ネット選挙運動ニュース【ネット選挙 「規制」より「自由」 民主主義を体現する米国 オバマ陣営が活用した「三種の神器」とは?】

July 19 [Fri], 2013, 13:22
ネット選挙運動で気になるニュースを紹介します。

筆者は、2008年と12年の米大統領選挙において、ワシントンに隣接するバージニア州北部にあるオバマ選挙対策本部に、研究の一環として入り、草の根運動を行った。草の根運動には、有権者登録の活動、電話による支持要請、戸別訪問、投票に出向くよう促す運動、運動員のリクルートがある。戸別訪問では、オバマ陣営が標的としている有権者の家をピンポイントで訪問をし、フェイス・トゥ・フェイスで説得に当たる。08年から10年の中間選挙を経て、12年まで続けた戸別訪問の軒数は、合計で4211軒になった。

 12年の米大統領選挙においてバージニア州は、オバマ大統領率いる与党民主党か野党共和党のどちらに転ぶのか予想が困難であったために「揺れる州」と呼ばれ、注目を集めた。同州北部フェアファックス郡のオバマ陣営の現場責任者であるパーカー・ラムズデル(28)と彼の部下の選挙スタッフに、大統領選挙の最中、日本の選挙制度について語ったことがある。

 「日本では戸別訪問が禁止されている。だから学生たちに授業の中で戸別訪問を紹介したい」

 「日本は本当に民主主義なのか」

 彼らは不可解な表情を浮かべていた。草の根運動員と有権者が、政策や争点について議論をする戸別訪問は、民主主義国家では当然実施されているという認識に立っているようだった。

 「日本では、候補者のテレビ広告とネット選挙も禁止されている」

 筆者がこう加えると、パーカーたちはすかさず質問をしてきた。

 「日本では、戸別訪問もテレビ広告もネット選挙もなしに、どうやって選挙をやっているんだ」

 日本では選挙カーに乗って選挙は行われると回答したが、依然、理解できない様子だった。この出来事は、なぜ米国に「戸別訪問・テレビ広告・ネット選挙」といった三種の神器が根付いているのかを考察するきっかけを与えてくれた。筆者は、以下の点を挙げる。

 第1に、異文化的視点から述べると、米国の「行動志向の文化」の影響がある。行動志向の文化では、国民に、個人の遂行や行動が変化をもたらすという信念がある。そのような文化では、戸別訪問やネット選挙により、政治が「変わる」という発想が先行するのだ。

 第2に、米国の「平等」という文化的価値観の存在も看過できない。戸別訪問とネットでは運動員と有権者が、地位や職業に関係なく、平等な立場で政策や争点について議論をする。

 第3に、米国には、一般有権者の政治参加という土台があるのは間違いない。ボランティアの草の根運動員は、仕事や家族があっても、無償で運動に参加する。彼らは、たとえ無償でもオバマ大統領の医療保険改革法を保守派から守ることに意義を見出しているのだ。政治参加しないことが、後に自分たちにコストとして跳ね返ってくるので行動を起こしていた。筆者が所属していたオバマ選対では、母親の指導のもとで子供までが、草の根運動員が配布するパンフレットの整理をしていた。

転載元:http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20130717-00010004-wedge-pol

ネット選挙運動では、候補者に対する誹謗中傷対策やなりすまし対策が必要ですね。

誹謗中傷対策はコチラで無料相談受付中!
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:mia_tanaka051
読者になる
2013年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリアーカイブ
Yapme!一覧
読者になる
http://yaplog.jp/mia_tanaka051/index1_0.rdf
逆SEO対策なら⇒reverse-seo.adc-system.jp
ブログSEOなら⇒blog-seo.adc-system.jp
ネット風評監視なら⇒adcw.jp
削除依頼なら⇒tokutei.adc-system.jp
アフィリエイトなら⇒www.adcommerce.jp
SEO対策なら⇒marketing.adc-system.jp
SEMなら⇒sem.adc-system.jp
逆SEO対策を解説⇒逆seo.com
2ちゃんねる(2ch)の削除依頼を解説⇒削除依頼2ch.com
削除依頼2ちゃんねる⇒削除依頼2ちゃんねる.com
P R