【 更新情報 】

スポンサードリンク

gショック mi3(ミッション・インポッシブル)国内では入手困難!!CASIO G-SHOCK

今回のモデルは日本未発売のMTG-911DMS-2V。
映画『M:i:III』の中で主人公のトム・クルーズが着用している、国内では入手困難なレアモデルです。その昔1960〜70にかけて放送された「スパイ大作戦」の大ファンのトム・クルーズは、この番組を映画化することを計画して1996年『ミッション:インポッシブル』が上映された。あれから6年『M:i:III』は待望のシリーズ最新作であり、すでにシリーズ最高とも人気が高い作品である.
G-SHOCK MI3 について
主人公イーサン・ハントがタフな活躍をする、話題のハリウッド映画「M:I:3」ミッション・インポッシブル3の公開を記念したLimited Edition M:I:V G-SHOCK。
主人公イーサン・ハントが映画で「G-SHOCK」を着用。イーサン・ハントが劇中で着用する、ソーラー駆動タイプの「G-SHOCK MTG-910DJ」をベースに、
裏ブタに映画タイトル「M:I:3」のロゴマークを刻印してあります。さらに「M:I: 3」のロゴマークを散りばめたオリジナルパッケージを付属しています。

>>ミッション・インポッシブルmi3を見る<<





mi3 (ミッション・インポッシブル3)タイアップしたのはDHLだ

MI3(ミッション・インポッシブル3)を見てきました。テンポが早かったしすごいアクションが連続で来るので、充分満足しました
この映画でうまいのはマーケティング戦略ですね。テレビなどのマスメディアのみでなく、DHLとタイアップしたCM(コマーシャル)を流したり
トム・クルーズに国交大臣と会いに訪問させたり.貸切の新幹線でファンの交流会を開いたり、マスコミが取り上げてくれる可能性の高い費用対効果の
大きい突飛なめずらしいイベントを組んでいる。さらに、公開スケジュールが上手に組まれていて、実際の公開日が2週間後であるにもかかわらず

多い手法だが、実際の公開日が2週間後であるのだが、、先々行ロードショー、先行ロードショーと称して、週末にだけ先行公開するのである。

「希少性」「特別感」に訴える手法なのだが映画を見にくるのはだいたい週末なので配給側にとっては、
上映機会を週末に指定してもそれほど心配する実害はない。むしろ、必要以上の満足度を刷り込まれた実際の観賞者の口コミで、今後の観賞者数は伸び、
上映期間も延長されると思う。

mi3ミッションインポッシブル3のDVDについて

このmi3ミッション:インポッシブル3のDVDは2006年11月27日に好評発売されています この映画はアメリカで人気のあったテレビドラマ「スパイ大作戦」
を映画化したもので絶対無理と思われるスパイ活動を描いたものです。1,2作に続くシリーズ3作目です。1,2作を見ていなくても関連性はあまりないので
気にせずに見てください。監督は天才といわれるブライアン・デ・パルマです。彼の映像技術がスパイ活動の臨場感を与えている。またmi3といえば
トム・クルーズの代表主演作品として知られています。
mi3ミッション:インポッシブル3の興行収入は10億239万7395ドルと日本円にして1200億すごい記録を残している。
つい力が入ってしまい見ていて疲れてしまいます。手に汗握るスリル満点で気が抜けません この見所はこのスパイチームの息の合ったプレイです
トム・クルーズはこの映画DVDで俳優の株を上げたいえます。もしこの続きが出たら即買いですね。

mi3 ミッション・インポッシブル3のストーリー、あらすじについてーその2

スパイを止めたイーサン・ハントは教師となり、フィアンセのジュリアと幸せな毎日を送っていた。しかし教え子リンジーの危機を知らされた彼は、
現場に復帰。リンジーの救出作戦に参加するが、彼女は頭に仕掛けられた爆弾で死んでしまう。その後、一連の事件の裏に闇商人オーウェン・デイヴィアン
がいることを知ったイーサンのチームは、デイヴィアンを秘密裏に確保すべく、一路バチカンへと向かうのだった…。

アメリカ、ベルリン、ローマ、上海を舞台に、IMFの諜報員イーサン・ハントの活躍を描くシリーズ第3弾。今回監督を務めたのは、テレビドラマ「LOST」
などを大ヒットに導いたJ.J.エイブラムス。前作であるジョン・ウー版のアクション性を引き継ぎながらも、イーサン・ハントを一人の人間として描くことを試みた。
危険な仕事と愛する人の間で悩むイーサンの姿は、なかなかに新鮮だ。そのイーサンを演じるトム・クルーズは、かなり激しいアクションに挑戦。
橋の割れ目を大ジャンプするシーンでは、ダイナミックなアクションを完成させている。スパイ映画らしさは多少薄いが、アクション映画としては
十分楽しめる作品に仕上がっている

mi3 ミッション・インポッシブル3のあらすじやキャストについて

mi3はトム・クルーズ主演の2006年のアメリカ映画です。いままでの『ミッション:インポッシブル』と
『ミッション:インポッシブル2』に続くシリーズ第3作目です
監督はブライアン・デ・パルマ トム・クルーズの演技は素晴らしかった。体当たりの演技が大変よかった。
鬼才として有名な監督は映像がすぐれており、このおかげでスパイの生活やミッションに臨場感があってよかった。
興行収入は10億239万7395ドル  日本円にして約1200億円という記録を残している。
この監督は、エミー賞も受賞している。これを見ていると力が入ってしまい本当にクタクタに疲れてしまうくらい、
すごい迫力とリアリティがあるmi3映画になっています。
緊張感の連続は、ますますトムを応援したくなりますね。トムは魅力的でした。、このmi3でトム・クルーズは俳優の株を上げたと思います。
上映時間: 126分

ミッションインポッシブル キャストは以下の通りです

 [編集] キャスト
イーサン・ハント:トム・クルーズ(森川智之)
オーウェン・ディヴィアン:フィリップ・シーモア・ホフマン(山路和弘)
ルーサー・スティッケル:ヴィング・レイムス(手塚秀彰)
ブラッセル:ローレンス・フィッシュバーン(石塚運昇)
ゼーン:マギー・Q(魏涼子)
デクラン:ジョナサン・リース=マイヤーズ(竹若拓磨)
ジュリア・ハント:ミシェル・モナハン(岡寛恵)
リンジー・ファリス:ケリー・ラッセル
ベンジー:サイモン・ペグ