April 02 [Sat], 2016, 7:40
男女の体力の差はだれでも知ってるわけで
男性と女性は根本的に筋肉量が違うので運動などで比べることはできない

よく男性が女性に張り合ってるのをみるけど……この時点で……
意識が低いなって思います

同じ女性のなかでも
年齢でも全然違うわけで 35才までは自分のもって生まれたもので さほど努力しないでもやっていけるが それを過ぎるとカラダは大きくかわっていく

さらに40才に突入すると1年に1%筋肉量が落ちると言われていて 筋肉を維持するためにますますの努力が必要となる

そして経産婦さん
妊娠しお腹で子供を守るため 出産経験がない女性より脂肪がついていて 産後スタイルを戻す(維持する)のがとても大変になる

女性でも年齢や出産経験など人それぞれなのでひとくくりできない

プログラムを作るとき こーゆうコトも配慮しなくてはいけないと すごく当たり前だけど 最近強く思うのは 自分が40代になったからでしょうね

最近観た映画 ドラマ

March 04 [Fri], 2016, 21:45
【アマデウス】
初めて見たのは小学生か中学
かなり引き込まれたのを覚えてる
30年ぶりくらいに観た
見終わってからはずっとモーツァルトが頭の中でなっている
天才とは……天才とは……

【天使にラブソングを】
【天使にラブソングを2】
大好きな映画
何度も何度も観てる
特に天使にラブソング@が大好き

【サウンドオブミュージック】
初めて見たのは小学生
引き込まれたけど ラストが少し淋しい

【紙の月】
観なきゃよかったドラマベスト3かも
同じ世代の女性が主人公でズシンときて 見終わってからブルー入る(笑)

【ビリギャル】
面白かった
受験生に見せたら良いって言われたので息子に見せたけど……響いたのかどうか……?

【アロハロイド】
【ストロボエッジ】
この2つはまったく共感できず
ラストは「やっぱりな」って……ガッカリ
これは私の年齢だからか?若い子はキュンキュンするのかも

【食堂かたつむり】
面白かった
でも、ちょっと悲しい気分になる

【かもめ食堂】
たぶん100回は観てる
セリフもほぼ覚えてる オタク(笑)
私の中ではベスト@
ほのぼのしてて癒される
疲れた時はいつもレンタルして見てしまって100回……ってことはいつも疲れてるんだよな私

【しあわせのパン】
少し淋しい物語
見終わってからちょっと落ち込むけど良い内容

【ソロモンの偽証】
うーん
期待しすぎたぶん 見終わってから「うーん」と2回うなってしまった

【カイジ】
さすが!藤原竜也!

【デスノート】
藤原竜也ファンになるきっかけの映画
おもしろいねぇ

【藁の楯】
ほうほう……って言いながら竜也を見てた(笑)
藤原竜也は奇人役がすごいと思う
ずいぶん昔 お正月に3日連続で古畑任三郎があったとき その1話に藤原竜也が出ていて おそろしいほど演技がウマイと驚いたのを覚えてる

24時間走

December 19 [Sat], 2015, 14:43


なう(笑)

写真は係りのおねえさんです(私じゃないよ)

12月フルマラソン

December 17 [Thu], 2015, 0:00
フルマラソン走ってきました

レース1週間前
月曜 整体
木曜 接骨院(超音波)
金曜 接骨院(超音波)→酸素カプセル
土曜 接骨院(超音波)
と、困った時のなんとかで 脚によさそうなことをとりあえずやってきた

絶対にスタートすらできないと思っていたこのレースですが
なんとかゴールすることができました

結果は3時間31分って・・・びみょーーー(笑)





