仏国ブログフランス人が見た「現代の生活に溶け込む日本の神道」

February 23 [Sat], 2013, 14:50
仏国ブログフランス人が見た「現代の生活に溶け込む日本の神道」

【仏国ブログ】フランス人が見た「現代の生活に溶け込む日本の神道」

外来の宗教である仏教とは異なり、日本の民族信仰である神道。日本滞在中のフランス人学生ブロガー、ChloeとCamilleは、現代の日本における神道について、次のようにブログで綴っている「車を購入後、おはらいをしてもらいに神社に出向く人がいたり、神社には合格祈願や厄除けのお守りが販売されている。また、流行りの髪型をした若者も神社のお祭りには浴衣で参加し、絵馬にお願いごとを書く。ヴィトン 長財布 ヴェルニ
現代の日本社会においても神道はごく自然に日本人の生活に溶け込んでいる」と記しているまた「キリスト教や仏教等、神道以外の宗教でもおはらいと似た儀式は存在する。私たちフランス人は、どうしても古来の宗教は現代文化とは違うものとして見てしまうため、古来の風習と現代の生活が自然には共存しにくくなる。一方、日本人は神道のありのままを受け入れており、古来からの神道と現代の生活が対比をなさずに調和している。神道は現代の日本で日常生活の一部として存在している」と綴っている。(編集担当:山下千名美・山口幸治

今日は、建国記念日です。日本には、世界に誇るべき美しい文化と人類を導く良い考え方があると思います。 多額の借金と少子化及び教育の荒廃によって、このままいくと日本国は、衰退の道を辿る事にならないでしょうか。 何とか、日本国の再生を期したいと思います。 もちろん、日本国の神話は大事にすべきではないでしょうか。
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/mijipc7/index1_0.rdf