one page a day 

May 17 [Thu], 2018, 22:00


不安定な季節の変わり目から夏らしさが増し、
早くも少しうきうきしてしまっています。

そんな変わり行く季節に後押しされてか、
しばらく連絡のつかなかった人から便りがきたり、
忘れていたことを思い出しては取り組んで見たり、

ちょっとしたことだけど、取り巻く環境も変化してきて面白い。




この夏に着ようと思っていたワンピースを早くも出して、
公園でご飯を食べました。

この夏は毎日を1ページとして、しっかり一日1ページ、
記していけるような日々にしたいと思っています。




きれい かわい なつらしい




しかし夜風が涼しくって、
マンション最上階のわたしの部屋は基本、窓全開。

どの窓もさえぎるものがなく、誰の目線も気にならず、
風が気持ちよく(たまにテーブルの上の物を飛ばされたりして)
びゅんびゅん抜けていく好条件。(ここが決め手で選んだ)

この時期は作業も捗るんだな。




CUICUI

少し前にレコーディングが終わったキュイキュイ。
現在リリースに向け、忙しくなってきているんだけど、
そんな中ライブが決まりました。

7/4 下北沢スリー

下半期忙しくなりそうなわたしたちですが、
こちらのライブ、今年最初で最後になりそうです。

今後、良きお知らせたくさんしていけそう。

とにかくこの日はお見逃しなく!



先日のMTG時






http://cuicuicuicui.com






GWはResponseでホームCLUB251でライブしてました。

やけに歓声が心地よく感じた一夜。

千葉ちゃんの乾杯!の発声もしっくり。

思わずにやけてしまう瞬間が山ほどあって、
幸せとか面白いとか当たり前のようで奇跡みたいなこと、
いっぱい考えながらステージにいます。





面白い夜に出会いたくて、面白いことばかり考えています。




次のわたしの面白い夜の中でも特に面白いのはこちら



2018年5月20日(日)RHAPSODY(ラプソディー)
〜acoustic live bar - shimokitazawa〜

『Response & RHAPSODY presents〜RHAPSODY 2周年記念ライブ』

出演:Response/3/4アコノーツ[松山弦大 & 森川トモヲ & デシャン(aeronauts)]/南波政人

Food:CAFE de Response (ODGE's Coffee & MIDUHO FOOD)

展示:ヒカル画伯

OPEN 18:30〜/START 19:30〜
MUSIC CHARGE:前売り\2,500-/当日\3,000-+別途\1,000分drink券(スナック付き)




昨年と同じメンツでRHAPSODYの2周年を祝います!


わたしはトップバッターの南波さんサポートでも出演なので、
この日は2ステージ。

南波さんも今年はバンドセット、aeronautsも人数が増えて3人で出演!
とのことでボリュームアップ。

ゲストとのセッションもあるよ!





お馴染み、毎度ありがたくもご盛況いただいております、
「みづほごはん」は、この夏日の暑さに後押しされて、

「タコライス」に決定!

いつも早々に売り切れてしますので、今回もできるだけ多目に作ります!
が、売り切れ御免です。お早目に!




スイーツプレートは今回、美味しい珈琲に合う、
濃厚な冷たいチョコレートスイーツにしようかと!



今回はODGE'S COFFEEとコラボ。

オッジが生豆を自家焙煎し淹れたオリジナルのコーヒーと共に!




夜な夜な、わくわくを準備中。




ヒカルの陶芸...じゃなかった、陶話?
絵皿展ね。

いろいろ過去のイラストからリクエストかけたので、
楽しみ。



Responseの音楽以外にも面白いこと詰め込みました。


是非とも遊びに来ていただきたい!


お待ちしてます。

http://www.response-web.com

don't forget 

April 27 [Fri], 2018, 23:52
4月が終わってしまう前に更新!




先月末あたりから調子悪い日が多く、
出かけられる日も少なくって、

静かなひと月余りを過ごしていました。





毎日同じようなペースで考える事があって、

寝る前には必ず、


この春を忘れないようにしたい


って思ってました。



なので文字に書きました。

この春を忘れたくないなって。



5年日記をつけはじめて60日ほど。

毎日続けて日々を書き留めています。
とても心が落ち着く時間。




気分がすぐれない日も体力落とさないように、
少しでも散歩するようにしてて、

もう家の近辺はどの道も歩き尽くした感がありますが、

ちっとも飽きません。

そして日に日に元気を取り戻しております。




私は元気です。

毎日ふざけています。



前回も書いたけど、今年に入って近いところで悲しいお別れが多く、
その事を思い出しては、改めてまわりの素晴らしい仲間たちや取り巻く環境に、
感謝していました。

東京で暮らしはじめて17年。

毎年自分の成長を感じています。

今の自分が一番良いを更新中です。






4/1 Response@Saitamashintoshin HEAVEN'S ROCK

素晴らしいイベントに呼んでくださった倉川さんに多謝!

沢山のはじめましてに出会えて嬉しいです。


Responseは4/1.6とライブ続きだったんだけど、
個人的にどちらも良かったというより、好き!って言葉が先に
出でくるような、そんなライブでした。

すごいシンプルにワクワクしたりハラハラしたり自分の素直な感情一つ一つに
自分自身が動かせられた。

ライブってバンドってちっとも飽きませんね。



次のライブは5/4にMUSIC DAYというイベントに出ます。

早くも来週、GW真っ只中!

ぜひお会しましょう。

http://www.response-web.com/index.php?p=live&id=76793





昨日、CUICUIのメンバー揃ってvo&key ERIE-GAGAのお家にお邪魔。

生まれて間もない第二子愛娘ちゃんとお出迎えしてくれました。



赤ちゃんって本当に奇跡の塊だね。

少し前までえりちゃんのお腹の中に入ってて、
一緒にCUICUIの音を奏でてた。

本当に可愛くってみんなの愛しい存在です。

長男もすっかりお兄ちゃんになってて妹をみる瞳が照れてる様で
それもまた可愛かった。



CUICUIは現在新音源MIX中で、ここから先リリースやライブ情報を
続々お知らせできると思うので、お楽しみに。

http://cuicuicuicui.com



今日は夜も更けておりますし、この辺で。


diary 

March 31 [Sat], 2018, 17:56


5years diary

名前の通り5年間つけられる日記

ずっと欲しいと思っていて
とても良いタイミングが訪れたので
ホワイトデーにとプレゼントしてもらいました

3月1日からつけています





何気ない日常も




少し特別だった日も

毎日どんなことでも残していきたい

思い出ってとても大切


些細な自分の事にも気づいてやれる様にと
記しています


このブログもよく似ているのだけど







先月ですが、少し里帰りしていました。

近年帰る度に大掃除をしていて沢山の思い出を整理しています。

正直書くと、主に亡くなった母の物。

母が他界して今年で8年。

ようやく母の物に触れることが出来てきた。

全て捨てる必要はないのだけど、処分したほうが良い古いものもあって、

それと同時進行で、自分の部屋も片付けていました。


今回の帰郷でとても片付いて、スッキリした。



上京して、東京での生活が長くなって、母がいなくなって、

どこか距離を感じていた家だったけど、

片付けを始めて、思い出を掘り起こして、
沢山振り返って、心も片付いて、ここまで時間を経て、

やっと私の思う実家が

戻って来た様に思います。


やっと素直にただいまが言える様になった。

私の家なんだよね。

これからも時間見つけていっぱい帰ろう。







片付けメインで少ししか居なかったけど
週末とても良い天気だったのでお出かけしました



朝から出掛けてうどん県民らしく朝うどん
(朝うどんしたの初めて)




