ノミ騒動3 

2006年02月27日(月) 1時38分
2のつづき

こういう時は本当に身内がいないと大変です。でも、マットレスをクリーニングした日は眠れないので子供とペットがいなくてお部屋が余っているおうちに住むお友達に泊めてもらったり、自然乾燥させるものを干す場所がうちにはなかったのとノミがいる間は干せなかったのでそのおうちに干させてもらっています。ほんと、ありがとう。

今はちょいとノイローゼ気味で、ペットを飼っているお友達との予定は全部キャンセルしました。今回のお話をすると意外とノミが出たことのあるお友達がいてはやり引越したり、徹底的に駆除したり、ノイローゼ気味になったそうです・・・
今も出るというお友達ともしばらく会いませんし、行きませんし、家にも呼びません・・・
その辺の芝生も怖いくらいで、しばらくこの状態は続きそうです。前回はねずみだし、日本から離れて逃げ場がないだけに、あー、安心していられる家に住みたいです・・・何度引越しても何事もない人もいるのにね。お友達に、いつもたいへんだねーと言われちゃったけど、ほんと、害虫に好かれるみたい。何も贅沢したいわけでなく、普通に生活したいだけなのになあ。

ノミはほこりも餌にするらしいので本当にこれからさらに神経質になって掃除ばかりしそうです。掃除はまめにしているし、クリーニングの業者の人も、綺麗にしているのにね、と言っていたんだけど。
ご近所に猫がいる限り、ノミはいなくならなそう。小児科医の先生に話したら、ノミは絶対赤ちゃんに良くないので近所の猫を全ていなくなるようにしなさい!そうでなければ引越せ!だそうです。近所の猫を追い払うなんてできないですよね、過激です。

そしてこの騒動、2週間で3キロ痩せました・・・これで産後マイナス20キロ!大学時代の体重に戻りましたが、全然うれしくないです。

ノミ騒動2 

2006年02月27日(月) 1時37分
1のつづき

家具も全て移動し、クリーニングしている間に私といくらちゃんは布団などを持ってコインランドリーに。アメリカのアパートって家の中に洗濯機と乾燥機を置けないんです・・・
だからアパート共同のランドリーを使っているんだけど、どうも洗濯の後に刺されることが多かったのでここのランドリーは使えないこと、何台も一度に回したいのでコインランドリーへ。洗い始めて終わるまで一時間半かかるのでその間いくらちゃんがずっとお利口という訳にもいかず、おんぶしたり車でおっぱいをあげたりとそれは大変なことです。

無事にカーペットクリーニングが終わり、ほっとしたのもつかの間、あざ笑うかのようにその夜、いくらちゃんの首に刺された跡が。そして、抱き上げておっぱいをあげているとノミがひょっこり私のひざにいるではないか〜!
もうその時点で疲れているのにがっかりです。ソファも掃除機をかけたけど潜んでいたみたいだし、クローゼットの中も怪しい・・・と全てが怪しく見えてきました。

そしてお友達もたんすの中のもの、全て洗うかクリーニングに出し、空の状態で引き出しの中をアルコールで拭いたとのことだったのでうちもそのようにしました。もちろん、洗う前のもの、後のもの、万が一ノミが残っていた場合を考え、密封状態にし、着替えもこまめに。
毎日5,6回、時には8台も洗濯機を使い、毎日毎日ランドリー通い。それでもまだノミがいたのでバルサンをたきました。それでもまだいたのでカーペットクリーニングの業者に連絡し、ソファとマットレス、そしてカーペットのリクリーニングをしました。
クリーニングが午後入るので朝からこれでもかという程バルサンもたきました。多分これでいなくなると良いけど・・・

3につづく

ノミ騒動1 

2006年02月27日(月) 1時32分
以前から暑くなると何かに刺されてダニかな?と思っていたら、去年の11月頃、家の中でノミを発見!毎日一匹か二匹発見してその都度捕まえてきました。
産後まだ間もなく帝王切開の傷も痛かったのに、毎日掃除したりお布団で見つけたこともあって毎日布団などお洗濯をしていたら寒くなってきたからかノミがいなくなりほっとしていました。

