心もお洗濯して、柔軟材も入れて 

2007年02月11日(日) 12時21分
今日から連休。
連休明けには、また皮膚科の病院へ行って、紹介状を書いてもらう事になってる。
そしてその翌日、総合病院に行く予定・・・。
今のうちに、美容院に行っておこうかな。
とか考えていたけれど、
朝 起きたら、イイお天気 夕べは雨が降っていたのにね。
雨が洗い流したみたいなキレーな青い空。

布団を干して、毛布とか、布団カバーとか、全部洗った。
2月とは思えないくらいの温かいお日様。

窓べでひなたぼっこして、お昼にビールを飲んだ。


だって。 せっかく生きているのに、不安や心配事に縛られてても、イイ事ないな〜って。
生きてるだけでありがたい。
でも、せっかく生きてて、こんな休日にこんな気持ちのいいお天気で。
幸せな気持ちとか、楽しい気持ちで過ごしていないと、もったいないよ。
せっかく今日も生きていられるのだから。


もう、今日は考えない。
私のベランダでも、近所の家のベランダでも、みんなお布団が、気持ちよさそうに風に揺れてる。
薬も飲まないでご飯も食べないで、昼間っからビールなんか飲んじゃったりするのは、どうかとは思うけど、楽しくて幸せな気持ちじゃなくちゃ。

検査の結果 

2007年02月05日(月) 23時38分
木曜日に、検査の結果を聞きに行こうとおもってたのに。
木曜日、病院は、お休みだった。
翌日の金曜日は、仕事が終わらなくって、やむを得ず病院を諦めた。
翌日の土曜日、診察は18時まで。私の仕事も18時まで。

で、今日。月曜日。やっと病院にいく事ができた。


今日、病院に行ったら、「なんでもなかったですよ〜気のせいです」と言われるか、
別の大きな病院を紹介されるか、どちらかだと思っていたのに・・・
もし、本当に、私かその病気だったら、皮膚科ではなくって、内科とかではないの?

でも、先生は、「やっぱり、アジソン病の疑いを否定できないんですよ」といい、
今日はまた新たに別の検査とか言って、また採血。
どうして、この前の採血では検査できなかったの?3本も採ったのに?
それと、今日は尿検査もした。
ぁ〜・・・またここから3日後か〜
いっそ、総合病院とかに紹介状書いてくれればいいのに。

自分の体だもん。自分でも気づいてるよ。私、きっと、その病気だな。

だったら、早く大きな病院で検査してもらいたい。

今日は先生、私の顔や、手を見ながら、
「5年くらい前から、だんだん黒くなってきたって思う?」と聞く。
はい。その通り。
私、数年前から顔が黒ずんできて、ファンデーションの色が合わなくなってきた。
日焼けとかとは違う「くすみ」で、お酒の飲みすぎだと思ってた。
会社の健康診断では、いつもガンマGTPでひっかかって、肝臓が悪めだかにだって思ってた。
母親は、「なんだかガンの人みたいな顔色してる」と言われた。
血の繋がった家族はズケズケとモノを言うから、傷つくよね と友達は慰めてくれたけど、
実際、自分も、肝臓はそんなに健康じやないと思ってたし、ヘビースモーカーだったし、そんなこんなが原因だと思ってたから。それなら仕方ないか・・・と。
でも、  これも、この病気のせいだったんだ・・・
なんで 別の病気を疑わなかったんだろう。
なんで会社の健康診断では、この病気の異常を見つけられなかったんだろう・・・

診察室に 

2007年01月28日(日) 22時34分
入る。
先生、私の爪を見て、一瞬止まる。
それまで、あーんなに、テキパキしてたのに、じーっと私の爪を凝視するから、不安でいっぱいになる・・・
先生、ご高齢だから、見えなくて、「んんん?」と引き出しから別のめがねを取り出して、かけなおして、凝視・・・・・・・
それまで、慌しく流れていた診察室の時間が止まったようだった。
「これ?」
「そうです。」
あんなに、テキパキしてたのにぃー 私にもテキパキと、「これはね、こうゆう理由でできたんですよ。自然に消えますからね。次の方〜」と言ってくれると思ってたのに。
先生の表情に、どんどん不安になる私・・・・・・・・。

病院へ 

2007年01月28日(日) 22時20分
行ったのは、会社の近くの小さな皮膚科で、19時半までやってたから、ここに決めた。
会社が終わってから、ビル3階にある皮膚科へ。

名前呼ばれて、待合室に入ると、先生と患者さんの声が聞こえてくる。

男の先生なんだ・・・しかも、高齢の先生っぽい。
ここに来ている患者さんは、肌荒れのOLさんや、湿疹が出ちゃったサラリーマン風の人や、子供。
聞き耳を立てていたら、先生は、シャカシャカと片付けていくタイプ。
じっくり患者さんの話を聞いたりするタイプじゃないっぽい。。。
「お風呂入るの痒いでしょ?そうゆう時はね。こーしてこーやって、これは控えてね。これこれこうゆう理由で、こうなるんですよ。お薬出しときますから。 はいっ次の方〜」
たいな。 早口で。
初診の時って、色々書き込めるカードを書くでしょ?
あれって、どこまで書いていいのか、迷う。
あとでじっくり話すなら、カードにはわかりやすく簡潔に書くし、
あんまり聞かない先生なら、思いつくものを全部カードに書くし。
そこから先生が気になるワードを拾ってくれればいいと思ってるし。

でも、この病院のカードは、あんまり自覚症状などを細かく書くスペースもなかったので、
「黒い線」とだけ書いただけ。

「はいっ次の方〜」
先生がパッパと片付けていくタイプなので、すぐに私の番かきた・・・・・

キッカケ 

2007年01月28日(日) 21時38分
最初に気づいたのは、爪。

1/23(火)
両手親指の先端に、黒い トゲが刺さったような短い線。

その二日後
1/25(木)
線の入った指がさらに2本増えてた・・・
両手中指。

前にも、こんなの見たことあったし、最初はそんなに気にしてなかったけど。
こんなに本数が増えるって事は、体になんらかの不調がある証拠かな〜
くらいの気持ちで、ネットで調べてみた。
爪って、健康のバロメーターって何かで読んだこともあったし。



読めば読むほど、怖い事がかかれてる。
   ぇぇ?
皮膚がんかも とも書かれてた。


1/26(金)
病院は大嫌いで、恐怖心も旺盛wだけど、
思い切って病院に行ったの。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:mi2ba
読者になる
2007年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる