新社会人 

April 03 [Tue], 2007, 0:27
今日、入社式だった。

僕と同じ仕事をする人には、「入るのが目的・ゴール!」という人が多いようだが、僕はそんな気はさらさらない。

配属部署は、当初希望していた部署とは違った。

でも関係ない。

境遇を生かすも殺すも自分次第。生殺与奪権は我にあり。

比較的残業とかも少ない部署らしいので、仕事終わってからも色々やろうと思っている。

絶対に気の抜けたへぼへぼおっさんにはならんぞ。
希望部署にならなかったことで、むしろ野望と野心がメラメラと燃えてきた。


昨日の情熱大陸にトータス松本が出てた。
かっこええ。あの人、ロックだった。

「誰よりも、努力した自負はある。ものすごい考えて、ものすごいまじめにやってきた」
っていってた。

40歳らしい。あんなおっさんになりたいな。


昨日、高校時代の吹奏楽部の現役生たちの演奏会に行ってきた。
アンコールで「涙そうそう」をやってた。

あの曲を聴いてて、また僕が尊敬する奴のことを思い出した。

彼は、社会人になる前になくなった。

僕は社会人になった。

ガンバロ〜って思った。
ガンバロ〜って。

以上。

振り返り 

March 07 [Wed], 2007, 0:22
ふと、一年前の自分を振り返ってみる。

公務員試験勉強の毎日。

自分の家なのに、寝袋で毎日寝てた。
寝間のふとんで寝ちゃうと、自分を律せないから。

勉強部屋に寝袋ひいて、毎日寝てた。5時におきると同時に、机に向かってた。

豊中の夜明け、めっちゃ見てた。
絶対負けられない戦いがそこにあった。

今、当時に比べてめっちゃらく。よゆう。
でも、僕は常に逆境にたってなきゃだめになる人間だなって思ってる。
だから、自分をあえて逆境に放り込みたいな。今までも、そしてこれからも。

そんな人生にあこがれをかんじるわん。

音楽 

March 06 [Tue], 2007, 0:00
よっぱらってます。

僕は、音楽が好きです。他人と比べてどんくらいかとかはわからんです。

でも、単純に好きです。


こんなこと、全世界に配信するのははずすぎます。でも、あえてします。自分の殻を破ります。

ロックンロールの演奏家として、僕は鼻くそです。

でも、僕は音楽が好きです。大好きです。

春からは、ヒップホップします。トラック製作します。浮気症かねw。


でも僕は、リズム感ゼロの自分だけど、ここに無限の可能性を見出してるんですよ。
コンピューターミュージックだからこそ、自分の培ってきたもの、育んできたもんが活かし得るし、欲をいえば活かされるんじゃないかと。

つまるところ、僕は音楽が単純に好きなんです。



他人になんと言われようが音楽とフットボールが僕をチェアアップしてくれるんです。今までも、そしてこれからも。

1998年5月7日にあなたに約束しました。フットボールの世界でオールジャパンに選ばれた君にも誓ってます。やれるだけやってみます。

いつかまた会いましょう。飲みましょう。僕のメンター。

島暮らし 

February 24 [Sat], 2007, 14:37
僕は今、島根県隠岐島にいます。
ここに来て、はや1ヶ月。

何をしているのかというと、

役場で書類作り・会議用の資料作り・島唯一の中学校で中学生と一緒に給食食べて、昼休み一緒に遊んで、放課後は3年生の受験勉強の手伝い・町づくりグループの会議・夜は親しくしてくれている人の家でご飯をご馳走になって、娘さんの家庭教師

などなど。

1ヶ月海外を旅して、色々学んだことがあったけど、ここでもそれと同じくらいすべてのことが勉強になっています。

都会では決して味わえない様々なことを体験して、時には寂しくなったり、萎えることもあるけれど、視野をめっちゃ広げることができてる気がします。

自分は、何をしているときが一番楽しいのか、自分はどの世界で今よりもっともっとすごくなりたいのか、この町で色々考え、感じることが出来ました。

まだまだここでの生活は続きますが、一生忘れ得ない日々にしたいと思っています。


旅で考えたこと 

January 15 [Mon], 2007, 0:13
一ヶ月と少し、中国とヨーロッパで放浪してきました。

旅に出ようと思った目的は色々あります。

視野を広げたい、異国人とコミュニケーションしたい、色んな歴史的なもの・芸術に触れたい、今しかこんな長期間旅に行けないし、度胸をつけたい、とかね。

でも、最も大きな理由は、何をテーマに自分は生きていくのか、何を自分の価値観の根底にすえて生きていくのかということを考えたい、探したいってことではなかったかと思っています。

