狩猟免許をとろう

September 25 [Tue], 2012, 18:03
帰省時にラジオでエゾシカ猟推進してたり、山賊イヤリー読んだりしたのをきっかけに、北海道で冬ヒマだったら、狩猟もおもしろそうと思って免許をとることに。
手順を踏めばかなり楽なので、どれだけ楽かを伝えるべくメモ作成。
はじめに狩猟免許だけでは狩猟できない。
都道府県単位での知事への届出も必要毎年狩猟免許、ハンター保険加入、金でOK銃の所持は、別途警察署の許可が必要。
いろいろ大変。
狩猟免許とは別に手続が必要狩猟期間は冬。
例北海道以外一般101131狩猟免許には以下の4種類。
筆記はほぼ共通で、3つ受けても試験は1日で終わるので銃装薬+空気、わな、網をまとめて受けるのがオススメ。
銃装薬+空気、銃空気金儲けのみ、わな、網※網とわなの違い下記は正確な定義じゃなくて、自分の解釈だけど多分だいたいあってる網原則、獲物がきたとき人が網を操作することが必要わな獲物が仕掛けに触れたら自動で動作する猟友会の講習免許合格のための必要条件。
あとは、ここでもらえるテキストを1週間勉強すればOK狩猟免許試験の1週間ぐらいまに、試験会場と同じ場所で実施H24東京の場合東京では年2回足立区と、立川試験があるので、猟友会講習も2回。
H24足立区のほうでは、100人ぐらいいたと思う。
年配が圧倒的かとおもいきや、20代っぽい人もわりと見かけて、30以降は年配に行くほど多いとはいえ、そこそこ分散していたかんじ。
申込書には、2種類以上の講習を受けるには、それぞれ別の回でとあったけれど、申し込みに行くと、1日で2種類以上申し込んでもOKとのこと。
特に未経験にとって、技能実技は必須。
午前、知識部分はどの免許種別も共通。
テキストのポイントの読み上げなので、まぁ、そんなには寝不足な場合は、午後に備えてここで休息をとっておこう。
午後、技能実技は免許の種別ごとに分かれて。
銃4コマ。
銃の扱い関連3コマ、鳥獣の判別と距離の目測で1コマ4班以上にわかれて、各教室をまわる。
わな網1コマわな網は同じ教室同じ時間割で実施。
わな網+銃の人は、まず、わな網をうけてから、銃のいずれかの班に合流。
4コマのうち、どれか聞けないコマがあるのかと思ったけれど、なぜか全部聞けた。
携帯とかで記録していてもOKっぽい。
自分は、銃とわなで申し込んだけれど、同じ教室の網をみて、これならいけると思い、試験は網も追加して申し込んだ。
技能実技わな網1鳥獣の判別試験方法の説明。
試験官が紙芝居的なものを5秒ごとに出すので、狩猟可能な場合は、よし名前、不可の場合はだめ名前不要と回答する。
なお、試験では、わなと網はそれぞれ別に判別試験を受ける。
2猟具の判別実物が置いてあり、利用可能なもの3つ、不可能なもの3つを指定して名前をいう。
本番試験と同じものが置いてある。
3猟具の架設わな長さ30cm、高さ10cmぐらいのはこ罠の仕掛けのセット。
わずか3ステップ。
一度みせてもらって、やってみればもう大丈夫だけど、一度もやらずに試験本番は厳しいとも思う。
毎年毎回、はこ罠で講習と免許試験やっているのかは不明だけれど、講習と試験で同じわなを使うのはきっと間違いない。
あみこれは横で聞こえただけだけど、設置済みの網に対して、どのように設置するのかを答える。
実際の設置はしないそのとき、手順と、部位の名称がポイントらしい。
技能実技銃装薬+空気1鳥獣の判別と距離の目測試験方法の説明わな網と同じ距離の目測は、会場入り口から、近辺の目印までの距離を教えてくれる。
試験は同じ会場なので、まぁ、目測方法というより暗記用知識。
2銃器の操作1分解と組み立て試験と同じ掛け声にしたがって、分解と組み立て。
銃の持ち方、分解、組み立ては、全く難しくはないけれど、一度は実物を触れなければできなおと思う。
3銃器の操作2銃を持った行動その1試験と同じ掛け声にしたがっての行動。
装弾、脱法、縦隊行動、横隊行動。
4銃器の操作2銃を持った行動その2試験と同じ掛け声にしたがっての行動。
銃器の受け渡し、休憩の取り方試験本番講習会同様100人ぐらいが受験。
知識試験は30問。
すべて選択。
24問は共通。
6問は免許種別ごと。
7割とれればOKなので、共通部分さえ押さえて8割とれればそれでOK試験時間15時間1時間拘束だけど、結構慎重に答えて見直しても20分。
選択問題30問しかないからね。
あとは、ひたすら繰り返しチェック知識試験を午前に受けて、昼には結果はりだし。
合格なら、午後の身体能力と技能試験へ。
多分9割以上受かっていたんじゃないかと思う。
受験番号の若い順に開始。
遅いと1600スタートとかになる。
暇つぶし必要。
身体能力は、視力検査と、軽い動作。
屈んだり立ち上がったりとか、手を上にあげて、握って開いてとか。
技能実技試験下記以外は、講習と同じ。
鳥獣判別銃とあみは、テキストの図がそのまま紙芝居になったものですんなり回答わなは、半分はテキストと同じ図だけれど、のこりは、写真になっていてさっぱり。
なんという罠。
銃器の操作1分解と組み立て装薬は講習と同じだけれど、応用として、空気銃が登場初試験官の説明どおりに動いて終了。
配唐ェあるのか不明。
白いテープのところ抑えてはいOKとかそんな感じそして、2週間後の結果発表をまって、免許をもらってくる。
東京の場合あとは、都道府県単位の狩猟者登録をして、銃の場合は許可とってGO
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:miaa5o30rz
読者になる
2012年09月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/miaa5o30rz/index1_0.rdf