たっくんのこと

September 13 [Sun], 2009, 20:04
たっくんはみぃより3年後に生まれました
育った環境は都会と田舎で全く違うのに都会で育ったと思えない(笑)

たっくんは優しい子
とても大人しいけど自分をしっかり持ったまじめな子
そんなところが好き

DEAR:たっくん

August 10 [Mon], 2009, 20:36
たっくんへ たっくん、付き合って今日で一週間だよ 今の気持ちを忘れないように手紙にしようと思います たっくんに会ったのはもう2年前だったねバイトの面接で初めてみぃに声をかけてくれました 『面接で・・・』って何て言ってたかは忘れちゃったけど、初めての印象は真面目そうな人だなぁってだけでした たっくんはみぃをどう思った??そんなこと考えるヒマなんて無かったか(笑) 一緒に働くようになってもイメージはずっと変わらず・・・正直どこもかしこも合うとこなんてちっとも無かった だって当時みぃはおーっきな片思い中だったからね 結局恋は叶わず終い今思えばそのほうが良かったよね 一人でいる時間や友達といる時間がすごく大切になってきて、このまま一人でいいやぁって思ってた矢先、たっくんが誕生日にジブリの森美術館に誘ってくれたの 結局ジブリは改装工事中・・・南大沢のアウトレットに行ったんだよ コスメショップで長時間待たせた後、店を出たらベンチに座って待っててくれたたっくんの大きな背中が妙に優しさを感じた一瞬でした あとは小野田やり投げのスタートの場所であるグラウンドに行きましたね けっこう遠かったけど、みぃの歩幅にあわせて一緒に歩いてくれました きっと10月の大会は応援に行こうって思ったんだ それから動物園に行こうって言いつつも横浜に行きました大桟橋の端まで来たときには たっくんと一緒ならってちょっと思ったそんなことちょいちょい考えて戸惑いながらの 変なデートだったかな その後の私たちといえば、食事をしたり二駅分一緒に歩いて帰ったり、多摩川を散歩したり・・・ たっくんは相変わらずあまり話さないけど、他愛もない数時間が貴重で楽しかった 今も変わらずだけどね 七夕の天の川なんて正直見れても見れなくても関係なかったよただ一緒にいれたらよかったから 数日後たっくんはもう一度みぃを誘ってくれて多摩川でお母さんの話をしてくれましたね・・・ ホントはみぃはたっくんのお母さんのことあんまり分かってなかったから、たっくんの話を聞いてるだけで 胸にこみ上げてくるものがありました。 みぃがたっくんに何かできることはないかな?って思ったの でも、そんなのたっくんは求めてなかったし、ただの偽善じゃないか?って自分自身悔しくなりました でも一緒にいるうちに何かが分かってきた気がする たっくんが毎日メールくれていちいち心配してくれて・・・さほど表情豊かじゃないたっくんがニコニコ笑ってくれていたら、きっとそれが『幸せ』なんじゃないかと・・・ 何もできなくたって安心してくれるだけで、一緒にいる意味があるんだと思うようになりました たっくんはみぃのことをお母さんの次だって言ってたけど、どんなに時がたってもあなたを命をかけて生んでくれたお母さんには敵いません だから家族を大切にするその気持ちだけは変わらないでいて欲しい きっとその心配はしなくてもいいんだろうけど そんな家族思いのあなたをわたしは好きになったんだから 『3つ下だけどいいですか?』ってあいかわらず違和感のない敬語の告白を、わたしの人生最後に受けるものにしたいと思っています たっくんはなんでも真面目でがんばりやで誰にでも優しいので、いつか体が壊れちゃうんじゃないかと心配です 疲れたときは疲れたと・・・ 辛いときは辛いと・・・ 寂しいときは寂しいって・・・頼りないかも知れないけど、宜しければわたしを頼ってください そしてよく寝てよく食べてください みぃはたっくんがご飯食べてるとこ、お客様と話してるとこ、レッスンしてるとこ、手先が不器用で四苦八苦してる顔大好き もし、みぃに何かあったときは、みぃはこれを読んでいるたっくんを隣で見守ってます 幸せになろうね ずっと一緒よ みゆきより 2009.8.10
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:mie-with-mie
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:1983年12月7日
読者になる
2009年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新コメント
Yapme!一覧