ピーク 

March 18 [Thu], 2010, 20:00
私の旅にはいつも、ピークがある。

不思議な力に導かれるように、会うべきものと衝撃的な出会いをする。
ピークを迎えるときは、全身の血がザワザワして、勘が冴え、何かが高ぶっていく感じ。
うまく言葉にできないけど。


今回の旅のピークはたぶん、クンブメーラというお祭りだったと思う。





そこで、あるサドゥー(僧)と出会った。





「ジャムナギリ」という名前をもらった。



「いい経験だった」なんていう言葉では足りない。
キレイごとでもない。 
うまく言葉にできない。



でも・・・愛だった。
人は、みんな同じなんだと思った。

旅のあれこれ 

March 18 [Thu], 2010, 11:00
インドで病気になってこんなんなってしまったー!!


というのは嘘で、これはホーリーというお祭りの写真です。

このお祭り、いろんな色のインクを水風船や水鉄砲に入れて、誰彼かまわずぶつけ合うというファンキーなお祭り。
私はホーリーをガンガジス川の街、バラナシで過ごしました。


ガンジス川と朝日


出会いにも恵まれ、とてもとても良い旅ができています。
実は私、旅2日目で犬に噛まれたのですが、狂犬病予防の注射も無事打ち終え、なんとか日本に生きて帰れそうです笑






ガンガーの上流にあるリシュケシュという街では、ヨガを1週間くらい習いました。

汚くないガンジス川!

川で水浴び。これですべての罪がチャラに!!!笑


ほんの少しだけ・・・何かが悟れた気がします。

インド思春期 

February 23 [Tue], 2010, 21:36
インドに来ている。


インドは思春期の少年のような国だ。
大人になりきれない子供のよう。


未熟さと、苦しみと、エネルギーに満ちている。



「人間とは何だろう・・・」


と、しばし川を見つめながら哲学的な自分に酔う。


すると
「コニチワ!ヤスイネー!ミテミテ!!」

と客引きが邪魔をする。
気分は台無しだ。



うむ。それでこそインド。
けっこう好きだ。


ICE BAR in ニセコ 

December 31 [Thu], 2009, 9:42
ニセコでアイスバーを作りました!


氷を搬入



140kgの氷を、蹴って動かし積んでいく



高い所はブルで積む



積んだど〜


模型でプランを練る



内装も着手



壁は雪吹き付け仕上げ




照明の準備




グラスも氷です



完成!


ICE EXPERIENCE 2010  Niseko's Ice Bar
open 18:00 Close 23:00

ヒラフのセイコマの通りはさんで左側の坂を少し下った所にあります。
ニセコに行った際にはぜひ立ち寄ってみてください!

http://www.iceexperience.com/






竣工 

November 30 [Mon], 2009, 22:20
1ヶ月半、住み込みで建設を手伝っていたゲストハウスが竣工しました。


ペンキを塗り、お茶をだし、ご飯を作り、色んな方々とお酒を酌み交わす日々。


毎日が新鮮だった。
人の温かさが身にしみた。

倍以上も年の離れた人達と、同じ釜の飯を食う生活。
最後には、家族でも、友達でも、恋人でもない、不思議な絆が生まれた気がする。



第三の故郷ができた。



この生活でたっくさんのことを学んだ。
忘れないように少し書いておこうと思う。




1.周りに常に気配りする、全体を見る

下っ端は常に動く!

次は何が必要なのか?
年上の人らが何を欲しがっているのか?

全体を見渡して、すぐ動く!

部活を3ヶ月で飽きて辞めていた私にとって、これは勉強になった。



2.まず作業環境を整える

どんな作業でも、効率よく仕事できるように環境を整えてからやる!
掃除をして、道具を全部用意して、そして取りかかる。




3.自分のやるべきことを一生懸命やっていれば、まわりはちゃんと評価してくれる

現場に入った時、職人さんが怖かった。
「チッ、素人の小娘が。ウロチョロすんな」とか思われていると思っていた。

そんなこんなで溶け込めず、2週間くらい経ったある日・・・

「いや〜、ね〜ちゃん、よくがんばってるら〜」
と声をある職人さんが声をかけてくれた。
「だな〜」
と他の職人さんも・・・

自分の仕事、実はみんなちゃんと見ててくれてるんだな、と思った。
がんばってるのも、サボってるのも。



4.先輩からもらった恩は、後輩に返す

お世話になった人生の先輩方。
本当に何で?っていうくらい私に優しくしてくれる。

「色んなことを経験させてやりたい」
「今まで蓄えた自分の知識をたくさん教えてやりたい」

と、みんなは言う。
忙しい中、少ない時間を割いて勉強させてくれる。

でも私は先輩方に返す知恵も知識もない。
与えられるばかりで、私は何も返せない・・・。

だけどある時気付いたんだ。

彼らもまた、彼らの先輩から同じように世話を焼いてもらったのだと。
その御を今、後輩である私に繫いでいるのだと。


だから私も、
先輩からのインプットは、後輩にアウトプットしていかなきゃいけないんだな〜
と思いました。




山梨ライフ、一生忘れない!!