が!!!また2月に入って暖かい日が続いたら出ました!毎日、4箇所から10箇所、なぜか私ばかりが刺され、全身刺された跡だらけ。いくらちゃんも3回程刺されてしまいました。
刺されるだけでなく、姿を見てしまうと気持ち悪くて発狂してしまいます。今回は11月より暑く、ノミもすばしこくて捕まえられないし。このアパートに越してきてから暑くなる度に私の全身、特に足は何十箇所と刺されていました。
それは全てノミだと判明。あああ、気持ち悪い。しかも足の刺された跡は一年位消えず、消えてきたなと思うとまた暑い季節が来てまた刺され、ここに来てから私の足はひどい状態になりスカートなんて絶対はけなくなってしまいました・・・
日本にいた頃は、虫なんて小さい蜘蛛か夏場にたまーに蚊が入ってくるくらいだったから、ノミなんて家にいるなんてとんでもない!しかもノミって雑菌はもちろん、何とサナダムシの卵まで持っているらしく、万が一赤ちゃんの口にノミが入ったらサナダムシがお腹で成長してしまうのです・・・もう、それを知ったら退治するしかないということで、今までこちらでノミの被害にあったことのあるお友達にいろいろ聞いてカーペットクリーニングを頼むことに。

2に続く

一年前は・・・ 

2006年02月01日(水) 7時17分


年の今頃、いくらちゃんはたったの12mmでした!(+から+までがいくらちゃん)
これが初めて見たいくらちゃんの姿です。
妊娠に何となく気づいてから数週間後の2月1日、やっと婦人科に行くことができました!

日本の病院は思い立ったらその日に行くことができますよね?
アメリカは完全予約制なので、普通の内科なども予約が取れるのは数週間後というのが当たり前。
風邪の時は予約の日には治っているのであまり意味がない・・・
どうしても行きたい場合は、総合病院のエマージェンシールームへ行って!とあっさり言われます。
ということで、婦人科に行くことができたのも遅かったのです。

日本と違うなあと思ったのは、予約の電話を入れる時にも感じました。
私の感覚では、妊娠したかもしれないから、先生に診てもらい確認したいから予約をお願いします。
といった感じ。ところが、受付の方は検査薬でテストした?プラスだった?おめでとー!ああ、私は一体
何をしたらいいかしらーと大声で喜んだのです。私は、ええ?そんなにはしゃがれてもねえ・・・検査薬でプラスだったけれど、え?もう決まりなの?と、きょとん。それに、婦人科の受付なんだから、そんな電話、いくらでも受けているでしょうに・・・
反応が大げさの割りに、予約日は2週間後だったのもあっけに取られました。ああ、そんなに先なのね、と。


予約を取ってから受診するまでの間、ひどいつわりが始まっていたので、当日はもう歩くのもままならなかったけれど、いくらちゃんを超音波で見て、心臓が動いているのを見た時はうわーと内から不思議な感情が湧き出ました。
つい身を乗り出しちゃう感じでした。
たった一年でよくこんなに大きくなるものだと、人間ってすごいなと思います。

さようなら、リクライニングチェア 

2006年02月01日(水) 5時31分


赤ちゃんが産まれると物が増えますよね。
これから成長に合わせてハイチェアや歩行器など、どんどんものも大きくなります。
広いところに引越したいけど、家賃もばかにならないのでもう少しここでと思っています。
ということで、家の中の家具などを見直し、出産前から少しずつ家具や使っていない電化製品等を売りに出しています。
日本から来た人、帰る人、お引越しされる人等、日本人の間での不用品の売買が盛ん?なので便利です。
うちも利用させていただいています。

今回はリクライニングチェア。どっしり大きくて足置き場も出るからテレビを見るには居心地がいいけど
最初のうちしか使わなかったー・・・それにいくらちゃんが動いて何かの拍子に足置き場が出て怪我されたら
嫌だしと出品。先日、引き取られて行きました。その前にいくらちゃんを座らせて記念撮影。

買ってくださったのは別の地域に引越す方で、引越業者が取りに来ました。日系の業者なんですが、お約束の時間、ぴったり(一分も狂いなく)に来て驚きました。アメリカに来てから約束の時間に来る業者なんてほとんど無かったし、一日待った挙句、いくら電話してもあと1時間後とかいいながら、結局約束の日に来ないところだってある!
日本って素晴らしい〜。と改めて思いました。

同窓会 

2006年01月29日(日) 8時42分


出産準備クラスの同窓会がありました!

