ネットで人気のダイエットが急上昇の話題になっている様子。

July 18 [Wed], 2012, 12:37
今話題のダイエットについて調べてみたよ。これから注目になりそうです。

BB%E5%AD%A6%E7%94%A8%E8%AA%9E)/" title="リバウンド (医学用語)">リバウンドしやすいと言われているが、これはどのダイエットでも同じことである。少しずつ炭水化物を増やし、徐々に元に戻していかなければならない。
  • 急激な脂肪分解によりケトン体(◇[英]egg)が生成されるので、内臓を傷めないように大量の水分を摂取して積極的に体内から排出する必要がある。

  • 体臭や口臭がケトン体独特のにおいになることもある。


  • 脚注



    1. ロバート・アトキンス 『アトキンス式低炭水化物ダイエット』 2005年6月。ISBN 978-4309280141。68-69頁。
    2. ロバート・アトキンス 『アトキンス式低炭水化物ダイエット』 2005年6月。ISBN 978-4309280141。50-54頁。
    3. ロバート・アトキンス 『アトキンス式低炭水化物ダイエット』 2005年6月。ISBN 978-4309280141。34-35、41-42頁。
    4. Statements on Atkins' death (USA TODAY)
    5. Arne Astrup,Thomas Meinert Larsen,Angela Harper, "Atkins and other low-carbohydrate diets: hoax or an effective tool for weight loss?" Lancet 364(9437), 2004 Sep 4-10, P897-9. (PMID 15351198)
    6. 米国発 野菜・果物レポート 2005年 第8号 (PDF) (日本ベジタブル&フルーツマイスター協会)
    7. a b ロバート・アトキンス 『アトキンス式低炭水化物ダイエット』 2005年6月。ISBN 978-4309280141。60頁。
    8. ロバート・アトキンス 『アトキンス式低炭水化物ダイエット』 2005年6月。ISBN 978-4309280141。61-62頁。
    9. ロバート・アトキンス 『アトキンス式低炭水化物ダイエット』 2005年6月。ISBN 978-4309280141。51-53頁。
    10. ロバート・アトキンス 『アトキンス式低炭水化物ダイエット』 2005年6月。ISBN 978-4309280141。62頁。
    11. ロバート・アトキンス 『アトキンス式低炭水化物ダイエット』 2005年6月。ISBN 978-4309280141。304-305頁。
    12. ロバート・アトキンス 『アトキンス式低炭水化物ダイエット』 2005年6月。ISBN 978-4309280141。217頁。
    13. ロバート・アトキンス 『アトキンス式低炭水化物ダイエット』 2005年6月。ISBN 978-4309280141。182頁。
    14. a b {{cite web}}
    15. http://www.nms.ac.jp/ig/biocell/topics/youngbook2.html
    16. ロバート・アトキンス 『アトキンス式低炭水化物ダイエット』 2005年6月。ISBN 978-4309280141。105頁。
    17. a b ロバート・アトキンス 『アトキンス式低炭水化物ダイエット』 2005年6月。ISBN 978-4309280141。236-237頁
    18. ロバート・アトキンス 『アトキンス式低炭水化物ダイエット』 2005年6月。ISBN 978-4309280141。238-239頁。
    19. ロバート・アトキンス 『アトキンス式低炭水化物ダイエット』 2005年6月。ISBN 978-4309280141。239頁。
    20. ロバート・アトキンス 『アトキンス式低炭水化物ダイエット』 2005年6月。ISBN 978-4309280141。236頁。
    21. ロバート・アトキンス 『アトキンス式低炭水化物ダイエット』 2005年6月。ISBN 978-4309280141。230-231頁。
    22. 『タンパク質・アミノ酸の必要量 WHO/FAO/UNU合同専門協議会報告』日本アミノ酸学会監訳、医歯薬出版、2009年05月。ISBN 978-4263705681 邦訳元 Protein and amino acid requirements in human nutrition, Report of a Joint WHO/FAO/UNU Expert Consultation, 2007
    23. Report of a Joint WHO/FAO Expert Consultation Diet, Nutrition and the Prevention of Chronic Diseases 2003
    24. 食後血糖値の管理に関するガイドライン』国際糖尿病連合。
    25. 新谷弘実『病気にならない生き方 3 若返り編』サンマーク出版、2008年1月。ISBN 978-4763197870。37頁。
    26. 食事 152章 栄養の基礎知識 (メルクマニュアル家庭版)


    参考文献



    人気ブログランキングへ

    ブログランキング

    ブログランキング
    プロフィール
    • プロフィール画像
    • アイコン画像 ニックネーム:mihokarushop2
    読者になる
    2012年07月
    « 前の月  |  次の月 »
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31
    最新コメント
    Yapme!一覧
    読者になる