走ってる途中はゴールさえできれば何分でもいいって思ってたのに
いざ30kmまでいけるとタイムが気になる


でもやっぱり足は悪く、なにより11月のレース以来1か月間ほとんど走れてない状態でここまでこれたことが奇跡だと思う




もうね 整体の先生の「走るなって言っても走るだろうから 途中でやめる勇気をもってね」って言葉なんて・・・忘れてないけど・・・忘れたふりしちゃうよね〜言うよね〜



しかし
レース後しばらくランニング禁止令を出されたのは
言うまでもない



1月のハーフマラソンは DNS 決定で
2月の別大マラソンは出走予定です

11月フルマラソン

November 25 [Wed], 2015, 0:00
またも遅くなりましたが
11月フルマラソン走ってきました

9月の100kmで痛めた脚の各箇所か完全でない中の出走
正直今回はDNSをも迷ったけど記録狙いのレースじゃないので気楽に行っちゃえってことでスタート地点に立つ

スタートから4kmまではラン仲間のみなさんとおしゃべりしながらゆったり走りました

そこからペースをあげることはせず マイペース マイペース
気温もあがり予想以上に汗がすごい

28km地点
みんなに内緒でぬけがけ購入 600円以上するジェルを飲む
カラダが熱くなる

32kmほど
角を曲がったとたん足を攣る
左足の親指が変な方向をむいてるのがわかる

今までラン中に足がつったことなんてないのに・・・

そこからはこむら返り
ふくらはぎがボコッって肉が出てくる感覚がわかる

そのたびに止まって押し込んでもむ
数キロ走ってはこむら返りを押し込んでもむ

いつ足が動かなくなるかコワイ

ラスト2キロ
あと3歩進んだらこむら返りになるのがわかるので止まる
押し込む もむ

どうしよう
ここから歩こうか・・・

その時 一番に思ったのは「明日の仕事大丈夫か?」でした
沿道の応援のラン仲間さんが「倒れてもいいからいけ〜」って言ってくれてたけど 私は今日倒れても明日スポーツを休むことはできない
明日もハードな運動を何時間もやらなきゃいけないんだ・・・

本末転倒だけはしちゃいけない

そう思うようになったのは40歳をむかえたからでしょうか(笑)

歩くか・・・走るか・・・
悩みながら止まってストレッチしてると後ろからきたフルのランナーさんに「ファイト」って声をかけられる
なんかそれが嬉しかった
ラスト2km 彼も苦しい中でそんなふうに言ってもらえたのが些細な事なのにジーンってきて

「よし、いけるとこまで行こう」

またゆっくり走り出す

ラスト1km
「お願いだから攣らないで・・・」
脚に祈りながら坂をのぼる

ゴールがみえてきた

ラスト100m
ついに足が限界にきた

足を引きずりながらの100m
沿道の方たちが「大丈夫?」って言ってくれてるのが聞こえる

普通に歩いたほうが速いんじゃね?ってペース

それでもゴールが見えてるから 脚を引きずったままゴーール

結果は3時間41分でした




タイム的にはアクシデントのわりには悪からず悪からず
最初から焦らずあわてず自分の走力を勘違いせずマイペースにいっててホント良かった

こんなタイムですがラッキーに年代別3位をいただいちゃいまいした
運が良い〰♪




後日 ラン仲間から言われて判明したのですが
私が28km地点で飲んだジェルは発汗がすごく あの場面で飲むべきものではなかったようで
あのジェルを飲んだら足が攣って当たり前だのクラッカーだそうです

ひとり みんなに内緒で買ったジェルがこんなことになるとは・・・

ウルトラマラソンエントリー

October 31 [Sat], 2015, 15:53
2016年4月の富士五湖118kmにエントリーしました
初の100km越え
た・・・楽しみすぎる

**********
2014〜2015年 出走レース

2014年
2月(福岡)北九州フルマラソン
3月(大分)岡の里名水フルマラソン
3月(大分)10kmマラソン
4月(大分)10kmマラソン
6月(熊本)阿蘇100km 完踏
9月(京都)丹後100km 完踏
10月(福岡)筑後川フルマラソン
11月(大分)とみくじフルマラソン
12月(宮崎)青島太平洋フルマラソン

2015年
2月(大分)別大フルマラソン
3月(大分)岡の里名水フルマラソン
4月(和歌山)いだ天100km 完踏
6月(東京)柴又100km 完踏
9月(京都)丹後100km 完踏
10月(福岡)筑後川フルマラソン

今後

October 30 [Fri], 2015, 0:00
今後出走レース
2015年
11月(大分)とみくじフルマラソン
12月(宮崎)青島太平洋フルマラソン

2016年
1月(大分)大分シティハーフマラソン
2月(大分)別大マラソン
4月(山梨)チャレンジ富士五湖118km

3月のフルマラソンと6月のウルトラマラソンをどこにするか悩み中

10月のフルマラソン

October 23 [Fri], 2015, 0:00
9月の100kmから3週間後
フルマラソン出走です

あきらかにオーバーワーク

これを友達がやるって言ったら 止めるね!(笑)


ただでさえ普段運動しすぎだっつーのに このレースペースは自分でもダメだと気付いてる

100km走ってカラダにダメージがないはずがない

40代 女性 日頃(ランニング以外での)の運動量
これを考えても 出走するべきではないのですが・・・

「せっかくエントリーしたんだもーん♪走らなきゃ損でしょ」

って、ランナーなら考えるよねぇ〜

タイムは望めないけど イケるところまでいってみよう

そんな思いで10月のフルマラソンスタートです



天候は曇りのち晴れ

10kmすぎからウルトラで痛めた脚の悪化

残り30km強は右足つけね親指のみで走りきることに・・・
トホホホホ(;´д`)

そんなガチョーンな42.195kmでしたが なんとか最後まで走りきることができました

タイムは3時間34分とパッとしないものでしたが そんなに苦しまず走れたし 今のカラダの状況を考えたら 思ったよりエエんでないかい?