ずっと行ってみたかった高松の「プシプシーナ珈琲」へ





以前美味しい珈琲を探していた時に同郷の友人に教えてもらった

故郷の自家焙煎珈琲



北欧風の店内
可愛くて珈琲はもちろん美味しくて最高でした

香川に行かれた際は是非に

ちょっと駅から離れてるから車かバスかな

http://pussy-pussy-na.com




あとは久々に幼馴染と会って話したり



当たり前のことなんだけど、
お互い大人になってて面白いねって話をした。

近所に住んでて小さい頃同じ遊びをして、
同じ学校に行って、今は全く別の生活をしている。

またこうして出会えて嬉しい。








翌月3月はもう一つの実家へ



義理の弟妹たちと相談して主人の実家へ侵入

飾り付け、お料理を準備してお母さんの帰りを待ちます




出張みづほごはん


サプライズ大成功!

私のもう一人の母、お姑さんの還暦祝い。

この世に母と呼べる人が出来て幸せ。

何でも話せて、理解してくれて。
一緒にお料理したり、お掃除したり、買い物したり、
当たり前のことが特別で嬉しい相手。


これららも宇宙ミラクル嫁姑の仲で行きましょうね








最近体調があまり良くなくて
部屋にいることの方が多いのだけど

今はそういう時期だって思って大人しくしてる



体調の良い日は外に出て散歩をするんだけど

日々変化している東京の街は

いつも通り

忙しそうでそれでも自由で

ちょうど良く出来てるなあなんて思って トコトコ歩く





ふと春は別れの季節だと思い出した

今年に入って悲しいお別れが多かったせいか

何だかまわりも寂し気だけど

それでも明るく踏ん張ってる仲間たちを見て

とても嬉しい春だと思った




Longing for spring 

March 22 [Thu], 2018, 23:30
すっかり春めいて来たと思っていたら、昨日は雪ですか。





とはいってもやはり3月。
もう月末に差し掛かり、匂いがすっかり春だね。

近くの公園の桜は早くも満開の木もあって、
椿が最後の開花を見せていて、とても美しかった。






何故だか今年は年明からとても春が待ち遠しかったので、
春を感じることが、嬉しいです。

春ってそわそわしてて、
なんだか世間の変化についていけないような気がして、
少し苦手だった。

季節の変わり目で体調はイマイチだけど、
今年は春を待っていただけあって、変化を感じるのが嬉しいです。




春よ来い 早く来い
それは願いにも似たような感覚でした。

いや、来い じゃ無いな

迎えたい!って感じかな。



少しこの一ヶ月を振り返るね。


まずは音楽のことから



CUICUIレコーディング

アルバムリリースに向けて丸2日

良いもの 録れました

全員優勝!
(録音終えた後、この言葉がしっくり来た。)




この時、えりちゃん臨月目前でして、
お腹の赤ちゃんと一緒に素敵な唄と鍵盤おさめました。
(3/11元気な女の子出産!おめでとう!)




CUICUIとエンジニア菅原先生と

リリース時期はまだ決まってませんが良き時期に
良き状態のものを お聞かせできるかと思います

しばし待て!しかし期待せよ!

http://cuicuicuicui.com





ヲちゃん家のジェイド


急遽、10年間お世話になった池袋にあるライブハウス
「鈴ん小屋」が閉店

最後の日、鈴ん小屋を愛する仲間たちが集い、
イベントを行いまして、もちろん参加して来ました!



しゃおは参加できなかったんだけど、
和也、麺、エリヲのおおきなくじらメンバーに
ワディとタケちゃん参加でセッション。

おおきなくじらは本当鈴ん小屋にお世話になっていて、
鈴ん小屋バンドっていっても良いくらい、愛し合って来たと思ってます。

個人的には、yasumidu、みづろうでもステージに上がっていて、
イベントではいろんなミュージシャンとセッションして来ました。

コラボメニューごはん作ったり、ただ飲みにいったり、置いてある本を読んだり。
とても居心地良いスペースがなくなってしまい寂しいけど、
こうやって最後に良い機会がもらえてみんなに再会できて嬉しかったし、
私には良い仲間が沢山いて、これからもそれを紡いで行くんだと感じました。

改めてありがとう、鈴ん小屋、そしてみんな。
鈴ん小屋2?期待してます!



懐かしい眺め。




2月最後のライブは、



Response unplugged? 下北沢440にて

そうなんです、9月からライブ活動控えてましたが、
なんだかんだ12月からずっとステージに上がっています。

Responseは12月振り。

1stアルバムの「SLIP」って曲を久々にやったんだけど、
ほんと、変な曲でね。
どんな思いでこの曲書いたんだっけな〜なんて思って
おかしくなった。

今思うと、この頃からResponseはResponseなんだよね。
今でも当時からずっと変わらないものがある。

変わらないメンバー、変わらない足並み。
それだけじゃない、核となるようなものが変わらない。

それって何なんだろう?
それ分かるまで、やめられないなあ。
分かったらもっとやめられなくなるなあなんて考えてた。

いつも感動的な時間をありがとう。




この日は前日に日本公演を終えたばかりの
タイのカンパニーB-Floorのメンバーが見に来てくれたよ。

Sarut,Beer,Tak コップンカ!

Sarutとはもう出会って7年、
そしてこの7年ほぼ毎年、多い時は年に2,3回、
東京かバンコクで会っている。





B-Floorの日本公演、本当に素晴らしかった!

