切ない一日

2006年07月09日(日) 22時26分
告知を受けて2週間・・
自分自身のこととしてなんとか受け入れ生活できるようになってきた私なのですが、未だ出来ていないこと。

それは母と息子に私の病気を知らせること。。

どうしようかなと思っていると母から電話・・
「身体の調子はどう?」と言われ、思いがあふれ涙声になってしまう私。
「心配かけるから、言おうかどうしようか迷っていたけど、私がんなの。」
っていうと、母は意外にも冷静に「知らせてくれてありがとう。辛かったね。私はあなた母親なんだから、なんだって言ってくれていいのよ」って・・

実は母は私が小学校の時にベーチェット病にかかり、全盲になりました。今でこそ日常生活を普通に過ごせる母ですが、当時は寝たきりでトイレに行くことも食事を一人でとることも出来なかったんです。 母は自分の病気が受け入れられず苦しんで、そばにいる私に辛さのすべてをぶちまけていたんです。「死にたい」っていう母に「そんなこと言わないで・・」って励ましながら大きくなった私は、いつしか母に自分の悩みや心配ごとを、言えなくなってしまいました。
反抗期に反抗できなかった私は、いつしか母のことが嫌いになり、本当に悩みました。結婚して離れるようになって、母の辛かった気持ちがわかるようになったものの、どこかわだかまりを感じていて、相変わらず甘えることは出来なかったんです。
今、父が肺炎から気胸になり腎臓病、糖尿病も悪化して寝たきりの入院生活をおくっているので、更に言い出せずにいました・・

それが、今日の母の優しい一言で、ずっと硬くなっていた私の心が、柔らかく温かくなった気がして・・ 嬉しかったです。

そして息子・・
大学1年生でもうすぐ19歳の息子には、知らせることには迷いはなかったのですが、最近オットの兄のオヨメさんががんで亡くなって、従兄弟たちの悲しむ姿を目の当たりにしているので、伝え方に迷っていたのです。
優しい子なので、私の気持ちは痛いほどわかったのでしょう・・
泣いていましたが、最近夜になると私が泣いているようだったから心配していたっていっていました・・いつの間にか大人になっている息子がちょっぴり頼もしかったです。

今日は息子のバイトが休みだったので、1ヶ月ぶりくらいで家族揃って夕飯を食べました。
ついこないだまでこんなこと当たり前の光景だったのに・・

なんだかとっても幸せな夜でした。


  • URL:http://yaplog.jp/mi-mura/archive/12
コメント
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
りゅうママ
初めまして。私の父も「原発不明ガン」と診断されました。
なんだよぉそれ!!って感じでまだまだ納得出来ていません。
私もここでブログを書き始めました。
全くわからないですが これからよろしくです。
2006年11月29日(水) 13時36分
ミームラ
オレンジ・みかんさん、本当にね。。

告知って自分が受けるより家族に話すことの方が辛い気がします。
でも息子にも、母にも話せたことで、逆に吹っ切れました!
あとは、私が頑張ってがんと闘わなくっちゃ!ですね。
2006年07月12日(水) 1時05分
ミームラ
のほほんさん、息子達同い年なのですね!親近感〜

次男君の「思いっきり甘えようと思った」っていいですね〜
のほほんさんが、いいお母さんだっていう証拠ですよ!
甘えたり甘えられたり、支えたり支えられたり・・
家族があればこその自分なんだって実感するこの頃です。
2006年07月12日(水) 1時01分
ミームラ
がんこさん、ありがとう♪

リンク、嬉しいです。
これからも仲良くしてくださいね
息子、ほとんど家にいないのに、やっぱりよく見てるんですね親のこと・・
握ってくれた手があたたかくて大きくて頼もしかったです。
2006年07月12日(水) 0時49分
ミームラ
チッチさん、ありがとう♪

やっと言うことが出来ました!
これだけでもなんだか気持ちが軽くなった気がします。
あとは、早く治療を受けたいな。。
応援してくださいね!
2006年07月12日(水) 0時46分
ミームラ
すみさん、ありがとうね〜

いえ、弟はいずこも同じですわ〜(泣)
息子は母親思いだったりするものなのです・・
母にも素直に話せてよかった
すみさんの退院、首を長くして待ってますよ〜
2006年07月12日(水) 0時43分
ミームラ
yannさん、ありがとう♪

本当に伝えることが出来て安心しました。
ずっとそれが気がかりだったので・・
息子は涙もろいのですよ〜
幼稚園・小・中・高と卒業式で泣いておりました(笑)
2006年07月12日(水) 0時40分
ミームラ
きゃんべる。さん、リンク嬉しいです

ずっと家族を支えてきたのは私なんだ!って勘違いしてました。
私自身も支えられていたんだって・・
家族って不思議ですね!
なんでもないときはうっとおしかったりするけれど
やっぱり固い絆で結ばれているのかも知れません。。
2006年07月12日(水) 0時37分
ミームラ
れひさん、ありがとう♪

本当に次から次へといろいろなことが起こって・・
がんになる前って、毎日がもっと平穏だったのかしら(汗)
その前の生活がなんだか思い出せなくなっているこの頃です。
これからも、是非仲良くしてくださいね
2006年07月12日(水) 0時34分
ミームラ
あじさいさん、コメントありがとう♪

ご主人ががんなのですね〜
支える家族も辛いことがたくさんあるでしょう・・
でも、あじさいさんの明るさできっと救われていることでしょうね。
私も胸水で苦しんでいます。
早く治療が始められるとよいのですが・・
これからも遊びに来てくださいね
2006年07月12日(水) 0時23分
息子さんウチの次男と同い年です。(高卒で1年調理師学校に通い、レストランで働いていましたが今はフリーター・・・)
私の場合検査当日緊急入院したので家族には夫が話しました。
私は両親には内緒にして欲しいと言ったのですが「みんなに知らせて一緒にがんばろう」と言われたので、弱音を吐かずに頑張ろうと決心しました。
次男は余命数ヶ月と聞かされ「思いっきり甘えよう」と思ったそうです。
長男はその時のことを「修羅場やったで」と表現していました。
母も泣いたそうですが私の前では決して泣きませんでした。
みんなそれぞれよく頑張ったと思います。
これから、お母さんや、息子さん、そして誰より旦那様がきっとミームラさんを支えてくださり、みんなでがんと闘ってくれますよ。
Gセンターで早く原発がわかり、治療が一日も早く始められますようお祈りします。
2006年07月11日(火) 22時28分
告知されて日が浅いのに、よくがんばりました。(失礼な表現でごめんなさい)
私は家族に恵まれず、親戚には、めんどくさそうにされて、
今は親戚はいないものと思ってます。

息子さんの言葉に、涙があふれて止まりませんでした。
きっと、これからは、支えてくれるでしょうね。
これからは、旦那様にも、頼もしくばった息子さんにも甘えちゃってください!

追伸
リンクさせていただいてもよろしいでしょうか?
って、お返事がある頃には、もうリンクしちゃってると思いますが...(^^ゞ
2006年07月11日(火) 17時34分
チッチ
ミームラさん、おはようございます♪

もう…また泣いてしまいました。。。(;;)
お母様や息子さんの暖かい気持ち…。
もちろんご主人様も…。
ミームラさんの周りが暖かい…ってイイですよね。
本当に良かったです。
2006年07月11日(火) 8時27分
息子さんの言葉で泣いてしまいました・・・。本人は治療が大変だけど、家族にとってもつらいことなんですよね。「心配してた」と素直に言ってくれるなんて、いい息子さんですね〜!(わたしの弟と比べちゃうもので・・・)
お母様とのこと、今まで苦しんでいらっしゃったんですね。伝えることができて、また、その返事がミームラさんにとって良いもので、本当に良かったです。
2006年07月10日(月) 23時08分
切ないですね。
身内に知らせるのはとても勇気のいることですよね。
きちんと伝えることができて、本当によかったと思います。
お母様もご子息も驚かれたことでしょうが、真実を告げてくれたミームラさんの勇気がうれしかったのでは。
2006年07月10日(月) 21時24分
リンクしたいのですが、こころぐレスポンスが悪くて管理画面までたどり着けないのですよ〜。おまけに明日から3日間のメンテ!オーメンテ!
メンテあけたらリンクさせていただきます!
2006年07月10日(月) 21時22分
本当にあたたかいご家族ですね。勇気だしましたね。
私も、「家族愛」なんて寒〜いって思っていたのですが、それはとんでもない間違いだと気がつきました。
そして、しばらくたってから、家族は強い!とも思いました。
みんな支えてくれますよ。今まで支えてきたんだから甘えちゃいましょうよ、こんなときぐらい。
2006年07月10日(月) 21時19分
はじめまして。れひです。
私の方へのコメントもありがとうございました!
はじめまして、というか初めてコメントさせていただきます、ですね。
そして、私の方にもブックマーク登録させていただきまーす。

告知後2週間、とても精神的に辛いときだと思います。
私の場合は、「告知」というか「検査結果の報告」のときには「あれよあれよ」という間に入院してしまったので、病院で毎晩のように泣いていました。
なんだか最近はノーテンキな私のブログですが^^;

ミームラさんの温かいご家族に、胸がきゅーんってなりました。
私は最初から両親も姉妹も、叔母も妹の夫まで「経過報告」なんて形でバタバタと話していたので「身内への報告」で悩むことはなかったのです。
どんな思いでいたんだろうなーってしみじみと感じました。

今では両親に甘えるのが当たり前、のようになっている自分が恥ずかしいです。。感謝しなくちゃ。
ミームラさんの今回の記事で考えさせられました。

最初から長文コメントになってしまいました〜。
いろいろと立ち止まったり悩んだり、前向きになったり、また後ろ向きになったり・・・気持ちは日々変わるものですね。
お互い焦らず乗り越えていきましょう!!!
これからもよろしくです^^
2006年07月10日(月) 19時42分
オレンジ・みかん
泣けました。(ToT)
身内に話すのは本当につらいです。
自分の時を思い出しました。

2006年07月10日(月) 16時44分
あじさい
はじめまして。主人も胸水から肺腺癌が見つかりました。
今は 腹膜播種になり 治療しているにもかかわらず マーカー上昇。
脳転移が疑われます。
でも げんきに(?)生活しています。
つらいけど たのしくいきたいです。
2006年07月10日(月) 16時14分
ミームラ
よぎょさん、はじめまして♪

確かによぎょさんの言うとおり・・
医師に告知受ける立場であると同時に、自分の病気のこと告知しなきゃいけない訳で・・
私もこっちの方が辛かったかもです。
みんな、それを乗り越えて覚悟も出来るし、強くなっていくんでしょうね・・

これからも仲良くしてくださいね。
2006年07月10日(月) 10時34分
ミームラ
ぶげままさん、ありがとうね〜

わたしもね、ずっとなんて言おうか悩んでた・・
でも伝えてさっぱり、頑張ろう!っていう気持ちになれました。
息子はね、一人っ子だけど友達がたくさんいるんで、きっと友達にいろいろ支えてもらえることでしょう・・
2006年07月10日(月) 10時10分
はじめまして。yue少納言さんのところから来ました。
私は乳がん(ステージ2)とスキルス胃がん(ステージ4)の重複がん治療中です。胃がんは分かった時には既に卵巣に転移をしていました。

私はがん告知はいきなり一人で受けましたが、同居の両親にどう伝えるかがとてもストレスになりました。わたしにとっての告知問題とは、両親にどのタイミングでどのように話すのか、でした。

妹に頼んでいっしょに話してもらいましたが、おろおろする父と違って母は案外しっかりしていました。やっぱり隠されているより話してもらった方がいいって言ってました。

はじめましてなのに長くなっちゃってすみません。早く原発が見つかって適切な治療を始められますように。
2006年07月10日(月) 1時36分
ぶげまま
泣いちゃった・・・

親・子供、私にとってもつらいところです。

どーしてこんなことになったんだろう?

まだそんな事を思ったりします。。。
2006年07月09日(日) 23時53分
がん友全国MAP

広げよう!がん友の輪♪


コメントありがとう♪
アイコン画像腹水
» 胸水の様子 (2014年10月18日)
アイコン画像Toko Tas Kw Ori di Semarang
» 悲しいお知らせ (2013年12月04日)
アイコン画像Alamat Toko Tas Murah di Medan
» 悲しいお知らせ (2013年12月04日)
アイコン画像Toko Tas Kw Termurah Pekanbaru
» 悲しいお知らせ (2013年11月18日)
アイコン画像Jual Tas online di medan
» オットに捧ぐ愛♪ (2013年11月14日)
アイコン画像Jual Tas online murah jakarta
» ご弔意賜り、ありがとうございました。 (2013年10月31日)
アイコン画像ありす
» ご弔意賜り、ありがとうございました。 (2012年01月10日)
アイコン画像まったり母さん
» イレッサ再開ならず (2011年07月11日)
アイコン画像もりりん
» イレッサの報道について (2011年07月02日)
アイコン画像肺がん
» ご弔意賜り、ありがとうございました。 (2010年05月29日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ミームラ
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:1958年
  • アイコン画像 現住所:埼玉県
読者になる
夫と大学生の息子と3人暮らしの40代主婦。自宅でピアノを教えています。2006年6月に胸水が溜まっている事から腺がんの告知を受け、その後の検査でステージW、多発性骨転移のある肺がんであることが判明。胸膜癒着術(タルク散布)後、カルボプラチン・タキソール2クール。皮下転移により中止。現在イレッサで治療中。その後脳転移を全脳照射で治療し、経過観察中。病気だけれど、明るく楽しく生きたいな♪
メールフォーム

TITLE


MESSAGE

Yapme!一覧