何組かの親子とは既にお会いしていましたが、会っていない赤ちゃんもいたし、たくさ

んの赤ちゃんが集まることもなかなかないので楽しみにしていました。

何組か欠席された方もいましたが、赤ちゃんは皆かわいいー。

親の方もすっかりパパママになり、親ばかぷりを競っていました。

何組かの方はもう既に帰国が決まり、今年の夏にはもう半分に減ってしまう・・・

せっかく、同時期にアメリカで出産したのに寂しい〜。

画像は私の日本のお友達が送ってくれたお洋服を着た時に撮りました。

もうこんな格好いい服が似合うようになったんですねー。

それにしても日本の服は質がいい〜。

出産後初めての主人の出張 

2006年01月25日(水) 4時31分


1月23日から2泊3日で主人はシカゴに出張へ行きました。

出産後初めての出張。

今まではたまーにサンディエゴへ一泊出張程度だったのに、何で赤ちゃんが産まれて

からの方が長い、遠い出張なんだよーと不安で、前日はお腹を激しく壊し、吐いちゃい

ました。いくらちゃんも何か分かったのか大泣き。


でも、実際、その3日間を過してみると遥人のペースに完全に合わせられるからどうに

かなりました。

お風呂も暴れてびちゃびちゃだったけど、何事もありませんでした。


主人が帰ってきた時、おっぱいを飲んでいたいくらちゃんはどこからともなく聞こえてく

るパパの声に反応し、ばっと振り返り、パパを見ると大喜び。パパもうれしそうでした。

これからもっと長い出張もあるみたいだし、前より確実に増えるそうです・・・

土日出勤も多いし、主人も大変だけどいい加減にしてほしいなあ。

アメリカって祝日なんて滅多にない上に出張や土日出勤もあり、平日も帰りが遅い!

私は実家に遊びにも行けず・・・休みも取らないし。

お友達は出張の度に日本からお母さんが来てくれて羨ましいです。そこまではする

必要はないと思うけど、アメリカにいるのに家族の時間が少ないのは寂しいです。



画像はお祝いでいただいた服を着てご機嫌のいくらちゃんです。

これ、サイズ90なんですけどぴったりです・・・

Activity Center買ってもらいました 

2006年01月22日(日) 1時13分


最近、プレイジムやスウィングにも飽きてきてしまったイクラちゃん。

スウィングは体重制限に迫りつつもまだ大丈夫なのでもう少し使うけれど、最近動きた

くて仕方が無いイクラちゃんは上のモービルのぬいぐるみをつかみたくて大暴れする

ようになってしまったし、(そうなったら使うのをやめなさいとマニュアルに書いてある)

