お誕生日おめでとう!

June 17 [Sat], 2017, 0:00


お誕生日おめでとうございます。
생일 축하합니다!

今年は、映画公開もあり
仕事も順調のようですね!

올해는 영화 공개도 있다
일도 순조로울 것 같군요!

また、ハンソン氏に会える日を楽しみにしています。
또, 한성 씨를 만날 날을 기대하고 있습니다.

元気で幸せに過ごしてくださいね!
건강하고 행복하게 지내세요!

    ももはは 6/17

チョ・ハンソン"子供のために社交性を育てました"

May 29 [Mon], 2017, 15:10




俳優チョ・ハンソンが子供のために社交性を飼っていたと打ち明けた。

チョ・ハンソンは最近、ソウル大学路のあるカフェで行われた映画'馬車に乗って大声で掛け声を'(監督アンジェソク/製作広大無辺)インタビューで、映画'馬車に乗って大声で掛け声を'を選択した理由とともに、子によって変わった性格を言及した。

'馬車に乗って大声で掛け声を'は高校時代バンド部のメンバーだった君の友達ホビン(チョ・ハンソン)、ミヌ(ハンジサン)、領民(キムシンウィ)、病態(金ジェボム)が大人になってバンド'1番国道'を再結成した後、幼い頃の夢見たミュージックフェスティバルに参加するため、離れ存分青春ボスキンを描いた。

チョ・ハンソンは、有名アイドルメンバーとの熱愛説を決め、トップスターになろうとする10年目無名俳優ホビンの役を演じた。 自分しか知らないホセナムだが、知って見れば純粋て暖かい心を持った人物だ。 映画でチョ・ハンソンは重要部位のみ隠した露出からアダルト向け冗談までに、従来に見せてくれた、重厚な姿と他の壊れたキャラクターで注目を集めた。

"これまで主に男たちだけの映画で、刑事、ごろつきのような役割をしました。 力がはいって重くて暗い演技がなく、一度は崩れた演技をしてみたかったです。 当時に'ウィップルラッシー'という映画を楽しく見たが、ドラムという楽器も面白いだと思ったんです。 また、10年目無名俳優という役割が当時、スランプを経験していた私に共感に迫ったんです。"

シナリオを読む瞬間、ホビンの姿が頭の中に浮上したほど、気に入った役割だったが、不慣れなジャンルの音楽映画やロードムービーは決して簡単ではない挑戦だった。 バンドの強欲のボーカルキムシンウィ、ミュージカル俳優ハンジサン、金ジェボムなど歌にずば抜けた俳優たちのおかげで歌を歌った後にも、編集を要請する状況もあった。

"ご存知のようにあまりにも歌の上手な俳優たちです。 私は一曲を歌ったりしたが、後に監督に編集してほしいと言いました。 歯車がよく戻るのに私の歌が入って止まった感じだったんですよ(笑)。編集されたが、残念ではないです。 不慣れな挑戦に心配事が多かった映画だが、私にはとても楽しい思い出になりました。"

今年小学校に入りの娘が'馬車に乗って大声で掛け声を'歌に中毒されたというエピソードも聞かせた。 チョ・ハンソンは"娘が毎日大声で掛け声を歌だけ呼ぶが、本当に可愛いです。 映画を見たいので、まだはならない。 いくら15歳と言うが、荒い言葉もあり、若干の成人ユーモアもありますからね。 特にバッド神さまが出てきた最初の場面は絶対いけません"ながら、首を横に振った。

無愛想たチョ・ハンソンも歳月が過ぎたら、違うことを感じという。 彼は"年齢を食べながら、次第に些細な日常に目を覚ますようになりました。 言葉を話したと言いましょうか(笑)。昔は私しか知らなかったが、結婚してから家族を見つめるようになって自然に周りの人たちをうかがうようになりました。 特に子供の友達ら両親と親しくなるために社交性を育てました。 子供のおかげで私も知らないうちに人生が変わったことを感じます。"

元記事 クリック

ハンソン氏のインタビュー、いいですね!
本当に早いもので、娘さんが小学生になるんですね!
優しい良いパパなのかしら?^^
映画が話題になってくれると
うれしいですね!^^
ムギコさん、インタビュー記事教えてくれて、ありがとうございます。^^

