京都一周トレイル 東山コース

March 28 [Wed], 2018, 20:48
京都トレイルも3回目となり去年に続き東山コースの(哲学の道)浄土寺橋からケーブル比叡駅まで歩きました
桜も今年は1週間早くタイミングよく満開です
浄土寺橋から入り市街地を抜けます。天神宮でおまいり
病院の駐車場を通り山道に入ります
明るくて歩きやすい登山道です
小さなアップダウンを過ぎると水飲対陣跡碑があり早弁にしました
そこから尾根に上ると遠くに比叡山が見えます。
春霞で街もぼんやりですが、五山送り火のお山が見えました。最後の急登
上がると電波塔で比叡駅もすぐそこです。番号74で4時間の東山トレイルが終了
ケーブルで下りて去年行けなかった青龍院を見学して6時に帰路に着いた

川合富士

March 25 [Sun], 2018, 13:58
新城の山友に誘って頂き「川合富士」の山に行ってきました
鳳来湖ダム管理棟の手前から登り始めます
地元の有志方々が登山道を造っていただき先週ルートのお披露目が行われたとの事
羊歯が切り払われ快適に登れることが出来ました。
とはいえ最初尾根に取り付くまでは30分位急な道で疲れました
尾根に取り付き暫く行くと「おむすび岩」に着きました
そこは対岸に見えるお山がおむすびに見えるからこの名が付けられた様です
そこから10分くらい休憩の後「川合富士」の方へ進みます。そこからは整備された道を少し下りながら
シャクナゲ遊歩道を行くと三角点がありました。さらに15分位進むと川合富士でした。長年にわたり失われた白い看板が先週登られた方に見つけられ取り付け生き返った様です。
三角点の所に戻ると腹時計がなり、12時を知らせてくれました。正確な時計でした。

昼食を済ませ烏帽子岩の方へ降りてみました。ミツバツツジが咲き始めていました
3個の大きな岩があり2個に岩をそれぞれ行ってみました。どこからか見ると烏帽子に見えるか?
最後の岩は諦めダム管理棟の上の車道に下りてきました
道下には(キブシ)の木が沢山の花を付けています
さわやかで楽しい「川合富士」でした。マイナーな自然あふれる山、道普請、案内人に感謝!

入笠山

February 19 [Mon], 2018, 22:33
気軽に雪山を楽しめる入笠山に行って来ました
富士見パノラマリゾートのゴンドラで上がり湿原を過ぎるとマナスル山荘があり登山道を40分で山頂です


昨日の強い風が止んで快晴のよい天気です
関東方面のスキー客が殆どでした
ゴンドラ高速リフトで上がるとわんこを連れたツアーがありました

ここから湿原の方へ少し歩くと星の観測も出来るマナスル山荘です
トレースもしっかりしていて緩やかな登山道を歩くと360度の展望がありました
富士山、南アルプス近くに八ヶ岳
下りは赤いポールがあるほうに進むと踏み抜いたが直ぐ青の方へ戻って良かった
山頂駅付近はスキー客で一杯になっていた。南東の方に甲斐駒ケ岳が光っている
3時には下山して道の駅に併設の蔦の湯で暖まり7時に帰途に着く

宮島、弥山

December 06 [Wed], 2017, 18:55
初めての安芸の宮島へ行って来ました。観光を兼ねて弥山へトレッキングで恒例の忘年山行となりました。
寒気が入っていましたが、初日は干潮のタイミングで大鳥居まで歩いてみました
なぜ簡単に倒れないのかガイドさんの説明を受ける

寝殿造りの厳島神社

宿の「みや離宮」はは一番大きな宿で次の日は静岡の高校の荷物が沢山届いていた!流石修学旅行のメッカ!
商店街の店先に鹿もお出迎え
翌日は弥山へ散策に出掛けた。無料バスでロープウェイ駅近くに送迎して頂く1つ乗り継いで獅子岩駅到着

獅子岩展望台から瀬戸内海の小島を眺め弥山へのトレッキング
「霊火堂」へ着いた。1200年燃え続ける
弥山頂上にはすぐ着いた。立派な展望台からは360度の眺望がある
下るとまた昨日と違う厳島神社があった

氷ノ山

November 27 [Mon], 2017, 22:18
三日目の鳥取県と兵庫県に聳える大山に次ぐ名峰2百名山に登りました。
泊まった「氷太くん」から歩いて下ると仙谷登山口で足跡の乏しい谷のコースで6時半より登り始める
大山より雪深くコースも分かりずらい。地図とGPSを頼りに1合目にたどり着く
3回渡渉して沢を詰めていく。山肌にはつららや川には氷が出来ている
沢も終わり急登に差し掛かったころソロの男性が登ってこられた。又偶然にも愛知の方だった。
ラッセルを変わって頂きながらやっと仙谷分岐に着き安堵する。ラッセルは男も女もないが自分が一番楽した
樹氷の世界

コシキ岩に登ろうとすると声を掛けられた。親切な地元のお父さんありがとう
こんな岩厳しすぎる!そこを巻いて20分登ると非難小屋のある頂上だった
頂上は有り難く風がない!小屋で食事を摂る10人位の人がいた。3人以外は氷山越コース、親水コースの様だ
下りもお父さんに案内して頂き氷ノ山越コースで下る
予報通り天気が回復し晴れてきてルンルン気分
登りは大幅に時間をとられたが無事登り下山できた。親切な人々のお陰だった

蒜山、大山

November 27 [Mon], 2017, 21:16
初冬3連休を利用して蒜山、大山、氷ノ山登ってきました
9月に予定していたが台風で延びこの3連休が最後チャンスだった!
とは言え寒波が居座り不安定な予報でしたが吹き荒れる事もなく3日間とも穏やかに登れる事が出来た

