'デジャヴ’ チョン・ギョンホ・チョ・ハンソン、ナム・ギュリ シーンスティルロ登場 

June 22 [Fri], 2018, 14:29



元記事  クリック

映画'デジャヴ'に俳優のチョン・ギョンホ、チョ・ハンソンが強烈なシーンスティルロとして登場し、注目を集めている。

'デジャヴ'(監督コギョンミン・制作・ストームピクチャーズコリア)にはチョン・ギョンホチョ・ハンソンが特別出演して重厚な存在感を見せ付けている。

'デジャヴ'は車で人を殺した後、恐怖な幻覚を経験することになった女性ジミン(ナム・ギュリ)が耐える できず、警察に訪ねるが、事故が実在しなかったという事実を聞くことになって誰も信じられない状況に陥るという内容を盛り込んだ映画だ。

劇中のチョン・ギョンホはジミンの精神と担当の玄石駅で、チョ・ハンソンはジミンの状態と現在の状況を悪化させる図式駅として登場する。 毎日繰り返される交通事故の幻覚で自分が人を殺したと信じるジミンの混乱を加重させる人物である彼らは相反する主張をしている婚約者のウジン(イ・ギュハン)と車刑事(イ・チョンヒ)とはまた別のやり方でジミンを大変に作っている。

先にジミンの会社取締役の図式はジミンに対する執着で彼をますます極限に追い込んでいく。 誰も信じられない状況、チョ・ハンソンが担当した図式キャラクターは彼の強烈なカリスマと執拗な演技が加わり、緊張感を倍増させている。

チョン・ギョンホもジミンの不安な心理を治療してくれる担当の玄石逆にインパクトのある演技を披露する。 毎作品ごとに人生小さい更新し、'信じて見るチョン・ギョンホ'という修飾語まで付いた彼はウジンの意外な提案を受け入れ、妙な態度をとる。 ウジンがジミンの薬を増やしてほしいというお願いにも医師としての義務を行わずそのまま薬を処方すること。チョン・ギョンホはジミンの病気を責任を負うようにするが事実は彼を窮地に追い込むような姿を通じて、重厚な存在感を発散する予定だ。 特に緊張感が積もりに積もっていく状況、容易に見落としてはならない彼の活躍が後半の輝きを増すことになるだろう。 30日封切り予定だ。

ハンソン氏出演映画「デジャブ」が
いよいよ公開されるようです。
楽しみですね!
ヒットしますように!

                               ももはは 6/22

お誕生日おめでとう! 

June 17 [Sun], 2018, 0:25


お誕生日おめでとうございます!

今年も幸せな一年になりますように!

また、素敵な作品を見せてください!


楽しみにしています!

チョ・ハンソン"低予算・小規模映画、私が役立つなら、継続する" 

January 12 [Fri], 2018, 13:41


元記事

チョ・ハンソン"低予算・小規模映画、私が役立つなら、継続する"

俳優チョ・ハンソンが映画'帰れ釜山港愛(愛)'を通じて帰ってきた。 これまで様々な作品で活発に活動してきた彼だったが、映画が公開した後、好評よりは酷評が多かったため、気苦労もあった。 自分に傷一つなしに完璧な作品がどこいるんだけは観客の反応は俳優として多くの考えをするように作るしかなかった

"すべての映画が同じで、残念なことが多かったです。 もう少し時間があったらしているような気もしました。 私たちに与えられた時間と環境が十分ではなくて最大限引き出すことを引き出すべきだったんですよ。 一月だけもっと時間があったらする惜しさがあります。"

今回の作品は確かにこれまでチョ・ハンソンが見せてくれた姿と他のキャラクターだった。 前作'馬車に乗って大声で掛け声'だけでなく、できれば今まで鉄なく、明るい姿をみせてくれた彼の姿とははっきり違っていた。

"前作'馬車に乗って大声で掛け声'で、明るくてコミックな、こんなに壊れてもいいのかと思わせるほどのキャラクターを選択しました。 その次には役割がもっと深みがあって、軽くないし、何かを見せられるものが多いキャラクターをしたかったんです。 シナリオを受けてから見せられることが多いと思いました。 また、私が兄弟愛を経験してみなくてその部分のために引かれたと思います。"



また、'帰れ釜山港愛'でチョ・ハンソンは、アクションという新たなジャンルへの挑戦を試みた。 今回の映画には、激しくはないものの、随所にアクションシーンがあったことで、俳優として準備しなければならない部分も多かったはず。

"完璧に全部やりたかったです。 そうできないのが、私たちには一ヶ月という時間があり、その中に終わらせなければならない状況でした。 それで危険な要素は、代役に預けようと思いました。 私がけがをすれば撮影に支障があって、欲を張らないて危険な要素は、そんなふうにしました。 アクションは基本的にたくさんして、体に慣れました。 私のアクションは活躍して走るのが多かったです。 以前は急坂も跳ね上がったが、今は難しいです(笑)。以前の体力だったら分からないが、もう年を取ってです。

映画を初めて挑戦する後輩ソンフンと一緒に呼吸したチョ・ハンソン。もう開始したばかりの後輩と一緒にする彼が導いてくれなければならない部分があって大変ではないだろうか。

"私が誰をリードする立場ではないので、最大限迷惑をかけないとしました。 むしろ私がソンフン氏に溢れるエネルギーを得たようでむしろ感謝しました。"


次第に演技スペクトルを広げているチョ・ハンソン。以前は、しばしば作品活動をしていたが、今は活発に映画やドラマなどに登場し、大衆たちと会っている。 過去ではなく現在のチョ・ハンソンが作品を選択する基準は何だろう。

"マインドが年を取るにつれ違います。 20代前半にはとてもかっこよく見える、見えることについて神経をたくさん使ったならば、だんだん年をとって結婚をしてみたらそんなことは無意味だという気がします。 内面的にたくさん不足しなかったと考えることもできます。 演技を心からしなければならないが、私が果たして本当にそうだったのか疑問点が聞きました。 それ以降は作品を選ぶ時すべての俳優たちの基準が異なるが、私は結婚後は私がこの作品を心からしなければ私の家族たちに被害が行けるだろうという考えを優先的にします。 私を書いてくれないと、金銭的に大変で、現実的に考えることになるのです。 瞬間瞬間の役割、シナリオに没入して最善を尽くさなければならないという考えをします。"



いつからだろうか。 チョ・ハンソンは、莫大な予算が投資された商業映画よりは、低予算あるいは小規模映画でフィルモグラフィーを埋め尽くしている。 特別な理由があったのだろうか。

"入らないことのためでもあります。 したいです。 したいのにしないものとすることができるが、選ばなければならないということの差があります。 私が認知度があるわけでもなく、チケットパワーがあるわけでもない、そうと投資がなる俳優でもないですね。 不満はありません。 観客たちはいい俳優と映画を見る理由があると思います。 その他に映画は製作支援をきちんと受けられず、入る映画です。 そのような俳優たちを書きたくても使えないんです。 そのような俳優たちを代替できる俳優たちが私のような俳優たちしかなくて選択することしかありませんし。 私が力になれば、大きな映画ではないとしていくつもりです。"

最近、'犯罪都市'が大型映画と対戦したことにもかかわらず大きな興行記録を立てた。 このような反応がこれから低予算あるいは小規模映画に一筋の希望に見えたこと。チョ・ハンソンは'犯罪都市'の興行を見て何を考えたのだろうか。

"'犯罪都市'がうまくできて本当に嬉しい人の中での一人です。 誰も期待をしなかったし、評価もいいないじゃないです。 私も同席が兄が出てお金をくれてみていたのに,本当にうまくいくとしました。 最初はスクリーンもいくつか取る事ができなかったが、口コミ乗って増えました。 そのような映画が低予算で製作されたのだから、演出した方々に一筋の光だと思います。"

そのような側面で最後に'帰れ釜山港愛'を向けた期待感を付け加えた。

"実際にはとても優れた映画と対戦しじゃないですか。 本当に大作も多く、入ってくる映画も多いですし。 劇場がいるのか、という思いもします。 撮っておいて封切りもできない映画も多いが、たった一日でも私の映画が、光を見ることができて嬉しいです。 大作たちだけが持っているスケールとストーリーが長所なら、私たちのような素朴な映画もあるために私は等しくすべて読んでいただきたいと思います。"

                ももはは 1/12

'帰れ釜山港愛'チョ・ハンソン、ソンフンと格別な愛情。"これは実の弟のようなだ" 

January 12 [Fri], 2018, 13:34


元記事

'オオカミの誘惑''馬車に乗って大声で掛け声'など、映画やドラマを行き来しながら活発な活動を繰り広げている俳優チョ・ハンソンが映画'帰れ釜山港愛(愛)'(監督朴ヒジュン)に双子の兄弟で一緒に出演した俳優ソンフンについて実の弟のような気がするとし、格別な愛情を示した。

彼は"水泳選手出身のソンフンに関心が先に行った。 運動をしてみた人だけが知ることができる何かがあるが、それがよく通じた。 ソンフンは、本当に正直で、可愛くて、純真な友達"とソンフンに対する人並みならぬ愛情を明らかにした。

チョ・ハンソンは"ソンフンはいつも私の家に果物を送りますが、今回映画記者懇談会が終わったらまた送った。 結婚をしたため、家族によくしたほうがもっと気分がいいんですけど、それでもっと特別、鄭が行くようだ"と話した。

彼は"数日前にはソンフンに電話がきたが、ちょうど家族食事会をしていたところだった。 もしやと思って'ご飯を食べていないなら来い'呼びとめたら本当にきた。 家族の集いでよく似合いながらご飯もよく食べるのにそれを見た瞬間、本当に私の家族だと思った"、"娘が'私一人で住んでいる'を楽しく見ている。 ソンフンイ家に遊びに来たら娘が報告'一人で住んでいるおじさんきた'と語る。 もう本当に実の弟のようなだ"と付け加えた。

さらに、チョ・ハンソンは"映画'帰れ釜山港愛'はソンフンイに初の映画であり、初の主演作だ。 それで一生記憶に残るしかない"、"ソンフンイに対するヨンキピョンはいいし、この映画を踏み台に、これに高く出たら風"と明らかにした。

チョ・ハンソンとソンフンイ出演した'帰れ釜山港愛(愛)'は二卵性双生児兄弟の兄弟愛を描いたヒューマン感性アクション映画だ。 実の兄弟のように格別な愛情を誇示する二人の熱演が目立つ映画は近づいてくる1月17日に封切りする。

   ももはは 1/12

帰れ釜山港愛'ポスターの公開、チョ・ハンソンXソンフンの運命的な対決 

January 12 [Fri], 2018, 13:30


元記事

映画'帰れ釜山港愛'で俳優チョ・ハンソンとソンフンイ運命的な対決を繰り広げる。

'帰れ釜山港愛'(監督朴ヒジュン・制作ブラックホールエンターテインメント)側は9日、スペシャルポスターを公開した。
'帰れ釜山港愛'は釜山最大の犯罪組織の遺物の不正持ち出し事件に巻き込まれた二卵性双生児兄弟の熾烈な対決を描いたアクション映画だ。
公開されたポスターには双子の兄弟テジュ(チョ・ハンソン)と、テソン(ソンフン)、兄弟の唯一の友達であり、愛する女性賛美(ユン・ソイ)の姿が描かれている。 三人は、本音を知ることができない目を披露し、好奇心を誘発した。 また、'愛は死より強く、嫉妬は地獄より残酷だ'はコピーは映画を通じて公開されるテジュ、テソン、賛美の運命と対立を暗示して妙な緊張感を呼び起こした。
下段には唯一の友達であり、支え、家族だったテジュとテソン、賛美の幼時の写真が盛り込まれた。 三人は上段イメージと対照的な幸せな雰囲気を見せているため、これらの間に生じたかっとうの真実は何か、そしてお互いを赦せるかどうか疑念を抱かせた。

ともに、テソンとテジュの間で兄弟を攻撃して徹底的に利用し、対立を増幅させるサンド(コンチョンフヮン)、犯罪組織マリプカンのボススェイン(ソン・ビョンホ)、これらとともに犯罪事件に介入した腐敗警察の江口(パクチョルミン)、競争の番長の黄会長(パクチョンハク)など映画をリードしていくまた、他のキャラクターが盛り込まれて映画の中で見せる鋭い対立の構図に対する期待を集めた。 17日封切り。

             ももはは 1/12

'帰れ釜山港愛'チョ・ハンソン"ソンフン、私と似た点、多くの純粋な友達 

January 05 [Fri], 2018, 17:39


元記事 動画有り 

'帰れ釜山港愛'チョ・ハンソン"ソンフン、私と似た点、多くの純粋な友達"

[OBS、独特の芸能ニュースチョヨンス記者]'帰れ釜山港愛'チョ・ハンソンが、仲間の俳優ソンフンを称賛した。

OBS'独特な芸能ニュース'(演出ユンギョンチョル、作家、朴銀瓊(パク・ウンギョン)・キムヒョンソン)が映画'帰れ釜山港愛'マスコミ配給の試写会現場を訪れた。

劇中で'テソン'の双子の兄弟である'テジュ'に扮したチョ・ハンソンはノワールジャンルであるだけに、アクションシーンが多かったが、それより釜山の方言で緊張の紐を緩められなかったと伝えた。

チョ・ハンソンは"'無籍者'時の釜山(プサン)方言をしたが容易だと思って飛びかかった。 ところが違いすぎたよ。 '無籍者'時は悪役を演じて、さらに悪役が持って行くキャラクターの方言とそして刑事としての方言があまりにも差があってその部分を集中的に勉強をたくさんした"と苦情を吐露した。

また、彼は大変な撮影だったが、一緒に呼吸を合わせたソンフンの大きな力になったと伝えた。

チョ・ハンソンは"この友達がTVに出ている姿だけ見て何か、とてもやつれよう、その次にとても難しいそうな友達と考えをしたけどとても繊細で純粋でそして正直だということが分かった"と話した。

      ももはは 1/5

明けましておめでとう! 

January 01 [Mon], 2018, 0:10


明けましておめでとうございます。
今年は年初めから映画の公開と
ハンソン氏の活躍が楽しみな1年になりそうですね!

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

今年は、多くのファンとハンソン氏とが
会える年になりますように!^^

     ももはは 1/1

[インタビューA]<帰れ釜山港愛(愛)>ソンフン"UFCのキム・ドンヒョン選手とのアクションシーン、むしろもっとも安全しました" 

December 28 [Thu], 2017, 17:39
'目は嘘をつかない。 目は魂を照らしの窓だからだ'というポルトガルの写真作家ルイス・コディンヨの言葉のように、2人の俳優の目つきは強烈だった。 映画<帰れ釜山港愛>の中テジュとテソンの悲しい目と反抗期、幼い姿、しかし、その中で感じられる柔らかさは複雑微妙だ。 インタビュー当日、彼らが着た純白の商工会議所は、2人の俳優の凝縮された眼差しをもっと引き立たせていた。

外見は美少年のような2人の俳優が、いつのまにか30代半ばを過ぎた。 限りなく他、見えるこの二人は実際にも双子のような面貌を備えていた。 二人とも運動選手出身だから彼らは、アクションとは引き離そうとしても離せない。

毎アクションシーンごとに負傷を甘受しなければならなかったというソンフンは<オー・マイ・ビーナス>撮影のときはドラマが終わるまで、脱臼で状態で撮るもしたと。 "上手くなりたいて欲を眺めると、負傷が付いて来るようだ。 撮ってから必ずモニターとあまりば、オーケーなっても撮り直しと、して。"




今回の映画では特に実際UFCのキム・ドンヒョン選手とのアクションで話題を集めた。
現職の格闘技選手とのアクションシーンで緊張しㅆゲッダコ聞くと、ソンフンは意外な反応を示した。 "むしろその時が一番安全だった。 その方は、基本技がしっかりしているため、力でコントロールが可能だった。 行為をする動作自体が初めて経験する動作ではなく、いつもやってきた動作だからリードすることを付いて行けば良いた"と明らかにした。

チョ・ハンソンは"いつもアクションをする度に次はアクション映画をしないなくてはならないしながらずっとやるようになる。 しかし、もう年をとって..."と恥ずかしく笑って見せた。 "それでも私も明日明後日()は兄の年"とソンフンイ攻めると、"君はまだ加えてもいい"と言うチョ・ハンソン。彼らの一言一言でお互いに対する愛情を感じることができた。

二人の明美が引き立った残りの'私にとって妹がいるなら、お互いを紹介してくれと'と聞いた。
"妹がいるのなら、誰があれ、男友達は全部できないです!"と言うソンフンと快く"紹介してやりたい"はチョ・ハンソン。続いてソンフンは"娘が好きな方"とし、"そのため、自由に時代もが変わったので、男もたくさん会ってみて経験してみなければならないと言ってもいざ現実になると。 あならないです"と笑って見せた。



事実両ベウハば、欠かせないのがしっかりした体つきで女心を刺激することだ。 特別な管理がいるのかという質問にソンフンは"ただ明日はないという考えで極限までいるようだが"、"この作品が最後という考えで一度スポーツを始めると、すごく熱心にする"と明らかにした。 チョ・ハンソンも事実運動が好きではないと反戦の返事をした。 与えられた役割に熱心に準備するだけだと。

映画の結末においても二人の俳優は一致した。 'サッドエンド'がいいというソンフンとチョ・ハンソン。これらは映画自体が与える重さがあることに悲劇が流れ上合うようと口をそろえた。 一言一言で映画に対する愛情が感じられた。 特にチョ・ハンソンは慶尚道出身がないにも映画でしっとりした方言を駆使する。 彼はこれまで計6作品はすべて釜山で撮影したのですが、配役によって同じ地域でも方言が異なると話した。

友達、<海雲台(ヘウンデ)>など釜山を背景した映画の中で大当たりした場合が多かった。 今回の<帰れ釜山港愛(愛)>やっぱりスクリーンでの活躍が期待されるところ、用心深く公約を聞いた。

荒唐無稽な夢を見ないというソンフンは"この前にチョ・ハンソンと酒の席で20万人を超えると1年間、私が兄の願いを聞いて、超えないと兄が私の奴隷になることにした"、自分たちの公約を公開した。

ファンのための公約にはチョ・ハンソンが20万人を超えると<帰れ釜山港愛>の名前でエンプティーを行きたいと提案した。 ファンたちを選定して1泊2日で遊びに行って直接料理もしてくれて、長期に自慢もして、終わったらお酒一杯も行うと語り、豪放な姿を見せた。

最後に映画について一言をお願いすると、チョ・ハンソンは"最近、外貨が多いが、韓国映画がうまくなることをすごく喜ぶ人の一人"とし、"韓国映画がうまくなるついでに'神と共に'も見て、'1987'も、合わせて私の映画も見て風"と素朴に話した。

とても欲がないのではないかと聞くと"現実的な話だ。 大作が多いから私たちは中間に挟まっているサンドイッチのような存在"と"スクリーンの確保も困難、私どもができる部分が大きくないことから、他の映画まで全部見て私の映画も見て感謝する心"と明らかにした。
ソンフンもやはり"与えられた環境の中で最善を尽くして撮ったから見ながら非難するのは確実に非難してその中に小さな称賛、一言でもしてくださればそれで感謝する"と答えた。 今回の映画が初のスクリーンへの進出というソンフンは"演技生活において、ばら色の未来もそのよう魔物を夢見たりしない"、"非難も、褒め言葉もたくさんしてほしい"と強調した。

悲しみに濡らした瞳。 しかし、笑うときは限りなく明るい、ミサの語句に満ちた言葉がない、彼らの率直で淡白な一言一言が心に迫っていたのだろうか。 カフェに長い時間座っている出たら、服に豆の焙煎・香りがほのかに残っているようなインタビューを終えた記者に対しては、2人の俳優の残響が残っていた。



行き違いの運命を住むようになった二卵性双生児兄弟の話帰ってきます。釜山港愛(愛)>。20年間離れて過ごした彼らは釜山最大の犯罪組織が加担した遺物の不正持ち出し事件をきっかけで再会する二人の絡み合った感情を込めて作ったというこの映画は1月3日封切り予定だ。

元記事


                             ももはは 12/28

[インタビュー@]<帰れ釜山港愛(愛)>ブロメンス挑戦したチョ・ハンソン"ソンフンような実の弟のあったらいいです 

December 28 [Thu], 2017, 17:32


オンヒャン(言香)、人が持つ固有の香りは人の言葉で噴出してくる。 封切りを控えて映画<帰れ釜山港愛(愛)>を通じて双子役で出会った二人の俳優でソンフンとチョ・ハンソン。いつのまにか30代後半を眺める彼らには悲しみ、切なさ、愉快さ、複雑微妙な感情が織り成す残響が残っていた。

韓国型感性・ノワール映画<帰れ釜山港愛(愛)>は、血まみれのアクションを通じて深い兄弟愛を描く。 親しみを感じなかったタイトルには'お互いがお互いを愛していた、純粋なその瞬間に戻ろう'は監督の志向点が込められていると。

孤児院で育った二卵性双生児兄弟は、母親死にまつわるそれぞれのトラウマに閉じ込められてお互いを向けた憎しみを育てる一人は、組織暴力団員の2因子で、もう一人は警察で再会するようになる'ブロメンス'を成している。

26日、龍山(ヨンサン)CGVオープンスタジオで会ったソンフンとチョ・ハンソンは実際にもすでに双子だった。 実は、彼らは映画撮影の前には全く知らなかった仲だった。 ソンフンについてよく聞いていたというチョ・ハンソンは"ソンフンイという俳優について期待をたくさんした"とし、ソンフンはいい顔せないといういたずら子揃いの弟のように恥じた。

それならお互いに第一印象はどうなったのか? 質問が終わるやいなや、チョ・ハンソンは"ソンフンは本当にいい人"とし、ほめ、ソンフンもやはり同じ考えだとした。 "一緒に運動をした弟だからわくわくしたりもして、どのような友達なのか知りたかった"、"予想外に繊細でとても周辺をよく持参する。 このような実の弟があるといいな"と答えた。 ソンフンもチョ・ハンソンについて"考えとは違う点が一つもなかった。 すごくいい人だ。 そのまま本当にいい人"と強調した。



兄弟愛を演じたいたというチョ・ハンソンは前作<馬車に乗って大声で掛け声>で、明るくな役割を担うて、こんどは相反しな役割を果たしたいたという。 二人のブロメンス呼吸を聞くと"とても良かった"と切り出しチョ・ハンソンは"メロもよくできるのに、妙なことに経た作品が多く入ってくる"、笑って見せた。 さらに、"私が・ノワールも好きで暗い映画を選好するほうだ"と付け加えた。

ロマンスよりブロメンスがもっと楽というソンフンは"どうしても男同士で何かをすることに後ろめたいことないもして、私が追求するロマンスは見る人にやさしい感情や安らぎを与えることだが、それは事実1年は会ってこそ可能なのではないか"と"このような大切な感情を初めて見ている女優と呼吸を合わせるのが簡単ではないようだ"と率直に話した。

事実でソンフンは毎作品ごとに女優との熱愛説に話題を集めたりもした張本人だ。 女優との熱愛説を聞くと、'うらやましい'はチョ・ハンソンの言葉にソンフンは"演技を楽にしようともっと親しく近付くたこと"と線を引いた。 続いて、最近、呼吸を合わせた俳優シンヒェソンと連絡をしているのかと聞くと"ヘソンはずいぶん忙しくて見にくく、安否メールやりとりする方"とし、笑って見せた。

ももはは 12/28

チョ・ハンソン"初の映画'オオカミの誘惑'、一番記憶に残って"[インタビュースポイラー] 

December 28 [Thu], 2017, 17:27


俳優チョ・ハンソンが初のスクリーンデビュー作'オオカミの誘惑'が一番記憶に残ると明らかにした。

28日、ソウル城東区聖水洞のあるカフェで映画'帰れ釜山港愛'(監督パクヒジュン)封切りを控えたチョ・ハンソンのラウンドインタビューが行われた。

同日、チョ・ハンソンは"'帰れ釜山港愛'がどのような評価を受けるか分からないが、ソンフンイの初主演映画ではないか。 私は傷を受けて見て勝ち抜く方法を知っているが、この友達は初の映画だ。 私も初めての映画が記憶に残る"、"から観客の方々も見ても重要だが、良い評価を受けてこの映画を足場に傷つかないで最後まで行くといいな"と話した。

さらに、彼に初のスクリーンデビュー作'オオカミの誘惑'が一番記憶に残る理由は何かと尋ねると、"当時、金テギュン監督さんがいつも映画封切りする時ごとに'ハリー・ポッター'と付いたと言う。 その当時'オオカミの誘惑'も'ハリー・ポッター'と付いていた。 それで、その時よくなるという思わなかったが、その作品で多くの愛を受けたために記憶に残る。 しかし、私の記憶にあるから演技的な部分で残念だったりする。 いつも映画は残念さの連続だ"と打ち明けた。

一方、'帰れ釜山港愛'は釜山最大の犯罪組織の遺物の不正持ち出し事件に巻き込まれた二卵性双生児兄弟の熾烈な対決を描いた韓国型感性アクション映画。来る1月4日封切り。

元記事
                          ももはは 12/28
☆チョ・ハンソン☆
1981年6月17日生まれ
187cm☆73kg
A型
最新コメント
アイコン画像ももはは
» 広島国際映画祭 映画「Brothers in Heaven」 (2017年12月01日)
アイコン画像kaori
» 広島国際映画祭 映画「Brothers in Heaven」 (2017年11月30日)
アイコン画像ながた
» 広島国際映画祭 映画「Brothers in Heaven」 (2017年11月30日)
アイコン画像ながた
» 広島国際映画祭 映画「Brothers in Heaven」 (2017年11月30日)
アイコン画像ながた
» 広島国際映画祭 映画「Brothers in Heaven」 (2017年11月30日)
アイコン画像kaori
» 広島国際映画祭 映画「Brothers in Heaven」 (2017年11月29日)
アイコン画像ももはは
» 広島国際映画祭 映画「Brothers in Heaven」 (2017年11月29日)
アイコン画像マンマ
» 広島国際映画祭 映画「Brothers in Heaven」 (2017年11月28日)
アイコン画像ももはは
» 広島国際映画祭 映画「Brothers in Heaven」 (2017年11月28日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ももはは
読者になる
Yapme!一覧
読者になる