本草製薬しょうが紅茶3×20

December 13 [Tue], 2011, 13:56

インナーマッスル

May 09 [Mon], 2011, 21:05
いくら鍛えても姿勢が悪いとカッコイイとはいえない。
せっかくジムに通っても、ゲーム好きのように猫背だと幻滅する。
そんな姿勢をインナーマッスルに働きかけてきれいにするウエアがある。

インナーマッスルの買える店

STAR WARS

January 11 [Tue], 2011, 9:04

夏のDIANA(ダイアナ)

April 25 [Sat], 2009, 18:09
夏の DIANA(ダイアナ)
>>DIANA(ダイアナ)のステキな靴がここにある。>>DIANA (ダイアナ)の婦人靴を通販したい。
夏の DIANA(ダイアナ)

DIANA(ダイアナ)はレディースシューズ(婦人靴)の老舗ブランド。
DIANA(ダイアナ)の婦人靴は女性から絶大な人気がある。

DIANA(ダイアナ)の婦人靴は存在感のある斬新なデザインで女性のハートを射止める。

DIANA(ダイアナ)の婦人靴は、ハイヒール・パンプス・ブーツ・サンダルと、
婦人靴全てに流行だけではないDIANA(ダイアナ)独自のデザインを取り入れ、
幅広い年齢層の女性から、圧倒的な支持を得ている。

また、DIANA(ダイアナ)の婦人靴の履き心地の良さは、
素材・木型・底材・オーナメントなど細部にわたって
DIANA(ダイアナ)オリジナルのこだわりが見え隠れする。

DIANA(ダイアナ)の婦人靴は豊富な品揃えにも人気の高さをうかがえる。
小さいサイズから、大きいサイズまであらゆるタイプの婦人靴が用意されている。

DIANA(ダイアナ)の婦人靴はギャラリーとして見ているだけでも、贅沢な気分にさせてくれる。

夏の DIANA(ダイアナ)

DIANA(ダイアナ)の婦人靴はアフターケアも充実していて、
DIANA(ダイアナ)店舗では専門の職人によって丁寧に修理をしてくれる。
お気に入りのDIANA(ダイアナ)の靴を長く履くことができる。

DIANA(ダイアナ)の婦人靴のデザインは、
シンプルでどのような装いにも合わせやすいエナメルと、
履きやすくて疲れにくいウェッジソールパンプスに今人気がある。
エナメルもウェッジソールパンプスも、
大き目のワンポイントアクセサリーや、オープントウもシンプルで可愛いと評判がある。

DIANA(ダイアナ)婦人靴の愛用者はただ流行を追っているだけではない。
洗練されたデザインだけでなく、履き心地の良さも気に入っている。
DIANA(ダイアナ)ファンの母とともに、母娘二代で愛用しているひともいる。(20代)

DIANA(ダイアナ)の婦人靴は種類が豊富で、カジュアルなラインからコンサバ系な感じまで、
たくさんあって選ぶのが楽しいという。(20代)

また、DIANA(ダイアナ)の婦人靴の上品なデザインが気に入り、
ヒールが高くても他の同じ高さのヒールより疲れにくくてお勧めというひとも。(30代)

デザイン・サイズ共に豊富で、店舗数も多いため買いやすさが抜群にいい。
オンラインで予め商品の確認もできるし目移りしてしまうと評判だ。(30代)

このように豊富で上品なデザインと、
履きやすさを重視した職人技の靴作りで女性の「美脚」を追求しているDIANA(ダイアナ)の婦人靴は
世代を超えた人気がある。

私だけの DIANA(ダイアナ)

>>DIANA(ダイアナ)のステキな靴がここにある。
>>DIANA (ダイアナ)のショッピング
DIANA(ダイアナ)の歴史
1948年 銀座すずらん通りに、輸入婦人靴専門店として開業。
1953年 灰IANA(ダイアナ)靴店を設立。
1954年 銀座通り七丁目に2号店を構える。
1960年 美智子妃殿下のお靴を納品。これにより世間にその名が知れわたる。
1970年代〜 大阪・名古屋・札幌など、全国へのチェーン展開を始める。
1977年 DIANA(ダイアナ)インターナショナル梶レサDIANA(ダイアナ)エンタープライズ梶р設立。
      シャルルジョルダンフランチャイズショップ1号店を、銀座ニューメルサに開店。
1987年 仏ロベールクレジュリー社と技術提携。生産・販売を開始。