10時半に蒜山高原に着き牧場の中を登山口へと上がる
西の方に大山も見えてくる
半分位の所から雪が多くなって来る。頂上は風が冷たくて下山にかかる
下りの途中で偶然にも同郷のご夫婦に出会う。目の前は中蒜山
翌日、大山に登るとのことだった。3時前に下山して大山方面に向かうが雪のため迂回を強いられた。出雲街道を北上して右に折れ正面からの大山は正に「伯耆富士」そのものだった。
料理旅館の夕食に舌包みを打って早めに就寝。8時に登山開始
樹林帯なのでさほど寒さは感じないが雪が深くなって来る
6合目で撤退した。頂上付近は半端ない風らしい。ベテランの方に注意された
昨日のご夫婦が登ってこられた
中国地方の最高峰「大山」はもう銀世界だった



H29 京都の秋

November 21 [Tue], 2017, 14:16
初めての古都の観光がてら紅葉を楽しんできました。
初日は晴明神社により西陣会館を見学の後、北野天満宮に着く
参拝者が列をなしていたのでスルーして猿まわしを見学した。可愛かった
その後、嵐電で撮影所前まで行って映画村を見学した
とてつもなく広いところで入場料は少々高いけど初めてなので十分楽しめた
途中おいらん道中催しの所で見ていたら嵐の様な天気になった
小屋に入りガマの油売り口上を聞いて外に出ると上がっていてホッ☺

JR山陰線で二条でおりホテルに4時にチェックインした。翌日は地下鉄東西線で蹴上駅で降りて南禅寺に向かう
南禅寺は桜、紅葉の名所で丁度見ごろなこうようになっていた

特に日本三大門と言われる門はとてつもない柱の大きさだ!

法堂(はっとう)中には釈迦如来像、文殊菩薩、普賢菩薩がまつられている
琵琶湖疎水の水道橋で今ではなじんでエキゾチックな風景美だ

イチョウは散りはじめ

次少し歩くと永観堂がある。ここもモミジが多かった。

更に哲学の道を歩くと法然院があり銀閣寺まで歩いた。門を入ると五葉松の大木
義政将軍が余生を過ごしたといわれる山荘

それから叡山電車で鞍馬へと向かう  着くと天狗さんが迎える 

階段など使いながら鞍馬寺本殿まで上がり下りはケーブルカーで下りた
京都駅前でリニューアルされた京都タワーに上る。京都の町、大阪まで見渡せた







甘利山、千頭星山

November 13 [Mon], 2017, 15:47
宿泊先から登山口の広河原に9時前に着いた。広々した甘利山グリーンロッジの管理人さんたちは
山小屋の終り支度を始めていた。

緩やかに登ると30分で広い甘利山で少し登り返すと奥甘利山

奥甘利山を一旦下り又登り返し分技を過ぎると千頭星山だった。

昼食の後、絶景ポイントまで足を延ばしてみた。そこは鳳凰三山の眺望があった

八ヶ岳連峰


薬師岳の向こうは地蔵岳のオベリスク

下りも富士山を横目に、、アザミの穂が
2時に下り新清水ICまで52号線、新東名で浜松SAまで行き夕飯を済ませ友と別れた
9時に帰宅

忍野八海、昇仙峡

November 11 [Sat], 2017, 14:54
11月半ば観光しながら翌日は登山に楽しんできました。
1日目は忍野八海と昇仙峡に行き韮崎で宿泊した

忍野八海は山梨県東南部に位置し富士山の湧水が豊富で八つの池があった

富士山も大きく見え今日も立派だ!

[涌池]


鯉も気持ちよさそうだ!

忍草浅間神社に大きなイチイの木があった。赤い実を沢山つけている

昇仙峡に着いたのは3時前だった。ロープウェイ山頂駅近くの無料駐車場に停め天神森まで渓谷に沿って
楽しみながら歩く。

階段を下ると直ぐ(仙峨滝)がある

暫く下り(石門)があった

紅葉回廊がありその先を階段で降りると絶景ポイントがあった

奇岩、奇石を楽しみながら天神森まで下った。お腹がすきお店に入りほうとうを食べた
上の駐車場まで歩いていたら暗くなってきた。流しのタクシーに声を掛けられたが断った。
ヘッデンを付けて仙峨滝へ戻るとライトアップの下に観光客が幾組かいた
6時だったので急いで宿に向かう

赤兎山

October 10 [Tue], 2017, 14:10
福井県大野市と石川県白山市にまたがる赤兎山に行って来ました。
白鳥西ICからR157を北上すると小原ルート登山口への道が分かれる。
ゲートで一人300円協力金を払い20分で登山口に着いた。すでに第一第二駐車場は満杯だった。紅葉し始めた緩やかな登山道を行くと1時間で小原峠に着いた。修験者達はその昔ここが白山への通過点だった。
渡渉点を過ぎると急登となり木の根っこに気を付け上がる

経ヶ岳分岐
2時間で1628mの赤兎山の山頂だった。

眺望はイマイチで避難小屋方面に向かった。
お昼前には着いて白山、別山を眺めながら昼食にした。
避難小屋付近のすぐ先の方に絶好ポイントがあった。
大長山の眺めが素晴らしい。絶好の紅葉登山だった

滑る石や木の根に気を付けて下る。青空を見上げる
黄葉も綺麗だ
1時過ぎに下山して日帰り温泉(水芭蕉)で汗を流し7時に帰路に着く
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • ニックネーム:michi-bata
読者になる
2018年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Yapme!一覧