山梨から 

November 07 [Sat], 2009, 9:49
山梨で大工をしています。



と言うのは言いすぎですが、
ゲストハウスを作るお手伝いをしています。
住み込みバイトの肉体労働者です。



高さ10mの足場。スノーボーダーだから怖くない!!と言い張ってます。


20〜70代のちょっとオモロイ人達との共同生活。
ものづくりの面白さを日々学んでます。



空気、水、飯がウマイ山梨。



みんなの意見がぶつかり合い、「あーでもない、こーでもない」言いながらすこしずつ出来上がっていく。
ぞくぞくします。




朝日がまぶしいゲストハウス



空間をつくる仕事。
自分の思いを、価値観を、人生観を、ものづくりを通して表現する。
素敵な仕事です。




大物イワナを釣ったぜ!


あんかけに!



や〜、感謝です!すべてのことにありがとう!!

ひろがるわ 

September 19 [Sat], 2009, 20:05
最近は就活も終わり、貴重なフリーター生活を満喫しています。


来年からは造園のシゴトをすることとなりました

9月の頭には韓国に行って来ました。
造園、建築、などのランドスケープ関係者が集まるサッカー大会。

そっから今、どんどん面白い輪が広がってきています。
ある造園事務所の人と知り合いました。

そのつながりで、ある保育園の庭造りのバイトをしています。
コンクリートを練り、土を掘り起こし、植樹する。


本で学んでいたことを、実際の現場で目の当たりにするとやっぱり違う。
汗水をたらし、親方に怒られながら学んでいく作業は新鮮で、強烈です。



想像力がないことを悩んだ時期もありました。

やったことがなくても、それが自分のやりたいことなのかを想像する力。
自問自答してどんどんやりたいことを見つけていく友人に、嫉妬することもあった。


でも、やっぱり私は本で読んだり、頭で考えてるだけじゃ、理解できない!
体を動かし、自分の目と耳で見た物しか信じられない!


ウジウジ考えてないで、ツベコベ言ってないで、体を動かそう!
と思いました!!




以下、最近のできごと

ライジングサン


北海道チャリの旅


アイヌの聖地、二風谷に行きました


二風谷はヒッピーが集まる、日本の中のアジアのような村でした


ファイアーポイ


サッカーは国境を越える


韓国人とおデートさせて頂きましたが、あまりのジェントルっぷりに感動いたしました。


稲刈り


サーフィン始めました



明日から山梨で土方作業や!!

近況 

July 20 [Mon], 2009, 20:33
最近は、バタバタもひと段落して、心に余裕がちょびっと出来た。
いい感じです!
ちゃんした報告はもうちょっとしたらします!

ということで、
一段楽、とにもかくにも、おかたずけ。
3ヶ月放置した荷物を・・・



なんぢゃこれー!!


2日後↓↓
だいぶスッキリ!








でもこの昭和チックな天井がきぬ食わない


塗っちゃう!


うむ、ええ感じ!






さみしい壁には


本棚を!




新しいルームメイトは
「むーちゃん」です!



空には
虹です!



と言うことで、最近は自分でもちょっと気持ち悪くなるほどポジティブ!

「頑張ったら、絶対いいことがある」と本気で思います。

「世の中に悪い人なんていないんじゃないか」っていう気になっています。



夏は近い!夜明けも近い!

もうひと頑張りです!!

ドキッ 

July 16 [Thu], 2009, 0:37
「現代人は考えることを放棄している」
んだそうだ。


それなら今の私は典型的な現代人だ・・・

考えなきゃいけない、解決しなきゃいけない課題は山積みなのに、
考えないようにしてる。いつも後回しにしてる。



旅をしていると
普段は考えもしないようなことを考える。

地球の裏側のこと
神様のこと
100年前のこと
100年先のこと
自分の本当の気持ち


それは、たぶんヒマだから。
やるべき仕事はない
テレビも電話もインターネットもない

ヒマをつぶせるものが何もない


でも普段の生活では
めんどくさい課題を、考えずに後回しにする理由がたくさんある

だから考えることを放棄しちゃうのかもしれない



なんか自分のことを言われてるようでドキっとした。






東京はもう夏です。
夏って暑いんだなぁ〜〜〜〜


 

March 29 [Sun], 2009, 7:29
なんだか朝早く目が覚めてしまった。
外に出たらあまりにも晴れていたので、札幌の街を見納めサイクリングに。


しんみりするのはあんまり好きではないんだけど・・・
ここ何日かで、すごくたくさん泣いちゃった。
できれば「あれ?あの人いなくない?」みたいに、サラッといなくなりたかったんだけどなぁ



お別れ会とか、最後に一言とか、日本人はそういうのが好きだ。
泣かせるような演出?
「そんなもの、前に進むためには必要ない!」って思ってた。


でもきっと涙が出るのは、それだけいい時間を過ごしたという証拠!
いい出会いだったという証拠!
それを確認すれば、もっと力強く前に進める気がする。それが自信になると思うから!


だからやっぱり涙は必要だ!


そして荷造りが大変過ぎて、これはこれで泣きそう。
でもこの涙は、前に進むのとは関係ない種類の涙だな・・・



札幌の皆さん、またね!
ほんとにほんとに出会えてよかったです!
ありがとう!!

■PLOFILE■
+name+ みどり
+birthday+ 1983年4月12日
+blood type+ O型
+hobby+スノ−ボード、自転車、旅
+about me+                   愛のある30歳になりたい!
+My Pictures+
2010年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
http://yaplog.jp/midori83412/index1_0.rdf
Yapme!一覧
読者になる