同調。 

January 28 [Sun], 2007, 1:27
似たような言葉や境遇、回路を持っているほど、その人の感情が流れ込んできて、ある一種のトリップ現象が起こりやすくなるのです。

或いは其処を同調と呼ぶのでしょう。

涙が止まらなくて仕方がなくなる。
と同時に、
私が私でなくなる感覚があります。



もはや麻薬のような。


似通っていれば似通っているほど、
言葉が入ってきやすく、また、それが起こりうる。

今その状況下。


私は私。

貴方は貴方なのだけれどね。

二人の世界 

September 19 [Tue], 2006, 7:10
貴方の愛した私をもって、
私の愛を奏でましょう。

私の愛した貴方をもって、
貴方は私を殺しましょう。

私が描く貴方を待って、
私は貴方を予期して曰く。

貴方が持った私を別けて
貴方は私を潰して棄てる。







私が描く貴方は彼方。
手を伸ばしても届くはずなく。

この身を焦がして溺れようとも

報いもしない哀れな想いよ。

見えすぎて見えなくなる。 

August 06 [Sun], 2006, 17:05
明らかな自覚をする。
見つめて深呼吸。

私はきっと、この世を把握する全てを身に着けている。

騒音も、活字も、電子に浮かぶ、0と1の羅列も。

姿も、声も、愛しいその肢体も。


鏡をみて自問自答。
あなたの気持はどこにあるの?

見えたがゆえにきづかない。
私の奥深くの感情。
それでも鼓動はたえまなく、貴方への想いをひたすら唄う。

未来 

August 06 [Sun], 2006, 16:53
いつかは消えていくでしょう。
何もかも。

粉々に砕け散るのも、
徐々に朽ち果てるのも、

結局は無に還る為の過程でしょう。

その距離50cm 

July 12 [Wed], 2006, 13:28
手を伸ばせば届きそうなほど近く。
声を発すれば傷付けてしまいそうなほど危うく。



君に触れることもできない哀れで臆病な僕の現実の境目。

まっさらな紙に形を描き、
君を僕のなかで実感する最小単位。


いつかもっと近付けますよう。願いながら今日も僕は君と机を並べて、
ともすれば壊れてしまいそうな危うさを保った。

夕暮れ時の朱に染まる無機質空間で、
君と向かい合いながらゆるやかに言葉を交す。

その距離は。

普遍。 

July 12 [Wed], 2006, 13:22
僕がここにいること

僕がここにいないこと


君がここにいること

君がここにいないこと


実はどうでもいいことだけど、

僕にとっては大事なこと。


それはとても当たり前だけど

当たり前にはしたくないこと。

崩壊 

July 12 [Wed], 2006, 13:21
知らないくせに。なんにも。

だれも。これっぽっちも。

わかっているふりをしているだけでしょう。
あなたも、
わたしも。


幻想なら、要らないのよ
少なくとも今は。

夢ならそれも現実でしょう。

今なら。


過去でいきることも



叫んでも聞こえないのであれば、
それでも。


崩れていく心音は

貴方も。


現実感を
欲するのならば

貴方を。

失意の念なんてあてになりはしないわ。

模索、 

July 12 [Wed], 2006, 13:21
僕は何時だって探してる。

自分の居場所。自分の存在意義。

此処にいていいよと言われることが、どれだけ稀で、どれだけ歓迎すべきことか。

頭の上から足の先まで。 

July 12 [Wed], 2006, 13:20
いつもいつも僕は、海の底に沈んでは浮上し、君を星の上で想い、月の下で罵り、

君には伝わらない表現で、詩を描く。


髪には青い薔薇を。

靴には黄の彼岸花を。

飾る物すら幻になる。

この世界はあまりにも遠すぎて、皮膜がかったように僕らを、ほんの少しの抵抗力を持って拒絶するから。


僕はそこで詩を書く。
君に届かない詩を描く。

うたう。 

July 12 [Wed], 2006, 13:19
この言葉は何処へやら。
揺らぐ景色に思いをはせて。
形なきもの仰げば白く。
青く舞い散る桜は散りぬ。


果て無きものも単に滅びぬ。
道なき道を歩きは出来ぬ。
貴方を思う尊き気持ちも。
終には流れ流れて消える。


遠い未来を想って憂う。
知らぬ過去をも濁って棄てる。
拾い集めて形にならぬ。
無駄を知っては為にはならぬ。


幻、視ては足を進めん。
快楽求めて身を滅ぼさん。
果てなく赤く染まる心情。
自ら知って嘆き哀しむ。
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/midori-singing/index1_0.rdf
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:midori-singing
読者になる
Yapme!一覧
読者になる