その後 

April 10 [Tue], 2007, 8:45
結局 タケとの関係を続けながら ゆうちゃんとも同時進行で付き合いだして三ヶ月。タケへの想いはその後も増え続けるばかりのなか ゆうちゃんへの想いもまた 大きくなってきてる。
同時に二人を想うことってホントにできるものなんだね。両方大事だからどっちにも決められず切り離せない。離れられない。
頭ではいろいろわかってるんだけど 心が付いていかない。

ねぇ、タケ。未来の中にみぃはいる?

聞きたいけど怖くて聞けない。。。

ゆうちゃん、もっともっともっともっと全力で求めてきて。淋しくさせないで。


どっちかが見えてきたときが 決断のときなんだろうな。。。

暮れの想い 

December 31 [Sun], 2006, 8:32
29日。。。昨日 ゆぅちゃんから聞いた真実。ゆうきには女がいた。そんな話の中「おれだったら みぃちゃんをもっと幸せにできるのに」って冗談なんだかマジなのか、付き合っちゃうかの話。でも ゆうちゃんはゆうきの先輩。微妙じゃない!?
30日。。。ゆうちゃんと まずはお互いを知ろうと仕事終わったあと遊ぶ約束をしたからタケにアフターだから逢えないって伝えた。なのに ゆうちゃんとドライブ中に連絡はいった。『逢いたい』って。もう うれしくなって ドライブ即効切り上げて 逢いに行っちゃうじゃん。ズルイヨ タケ。
31日。。。今年も終わり。タケとは終わりにできずに明日は二人で旅行。

今月・・・ 

December 29 [Fri], 2006, 8:12
15日。。。Birthdayの前夜からずっと独り占め。今週はほんとにずっと一緒の夜をすごしてた。
年内には終わらせようと考えてたけど どうやら無理そう。。。
19日。。。ごめんね、酔っ払いで。不倫はしたくなかった。遊びで何回かで終わらせるはずだった。子供との幸せつかむために生きてきたつもりだったのに、なのに 日に日に増すタケへの想い。
20日。21日。22日。。。タケと起きる朝。何度同じような朝を迎えただろ。タケの口から「かみさん」の言葉。笑って答えてたけど やっぱ不倫なんだなって実感させられる。つらくなる。
24日。。。修ちゃんから告られる。曖昧な返事しかできない。
25日〜29日。。。揺れ動く心。タケを好きの気持ちが大きくなってきてるなか 家族の幸せの為に修ちゃんと結ばれるべきなのかを悩み、でも やっぱりタケへの想いを捨てきれない自分。タケのKissはホントに嬉しいくらい気持ちが良いし、タケのムギューは半端なく暖かい。なんで結婚なんかしちゃってたの・・・悔しいよ。それでも離れられない自分が情けない。

今日の想い 

December 14 [Thu], 2006, 9:11
今日も朝帰り

で、今日はタケちゃんのBirthday

朝まで独り占め

完璧ハマリモードの私。

いつまで続くのかな〜。


年内に終わらせるつもりが 何故か 年明け一発目の約束すらしてしまってる。

タケちゃんと二人っきりの旅行。

今日の想い 

December 12 [Tue], 2006, 11:17
昨日は修ちゃんと飲んだ。
楽しかった。
その後のタケちゃんとの約束が無かったら 修ちゃんと共に一晩を過ごしたかもしれない。
電話で『大好きだぞ』と言われ ついついごまかしちゃった。
だって 直接言ってほしかったし。
ただ 修ちゃん甘えたい気持ちはいっぱいあるんだけど、やっぱりタケちゃんが・・・