私だけの DIANA(ダイアナ)

February 13 [Fri], 2009, 14:25
私だけの DIANA(ダイアナ)
>>DIANA(ダイアナ)のステキな靴がここにある。>>DIANA (ダイアナ)の婦人靴を通販したい。
私だけの DIANA(ダイアナ)

DIANA(ダイアナ)はレディースシューズ(婦人靴)の老舗ブランド。
DIANA(ダイアナ)の婦人靴は女性から絶大な人気がある。

DIANA(ダイアナ)の婦人靴は存在感のある斬新なデザインで女性のハートを射止める。

DIANA(ダイアナ)の婦人靴は、ハイヒール・パンプス・ブーツ・サンダルと、
婦人靴全てに流行だけではないDIANA(ダイアナ)独自のデザインを取り入れ、
幅広い年齢層の女性から、圧倒的な支持を得ている。

また、DIANA(ダイアナ)の婦人靴の履き心地の良さは、
素材・木型・底材・オーナメントなど細部にわたって
DIANA(ダイアナ)オリジナルのこだわりが見え隠れする。

DIANA(ダイアナ)の婦人靴は豊富な品揃えにも人気の高さをうかがえる。
小さいサイズから、大きいサイズまであらゆるタイプの婦人靴が用意されている。

DIANA(ダイアナ)の婦人靴はギャラリーとして見ているだけでも、贅沢な気分にさせてくれる。

私だけの DIANA(ダイアナ)

DIANA(ダイアナ)の婦人靴はアフターケアも充実していて、
DIANA(ダイアナ)店舗では専門の職人によって丁寧に修理をしてくれる。
お気に入りのDIANA(ダイアナ)の靴を長く履くことができる。

DIANA(ダイアナ)の婦人靴のデザインは、
シンプルでどのような装いにも合わせやすいエナメルと、
履きやすくて疲れにくいウェッジソールパンプスに今人気がある。
エナメルもウェッジソールパンプスも、
大き目のワンポイントアクセサリーや、オープントウもシンプルで可愛いと評判がある。

DIANA(ダイアナ)婦人靴の愛用者はただ流行を追っているだけではない。
洗練されたデザインだけでなく、履き心地の良さも気に入っている。
DIANA(ダイアナ)ファンの母とともに、母娘二代で愛用しているひともいる。(20代)

DIANA(ダイアナ)の婦人靴は種類が豊富で、カジュアルなラインからコンサバ系な感じまで、
たくさんあって選ぶのが楽しいという。(20代)

また、DIANA(ダイアナ)の婦人靴の上品なデザインが気に入り、
ヒールが高くても他の同じ高さのヒールより疲れにくくてお勧めというひとも。(30代)

デザイン・サイズ共に豊富で、店舗数も多いため買いやすさが抜群にいい。
オンラインで予め商品の確認もできるし目移りしてしまうと評判だ。(30代)

このように豊富で上品なデザインと、
履きやすさを重視した職人技の靴作りで女性の「美脚」を追求しているDIANA(ダイアナ)の婦人靴は
世代を超えた人気がある。

私だけの DIANA(ダイアナ)

>>DIANA(ダイアナ)のステキな靴がここにある。
>>DIANA (ダイアナ)のショッピング
DIANA(ダイアナ)の歴史
1948年 銀座すずらん通りに、輸入婦人靴専門店として開業。
1953年 灰IANA(ダイアナ)靴店を設立。
1954年 銀座通り七丁目に2号店を構える。
1960年 美智子妃殿下のお靴を納品。これにより世間にその名が知れわたる。
1970年代〜 大阪・名古屋・札幌など、全国へのチェーン展開を始める。
1977年 DIANA(ダイアナ)インターナショナル梶レサDIANA(ダイアナ)エンタープライズ梶р設立。
      シャルルジョルダンフランチャイズショップ1号店を、銀座ニューメルサに開店。
1987年 仏ロベールクレジュリー社と技術提携。生産・販売を開始。