この3年くらい、試験やら勉強やら何やらずーっとしていて、他人との対比・比較で自分の存在を考える機会が多かった。資本主義世界に生きるものの宿命としてしょうがない部分があるにせよ、正直、しんどくなってた。もーええやん、って思ってた。だから、新たな何かを探してた。

結果として、それが見つかった。

観光地一杯行きたいところがある。でも、「あそこは治安が悪いからやめた方がいい」とかいっぱいあった。そこで僕はふと思ったんですよ。

「何で、単純に楽しみたいだけなのに、そんな訳のわからんスリや強盗のせいで、自分の行動が規制されなあかんねん!」と。典型的なB型的発想かもw。

ほんで、何でかとずっと考えて、自分の中での一つの答えが出ました。

「犯罪とかって、やっぱ根源的には経済的格差からくるよな」と。

何だかんだいって、ヨーロッパでは特に移民系の黒人とかアラブ系とかによる犯罪が特に多いと思うんですよ。結局、人種差別が原因で職がないとか、あとは不法滞在とかが原因でそういう問題って起こると思うんですよ。


正直、「格差、めんどいな」と。

日本の中でもやっぱ格差の問題は当然大きいわけで。格差社会になるにしたがって、犯罪とかも増えるわけで。皆もギスギスしだすわけで。

そこで、僕は思ったんです。

「格差是正」ってことを考えながら生きていこう、って。

資本主義の最大の課題を考えようって。

でもこういうことって、今考えると、3年前も同じこと考えてたんですよ。でも当時の自分には何もできんかったから、とりあえず大学院行って勉強しようって考えてたんですよ。

個々人の格差はもちろんのこと、もっとマクロで見たら日本国内にも格差と呼べるものは一杯あるわけで。地域間格差や企業間の格差とかね。人材・物・金・情報、いっぱい格差ってあるんですよね。

自分にはこれができるなんて、まだ全然ないですけど、これから少しずつ考えていこうと。

原点回帰、っちゃーそーなのかもしれないけど、それが見つかったことが、それを考えられたことが今回の旅の最大の収穫でした。









KGの勝利と5番 

December 03 [Sun], 2006, 0:01
KGファイターズ(関西学院大学のアメフト部)が立命館パンサーズに勝った。

関西代表として、関東リーグの勝者と甲子園で戦う(甲子園ボウル)のは、5年ぶり。

「5年ぶり」という言葉には、僕は特に感慨はない。

しかし、、、

KGがやっと立命に勝てたこと、そして甲子園にいけることは、本当に大きいことだ。

3年前、「史上最強」という名をほしいままにしていた当時の立命館を倒すことを自らへの至上命題として課し、KGの5番は自らの命を懸けて練習に取り組んだ。そして、その肝心の立命館戦の日を迎えることなく、彼は練習中に倒れ、そして息をひきとった。。。

あれから3年。当時彼は4年だったが、その頃の1年がちょうど今年、最終学年の4年に。

「5番と共に甲子園へ、そして日本一へ」、という目標を掲げ、この3年間取り組んできたが、結果は出なかった。しかし今年、ついに初志を貫徹しうるところまできた。

当時1年だった彼らが、5番の死をどう受け止め、これまで励んできたのかはわからない。

しかし、彼らには間違いなく5番のDNAが注入されているし、今回の勝利はそれがいかんなく発揮された結果であると考える。

僕は、それが無性にうれしい。



是非とも日本一へ。
5番とともに。


3年前、彼の出棺のときに部員全員が涙を流しながら歌ったといわれる部歌が、今度は甲子園から天に響きわたることを期待してやまない。





師匠との再会 

November 07 [Tue], 2006, 2:28
今日は、師匠が尼崎で講演をやっておられたので聴きに行った。

久しぶりにお会いする師匠は、体調があまりよくないようで、「来年はいないかもしれない」と冗談めかしではなく、普通の顔でさらりと言っていた。

近くにいると、師匠のすごさや偉大さ、器のでかさをついつい忘れてしまいそうになる。

しかし…

よく考えてみるまでもなく、これまで僕は師匠に相当お世話になったし、色々なところに連れて行ってもらったし、色々な人に会わせてもらったし、色々なことを教えてもらった。