B-Floorとは2011年に私が所属してた「妄人文明」で
バンコクのシアターフェスでコラボレーション作品を作って
ツアーをまわった仲なんです。

私の音楽人生の中でとても重要な時間で、
タイがこんなにも好きになったのも、この時があったからこそ。



7年振りの再会が公演の真っ最中で、
私を見て思わず驚いた顔してた、JaaとDao。

めちゃくちゃ笑えたけど、泣きそうだったよ。

まだまだ会いたいメンバーもいるし、次はバンコクに観に行こうかな!


2011 みづほのタイ日記見つけました
これはvol.1 vol.9まであります
http://yaplog.jp/miduho-parade/archive/2778





Responseのライヴは3/16
我ホームCLUB251でもあって、
この日はバンドセット復帰戦でした。

半年振りの251のステージだったけど、
半年前と何も変わらず、いつもの自分、いつものResponseでした。

それはとても良き事だったんだけど、
ライブを終えて、もっと越えていきたいって欲が出た。

私って、バンドが本当に好きなんだなって
自分で自分をちょっと感心したよ。

あえて優先順位をつけるとすると今はバンドより大事な事沢山ある。

でも私が私で居られるために必要なのは、バンドをやってる自分なんだなって。

切っても切れない仲というか、体の一部の様。

人生の大半を音楽に費やしてますから。


何でもかんでも、自分か一番よく分かってる。
それを私はもっと極めていきたいんだな、これからも。






プライベートのこともここで書こうと思ったけど、
長くなったから今日はここまで!



4月のスケジュール

4/1/日 さいたま新都心HEAVEN'S ROCK VJ-3
4/6/金 下北沢CLUB251

どちらもResponseで出演します

よろしくね

http://www.response-web.com

Loves Vladivostok 

February 23 [Fri], 2018, 1:23

ロシアビール クマのパッケージに惹かれて
やっぱり美味しかった


2017年3月に夫婦で旅したロシアのウラジオストク

ハバロフスクからシベリア鉄道で一泊しウラジオストクへ

ウラジオストクで丸2日間

大好きな散歩三昧でした


記事LINK
Reason why we went to Russia
Russian memory -1-
Russian memory -2-
Russian memory -3-

モスクワやサンクトペテルブルクとはまた違った街であろう極東ロシア。

何度も書いちゃいましたが、とくに何も無い街です。

ただ、その何もなさが大好き。

必要なものは揃っていて、ちょうどいい感じ。

色合いも街並みもシンプルなんだけど、
一つ一つ深みがあって。

とにかく大好きに。
また帰りたい場所が増えて嬉しいです。





最後の記事は旅ブログ定番のお買い物写真
私がウラジオストクで買ったものの写真をupします







まず欲しかったのはリップクリーム

リップを持ってくるの忘れてしまって
鉄道で一泊したら乾燥してしまい

グム百貨店の中のドラッグストアで見つけたのがこちら







ロシアのアニメ「マーシャとクマ」パッケージ

多分これ子供用なんだけどとても可愛いし
私いつも子供用の低刺激のもの使うから購入



使い心地はニベアと大差なし
はちみつ風味

これを買ってからマーシャとクマグッズ探しに精を出しました



見つけてますね

スーパーの子供菓子コーナーで見つけたよ
樽にガムが入ってるおもちゃとラムネが付いてて
どのデザインのクマが出るかわからないフィギュア

可愛いパッケージの石鹸 こちらも子供用
泡立ち良くてとても使い心地良かった

最終日にローカルな文具店で買ったロシア語のノートやシール
算数塗り絵に絵本
絵本は邦題「てぶくろ」で子供の頃から大好きなお話


ロシアといえばこのこ



チェブラーシュカ

サイケな色合いのこの2つを日本に連れてきた

もっとチェブグッズあると思ったけどなかなかなくて

お土産屋さんで最初に見つけたこの子たち
お部屋に飾ってます


もう一つ絶対欲しいと思ってたもの
お土産屋さんで最初に即ゲット



わーい

この写真見た友人たちが
みづほ絶対買うと思った!って笑われた品

ずっと探してたからね!

他にもプーチンさんグッズや旧ソ連デザインのお土産品も購入。


マトリョーシカたくさん売ってたけど、
思ってたよりなかなか高額
綺麗なものだと飛行機で持って帰るのが怖いくらい高額...
とにかくたくさん売ってるから見てるだけでうきうきでした。

マトリョーシカのキーホルダーやマグネットなど
ペイントの可愛い子たちを選んで自宅にも友達にも購入
ロシアの色使いが好き




ロシア民芸品のホフロマ塗りの食器たち
木製です。質感も色合いも好み。
悩みに悩んでこのシリーズ。
もっといろんな種類欲しかったな〜




スーパーでの購入品

いつもどの国でも買い込む調味料
ディルやボルシチ、ペリメニのスープの素など。
イースターが近かったのでイースター用品も。
ケーキ型や卵トレイ。
紙製の飾り。ロシアらしい絵柄のものばかり。
黒パンも買って帰りました。
持ち帰り用に買ったタッパーがレトロで可愛い。




ロシアンティー
ティーパックのものも買ったけど
これは茶葉でお花が入ってるタイプ
あっさりすっきり飲みやすいです




チョコレート!

どれも本当に美味しい。
定番のアリョンカもいろんなお味が。
右下の岩塩チョコ、鉄道内で仲良くなったマルゴにもらって
美味しくて感動して同じもの探しました。お気に入り。




どれも可愛いでしょ





夫婦揃って大好きなチーズ
あっさりしたプロセスチーズが多かった
向こうでもおやつや晩酌に食べてました

チョコ味?はイカみたいな味がしたんだけど
イカスミだったのか...?



なんせアルファベット表記がほぼ無いの
キリル文字ばかりで味が不明で

でも美味しいからなんでも大丈夫だったっていう。




こちらはロシアの定番ビール「バルチカ」

日本でもロシア料理店で飲めますが
本場スーパーは日本には無い度数もあったよ

缶も日本にはないサイズ感のものもあって
お土産にしたら驚かれました

ちなみに真ん中の数字はアルコール度数だよ

ロシアビール楽しい 好きです



食事もどこで食べても美味しかったしコーヒーやスイーツも美味しいし

お惣菜コーナーで買った魚やマリネ、缶詰までもがどれも美味しいし...




ただこれが旦那さんはNo.1だった模様でちょっとした爆買い

マッシュポテトのカップです

お湯を注いでまぜまぜすると瞬時にマッシュポテトができます

味がたくさんあってね これまたどれも美味しいの


ロシアのものって日本に輸入が少ないんだなって感じました

ありそうで無いものがたくさん





買えなかったのはプラトーク
ロシアの女性が頭や肩にかけてるスカーフ

気に入ったデザインのものがなかったのと
思ってたより現地でもなかなかの高級品でした



アパレル店はあまり見かけない
百貨店にはあったけど高級な婦人服とZARA
バス乗り場の大きなスーパーマーケットの上は衣料品だったけどピンとこず

我々は日本には無いイタリアのファストファッション店「Terranova」で
ニットとパンツを購入しました



そんなとこかな


最後にこちらの動画でお別れ


マーシャとくま


言葉わからなくても楽しいよね








Спасибо!!