DIANA(ダイアナ) サンダル ブラック(黒) スエード

February 13 [Fri], 2009, 14:23
DIANA(ダイアナ) サンダル ブラック(黒) スエード
>>DIANA(ダイアナ)のステキな靴がここにある。>>DIANA (ダイアナ)の婦人靴を通販したい。
DIANA(ダイアナ) サンダル ブラック(黒) スエード

DIANA(ダイアナ)はレディースシューズ(婦人靴)の老舗ブランド。
DIANA(ダイアナ)の婦人靴は女性から絶大な人気がある。

DIANA(ダイアナ)の婦人靴は存在感のある斬新なデザインで女性のハートを射止める。

DIANA(ダイアナ)の婦人靴は、ハイヒール・パンプス・ブーツ・サンダルと、
婦人靴全てに流行だけではないDIANA(ダイアナ)独自のデザインを取り入れ、
幅広い年齢層の女性から、圧倒的な支持を得ている。

また、DIANA(ダイアナ)の婦人靴の履き心地の良さは、
素材・木型・底材・オーナメントなど細部にわたって
DIANA(ダイアナ)オリジナルのこだわりが見え隠れする。

DIANA(ダイアナ)の婦人靴は豊富な品揃えにも人気の高さをうかがえる。
小さいサイズから、大きいサイズまであらゆるタイプの婦人靴が用意されている。

DIANA(ダイアナ)の婦人靴はギャラリーとして見ているだけでも、贅沢な気分にさせてくれる。

DIANA(ダイアナ) サンダル ブラック(黒) スエード

DIANA(ダイアナ)の婦人靴はアフターケアも充実していて、
DIANA(ダイアナ)店舗では専門の職人によって丁寧に修理をしてくれる。
お気に入りのDIANA(ダイアナ)の靴を長く履くことができる。

DIANA(ダイアナ)の婦人靴のデザインは、
シンプルでどのような装いにも合わせやすいエナメルと、
履きやすくて疲れにくいウェッジソールパンプスに今人気がある。
エナメルもウェッジソールパンプスも、
大き目のワンポイントアクセサリーや、オープントウもシンプルで可愛いと評判がある。

DIANA(ダイアナ)婦人靴の愛用者はただ流行を追っているだけではない。
洗練されたデザインだけでなく、履き心地の良さも気に入っている。
DIANA(ダイアナ)ファンの母とともに、母娘二代で愛用しているひともいる。(20代)

DIANA(ダイアナ)の婦人靴は種類が豊富で、カジュアルなラインからコンサバ系な感じまで、
たくさんあって選ぶのが楽しいという。(20代)

また、DIANA(ダイアナ)の婦人靴の上品なデザインが気に入り、
ヒールが高くても他の同じ高さのヒールより疲れにくくてお勧めというひとも。(30代)

デザイン・サイズ共に豊富で、店舗数も多いため買いやすさが抜群にいい。
オンラインで予め商品の確認もできるし目移りしてしまうと評判だ。(30代)

このように豊富で上品なデザインと、
履きやすさを重視した職人技の靴作りで女性の「美脚」を追求しているDIANA(ダイアナ)の婦人靴は
世代を超えた人気がある。

DIANA(ダイアナ) サンダル ブラック(黒) スエード

>>DIANA(ダイアナ)のステキな靴がここにある。
>>DIANA (ダイアナ)のショッピング
DIANA(ダイアナ)の歴史
1948年 銀座すずらん通りに、輸入婦人靴専門店として開業。
1953年 灰IANA(ダイアナ)靴店を設立。
1954年 銀座通り七丁目に2号店を構える。
1960年 美智子妃殿下のお靴を納品。これにより世間にその名が知れわたる。
1970年代〜 大阪・名古屋・札幌など、全国へのチェーン展開を始める。
1977年 DIANA(ダイアナ)インターナショナル梶レサDIANA(ダイアナ)エンタープライズ梶р設立。
      シャルルジョルダンフランチャイズショップ1号店を、銀座ニューメルサに開店。
1987年 仏ロベールクレジュリー社と技術提携。生産・販売を開始。

DIANA(ダイアナ) サンダル ブラック(黒) エナメル

February 13 [Fri], 2009, 14:22
DIANA(ダイアナ) サンダル ブラック(黒) エナメル
>>DIANA(ダイアナ)のステキな靴がここにある。>>DIANA (ダイアナ)の婦人靴を通販したい。
DIANA(ダイアナ) サンダル ブラック(黒) エナメル

DIANA(ダイアナ)はレディースシューズ(婦人靴)の老舗ブランド。
DIANA(ダイアナ)の婦人靴は女性から絶大な人気がある。

DIANA(ダイアナ)の婦人靴は存在感のある斬新なデザインで女性のハートを射止める。

DIANA(ダイアナ)の婦人靴は、ハイヒール・パンプス・ブーツ・サンダルと、
婦人靴全てに流行だけではないDIANA(ダイアナ)独自のデザインを取り入れ、
幅広い年齢層の女性から、圧倒的な支持を得ている。

また、DIANA(ダイアナ)の婦人靴の履き心地の良さは、
素材・木型・底材・オーナメントなど細部にわたって
DIANA(ダイアナ)オリジナルのこだわりが見え隠れする。

DIANA(ダイアナ)の婦人靴は豊富な品揃えにも人気の高さをうかがえる。
小さいサイズから、大きいサイズまであらゆるタイプの婦人靴が用意されている。

DIANA(ダイアナ)の婦人靴はギャラリーとして見ているだけでも、贅沢な気分にさせてくれる。

DIANA(ダイアナ) サンダル ブラック(黒) エナメル

DIANA(ダイアナ)の婦人靴はアフターケアも充実していて、
DIANA(ダイアナ)店舗では専門の職人によって丁寧に修理をしてくれる。
お気に入りのDIANA(ダイアナ)の靴を長く履くことができる。

DIANA(ダイアナ)の婦人靴のデザインは、
シンプルでどのような装いにも合わせやすいエナメルと、
履きやすくて疲れにくいウェッジソールパンプスに今人気がある。
エナメルもウェッジソールパンプスも、
大き目のワンポイントアクセサリーや、オープントウもシンプルで可愛いと評判がある。

DIANA(ダイアナ)婦人靴の愛用者はただ流行を追っているだけではない。
洗練されたデザインだけでなく、履き心地の良さも気に入っている。
DIANA(ダイアナ)ファンの母とともに、母娘二代で愛用しているひともいる。(20代)

DIANA(ダイアナ)の婦人靴は種類が豊富で、カジュアルなラインからコンサバ系な感じまで、
たくさんあって選ぶのが楽しいという。(20代)

また、DIANA(ダイアナ)の婦人靴の上品なデザインが気に入り、
ヒールが高くても他の同じ高さのヒールより疲れにくくてお勧めというひとも。(30代)

デザイン・サイズ共に豊富で、店舗数も多いため買いやすさが抜群にいい。
オンラインで予め商品の確認もできるし目移りしてしまうと評判だ。(30代)

このように豊富で上品なデザインと、
履きやすさを重視した職人技の靴作りで女性の「美脚」を追求しているDIANA(ダイアナ)の婦人靴は
世代を超えた人気がある。

DIANA(ダイアナ) サンダル ブラック(黒) エナメル

>>DIANA(ダイアナ)のステキな靴がここにある。
>>DIANA (ダイアナ)のショッピング
DIANA(ダイアナ)の歴史
1948年 銀座すずらん通りに、輸入婦人靴専門店として開業。
1953年 灰IANA(ダイアナ)靴店を設立。
1954年 銀座通り七丁目に2号店を構える。
1960年 美智子妃殿下のお靴を納品。これにより世間にその名が知れわたる。
1970年代〜 大阪・名古屋・札幌など、全国へのチェーン展開を始める。
1977年 DIANA(ダイアナ)インターナショナル梶レサDIANA(ダイアナ)エンタープライズ梶р設立。
      シャルルジョルダンフランチャイズショップ1号店を、銀座ニューメルサに開店。
1987年 仏ロベールクレジュリー社と技術提携。生産・販売を開始。

DIANA(ダイアナ) サンダル ブラック(黒) レザー

February 13 [Fri], 2009, 14:21
DIANA(ダイアナ) サンダル ブラック(黒) レザー
>>DIANA(ダイアナ)のステキな靴がここにある。>>DIANA (ダイアナ)の婦人靴を通販したい。
DIANA(ダイアナ) サンダル ブラック(黒) レザー

DIANA(ダイアナ)はレディースシューズ(婦人靴)の老舗ブランド。
DIANA(ダイアナ)の婦人靴は女性から絶大な人気がある。

DIANA(ダイアナ)の婦人靴は存在感のある斬新なデザインで女性のハートを射止める。

DIANA(ダイアナ)の婦人靴は、ハイヒール・パンプス・ブーツ・サンダルと、
婦人靴全てに流行だけではないDIANA(ダイアナ)独自のデザインを取り入れ、
幅広い年齢層の女性から、圧倒的な支持を得ている。

また、DIANA(ダイアナ)の婦人靴の履き心地の良さは、
素材・木型・底材・オーナメントなど細部にわたって
DIANA(ダイアナ)オリジナルのこだわりが見え隠れする。

DIANA(ダイアナ)の婦人靴は豊富な品揃えにも人気の高さをうかがえる。
小さいサイズから、大きいサイズまであらゆるタイプの婦人靴が用意されている。

DIANA(ダイアナ)の婦人靴はギャラリーとして見ているだけでも、贅沢な気分にさせてくれる。

DIANA(ダイアナ) サンダル ブラック(黒) レザー

DIANA(ダイアナ)の婦人靴はアフターケアも充実していて、
DIANA(ダイアナ)店舗では専門の職人によって丁寧に修理をしてくれる。
お気に入りのDIANA(ダイアナ)の靴を長く履くことができる。

DIANA(ダイアナ)の婦人靴のデザインは、
シンプルでどのような装いにも合わせやすいエナメルと、
履きやすくて疲れにくいウェッジソールパンプスに今人気がある。
エナメルもウェッジソールパンプスも、
大き目のワンポイントアクセサリーや、オープントウもシンプルで可愛いと評判がある。

DIANA(ダイアナ)婦人靴の愛用者はただ流行を追っているだけではない。
洗練されたデザインだけでなく、履き心地の良さも気に入っている。
DIANA(ダイアナ)ファンの母とともに、母娘二代で愛用しているひともいる。(20代)

DIANA(ダイアナ)の婦人靴は種類が豊富で、カジュアルなラインからコンサバ系な感じまで、
たくさんあって選ぶのが楽しいという。(20代)

また、DIANA(ダイアナ)の婦人靴の上品なデザインが気に入り、
ヒールが高くても他の同じ高さのヒールより疲れにくくてお勧めというひとも。(30代)

デザイン・サイズ共に豊富で、店舗数も多いため買いやすさが抜群にいい。
オンラインで予め商品の確認もできるし目移りしてしまうと評判だ。(30代)

このように豊富で上品なデザインと、
履きやすさを重視した職人技の靴作りで女性の「美脚」を追求しているDIANA(ダイアナ)の婦人靴は
世代を超えた人気がある。

DIANA(ダイアナ) サンダル ブラック(黒) レザー

>>DIANA(ダイアナ)のステキな靴がここにある。
>>DIANA (ダイアナ)のショッピング
DIANA(ダイアナ)の歴史
1948年 銀座すずらん通りに、輸入婦人靴専門店として開業。
1953年 灰IANA(ダイアナ)靴店を設立。
1954年 銀座通り七丁目に2号店を構える。
1960年 美智子妃殿下のお靴を納品。これにより世間にその名が知れわたる。
1970年代〜 大阪・名古屋・札幌など、全国へのチェーン展開を始める。
1977年 DIANA(ダイアナ)インターナショナル梶レサDIANA(ダイアナ)エンタープライズ梶р設立。
      シャルルジョルダンフランチャイズショップ1号店を、銀座ニューメルサに開店。
1987年 仏ロベールクレジュリー社と技術提携。生産・販売を開始。

DIANA(ダイアナ) サンダル ブラック(黒)

February 13 [Fri], 2009, 14:20
DIANA(ダイアナ) サンダル ブラック(黒)
>>DIANA(ダイアナ)のステキな靴がここにある。>>DIANA (ダイアナ)の婦人靴を通販したい。
DIANA(ダイアナ) サンダル ブラック(黒)

DIANA(ダイアナ)はレディースシューズ(婦人靴)の老舗ブランド。
DIANA(ダイアナ)の婦人靴は女性から絶大な人気がある。

DIANA(ダイアナ)の婦人靴は存在感のある斬新なデザインで女性のハートを射止める。

DIANA(ダイアナ)の婦人靴は、ハイヒール・パンプス・ブーツ・サンダルと、
婦人靴全てに流行だけではないDIANA(ダイアナ)独自のデザインを取り入れ、
幅広い年齢層の女性から、圧倒的な支持を得ている。

また、DIANA(ダイアナ)の婦人靴の履き心地の良さは、
素材・木型・底材・オーナメントなど細部にわたって
DIANA(ダイアナ)オリジナルのこだわりが見え隠れする。

DIANA(ダイアナ)の婦人靴は豊富な品揃えにも人気の高さをうかがえる。
小さいサイズから、大きいサイズまであらゆるタイプの婦人靴が用意されている。

DIANA(ダイアナ)の婦人靴はギャラリーとして見ているだけでも、贅沢な気分にさせてくれる。

DIANA(ダイアナ) サンダル ブラック(黒)

DIANA(ダイアナ)の婦人靴はアフターケアも充実していて、
DIANA(ダイアナ)店舗では専門の職人によって丁寧に修理をしてくれる。
お気に入りのDIANA(ダイアナ)の靴を長く履くことができる。

DIANA(ダイアナ)の婦人靴のデザインは、
シンプルでどのような装いにも合わせやすいエナメルと、
履きやすくて疲れにくいウェッジソールパンプスに今人気がある。
エナメルもウェッジソールパンプスも、
大き目のワンポイントアクセサリーや、オープントウもシンプルで可愛いと評判がある。

DIANA(ダイアナ)婦人靴の愛用者はただ流行を追っているだけではない。
洗練されたデザインだけでなく、履き心地の良さも気に入っている。
DIANA(ダイアナ)ファンの母とともに、母娘二代で愛用しているひともいる。(20代)

DIANA(ダイアナ)の婦人靴は種類が豊富で、カジュアルなラインからコンサバ系な感じまで、
たくさんあって選ぶのが楽しいという。(20代)

また、DIANA(ダイアナ)の婦人靴の上品なデザインが気に入り、
ヒールが高くても他の同じ高さのヒールより疲れにくくてお勧めというひとも。(30代)

デザイン・サイズ共に豊富で、店舗数も多いため買いやすさが抜群にいい。
オンラインで予め商品の確認もできるし目移りしてしまうと評判だ。(30代)

このように豊富で上品なデザインと、
履きやすさを重視した職人技の靴作りで女性の「美脚」を追求しているDIANA(ダイアナ)の婦人靴は
世代を超えた人気がある。

DIANA(ダイアナ) サンダル ブラック(黒)

>>DIANA(ダイアナ)のステキな靴がここにある。
>>DIANA (ダイアナ)のショッピング
DIANA(ダイアナ)の歴史
1948年 銀座すずらん通りに、輸入婦人靴専門店として開業。
1953年 灰IANA(ダイアナ)靴店を設立。
1954年 銀座通り七丁目に2号店を構える。
1960年 美智子妃殿下のお靴を納品。これにより世間にその名が知れわたる。
1970年代〜 大阪・名古屋・札幌など、全国へのチェーン展開を始める。
1977年 DIANA(ダイアナ)インターナショナル梶レサDIANA(ダイアナ)エンタープライズ梶р設立。
      シャルルジョルダンフランチャイズショップ1号店を、銀座ニューメルサに開店。
1987年 仏ロベールクレジュリー社と技術提携。生産・販売を開始。

DIANA(ダイアナ) 夏の必須アイテム

February 12 [Thu], 2009, 15:40
DIANA(ダイアナ) 夏の必須アイテム
>>DIANA(ダイアナ)のステキな靴がここにある。>>DIANA (ダイアナ)の婦人靴を通販したい。
DIANA(ダイアナ) 夏の必須アイテム

DIANA(ダイアナ)はレディースシューズ(婦人靴)の老舗ブランド。
DIANA(ダイアナ)の婦人靴は女性から絶大な人気がある。

DIANA(ダイアナ)の婦人靴は存在感のある斬新なデザインで女性のハートを射止める。

DIANA(ダイアナ)の婦人靴は、ハイヒール・パンプス・ブーツ・サンダルと、
婦人靴全てに流行だけではないDIANA(ダイアナ)独自のデザインを取り入れ、
幅広い年齢層の女性から、圧倒的な支持を得ている。

また、DIANA(ダイアナ)の婦人靴の履き心地の良さは、
素材・木型・底材・オーナメントなど細部にわたって
DIANA(ダイアナ)オリジナルのこだわりが見え隠れする。

DIANA(ダイアナ)の婦人靴は豊富な品揃えにも人気の高さをうかがえる。
小さいサイズから、大きいサイズまであらゆるタイプの婦人靴が用意されている。

DIANA(ダイアナ)の婦人靴はギャラリーとして見ているだけでも、贅沢な気分にさせてくれる。

DIANA(ダイアナ) 夏の必須アイテム

DIANA(ダイアナ)の婦人靴はアフターケアも充実していて、
DIANA(ダイアナ)店舗では専門の職人によって丁寧に修理をしてくれる。
お気に入りのDIANA(ダイアナ)の靴を長く履くことができる。

DIANA(ダイアナ)の婦人靴のデザインは、
シンプルでどのような装いにも合わせやすいエナメルと、
履きやすくて疲れにくいウェッジソールパンプスに今人気がある。
エナメルもウェッジソールパンプスも、
大き目のワンポイントアクセサリーや、オープントウもシンプルで可愛いと評判がある。

DIANA(ダイアナ)婦人靴の愛用者はただ流行を追っているだけではない。
洗練されたデザインだけでなく、履き心地の良さも気に入っている。
DIANA(ダイアナ)ファンの母とともに、母娘二代で愛用しているひともいる。(20代)

DIANA(ダイアナ)の婦人靴は種類が豊富で、カジュアルなラインからコンサバ系な感じまで、
たくさんあって選ぶのが楽しいという。(20代)

また、DIANA(ダイアナ)の婦人靴の上品なデザインが気に入り、
ヒールが高くても他の同じ高さのヒールより疲れにくくてお勧めというひとも。(30代)

デザイン・サイズ共に豊富で、店舗数も多いため買いやすさが抜群にいい。
オンラインで予め商品の確認もできるし目移りしてしまうと評判だ。(30代)

このように豊富で上品なデザインと、
履きやすさを重視した職人技の靴作りで女性の「美脚」を追求しているDIANA(ダイアナ)の婦人靴は
世代を超えた人気がある。

DIANA(ダイアナ) 夏の必須アイテム

>>DIANA(ダイアナ)のステキな靴がここにある。
>>DIANA (ダイアナ)のショッピング
DIANA(ダイアナ)の歴史
1948年 銀座すずらん通りに、輸入婦人靴専門店として開業。
1953年 灰IANA(ダイアナ)靴店を設立。
1954年 銀座通り七丁目に2号店を構える。
1960年 美智子妃殿下のお靴を納品。これにより世間にその名が知れわたる。
1970年代〜 大阪・名古屋・札幌など、全国へのチェーン展開を始める。
1977年 DIANA(ダイアナ)インターナショナル梶レサDIANA(ダイアナ)エンタープライズ梶р設立。
      シャルルジョルダンフランチャイズショップ1号店を、銀座ニューメルサに開店。
1987年 仏ロベールクレジュリー社と技術提携。生産・販売を開始。
リンク集
★shine-more★
★manbai★
★お気に入り★
P R