師匠と出会わなければ、師匠が受け入れてくれなければ、当然のことながら今の僕はない。全く違う人生になってたんじゃないかな。そんぐらいすごい存在だ。



師匠は吉田松陰をよく例に出して、自分のやっていることを語る。

すなわち、自分の現在のミッションの一つは人材の育成であると。



松陰の背中は大きい、といわざるを得ない。

現に、弟子の中でも優秀な人材が多く育っているのだから。



僕も、師匠が元気なうちにできるだけたくさん師匠と会う機会を自分なりに作ろうと思った。

そして、たくさん学ぼうと思った。


来週は、そんな師匠との出会いのきっかけとなった場所、中国にある日系企業の工場団地に赴こうと思っている。

そこでまた、師匠と会う。


つれづれなるままに。 

November 04 [Sat], 2006, 22:49
最近、日記を全く更新していませんでした。
今後も、mixiを含めて適当にやって行きたいと思っていますので、もしよろしければお付き合い下さい。

最近やっていること。

隠岐島(島根県)の町興し企画のお手伝い。
家島(姫路市)の町興し企画のお手伝い。
「龍馬がゆく」の読書。
ヒップホップグループのトラック製作。

などなど。

特にヒップホップグループのトラック製作は、ヒップホップをやってる友達に誘われたのが縁でパソコンソフトを買って始めたのですが、素直に楽しいです。何が楽しいって、ヒップホップのトラックってロックと違って既成の曲をサンプリングして曲を作るんですが、頭を使ってあ〜でもないこ〜でもないってずっと考えて色んな曲のドラムやら上音やらを組み合わせていって、すごいはまった瞬間がたまらないです。自分で楽器を弾かなくていいので、リズムが合わなくてむか〜とくる、って類のストレスはほとんどないし。

まだ僕はヒップホップというジャンルを全然知らないので、色んなアーティストの曲を聴いて勉強中なのですが、これは当分楽しめそうです。


ということで、今後も不定期ながらこのブログは続けていくつもりですので、どうぞよろしくです。

ではでは。

yes,and 

September 16 [Sat], 2006, 21:50
「yes,and…」

最近会った、コミュニケーションの講師などを務める方が教えてくれた言葉。

他人と話しているとき、何かを言われて安易にそれを批判するのではなく、「yes(なるほどね)、and(それをこうしたらもっとよくなるよね!!)…」とポジティブに話を広げていく精神が重要だよね、もっといえば、そうやって相手の考えや存在自体を認めていくってことが重要だよねって感じの話だったと思う(たぶん…)。

こういうことの重要さって頭ではわかっていても、なかなか実行に移せない。
脳を通らず、相手の言葉を受けると同時に、口が独りでにネガティブな言葉を発してしまうことがある。


今後、口が勝手に動きそうになったら脳でこの言葉を反芻し、一呼吸おいてその後の発言を考えよう。
そうすれば、きっと良い空気が生まれると思う。

ダーウィンウィン 

July 31 [Mon], 2006, 6:06
「生物は強いものが生き残るとは限らない。頭がいいものが勝ち残ったわけではない。変化した者が生き残ったのである。」
byダーウィン

ええ言葉やね。
P R
2007年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
アイコン画像いいよいいよーーwwwww
» 新社会人 (2009年06月16日)
アイコン画像こあぁぱおっふwww
» 新社会人 (2009年05月11日)
アイコン画像よしと
» 新社会人 (2008年09月30日)
アイコン画像俺と妹
» 新社会人 (2008年09月26日)
アイコン画像50t
» 新社会人 (2008年09月24日)
アイコン画像ケンケン
» 新社会人 (2007年04月05日)
アイコン画像mymy
» 新社会人 (2007年04月05日)
アイコン画像ケンケン
» 旅で考えたこと (2007年02月24日)
アイコン画像mymy
» 旅で考えたこと (2007年01月23日)
アイコン画像ケンケン
» 阪急ラビッツ (2006年06月10日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:middleriver
読者になる
Yapme!一覧
読者になる