≪宝物≫ 

2006年10月20日(金) 20時41分
           ****************************


懐かしんでいるわけでも

執着しているわけでも

ないんです

もちろん

美化するつもりもありません


ただ

あまりにも

不器用で

へたくそで

いびつで

たよりなくて

みっともないから

張本人くらいは

忘れちゃいけない

そんな気がするんです



別に・・・・・・

宝物の恋って訳でもないんですけど


           ****************************     


≪朝日を待って≫ 

2006年10月18日(水) 23時55分
************************************************************

         朝日を待って
         一人静かに佇んでいると
         小鳥たちが
         驚くほど
         すぐそばまで寄ってくる

         わたしは今
         ただの木になったのかもしれないな
         
         ただの木はいいなあ
         木じゃなければ
         空の雲でもいいなあ
         風でもいいなあ

         人間以外の何かになって
         この朝の景色の中に
         深く深く
         溶けてしまいたいなあ 


*************************************************************
          
   
                                            

とても久しぶり 

2006年10月18日(水) 22時29分
アナログ人間の私には、なんだかそぐわない気がして離れていたブログ・・・・
今も気おくれしながらパソコンに向かってる私は 今夜どうしたんでしょうねぇ・・・・
あ、やっぱりうまく喋れない。だから少しだけ。
先日、奈良の秋篠寺に行って来ました。
思いがけず、何ともいえない深いまなざしののお薬師さまに遭遇し、
しばらく見とれてしまいました。
人間の一番の贅沢は、ナニモノからも解き放たれていると感じる
その瞬間にちりばめられている気がします。
遅咲きの朝顔に呼び止められて足を止めると、
花の芯から光があふれているような気がして、
もう、朝のエネルギーが全部そこに集結しているような気がして、
それだけで、満ち足りてしまいました。
私は都会暮らしには向かないなぁ・・・・

何も言わなくても・・・・・ 

2006年03月22日(水) 21時41分
京都に行ってきました。
ガイドブックで一目見て心を持っていかれた
国宝の弥勒菩薩様に会いに行ってきました。
確かに何か言うつもりでそばに行ったのに
前に立って見上げた途端、
もうすべてすっかり話してしまったような
そんな気持ちになってしまい、
お参りに来られている人達を眺めながら
気が済んでしまいました。
歳のせいでしょうか・・・・・。
答えは出なくてもいいやと思えるようになってきました。
そんな一日を過ごせたことが贅沢な気がします。
帰りの電車の窓から見えた夕焼けに
体に残っていた疲れも解けていきました。

私が次に生まれたい場所 

2006年03月12日(日) 14時08分
先日、本屋さんで『あさ』という詩集(写真集)に出会いました。
詩は谷川俊太郎さん、写真は吉村和敏さんの…。
ご存知の方も多いんじゃないでしょうか。
出版されてから1年半以上経ってますしね。
私はその時まで知らなかったんですけど、
手に取った途端あの美しい紫色というか
何とも言えない空と水の色に胸をギュッと掴まれまして…
そして本を開いてもっと衝撃的だったのは、
その写真の多くがプリンスエドワード島の風景だったことです。
中学生の頃『赤毛のアン』に心奪われ、
その頃からずっと「行きたい、行きたい、行きたい」と
思い続けている私の果てしなく長い片想いの相手、
それがプリンスエドワード島なのです。
うまく言えないんですが、島の風景を見ているだけで
なんか体の中の一番小さな単位の、
一番深いところから波が押し寄せてくるような…
遺伝子レベルでざわめくような…
私にとって懐かしいとか癒されるとか
そんな言葉だけじゃ表現できない、
運命的なものを感じる場所のひとつなんです。
そんな場所、きっと誰にもあると思うんですが。
だからもし私に過去世があるならば、
きっと一度は住んでいた場所。
そしてもし私に来世があるならば、
必ず次に生まれてくる場所。
でもとりあえず今回は、おばあちゃんになる前に
何が何でも一度は訪れたい場所なんです。
皆さんにはそんな場所、ありますか?

ブログって 

2006年02月19日(日) 0時05分
例えば、どこかの誰かが見知らぬ街に旅をして、
初めてのバスに乗ったとして…
その窓から見えるバス停の一つが、
ここにいる私なんだろうなぁ〜と。
バスは通過して行くだけかも知れないし、
もしかしたら停車して人が降りて来るかも知れないし…。
私は今、見知らぬ街のバス停も、
なかなか素敵と思っています。
今日何かのカタチで私とご縁を結んで下さった、
見知らぬ街を旅する方々。
ありがとうございました。
お一人お一人の明日が、
どうか幸せに満ちたものでありますように。

≪ 水平線 ≫ 

2006年02月18日(土) 21時37分
********************



おっきくてまるい と

君が 言った


まっすぐみたいにまるい と

私が 言った



やっぱり地球はまるいんだね と

もいちど 君が

ビミョーなキョリで

つぶやいた



まだ恋ではない

ふたりの視線の先で



おっきくて

まるくて

まっすぐみたいな



水平線が光る



********************

≪ 不意打ち ≫ 

2006年02月16日(木) 12時54分
****************


遠いむかしの

初めての恋は

今でも

私の中のどこかで

世界中の色を

集めたように

咲いていて

褪せることがありません

そして

その恋が

時々

びっくりするほど

一途に

私をみつめてくるので

年甲斐もなく

ドキドキして

慌ててしまいます


****************

二度も消えるなんて・・・・・ 

2006年02月15日(水) 22時37分
私にはこのパソコンというものが、もう化け物のように見えてきます。もともと電化製品の売り場に行くだけでエネルギーを吸い取られて気分が悪くなってしまうような人間が、ブログに挑戦しようだなんて無謀な話で・・・・・・。それに根気というものが全くといっていいほど欠落しているのです。何日か前から始めたブログですが、そのお膳立ては全部娘にやってもらい、娘が学校に行って留守の間は電話攻撃で分からない所を聞きまくる、恐怖の質問ばばあと成り果てています。にもかかわらず、私が何十分も格闘して打った文章は、二度も一瞬にして消えてしまいました。年甲斐もなく夜中に暴れそうでした。(本当は少し泣きました)さっき投稿した詩もアスタリスクがひとつ多いまま送ってしまって、でも直せなくて・・・。一体何をこんなに必死になっているのか自分でも解らないんですけど、しんどい反面、いろんな意味での新しい出会いを体験している自分が新鮮で楽しいのかもしれません。続くといいのですが・・・・・。(もう、オエっとなりそうなほど肩が凝っています) でも明日はきっといい日。明日もきっといい日。

≪ 復活 ≫ 

2006年02月15日(水) 22時06分
************************


泣きすぎて

まぶたが

水ぶくれになっている。

恐ろしい顔で

バナナを食べたら

なんだか

元気に

なってしまった。


               神様はバナナの中に・・・・・・?



************************
2006年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
アイコン画像美智
» ブログって (2006年03月11日)
アイコン画像ふう
» ブログって (2006年03月01日)
アイコン画像美智
» ≪ 不意打ち ≫ (2006年02月18日)
アイコン画像ふう
» ≪ 不意打ち ≫ (2006年02月18日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:michisugara
読者になる
Yapme!一覧
読者になる