Пока!!

Russian memory -3-  

February 23 [Fri], 2018, 0:06
ロシアの思い出3





日が差したホテルの階段...

この廃墟感...

好きですが



2017/3/28

今日で周遊は最終日

この日の予定もひたすら散歩でした

まずは朝食



宿泊してた場所のすぐ裏通りにあるブリヌイの有名店
「ウフ・トゥイ・ブリン」

ブリヌイとはロシアでいうクレープやパンケーキの一種

日本のクレープに似てるけど、もちもちしてます。



店内 レトロで落ち着いてて小物使いが可愛い

お客は韓国人ぽい女の子たちが多く

我々も座るなり韓国語と中国語のメニューをだされまして
英語メニューを頼んだら あ!って感じで日本語持って来た!

あるんだ!って言ったら、オンリーワン(1冊だけ)だって。

日本から近いから日本人多いと思ってたけど、珍しいみたい。



チョコくるみのブリヌイといくらのブリヌイ

日本にはない、いくらブリヌイずっと食べてみたかったので嬉しい!
いくらは日本のものより小ぶりだけど、味もしっかりしてて美味しいです。

大好きないくら朝からたっぷり食べれて幸せ。

コーヒーもとても美味しかった。




なんだろう

特に何かあるわけでもないのだけど、とても好きな街並み。

ずっと歩けちゃう。













写真撮りながら大通り外れて歩いてみたり

そのまま街外れにある大きな聖堂「ポクロフスキー聖堂」へ。






美しい



日曜日の早い時間
ちょうどお祈りの時間があって中にも入れました









裏にある公園でぼんやり




ウラジオストクは公園が多い


通ったことない道を通って海沿いへ向かう
スーパーマーケットもたくさん
バス通りに出るとたくさんの人がいてみんなバスに乗る
どこに行くんだろう?

昨日歩いたスポーツ湾へ




遊園地リベンジ






おー察した通りなかなかカオス







おーだいじょぶなのかー




レッツチャレンジ!




得意の指差し攻撃でなんとか観覧車のチケットらしきものゲット

誰も乗ってない観覧車
チケットきりのおばさまたたずむ乗り場へ

チケット見て はいどうぞって

そのまま乗車




おお しめないのか



おーきれいなだなー でもおそろしいなー

風びゅんびゅん

なんとか飛ばされず地上に降り立ちました




昨日とは反対方面の海岸を歩く








昔実家で飼ってた愛犬にそっくりの犬見つけて泣いた
似すぎ!思わず名前呼んでみたら振り返るからまた泣いた



ここからはウラジオストクの素敵な廃墟感をお楽しみください















たまらん







no1



ランチはウラジオストクに降り立った時から気になってた
駅前に出てる屋台のハンバーガー屋さんでテイクアウト
公園で食べます



狙うはブラックバーガーとレインボーバーガー!



レインボーじゃない
(でも味は美味しい)




スーパーで見かける度気になってたファンタも購入

これがめちゃくちゃ美味しい
ブルーなのはペットボトルの色で中身は白
レモンシトラス味  日本でも販売希望!


午前中はとっても良い天気だったけど少し小雨が降って来たので
スーパーでお買い物してホテルでお昼寝



マルナカ..

我が地元香川県にあるスーパーのトラックが走ってた
(父に見せるように慌てて撮影)




日暮れ前にはすっかり雨も止んだので
ディナーへ向かう途中最後のお買い物とお散歩

小さな文房具屋さんや本屋さん手芸店
お土産屋さんもスーパーも好きだけど小さな小売店楽しい



ここの公園とても好きだった




昨日朝一向かった鷹ノ巣展望台方面にあるレストランへ



「PALAU FISH」
シーフドのお店

外から見た感じ小さいお店だったけど
中には半地下スペースもあってかなり広い



落ち着いた店内
有名店みたいだけど人は少なく窓際の席で常連らしき
お一人様の男性が数人食事してました

後半は我々で貸切



どれ食べても最高に美味しい!





スープ、マリネサラダ、パスタ、鉄板焼き
本当どれも絶品

また絶対食べに来たいな!


ご満悦でホテルへ

の、前に
まだ少し時間が早かったのと現金が余ってたので
帰りにスーパーに寄ることに




パッケージたまらん
ほとんど英語が使われてないので

バターなのか チーズなのか
ヨーグルトなのか サワークリームなのか

聞いても答えがロシア語で不明でなかなか食材は難易度高かった



けど どれも勘で買いました 笑
ちゃんとおつまみ用にチーズが買えたよ




毎日違う絵柄のビールを購入
ビールの種類が豊富
しかも絵柄が可愛いのなんの



ロシアの童話「おだんごパン」の様なまんまるパン
いくらが混ざったバターを買って明日の朝食用
2人でも食べきれず半分持って帰りましたとさ



翌朝



薄暗い中ホテル出発



到着した日に買ってあったチケットで
空港までのアエロエクスプレスに乗車





綺麗な車両
40分程で空港到着
快適でした


ウラジオストクの空港はとても綺麗でピカピカ
帰りはAurora airlines こちらも行きのS7に続きはじめて

webチェックインもチェックイン機使っても
何故かチェックインができなかったので
チケットカウンターが空いてから窓口で手続き

出国審査場抜けたら
搭乗口付近は小さな売店とカフェとお土産屋さんがある

残りのコインで自動販売機でお水を買う
いつも残りのコインでお水を買うんだけど

毎回ペットボトルのお水を手にすると
ああ旅が終わるんだなあって気分になる




帰りは小さなプロペラ機

約2.5時間 うとうとしてたらあっという間に成田着
まだ正午過ぎでした



弾丸だったけど、自分たちらしく周遊できたので何の疲れもなく、
いつもより時間がたっぷりあって、なんだかとっても癒された旅でした。

絶対にまた帰りたい街!


次回はまとめと購入品などUpします

Russian memory -2- 

February 11 [Sun], 2018, 23:23


ロシアの旅の思い出

前回は荷物を預けた所までいったので、ここからは
ウラジオストクの町歩き1日目の写真を。


2017/3/27

まずは、宿泊するホテルの位置をチェック。



住所は大通り沿いなんだけど、そこにはお店しかなく、
どうやら奥まったところにあるみたいなので。




連なるお店の中 ここだけ奥に入れそうだ
看板も出てるし! ホテルの名前はないけども!