気負いがないぶん よかったと思います

今回も楽しく無事にゴールできたことに感謝です

9月 100kmマラソン

October 15 [Thu], 2015, 0:00
9月 100km ウルトラマラソン

午前4時半スタートです
走り始めてすぐに寒気がして体調がおかしいと感じる
最初の数キロ ラン仲間と話しながら走って3kmらへんから1人旅
10km手前から寒気 腹痛が続き20kmまでに何度も何度もトイレに駆け込み続く
0〜10km 71分20秒


手足が冷え込んできて低体温だと気付く
さらに急な土砂降り
11km〜20km 62分52秒


まだ30km手前なのに立ち止まったりしゃがみこんだり・・・
もうダメだとDNFを決意
だけどDNFするには最後尾のバスを待たなきゃならない
寒い中 ここに止まって待ってるとさらにさ寒さが増すんじゃないか?
「46kmでいったんゴールを通るので そこでDNFを申し出よう」

あと15kmだけならなんとかなる

21〜30km 75分21秒

31〜40km 67分17秒

44.4km ちょっと大きなエイドステーション
温かいおうどんをいただく
「おいしい」
そこからちょっと走るとゴールの建物が見えてきた
その時間らへんから日が差してきて気温が上がってきた
「やめるか」「続けるか」ずっと悩みながら走ってると・・・
『低体温で走れない』と泣き言を言ってる私を心配してくれたラン仲間たちから応援メッセを何件もいただいて・・・
「やめるのはいつでもできる イケるところまでいってみよう」
そう思うと気持ちが楽になってくる
まずは56km
第一関門までいこう

41km〜50km 69分56秒


50km地点で一緒に走ってるラン仲間の1人に「いまどこ?」って探りをいれると
「55kmだよ」って
5kmも先にいってるのか・・・「くそっ」←悪
56km地点 大きなエイド
ウェア一式着替えてスッキリ
ばら寿司を食べたりしてゆっくりと休憩しガソリン満タン

51〜60km 70分12秒


さて ここ(60km地点)からがこのレースお楽しみの急坂
10km延々と急なのぼり坂が続きます

さっき5km先を走ってたラン仲間は2kmほど前を走ってるようで・・・「みんなの足が止まる急坂なら追いつける」
獲物を得た肉食獣のように目が光るワタシ

ギアを坂道用に切り替えて レース前に教えてもらった『坂登り腕ふり』を実践する
前半かなりスローペースで走っていたので足が元気だったことと腕ふり効果でグングンのぼっていける
た・・・楽しい
お日様ギンギンでみんなが弱っていたけど 低体温だった私には恵みの太陽
68km地点 追っていたラン仲間を坂の途中でとらえる
「ウシャシャシャ♪みーーつけた♪」←悪
「一緒に行きましょう」と誘ったけど「俺の体力じゃこの坂は走れないから先に行って」とフラれる(笑)
「そう?じゃぁ・・・」と彼とゴールで再会を誓いあってわかれる

長かった急坂が終わる

61〜70km 67分00秒

獲物を失ってからちょっと寂しい
ほかのラン仲間たちはもうゴールしてるんだろうなぁ・・・
サブ8いってるのかなぁ・・・
なんて思いつつ

73kmのエイドに到着

今日2度目の椅子に座り5分ほどスタッフさんと談笑
ウエストポーチのジェルなどを補充し飲んで食べて再出発です
まだまだ元気はある

ここから10kmほどくだりだけどタイム的にはエイドでいっぱい時間つかってるし焦ることはない
あの前半の体調から考えて ここまでこれただけでも満足だけど
体力も温存されてるしゴールする自信はある
長いのぼりでみんな脚がやられてる
私は・・・イケる
6月の柴又100kmのような前半突っ込み
後半ガタガタじゃないのが嬉しい

71〜80km 68分09秒

ここからは必死ながらも 46kmで止めなくてよかったと走ってることに感謝
楽しくて苦しくて幸せいっぱいでした

81〜90km 65分10秒


ラスト2kmは60kmの部の男性と100kmの部の男性と3人でデットヒート
まだ走れるジャーン♪
夢にみたゴールに向かって猛烈ダッシュ

91〜100km 66分20秒

結果は11時間22分とあまりパッとしないタイムでしたが
やっぱりゴールは嬉しくて嬉しくて嬉しくて でもやっぱり涙はでなくて
「終わった」と言う満腹感でした

円陣

October 14 [Wed], 2015, 0:01
みんなでシューズ円陣
P R
月別アーカイブ
2016年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
メールフォーム

TITLE


MESSAGE