プレイジムもイクラちゃんは全部遊び方を習得してしまったら突然飽きたようです。

うるさくなってきたので、新しいおもちゃ、Activity Centerをパパに買ってもらいまし

た。

買う時はちょっと高いからパパはえ?って感じだったけれど、家に帰ってパパが組み

立てて、イクラちゃんを入れてみると・・・

もう大興奮でおもちゃに夢中になって遊んでいました。イクラちゃんってものすごく反応

がいいのでパパも買ってあげて良かった!とうれしそう。しばらく二人で遊んでいまし

た。

これは周りに9つもおもちゃがついていてベイビーアインシュタインのだから、勉強にも

なるのです。

イクラちゃんにはまだ早いおもちゃかなと思っていたら、ぐるぐる回すおもちゃも自分で

回せるし、買ってあげて本当に良かったです。でも、まだこの体勢を長い間は辛そうだ

し、初日は興奮しすぎて遊んだ後、少しうるさかったです・・・

あまり次から次へと新しいおもちゃを与えるのもよくないし、毎日見ていると新鮮さが

無くなり、すぐに飽きてしまうといけないのでプレイジムとActivity Centerを一週間

置きか数日置きにどちらかをしまっておいて順番に遊ばせようと思います。

つわり 

2006年01月21日(土) 1時52分
つわりが始まったのは一年前の今頃でした。

だるい→頭がぐるぐる回る→焦点が合わず、車の運転やパソコンの画面を見

るのが辛いな→うう、気持ち悪いという感じで徐々に体調が悪化!

そして忘れもしない1月21日(金)、ついにあのひどかったつわりが始まり、初めて吐

いてしまいました。

その日から一日中24時間吐きっぱなしではじめの3日で3キロ減りました。

最終的には6キロ減りました。途中薬を飲まなかったらもっと減っていたでしょう。

検査薬では調べていたものの、まだ病院へは行っていませんでしたが、もうこれで決ま

りだ!と思いました。

その日から天井と便器を見つめるだけのながーい辛い日々が始まりました。

とにかく頭もくらくらで痛く、目も痛いので、テレビなんて見られない、電気がついている

のもつらい、音も煩わしいので時計が刻む音だけが家に流れていました。

なぜか初めの数週間は眠れず、自分が寝返りを打つだけで胃が動きトイレに直行。

主人が隣で寝返りを打つ時のベットの揺れだけでうー、とトイレに・・・

においも駄目で主人が帰ってくるとほっとはするけど、普段は臭くない主人もだめ、

心配してくれる主人にこっちに来ないでーって何度も言ってしまいました。

本当、警察犬になったら何人も犯人を捕まえられそうです。

何も食べられず、水も受け付けないどころか、胃に何も入っていなくても胃が突然

ポンプになってしまったかのように、ずっと吐く動きを繰り返していました。

どうにか口にできたヨーグルトも一口胃に入るとその何倍も吐いてしまう感じ。

主人が気晴らしに外へ連れ出そうと車に乗ったけど、いつもなら10分の道のりを、

途中途中で吐きそうになって2分走ったら止まって外に出て休憩を繰りし、1時間

以上もかかってしまいました。

母も姉も妹もつわりはひどいけど、それなのによく皆何度も経験したものだと尊敬し

ました。

何より辛いのは風邪と違って一度吐いたらすっきりではなく、24時間中気持ち悪い

のです・・・

そして風邪のようにせいぜい1週間で終わるわけではないので、一体いつまで続く

のだろうと、朝から主人が帰ってくる夜10時30分過ぎまで、そして眠れない夜中、

途方に暮れるしかなかったのです・・

ある日曜のできごと 

2006年01月15日(日) 13時30分


15日はとても天気が良かったのでピクニックでもいこうと出かけました。

が、家から20分程の所にあるお目当ての海が見下ろせる公園(主人が一人でアメリ

カにいた頃、3ヶ月お世話になった家の近く。土日に一人で本を読んだりのんびりして

いたそうです。)へ行ったら風が強い上に冷たくて寒い!

これじゃ、ゆっくりできないと写真だけ撮って退散。別の見晴らしの良い場所に立ち寄

ってケーキでも買って帰りましょうということになりました。

見晴らしの良い場所は絶壁で私ももやもやした時に一人で景色を見にきていたところ。

風が強かったので海の色が綺麗だし、波が激しく、いつもと違う感じで気分が良かっ

たです。

いくらちゃんにも見せたけど、きっと何がなんだか分からないですよね。

へび注意!の看板があったので画像を撮ってみました。見かけたら距離を取って彼

らをRespectしてと書いてあるところがアメリカらしいなと思いました。

その上のビニールは犬の散歩で糞を持って帰る為の袋です。
2006年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:miino-ikura
読者になる
Yapme!一覧
読者になる