ももはは 5/29

馬車に乗って大声で掛け声を'チョ・ハンソン"青春は'喜怒哀楽'だA

May 29 [Mon], 2017, 14:42




音楽映画'馬車に乗って大声で掛け声を'の主人公は金ジェボム、ハンジサン、キムシンウィと言及したチョ・ハンソンだ。 しかし、彼は今度の映画を通じて最も恩恵を受けた人物の一人だ。 今まで見せたイメージを変えるのとともに、新たなジャンルを開拓し、演技者としてスペクトルを広げた。 これは、自分が持っていた枠組みを果敢に破る試みから来た産物だ。

"一生消えない場面なので、以前は崩壊することに恐怖を感じた。 ところで'艦艇'を撮ってから、私がなぜこんなことを心配しなければならないかに対する疑問がでた。 俳優として新しい挑戦であり、私が成し遂げなければならない部分の一つだが、崩壊することを気にするのが急に理解できなかった。 それで今度はむしろ監督に水位をさらに高めようと申し上げたこともある。 映画が与えるメッセージもあるが、観客の方が退屈ではなくて面白く映画を見てほしいの気持ちが大きかった。 長い時間をキャラクターについて分析して研究しても面白くなくて観客が訪れてくれなければ意味がないようだ。"

アンジェソク監督はシナリオを読んだあと一歩のためらいもなく、キャスティングを受諾したチョ・ハンソンに感謝を示したことがある。 チョ・ハンソンは映画のシナリオを読んだ後18時間ぶりに出演を決定するほど情熱を見せた。 平素から親交があった俳優チョジンウンとリンゼイまで直接キャスティングしてアンジェソク監督の支援軍の役割をした。 撮影現場でスクリーン演技に初めて臨む、ミュージカル俳優らが早く適応できるように多様な助言を惜しまなかった。 それだけ負担感はさらに重くなるしかない。

"今回の映画が、私はきっと上手くなったらと言う理由の二つが監督と俳優たちだ。 'スーパースターカム・サヨン'でデビューした監督,その頃以降にデビュー作だ。 過去のアシスタントディレクター時代の時に会って時間が経つにつれ、努力する姿に感動した。 また映画を撮影して2年間だね。懐に入れていながら大変なのが見えるよ。 電話や文字をすればその人の感情が見えるが、映画公開前には本当に大変に感じたよ。。 また、神の、地上、再犯はスクリーンの初の主演だ。 私は失敗をたくさん見たために失敗しても勝てる方法を探せばいいが、この映画は彼らに初の足場として先に伸びていくことができる風だ。 必ず良く出来たら良いな。"


チョ・ハンソンは'馬車に乗って大声で掛け声を'で下にある人をリードしてくれて上にいる人は押してくれる中間脚の役割を自任した。 彼は地道に守らなければならない1等よりは苦難と逆境を経験してから2位と3位となる人物がもっと魅力的な暮らしのようだと伝えた。 何かを守るために熾烈な人生を生きることよりも、だれかを集めてくれて押してくれる人生が幸せだためだ。 これは10年以上延期者として存続できた一つの哲学だ。 過去の賞を受賞したり、長持ちする俳優が夢なら、今は、観客たちが探してくれる俳優になるのが夢だ。 また、彼は映画'オオカミの誘惑'を超える代表作を作りたいという希望を示した。

"'オオカミの誘惑'は私が担っていかなければならない荷物だと思う。 誰でも代表作が一つずついるが、チョ・ハンソンを思い出した時まだ'オオカミの誘惑'を思い浮かんだら、それほど私に対する代表作がないと思う。 背負って行かなければならない宿題だ。 演技する時、次の代表作を作りたくて演技するのて多くの観客が訪れてほしいがまだ足りないよう、良いチャンスもたくさん逃がしたようだ。 '馬車に乗って大声で掛け声を'がその機会になるかどうか分からないが、私がなくても私がこれに言及した人たちは必ずこの映画として成長できるきっかけになったらいいね。"

'馬車に乗って大声で掛け声を'は1番国道旅程を皮切りに逐次的に撮影を進行した。 劇中で主人公たちの故郷である全羅南道木浦を経て、務安(ムアン)や潭陽、全州(チョンジュ)大田(テジョン)、忠州(チュンジュ)を経て、ボスキン公演を行う。 見知らぬ都市町のいたるところを背景に主人公たちの公演の場面や、視野が開けた山や野原、川の風景は日常に疲れた観客たちに対して代理満足を与えるとともにヒーリングをプレゼントする。 これは徹底的に計算されたシナリオがなく自然な演技を溶かしてきたからだ。 主人公らのストーリーにきれいな撮影地と豊かな音楽が盛り込まれた映像美で清涼感あふれるエネルギーを感じることができる。 最後にチョ・ハンソンは青春映画の主演として青春に対する定義を下した。

"青春は'喜怒哀楽'だ。 私はこの過程をすべて経験した。 幸せした時期もあり、怒った時もあり、憂鬱だったこともある。 映画を撮りながら、結婚し、失われた青春をもう一度訪れた。 いつからか夢が素朴になり始めた。 また、国土横断、リュックサック旅行などを計画しても、たくさんの考えに何もできなかった。 しかし、映画公開するのを見ながら、そのまま実践に移せば成るはずなのに、なぜ、そうでないような気がした。 年をとっても'青春'という夢をかなえる。 '馬車に乗って大声で掛け声を'は順調に行くのがさまざまな事件を経験しながら行くから大衆の方も見たら思い出なのに何が怖くて嫌がっていただろうかという考えをしそうだ"

元記事 クリック


ながーいインタビュー記事ですが、
お暇なときにでも、ご覧下さい!
ももはは 5/29

チョ・ハンソン"音楽映画、容易に挑戦した 裏切られました @

May 29 [Mon], 2017, 14:38




俳優チョ・ハンソンが映画'馬車に乗って大声で掛け声を'を通じて初の音楽映画に挑戦した。 チョ・ハンソンは今度の映画では、1番国道のドラマーであり、トップスターを夢見るホビン駅を務めており、優れたドラム演奏の実力を見せた。 デビュー12年ぶりに初めて挑戦するジャンルだが、、彼は普段から趣味でディジェイン活動を行うと伝えられるほど、音楽に愛情が多く、音楽映画を夢見た。

"目新しい作品だったが、音楽映画をあまりにも好きで良かった。 太鼓をたたくのに楽器を全く扱うことができると知らず、楽譜を見る目が分からなくて大変な過程だった。 最初はある程度の真似だけ払えば良いという考えをして参入し大きく裏切られた。 演奏場面が音楽と合わなかったら、映画に入ることができなかった。 生きる道がなくて死ぬほど練習をした。 特に最後の場面はすべての俳優がむっとしながら撮影し、映画をしながらボクチャオルてくる感情を受けたのは初めてだった。 きたエネルギーを燃焼させたのでよく出たようだ。"

ファッションモデルでデビューしたチョ・ハンソンは過ぎた2001年ビールCFでテレビ初登場した。 男性的な演技力として注目を受けた彼はTVとスクリーンを行き来しながらアクションからメロドラマまで、多様なジャンルの作品に出演した。 約16年間演技生活をしていたが、今回の映画を通じて初のスクリーンに挑戦した俳優キムシンウィ、ハンジサン、金ジェボムに対する恐怖心は全くなかった。 むしろ音楽、ミュージカル分野で主要なファン層を築いて活動をしてきた三人の俳優と多様な相談を通じて映画の完成度を高め、新人の姿勢に戻った。

"三人の俳優と作業することに期待をたくさんした。 初めて映画を撮るということを知った時疑念はなかった。 彼らの歌を実際に聞いたらどうかという思いはあった。 撮影に入る前に録音した時にお声と本当の撮影を開始し、照明を照らすとき出るエネルギーが確実に違っていた。 現場の雰囲気が強い俳優たちのようだ。 彼らの歌を聞いたとき、鳥肌が立ち、一緒いられたことに感謝した。 音楽映画の主人公は彼らだ。 音楽を分からないのに憚ることなく知らなかった部分を教えてくれたし、作品も私に新しくて多くのことを学ぶことができた映画だ。"

元記事  クリック

インタビュー記事 その1 です!
 ももはは 5/29

チョ・ハンソン"1等より逆境と苦難を経験した2、3位になりたい"(インタビュー)

May 29 [Mon], 2017, 14:30








チョ・ハンソンは小学校の時からサッカーをした。 一時はプロサッカー団富川SKに指名されたほど、注目される有望株だった。 夢を諦めざるを得なくなったのは持病の椎間板ヘルニアのためだった。 手術をすれば1年間休まなければならず、手術をしないで治療を受ければ、2年を休まなければならなかった。 結局、大学に通っていた途中サッカーを辞めた。 何をしなければならないかと彷徨した青年は偶然にビール広告のモデルになった。 そんなに偶然のように、あるいは運命のように彼は、芸能界に飛び込んだ。

元記事 クリック

映画が公開され、
インタビュー記事も上がってきましたね!^^

   ももはは 5/29

5月21日の舞台挨拶!

May 22 [Mon], 2017, 13:08




素敵な写真を送っていただきました。
昨日の舞台挨拶の写真です。
ホンデの映画館だそうです。

映画を見た感想は
さわやか気分になれる映画だそうです。
ハンソンファンは特に必見だそうです。

早くみたいですね!^^
どんなハンソン氏の演技がみられるのか
本当に楽しみです!^^

SAYAKAさん、
写真本当にありがとうございます。
わざわざ見に行ってくださって感謝してます。

    ももはは 5/22

映画公開 5月18日!

May 18 [Thu], 2017, 17:28


いよいよ映画公開!
すごーく頑張っているハンソン氏!
少しでもおおくの人が映画を見てくれると
うれしいです。

ロッテシネマのみでの上映ですが、
週末は舞台挨拶も行われるようなので
頑張って欲しいです。

ももはは 5/18

映画の舞台挨拶 スケジュール

May 18 [Thu], 2017, 17:20


いよいよ映画が今日から公開されます。

今週末の舞台挨拶のスケジュールがでました。
今週末、ソウルへ行かれる方は是非、舞台挨拶へ行ってきてください。

そして、是非、ご報告をお待ちしています。

よろしくお願いいたします。

ももはは 5/18

またV LIVE!5/15 19時

May 12 [Fri], 2017, 19:38


5月15日月曜日 19時から
また、V LIVEがあるかもしれません。

Vアプリのダウンロードは前回してありますか?

まだの方は、この週末是非ダウンロードをしてくださいね!

ももはは 5/12

Vアプリ MOVEクリック
先日の動画がみられます。


5/11 VIP試写会

May 12 [Fri], 2017, 16:29


チョ・ハンソン 濃い男らしさ 馬車に乗って大声で掛け声
映画 馬車に乗って大声で掛け声をVIPの試写会が
5月11日午後、ソウル松坡区新川洞ロッテシネマワールドタワーで行われた。
同日、俳優チョ・ハンソンが出席した。
一方、チョ・ハンソン、パクヒョジュ、キムシンウィ、ハンジサン、金ジェボムが出演する馬車に乗って大声で掛け声を監督アンジェソクは話題のミュージカル ぎゃあぎゃあ と同時企画された映画である。 高校時代バンド部のメンバーだった君の友達が大人になってバンドを再結成した後、幼い頃の夢見たミュージックフェスティバルに参加するためて離れる内容だ。 来る18日封切り予定だ。




昨夜のVIP試写会の記事が出てました。
公開は5月18日!
      ももはは 5/12
☆チョ・ハンソン☆
1981年6月17日生まれ
187cm☆73kg
A型
最新コメント
アイコン画像ももはは
» ハンソン氏とお食事会  (2017年06月19日)
アイコン画像ミュー
» ハンソン氏とお食事会  (2017年06月13日)
アイコン画像kaori
» またV LIVE!5/15 19時 (2017年05月15日)
アイコン画像ももはは
» またV LIVE!5/15 19時 (2017年05月15日)
アイコン画像ももはは
» ハンソン氏とお食事会  (2017年05月08日)
アイコン画像あき
» ハンソン氏とお食事会  (2017年05月08日)
アイコン画像ももはは
» KNTV All about K #80 ハンソン登場! (2017年05月05日)
アイコン画像kaori
» KNTV All about K #80 ハンソン登場! (2017年04月29日)
アイコン画像ももはは
» ハンソン氏とお食事会  (2017年04月19日)
アイコン画像kaori
» ハンソン氏とお食事会  (2017年04月18日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ももはは
読者になる
Yapme!一覧
読者になる
P R