2005年07月
« 前の月    |    次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
New comments
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:migratory_bird
読者になる
Yapme!一覧
読者になる
Music Baton / 2005年07月20日(水)
暫く此方に書き込めなくて、ご無沙汰でしたー。
blogにアップ予定だったバトンを移しておきまっす。
椋サン(*P@SA)から回ってきたMusical Baton。

●Total volume of music files on my computer
えー正確には不明、デス。iTunesには約4GB入ってますが。
入れてないのも多いし、前の外付けHDDにぶち込んでます。
●Song playing right now
んーと何だっけかなコレ。Caesarsの「JERK IT OUT」?
なんか玲ちゃんとかが反応しそうだ、別の意味で(笑)
一時期iPodのCMで流行ったヤツですね。調子良くキーを打てるので仕事も捗るって感じです。………上がりは遅いけどさ!
●The last CD I bought
多分Jukkis Uotilaの「Meninas」です。はい、マイナー。
でも同時にクラシックのベスト100も買ってるんだな、確か。
最近北欧に凝って…はないけど。マイナーを地で行くとも。
●Five songs(tunes)I listen to a lot,or that mean a lot to me
・Relax Your Mind / Boyz II Men
何だかタイトル通りリラックス出来る感じで、バクストよりも此方派なママンと初めてライブに参加したアーティストだったり。思い入れはあるかなぁ。
・カサヴェテス / EGO-WRAPPIN'
これはお客様から「id」のイメージだとお伺いした曲で、元々ジャズをよく聴く上にヨシエさんの世界が好きなので「ああ成る程」と聞き直して感じました。こんなにハッキリ色を出せていたか少々後ろめたさが残りますが;参考になったし嬉しかったです。
 
 Series...  
Posted at 22:17 / murmur / URL
Comments(0)
music >>> Eliane Elias(イリアーヌ) / 2005年05月02日(月)

最近私がハマっているのが彼女、イリアーヌだ。
女性らしい繊細な音なのに力強さを感じる素敵なピアノ。加えて、柔らかな歌声もボサノバにマッチしていて凄く綺麗。実はランディ・ブレッカーの元奥さんだったりする。
彼女のルーツであるブラジルの空気も織り込まれたナンバーは、リラックス効果抜群だ。私的に大好きな曲「Photograph」「Tangerine」が収められている【Dreamer】、「Girl From Ipanema」「Black Orpeus」「Wave」等が収められている【Brazilian Classics】がお勧め。
パワーのある、けれどもムーディで柔らかな音。そして美人。私の中で今一番旬な、素敵なピアニスト(兼ボーカル)です。
 
   
Posted at 21:36 / 趣味(本/映画/音楽etc) / URL
Comments(0)
movie >>> GATTACA(ガタカ) / 2005年04月20日(水)
最初のレビューにコレを持ってきた事に深い理由は無いが、好きな映画の一つだ。

DNA操作で優勢遺伝子を持つ人間を生み出す事が当然とされる、未来社会。
イーサン・ホーク扮するヴィンセントは、そんな社会では珍しい自然出産で生まれ、社会的不適合者として差別を受ける立場にあった。清掃員として派遣された宇宙開発局ガタカで、彼は優勢遺伝子を持つ中でもエリートしかなれない宇宙飛行士への憧れを抱く。差別から逃れ宇宙飛行士になるため奮闘するうち、彼は怪我で現役を退かざるをえなかった元エリート、ジェローム(ジュード・ロウ)の優勢遺伝子を利用し成り代わる事に…。
イーサンとユマ・サーマン夫婦が共演しているこの映画は、優勢遺伝子の絶対視がとても印象深くリアルに感じた。生まれた直後に自分の欠陥、寿命も分かってしまう社会なんて恐ろしくて嫌だけれど。サスペンス調で面白いし、終盤で技師が秘密を黙認する所など胸打つシーンもある。ある種、ヴィンセントとジェロームの関係はゲイ的感情を感じさせるが、彼らの友情を考えると結末には些か納得がいかなかった。静かに涙を誘う映画かな。
 
   
Posted at 18:29 / 趣味(本/映画/音楽etc) / URL
Comments(0)
記憶に留めて / 2005年04月11日(月)
ここ数日ばかり春の陽気に包まれていたけれど、曇り空からは雨。
散り始めた桜も見納めという事で、先日の画像を残してみる。
青シートに寝そべりながら酒盛りなんて、風情だなァと。
乾杯の音頭が笑みを誘う花見は、今も昔も変わらず春の醍醐味だ。
 
   
Posted at 21:02 / murmur / URL
Comments(0)
Don't mind / 2005年04月10日(日)
一体私の身体はどうしちゃったんだろう?
昨日は健康診断で、アルコールを僅かに帯びたまま友達と二人で徹夜後の参加。
ぽかぽかと暖かい陽射しに、意識はうつらうつらと船を漕ごうとする。
低血糖で視線が泳ぐ私の腕に突き刺さる針は、血管をグリグリしていったので、
その時ばかりは、機械的に動くオバちゃんの顔を凝視してしまったけれど。
定期を買いに、途中で会った友達と二人神保町に出掛けたのだが、
あまりの眠さにそのまま家に帰り着き、寝て起きてみれば0時近かった。
7時間近く寝てしまい、それでも数時間、寝ては起きを繰り返して。
いい加減眠れなくなってテレビをつけて、今日はどう過ごそうかとぼんやり。
…ボーっとしていて、ふと今日は約束があった事を思い出して………。

やばー!!! 何も準備してなかったよ(滝汗)
初めて行く場所で、初めて会う人達に、一人で会いに行くこの緊張感。
 
   
Posted at 06:16 / murmur / URL
Comments(0)
お花見 / 2005年04月09日(土)
最近、知人や友人達と桜を愛でに(一部では酒を愛でに)公園などに出向く事が多い。花見といえば平安時代より以前に始まり、和歌に読み込む季語としてもよく知られている。室町時代には室町殿の「花の御所」や桜狩りが見られるようになり、京都は特に花の都として栄えた。染井吉野や山桜は一般的だけれど、私が幼少時代を過ごした八重山では桜は一月に咲く。まるで紅梅のように色濃い花弁を持つ緋寒桜(ヒガンザクラ)は、休みを利用して見る価値アリだ。

大学の正門前を一種の撮影スポットに仕立て上げた桜吹雪を眺めつつ、飛鳥山公園へ。四時過ぎだというのに既に出来上がった方々や、カメラを構えた笑顔のご老人。腕を組んで微笑む老夫婦に、思わず此方も頬が緩むというものだ。東京では今が一番の時期ではないか?古から愛でられるこの桜を、是非一度ゆるりと楽しんで頂きたい。
 
   
Posted at 01:34 / ワタクシゴトコラム / URL
Comments(0)
Re:VIVE >>> notch / 2005年04月07日(木)
何があったわけでも無く、livedoorから移行。
あまりにも、な物は抹消してリスタートを切ることにした。
日記というよりは、murmur-blogのため、題目も此方へ移行。
普段使いはyapeusの方をそのまま続行させようかと思います。

Re:VIVE !!! なんたって春ですから。
 
   
Posted at 01:50 / murmur / URL
Comments(0)
 
 
Global Media Online INC.