〔4〕携帯電話世代の「性の暴走」
〔5〕電子共同体に蔓延する「孤独」
〔6〕サイバースペースの「結晶作用」
〔7〕あなたの妻は風俗嬢」という日常
〔8〕脱力系夫と風俗妻の無邪気な家庭
〔9〕非婚の母の「偉大なる抵抗」
〔10〕養育費不払い男を野放しにするな

第二部
〔11〕「不妊カップル」苦悩の闘い
〔12〕体外受精で「ここまでできる」
〔13〕国家崩壊へのカウントダウン

(目次のみ引用・本文はリンク先にて参照下さい。)

 
 かなり長文で読みでがありましたが、特に(1)〜(7)は、5年前の執筆物であるものの、実に現在のデジタル社会のひずみをよく描いていると思いました。 

 社会的に表立って認められていない(認めようとしない)個々人の価値観の変化が、実社会では確実に起こって(増えて)いるのは間違いないと思います。

 リアルでの知り合いに、文中に出てくるA子と同じこと(既婚のまま、別の男性の子を夫の子として産む)をしている人を知っていますし・・・。


 ネットという空間を通じて、騙しあいながらも都合よい部分だけを享受することを覚えた結果、”本当”とはなんなのか?純粋に人のこころを信じられるものなのか?わからなくなってしまって漂っている人も多いでしょう・・・。

 
 このようなサイバー手段の発達による性の従来型価値観の崩壊が、今後の社会全体に、どんな影響を及ぼすのか?

 私が実際に老いた位の時にならなければ、答えは見えなそうですが・・・。

 
 気分的に落ち込む人も多いでしょうが、一読の価値はあるような気はします。 

”守りたい人”か〜。 

2005年10月20日(木) 13時39分
 ネットの友だちから、チャットで知り合った彼女との同居を始めたと聞きました。

 オフ会で2人の出会い初めを知ってる身としては、なんか時の流れも感じましたが、お互い既婚で知り合って、紆余曲折ありながらも、

 ”やっと守りたいと思う人に出会えた。”

 という彼の言葉を聞くと、”よかったね。”と思いました。


 私の周りでは、これで2組目かなぁ〜・・・。

 チャット自体、2年くらいはまともにやってないので、最近の動向は全くわからないけど、意外とこういうカップルも、世の中には多いのかもしれないなぁ、って気がします。


 でも、ふと思うけど、2組とも、子どもがいなかったけど、子どもが居たら違ってたのかなぁ?

 
 でも、会社の営業さんは、飲みに行ったフィリピンパブの女の子と不倫の末、あっけなく妻子捨てて、フィリピン嬢と再婚したし、子どもがいたからって関係ない気もするし・・・。

 
 結局は、子どもが居ても居なくても、”縁”ってことなんだろうな・・・。

 
 雨降って地が固まる夫婦もいれば、そのまま新しい人と縁を結びなおす人もいるし、結婚って難しいですね。


 なんかでも、”守りたい人”って彼の台詞、格好よかったなぁ〜・・・。

 シャイな男だと知ってるだけにw


 そして、私は、旦那にとって、”守ってあげたい人”なのかなぁ?

 聞いてみたいけど、今更聞けんな。(ーー;)

 

 

 
2006年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
アイコン画像ふぁーーーっくwwwwww
» ログ消失。&近況 (2009年05月11日)
アイコン画像よしと
» ログ消失。&近況 (2008年09月30日)
アイコン画像名医
» ログ消失。&近況 (2008年09月26日)
アイコン画像隙間男
» ログ消失。&近況 (2008年09月24日)
アイコン画像MINT
» ログ消失。&近況 (2006年11月09日)
アイコン画像eco
» 堂々めぐり (2006年03月09日)
アイコン画像kannro
» 地下鉄にて。 (2006年02月25日)
アイコン画像電車男2
» ”守りたい人”か〜。 (2005年10月24日)
アイコン画像なつ・うさ
» これは”うやむや”なのかな? (2005年08月27日)
アイコン画像通りすがり
» これは”うやむや”なのかな? (2005年08月26日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:mika_ura1
読者になる
Yapme!一覧
読者になる