うーん ここしか奥に入る道ないんだけど合ってますか



うーん 入ったんだけど ここ入って良かったですか?

ふらっと通りかかったおじさんに住所見せて見る



うーん ここ指さすんですけど 本当ですか?



ドアこれもんですけど 本当ですか?


位置は掴めたので、突撃は後ほど!






確かにさっきのトンネルみたいの入って抜けると更に道が。

裏通りに出ます。

お店あるね!





わー!かわいいところに出た!
さっきの廃墟感はなんだったんだ!













特に観光地でもなく、名所という名所もないです。

ただただ歩くことが好きな我々夫婦。

もうすでに面白い。




ホテルと近辺チェックしたところで、
街の全貌を見るべく、展望台へ。




街の中心地を抜けます。



ああ もう好きです この街並み

展望台に行く途中、坂道を登って行くと、大きめのホテルやゲストハウス多数。

着くまえに腹ごしらえ。



MOLOKO&MED cafe

ヨーロッパの朝ごはんが食べられるカフェ。

French BFとEnglish BF

コーヒーもパンもリゾットも美味しい。
早速幸せ噛み締める。

朝早かったけど、空いてる飲食店は多かった印象。




以前ロシアごはんを出店したイベントで使ったこの写真は、
ここのカフェで撮りました。







街外れ。道、ガタガタ。



少し歩くと、たくさんの子供たちとすれ違う。

みんな展望台から降りてくる。課外授業?




標高192m 鷹ノ巣展望台に到着



キリル文字考案者 キリルとメトディオス像
子供たちこれを勉強しに来たのかな



日本にもあるよね こういうの
恋人たちの聖地なんだとか!




黄金橋 黄角湾 街が一望できる



港に停まる 軍艦も


ウラジオストクの街は色合いがシンプル

活気があるわけでもなく少し寂しげなんだけど

スッキリしていて好印象 空が広くて気持ち良いです






展望台を降りケーブルカーで港沿いまで降ります



ケーブルカー 12p

ちなみにケーブルカー料金はガイドブックやネット情報と違ってました
鷹ノ巣展望台にお土産屋さんがあるとの情報もありましたが何もなかったです






かわいい







教会がたくさんあります


映画館やスーパーに寄ってみたり
たくさんはないけど 見るもの全て楽しめる





ニコライ2世凱旋門



アンドレイ教会







潜水艦C-56
博物館になってる



先ほど展望台から見えたのは
クラースヌイヴィムペル軍艦



カラベーリナヤ海岸通


そうそう 横断歩道が少ないのです
歩道橋ではなく



地下道が多いよ



ここなんか凄かった

展望台に上がる途中に通って来た道見てびっくり



なんの広場なんだろう







グム百貨店
ロシアを代表する高級百貨店です





ウラジオストク駅前まで帰って来た

駅前にもスーパーあるね

お土産屋さんやいろんなショップ、カフェチェックもできた。

預けてた荷物をピックアップし、ホテルにチェックイン。

勇気を振り絞ってさっきの扉に突入!




まだ不安。

何階かとも書かれてなかったので、各階をキョロキョロ。


物音に気付いたのか、かわいいお姉さんがドアから顔出してくれました。

あったー





少し休んで、本日後半戦。



小さな街だけど、お店がいっぱいある。


海沿い、砂浜方面へ向かいます。





まだ流氷残る海。

そしてここは日本海。




日本から見る日本海の向こう側。
穏やかで天気も良いしのんびり。

ウラジオストクの街中は子供達が多いなー。
平日だけどわたあめや風船屋台が出てる。




観覧車が見えた!




お!



お!





遊園地だー!

この色使いたまらん!!




この日はもう閉まってたので、明日リベンジすることに!







海沿い、道が途切れるまでずっと歩いた。

海鮮市場やレストランがあるって情報だけど、何もなく。
建物はあるから、このシーズンはやってないのかな。





帰りに大きなスーパーを見つけてお買い物したり、市場を覗いたり。



この日のディナーはホテル付近にあるレストラン「STUDIO O(RU)」
日本語メニューあり、24h営業、コートや荷物のクロークもあるし、
店内も広くて綺麗!スタンリーキューブリックの映画のセットみたい!(宇宙感)

ロシアビール、ボルシチ、ビーフストロガノフ、サーモンマリネ、チーズ
どれも美味しいー。基本、塩こしょう味付けで薄味なんだけど、
どれも野菜たっぷりが嬉しい。

帰りは寒いし街は暗かったけど、ホテルはやはり中心地にとって正解だね。



お部屋も快適!
熱いシャワーも出たし!最初の方だけだったけど!笑



次回は翌日のことを書きます

Russian memory -1- 

February 08 [Thu], 2018, 23:40
ロシアに行った理由を書いたところで、
ここからは極東ロシアの旅を写真と共に振り返る。


2017/3/26



まずは、成田からハバロフスクまで行きます。
飛行時間は約3時間です。ちか!!




S7

蛍光緑の機体かわいい。初めて見た!
(S7ってチケット取るまで聞いたこともなかった!)


・S7航空(エスセブンこうくう、ロシア語: S7 Airlines エース・セーヴェン・エーイルラーインス)は、ロシア連邦の航空会社。首都モスクワやノヴォシビルスク、 イルクーツクが主な拠点。ロシア国内線では最大のシェアを占める。







LCCみたく預荷物は料金加算。
いつも通り行きは荷物がほぼ無いので、機内持ち込みのみです。




たった3時間だけど、ごはんでた。

ペンネとサラダ。早速、ロシアの黒パン!





ロシア上空に差し掛かると、雲の感じもなんだか違って見える。





一面雪景色もちらちら。



あっという間にハバロフスク到着。



ここからしばらく慌ただしかったので、写真とる暇なし。。。


・入国審査なかなか混んでいる
・前に並んでたベトナム人のおじさんと仲良くなる
・極東ロシア旅行だと言ったら笑われた
(おじさんはトランジットで母国に帰るみたい。遠回りだけど安いんだって。)
・一番後ろに並んでたので我々が最後の入国審査
・入国の記載用紙記入とか何もなかった(ガイドブックやネット情報には記入提出とあった)
↑これは入国審査後、用紙にスタンプ押したものにサインをし、もらいました。出国時必要なのかな。
・あれ?さっきまでたくさんいた日本人全然いなくなってる、、、
(後で調べたらみんなハバロフスクはトランジットで使うみたいで)
・空港ロビー、、、え?人がいないんですけど
(ATMもお土産屋もあるって情報だったけど何も無い!日本で少し両替してて良かった!)
・ネット情報のバス乗り場へ行くも ん?どこ?何も目印ない。
・そわそわしながら来たバスのおじさんに話しかける
・みんな英語全く喋れないとな でもみんな優しくて助けようとしてくれる!
・こんな時に役に立つみづほメモ「ハバロフスク駅へ行きたい」「バス」のロシア語見せる
・ここで立ってろのジェスチャーと数字メモに書いてくれる
・おじさん?え?ここただの空き地?何もないけどあってる?
・そわそわしてたら15分くらいして本当に立ってた目の前に同じ数字のバスきた!