昨日はちょっとマジっぽい話をした。
もしも話。

もし 私がタケちゃんと結婚するとしたら、、、あと二年って言ってた。保障も何もないけどって。。
でも いままでで一番かもって。。。
ただ、口がうまいからな〜。

そのてん 修ちゃんはかたいよな〜。
でも ここの人じゃないからな〜。。。

なんて思いながら  「あ、ゆうきに完全なる別れ話しなきゃなんないんだ」って思うとやなんだよな〜。
めんどくさいのもある。かなりの荷物残ったまんまだし。

でも いずれしなきゃなんないんだろうな〜。


うぅぅ・・・・・

今日の想い 

December 10 [Sun], 2006, 17:09
月曜から昨日まで 毎日タケちゃんの腕枕で寝てた。

ヤバイ。。。

とうとう本格的にハマりだして来た。

逢いたくて逢いたくてしかたなくなる。

タケちゃんのコトバに安心したり、不安になったり 喜んだり 悩んだり。。。

でも タケちゃんには結局 帰るところがあるんだ。

どっかで気持ちに境界線作らなきゃならないんだ。

わかってるんだ・・・

わかってるんだけど・・・


また逢いたくなっちゃうんだ。。。

帰したくなくなっちゃうんだ。。。

抱きしめていてほしくなっちゃうんだ。。。

今日の想い、昨日の想い 

December 06 [Wed], 2006, 9:11
昨日、ゆうきと逢った。
逢ったというより ゆうきが荷物を取りに来たってほうが正解かも・・・

ぎこちない自分に腹が立ち、そんでもって 揺らぐ自分にムカついて 悲しくなった。

そんな想いの中、タケちゃんに一緒にいてって連絡して、一晩中傍に居てもらった。

で、私は・・・・・・・・・・・・

このままじゃいけないと想いながら  やっぱりタケちゃんを想ってしまってる・・・

でも、絶対に「好き」とは言ってはいけない気がして 溢れてくる想いを胸に留めておくことしかできないでいる。

今日の想い 

December 05 [Tue], 2006, 9:21
土日とタケちゃんとは逢わなかった。
ゆっくりと一人の時間を考えたりもした。
ハマらないと想ってたはずなのに、確実に好きが大きくなってきてる。
まずい。
タケちゃんとのギューがすき。
タケちゃんの腕枕がすき。
タケちゃんとの楽しい時間がかなりすき。
わがままを受け入れてもらえてる感覚がすき。
タケちゃんとのチューがすき。



やっぱ すきなんだろうな。
遊びのツモリが・・・



でも、昨日は修ちゃんとも飲んでた。
もっと押してくれたらな・・・

修ちゃんにも子供がいるから 子供のこと考えてくれてるんだろうな。

ただ、未来の約束を結構してる。。。

修ちゃん、プッシュさえしてくれたら・・・

タケちゃんを考えなくなるんだろうな。。。






最近 ゆうきのことは考えてないかも。

まだ、ゆうきの私物に囲まれながら生活してるけど、写真も飾ったまんまだけど、ゆうきを想って泣く時間はなくなったかも・・・

これは 間違いなくタケちゃんのおかげなんだろうな・・・

この先 どうなっちゃうんだろ、私・・・

今日の想い 

December 02 [Sat], 2006, 11:42
ふと考えて見たら、ここ数日 理由も無く修ちゃんから電話なりメールなりきてる気がする。
一ヶ月前まではそんなかとなかったし、酔った文面で『好きだし』とかも入ってることも多くなってる。
拒否反応があるわけではないけど 今の私は若干本気かどうか、また 修ちゃんの本質をみようと 様子を伺ってる。だから そこに関しての返事はまったくしてない。

でも きっと・・・とかも考えちゃう。

ゆうきとは数日連絡をとってない。
それに関しての寂しさは不思議と少ないかもしれない。
それもこれも 周りの暖かい愛情のおかげなんだろうな〜。
キスをしたいのにしてもらえない。
ギュッとしてほしいのにしてもらえない。
求めても答えてもらえない相手をずっと想っていられるほど私は強くは無いんだな・・・きっと・・・


タケちゃんとは昨日は逢わなかった。
逢いたかったけどタケちゃんと連絡がつかなかった。
かえって寝てたのか、無視してたのかはわからないけど・・・
昨日の感覚から言えば 返信の無いメールを待ってるその時間のほうが淋しかったかな〜。
ただ、昨日はお客さんとのアフターに行って遅くまで飲んでたから気持ちが紛れて助かってたかも。


ホントは今、かなり体調が悪いからあんまり飲んではいけないんだろうけど、やっぱり自分のポジションが落ち着かないと お酒にでも手を借りて気分紛らわせないとやってけないんだな・・・


もっと 強くならなきゃな。
子供もいるわけだし、女の自分ばっかりじゃだめだよな。


今日は子供も休みだし、少しゆっくり向き合って見よう。

今日の想い 

December 01 [Fri], 2006, 10:06
あ〜ぁ、また逢っちゃった・・・
直接 本人にも言ったけど、
「一緒にいて心地よいって思ってるうちに離れて行かなくちゃダメなんだよな〜。」
ホントに思ってるんだよ。
『好き』が『愛してる』に変わっちゃダメだって思ってるんだよ。
だから、その気にさせるようなこと言わないで。
優しくされる心地よさが『愛』に錯覚してしまいそうになるから。
逢ってるだけで埋められてく寂しさが 離れた後の寂しさと比例しそうで怖い・・・
帰る場所があるはずのタケちゃん。なのにここ数日ずっと一緒にいてくれてる。
ホントに帰る場所があるの?
って疑問に思いながら、
やっぱこのままで良い訳がない!!
って強くなろうとするけど  またお酒に飲まれて弱さが勝ってしまうのね・・・

今日こそは逢わない!!
うん、絶対にまっすぐ帰ってやる!!
そんで ちゃんと寝るんだ!!
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:みぃちゃん
読者になる
2007年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる