ぱるるで木島

July 11 [Mon], 2016, 13:22
FX投資を始める際に、自分がどれだけ通過を投資できるかを思慮するというのも外せません。
所有通貨の量を事前に決定し、それ以上の残高は持たないようにしましょう。

この手順を忘れないことで予測があたった場合の大幅な利益は望めませんが、ポジションの過剰な減少も防ぐことができます。


FX投資で得たお金には納税義務があるのでしょうか?FX投資によって発生した利益は税制上、「雑所得」ということになります。

一年間の雑所得の総額が20万円以下であれば、税金を払う必要はありません。
でも、雑所得の合計が20万円超の場合には、確定申告をしなければいけなくなります。税金を納めないと脱税になってしまうので、忘れないようにしてください。

FX取引におけるシステムのひとつには強制ロスカットというものが存在します。
決済せずにどんどん増えていく含み損が決められているレベルを超えてしまったとすると自分の意思に関係なく強制的に決済が行われるという仕組みです。
そう聞くとちょっと恐くなってしまいますが、いきなり強制ロスカットが行われるのではなく、注意を促すマージンコールがかかり、知らせてくれるので追加でFX口座に証拠金を入金することで強制ロスカットが行われるのを避けることが可能です。また、強制ロスカットが執行される証拠金維持率は利用するFX会社によってそれぞれ異なるので忘れてはいけません。

FXで損失しないために、暴落の危険をしっかりと考えることが大事なのです。



暴落など考えられない場合でも、一応、その危険性を考えに入れたトレードをすることです。
FXに100%という言葉はないので、万が一の場合も考えるようにします。



ドルの場合を例にとると、利益が出しにくいのですが、その分危険性も少しですむのです。



FX投資のやりかたのひとつとしてサヤ取りという手法が存在しています。


サヤ取りはというと、相関性のある二つの通貨を観察し、そのペアの値幅が開いた機会を伺って、片方を売却し、片方を購入することで利益を得るという仕組みです。スワップ金利を用いてサヤ取りをしている方々も存在していますが、要領を呑み込むまではどちらにしても儲けを期待するのは難しいと思われます。

まずはとにかく仕組みとオーダーのしかたをご理解願います。一般的な大部分のFX業者は、初心者向けあるいは自社のツール紹介も兼ねてデモトレードという取引のシミュレーション環境を提供しているはずですので、これは必ず使ってみるようにしましょう。あくまでデモンストレーションですからどんなに下手な手を打とうと懐は痛みませんし、なによりチャートをはじめとする業者ごとのツールの使い勝手を知ることができます。

あまり性急に手持ち金を使ってFX投資を始めてしまうのは少々無鉄砲な行為ですので、ツールを操作して売買のやり方を覚えられるようになるまでせっかくのデモトレードですからじゅうぶんに活用しましょう。

FX投資をやる際に覚えていたいのがFXチャートの見る方法でございます。FXチャートてのは、為替相場の変動をグラフ化したものだ。
数値だけだと見づらいですが、グラフ化することで理解しやすくなります。

FXチャートを役立てないと利益を生み出すことは難しいので、見方を理解しておきましょう。



FX投資による儲けは課税対象なので確定申告がいりますが年間を通して利益がなかった場合にはなにもしなくても大丈夫です。しかし、FX投資を続けるなら、利益が増えなくても確定申告をしておくにこしたことはありません。確定申告をやれば、損失の繰越控除が使用できるため、3年間までは、損益をトータルで合計することができます。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ハルナ
読者になる
2016年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/mhstrlae6p1iop/index1_0.rdf