はい





来ました!トローリーバス!

なかなか難易度高いです!ハバロフスク!

思いの外、キリル文字理解できない。
ハバロフスク国際空港。何もない!

オフシーズンとかあるのかな?
タクシー運転手らしき人はいたのだけど、タクシースタンドはしまってる。

バスの時刻表とかもなかったし、聞けて良かった!
我ながらみづほメモ役に立ちました。




バスの中には運転手と切符売りのお兄さん。
タイのバスと似てたので(チケット全く同じだね)購入は出来たけど、
ここも言葉が通じません。合ってることを信じて乗りました。笑


電光掲示板(もちろんロシア語のみ)はあるけど、アナウンスはなし。
wifi使って現在地みながら、地図の駅近くになると、
隣のおばさまにみづほメモ「ハバロフスク駅」を見せて「here?here?」と
教えてもらう。

なんとか降りられた!
(アドベンチャーでしかない!)



駅舎はネオ・ロシア様式。美しい。
夜はライトアップされて黄色っぽいけど、ピンクと緑の色合いなんだよ。
2007年修復なので、まだ新しい。




エロフェイ・ハバロフ像



駅構内入ってすぐ右に窓口があったので、日本で予約して印刷したバウチャー提示。
頷いて、「no.3」といわれただけ。

乗車まで一時間ほどあったので、売店でピロシキとお菓子、ビールを買う。
値札も何もないので、指差しでthis one連呼。
日本の売店みたいに直接商品触れないの。ガラスケースに入ってます。
と、いうか、売店自体がガラスケース。ショーウインドウみたいな。
店員さんもその中だから、声をかけるのも一苦労。

かわいいコーヒースタンド見つけて、コーヒーを買う。
その場で豆を挽いて淹れてくれた。


やっとATM見つけた!英語メニューあり。
クレカのキャッシング機能でロシアルーブル引き出し成功!


二階のラウンジで一休み。





モダンで素敵。

中国、韓国、モンゴル系の人が多かった。
日本人全然いないなー。




⭐世界一広い国ロシアには11個のタイムゾーン(時差)があります。
国内の最大の時差が10時間もあるらしい!

鉄道時刻表はモスクワタイムで書かれてる。

ハバロフスクとウラジオストクはモスクワから+7hなので、
つまり21:10に乗るには、14:10とみる。
事前にチェックしといて良かったわ。


乗車20分前にフラットフォームへ向かうも、プラットフォームが見つからない。

探していると、なんと自動チェックイン機らしきものを発見!

やばい!これやらなきゃなの?

並んでいたら無愛想なスタッフ登場。

やり方を教えてくれてたんだけど、我々のパスポート見て興奮。

英語で「日本大好きー行ったことないけどー!!」って騒いでる。笑

そのまま超親日家のその子がチェックインしてくれました!
スパシーバ!(ロシア語でありがとう)



はい。

プラットフォームは隣の駅舎でした。
後5分。ダッシュ!!!




海外のゴミ箱って撮りたくなっちゃう。




間に合った!

ここがシベリア鉄道のプラットホーム!

感激!



乗りたい列車「#006 Okean」停まってました。

かわいい真っ赤な制服の乗務員さんに早く!と腕を引っ張って乗せられた。笑





ついに乗れた。シベリア鉄道。

タイで寝台列車の旅をしてから、寝台列車の旅に魅力を感じて、
いろんな国で列車に乗ったけど、

死ぬまでに絶対乗りたい!と思ってた、シベリア鉄道。

モスクワから終着駅のウラジオストクまでは、
走行距離9,258km、所要6日3時間。

その内のたった一夜だけど、旅できる日がこんなに早く来るなんて。


2nd class
4人部屋のドミトリー





好きな色合い



二段ベットの上から



私は上段に
狭いけどふかふか!

そして空調も丁度良くて快適。


相部屋はアナトリーという大学教授の50代後半くらいの男性。
口髭にメガネ。ニコニコしていて、話しかけて来てくれた。

もう一人はリアナと言う、40代の女性。元気が良くて、英語も少し話せる。
なぜか日本語の「わからない」だけ話せる。笑
通じなくなったら互いにわからない連呼。

日本人が乗ってるのが珍しい?のか、乗客や車掌さんがちょこちょこ顔出しにくる。
みんなニコニコ、寒く無いかとかお腹空いてないかとか、、、親切。

アナトリーの大学教授仲間のサーシャという陽気な男性と、
マルゴという柔らかい笑顔のマダム。

それと私たちの6人で小さな部屋にくっ付いて座ってお話ししてすっごい楽しかった。

それぞれが持ってた少しのお酒とスナックとチョコレート。
あとはリアナが恋人にお土産と言ってたワインを飲んじゃえ!ってあけてた。

何度も我々のロシアの旅を祝福してくれました。


ロシアと日本、それぞれのイメージを聞いたり、知ってる言葉、食べ物、歌など、
たくさんたくさん話をしました。

サーシャの自作のポエムを読んでくれたり、ロシア民謡を歌ってくれたり。

私はお返しに、日本の歌だよって、上を向いて歩こうを歌ったんだけど、
凄く綺麗なメロディーだって言ってた。

言葉の壁なんて関係ないなー いや もっと本当は話せたら楽しいのだけども。



私が寝台列車の旅が好きな理由は、このコミュニケーションと、
朝になったら見える、昨日とは違った景色です。




シベリア鉄道の終着駅、ウラジオストク駅に到着。



目が覚めたらリアナは少し前の駅が家だったみたいでいなかった。

朝になったらみんな素敵なコートを着て、帽子をかぶって、手袋をして、
あの賑やかな夜がなんだったんだろうって思うくらい、静かに窓の外を見てました。

そしてニコッと微笑んんで静かに手を振って降りて行きました。
感動的な夜をスパシーバ。




ウラジオストクの駅は、鉄道駅と船駅、
アエロエクスプレス(空港特急)駅が並んである。






ホテルのチェックイン時間までまだまだ時間があるので、
荷物を預けることに。


鉄道駅の右の階段を下り、見つけました。



カメラ フラニェニャ
と読むみたい


荷物預かり所です。

2つ預けて280p

ノートにサインと預けた時間、ppコピー



これが引き換えタグ かわいい



お次は、チェックリスト項目、
帰りのアエロエクスプレスの時刻表チェック。

アエロエクスプレスの駅は近代的。



こちら時刻表(2017.3時点)

一見、わかりません。
どっちが空港行きなのか、到着時間なのか。

駅の人に聞いてなんとか理解。

良かった、やっぱ来てみて。
調べてたのと時間も値段も違った!


残す現金の心配しなくていいように、チケットも購入。

レシートのようなチケット。








さて、ここからはウラジオストク歩き!

次回へ続く!

Reason why we went to Russia 

February 06 [Tue], 2018, 23:04


一年経過してしまう前に書き始めますね

Reason why we went to Russia.

僕らがロシアに行った理由





2017年3月 ロシアに行って来ました

ロシアのウラジオストク

ここです



極東ロシア

日本海の向こう側!




私は夫婦で旅することが多いのですが、
私の旦那様は演奏家で毎晩ショータイムに出演しています。

とても特殊なお仕事なのでお休みもバラバラ。
お休みの最大は今の所3連休で年に4,5回。それも一ヶ月前に突然決まります。

前は計画して旅をしていたけど、近年は「来月連休あった!」と言われてから、
行くところを決めます。

3日半(ショーは夜からなので4日目のお昼までに帰国すればok)の少ない日数だと、行けるところがかなり限られる。

まあ、アジア圏になっちゃうね。 
韓国?台湾?香港?ちょっとタイやインドネシアは厳しいかな。

そんな中、春休みってこともあっていつもの格安航空券も高い。

ちょっと突然海外に行くには厳しい時期かなー。



Googleマップを開いて世界地図を眺め、検討。

アジアはだいたい制覇している。

今回は、どこか新境地へ行きたい!





あれ?ここ近いやん!

ロシアの端っこだ!

この辺、さくらももこのエッセイかなんかで読んだとこだ!

マトリョーシカ買ったって書いてたよね!

(押入れの中の本棚から探す。)

あった!富士山!(ふじさん/さくらももこ編集の本)

あった!ハバロフスク?ウラジオストクのちょっと上だね!

ここも行きたい!ここに書いてる缶詰買ってみたい!

どうやって行くのかな?

鉄道駅がある!シベリア鉄道乗りたい!





ここからはいつも通り。

とんとん拍子に情報収集。



はい、次の旅は極東ロシアに決定!



と、言うわけです。



ロシアにはずっと行ってみたいって思ってて、なかなか行くタイミングがなく。
もちろん首都モスクワは遠く、数日間の急な思いつきではいけるハズはなく。

でも、あれ?今回は3日でロシアに行けちゃうかも!






第一関門

ロシアに入国するにはビザが要ると言うこと



今は取得が楽になりましたね!
http://tabiprogress.click/russia-visa

私が行った時はこの制度の前でした。

こちらのサイトの最初に書かれているように、

パスポート、写真
電子査証申請書(ロシア連邦外務省のHPから申請)
旅行確認書+バウチャー(セットになっている)

が必要でした。



一見、何のこっちゃ?ですよね。

この上記書類を自身で用意し、ロシア領事館に行って申請、
ビサ引き取りに行かなくてはなりません。

つまりこの作業が今はないわけ。



私はやったわけ。。。




ややこしいです。

だいたいの人がビザ代行(料金が発生するが、パスポートと写真を送るだけで、代わりに発行まで全てやってくれる)を頼みます。

領事館も各都道府県にあるわけではないので、自分で二度も領事館に出向くのは難しかったり。

旅行会社を使って旅行する人が多いから、旅行会社が手続きしてくれたりするのかな。

そんなこんなで個人でロシアへ行くのは少しハードルは高めでした。




でも、やりたい。やってみたい。



ネットで情報収集。

バウチャー発行できるサイト発見。

あれ?案外できそう。

ただ、これで本当に取得できるのか不安!

でもあってるっぽい。。。

ロシア領事館の申請サイトは日本語!



さくさくっと



取れました!

期間も2週間後に引き取りにしたら料金も発生しなかった。
(ウェブでバウチャーを発行するのに確か700円くらいかかったかな)

領事館に平日の午前中に行かなくてはいけなかったり、英語かロシア語しかない
サイトでの申請があるので、面倒ではありますが、達成感!



私、いつも旅行会社など使わないんです。
航空券からホテル、全て自分で一つ一つ取ります。
(旦那様や共に旅する仲間にはみづほトラベルって呼ばれてます)

前も韓国に行ったブログに書いたけど、拘りある旅にしたいので、
無駄が無いように自分で全て計画します。

海外に行く私たちの醍醐味は自由になる事なんです。





航空券は、ハバロフスク行き、帰りはウラジオストクから。
行き帰り航空会社は違えど、最安値をゲット。

ハバロフスクからウラジオストクまでは、シベリア鉄道内で一泊!
https://www.russianrail.com
ロシアンレールウェイのサイトで予約

現地時間が全てモスクワタイムなのでご注意を


ホテルはいつも愛用しているサイトagodaで予約!
https://www.agoda.com/ja-jp

初めての国、場所なので、街の中心地に宿泊。鉄道駅からも近いし。
最近はどこも現地支払いだなー。
カード使えるって書いてても使えない時もあるから、現金作らなきゃ。





何度調べてもわからない事は書き出し、現地調査します。

今回はハバロフスク空港から鉄道駅までの道のり。
バスの乗り場や乗り方がいくら調べても、わかりづらい。

あとは、帰りのウラジオストク駅から空港までの特急の時刻表。
帰りは飛行機に乗り遅れられないので、かなり重要。
どのサイトやブログ見てもバラバラ。結構変わるっぽいなー。

他、ホテルチェックインまでの荷物を預かってくれる場所とか、
ATMがどれくらいあるのだとか。極東ロシアの情報薄!





私はいつもノートに情報や不明点をまとめて、

英語、現地の言葉も書き、

通じなかった時など、指差し会話出来るようにしています。

スマホでもいいんだけど、紙とペンなら聞いた相手にすぐ
数字や文字を書いてもらえる。

とにかくコミュニケーション取りやすい。

筆談なんかは後から見てとても面白いです。
良い思い出になるよ。





ビサの取得方法や申請など、本当は細かくまとめようと思ってたんだけど、
暖和したのもあるし、私が発信できる事は全てネットに既に上がっている物ばかりです。

旅ブロガーでも無いので、細かい情報というよりかは、
自分なりの旅のアイデアと、旅の素敵さを伝えられたらなって思っています。

行き先はどこであれ、旅は旅。

ちょっとでも知れたら便利になることや楽しみが増えるようなことを、
発信していきたいと思います。



次回からは、極東ロシアの旅を写真と共に振り返ります。

New years day 

January 27 [Sat], 2018, 0:02

model:Ginjiro


New Years day

とっても遅ればせながら今年もよろしくお願いします。


昔は(2005~2013)毎日ブログを更新していたのだけど、
今思えばどんな時間配分で暮らして居たんだ!

もっと手短に更新できるsnsに移行したのもあるけれど。


日々の思想を文字に起こせるって良い。
毎日自分と向き合える時間があるって良いなあ。


今の方が時間の使い方はうまくなってるはずなのに、
なかなかそんな時間が取れないでいます。

2018年 今年は向き合う時間を大事にしたい。

振り返ることも、この先を描くことも。

具体的な目標を掲げるというよりは、もっと日々細やかな目線で見ていたい。

ので、もっとここを更新していけたらと思ってる。

とか言いながら、新年1記事目が本日。


すっかり昨年のオペの術後の経過も良く、元気に過ごしています。

昨年末はしっかり休ませてもらって、今月から少しづつライブ復帰していました。









ゆきー!

綺麗だった。雪景色がとても好き。

毎年狙ったかの様に大雪の日はお休みで家にいます。


今年はウサギがやって来ました。

翌朝、朝日と共に居なくなっていました。

リンゴの皮で出来た赤い目と鼻を残して。






4年前

みづほの変わらない作風。






えっと、まずは音楽のこと。



Response 2月のスケジュール更新!
http://response-web.com


3本あるうちの、2/26(月)下北沢440

この日は12月振りに4人揃って出陣、アコースティック編成です。

久々にみんなに会えるのとても楽しみにしてる。


昨年の周年イベントのインタビュー冊子にも書いたんだけど、
今年は一味違った、大人っぽい作品作りたいなって思ってる。

Responseはずっとライブバンドとしてやって来て、
曲作りはステージを観客をイメージして取りかかる方が多かった。

自分が身体を壊したのもあり、家で過ごす時間が増えると、
また曲作りも変わって来て、新しいアイデアいっぱい浮かびます。

今年は結成17年目。
同じ4人で過ごした来たからこその作品。
もういっちょひねり聞かせて作りたいって思っています。








1月最初のライブは南波政人サポートで西早稲田BLAH BLAH BLAHのこけら落とし!

開店おめでとうございます!


この日はトップバッターだったので、正真正銘初めてのライブが私たちでした。光栄!

aeronautsのBa.池ポンオーガナイズで出演はaeronauts弦大くんに、DEPTH GUNNさん、
そして南ちゃんと私と言った最高の下北兄妹メンバー!

長年しっかり可愛がってもらってる兄上達と面白い時間過ごせたよ。ありがとう。

久々にめっちゃくちゃ笑った。





そしてこの日もめっちゃくちゃ笑った


先週でした



Clownfish




なんと9年振りのClownfishライブ!
なんと9年振りにサポートしました!

変わらないゴジロ氏とムトさんとまた出会えて嬉しい。

そしてまた私を呼んでくれて嬉しい。

10年くらい前はサポートドラマーとしてたくさんのアーティストさんの
レコーディングやライブに参加していたんだけど、

Clownfishはその中でもサポート期間は短いながらも
とても濃い時間を過ごさせてもらったユニット。

3人のステージ。当時と同じ時間が流れていました。




この日は豪華メンツでフロントボーカルとしてもステージへ。

たくさんの素敵な出会いも再会もあったりして、まだまだ余韻に浸ってられる。



巡り巡って、何度も出会った!って思える瞬間。たまらなく好き。

極度の人見知りだった私が今こうしてのびのびと自分らしく生きられてるのは、

とても魅力的な人たちとの出会いが東京にきて続いてるからなんだと思う。








エノシマさんにもらったCUICUIポストカード 可愛い

私と別人?のルイスイリューさんがドラムのCUICUIはレコーディングに向けて
ガシガシとリハーサル中。

エリーニョとは別人?のエリーガガさんが3月に第二子出産!の為、大きなお腹なわけだけど、

出産前にアルバムレコーディングをこなすと言う素晴らしいエネルギー。

エリーニョ、じゃなかった、エリーガガさんのライティングセンスも精神も

とてもリスペクトしてる。

最高のドラムサウンド撮らなきゃね。(とルイスイさんが言っています)

http://cuicuicuicui.com



出演情報

Kanae~叶~ 3rdシングル「低気圧ガール」MVに出演しています



http://kanae-ocr.com

1/12に発売したこちらのシングルですが、タイトル曲「低気圧ガール」の
ミュージックビデオDVDが入ってまして、そちら出演しています。


撮影楽しかったなー!







次に私生活のこと。



部屋が好き。


体壊して、ライブ活動をお休みする様になって、すっかりお部屋で過ごす時間が増えた。

毎日一ヶ所づつDIY。

居心地が良すぎます。




本当はもう少し広い部屋に移りたいと思ってるんだけど、

ちょうどいいを大事にしたいと思っていて、

いまの私にはここが最高なんだな。







あ、また今日も大切にしたい感情が生まれた!

こんな自分と付き合って暮らして生きます。


profile
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:miduho
読者になる
筒井 みづほ

miduho tsutsui
1982.12.29/
live in Tokyo
born in Kagawa

musician:Drummer/Vocalist/Songwriter/Electro percussion

designer/photographer/handmade artist/cooking/eventer
supervision:face near records

BAND
Response/CUICUI/yasumidu/大きな鯨/妄人文明
ex スラハイ

LOVEs
art/travel/walking/my life


主にドラマーとして活動する筒井みづほのブログ
音楽、日常、思想を思いのまま綴っています
人生は旅みたいです
new coment
アイコン画像miduho
» New years day (2018年02月01日)
アイコン画像ネロ
» New years day (2018年02月01日)
アイコン画像miduho
» moving. (2016年09月10日)
アイコン画像miduho
» moving. (2016年09月10日)
アイコン画像おの
» もう私は頑張れない。 (2015年04月06日)
アイコン画像バイバイ、ブルー。
» 母の日なんて嫌いだ。 (2014年05月13日)
アイコン画像ゆきこ
» thx for the sun (2014年05月09日)
アイコン画像miduho
» thx for the sun (2014年05月09日)
アイコン画像ゆきこ
» thx for the sun (2014年05月09日)
アイコン画像ゆきこ
» Feel Mind Release TOUR!!! (2014年02月25日)