MHS(マーケットハントシステム) 口コミ評価

June 27 [Mon], 2011, 8:11

あまりにもうまくゆかず、パソコンのモニターを殴ってやりたくなることがよくあるとしても、
冷静にチャートを監視できるようになり、利益をコツコツ獲得していけるようになるにはこちら








あなたも↓の中に思い当たることがあるんじゃないでしょうか???





■裁量トレードをやってみても、どうしてもうまくいかない

■あまりに遅い損切りに、資金のほとんどをすっ飛ばしてしまった

■明確な理由なく間隔で決済してしまう

■口座の残高が減る一方で、増える気がしない

■自動売買では大きな損失を被ってしまった

■FXセミナーにも大金を費やしたけれど、まったく役に立っていない







あなたがFXで勝てないのは、そもそも勝てる手法を実践していないか、

もしくは、勝てるやり方であっても続けるのが難しい(しんどい)方法だからです。


FXの裁量スキルが高くなくても、簡単に運用していけるシステムトレードツールがあれば、

↓な結果を手に入れることは誰にでも可能なことです。






■ルール通りにトレードして、勝っても負けても「ルール通りだから」と納得できるようになる

■理不尽な取引に振り回されることがなくなる

■FXで稼げる金額がだんだん大きくなる

■どんな状況でも、ルール通りに相場を分析できるようになる

■トレードを持ち越すことによる、不慮の事態によるリスクを避けられる。












Market Hunt Systemは、さまざまな投資ファンド(有名なところではLTMCなど)が

採用していたことでも有名な「相関トレード」と呼ばれる手法です。



詳細はこちらのページにありますが、簡単に言えば、動きの似ている2つの通貨ペアの差分をとって、

その振幅の小さな差分からできるちょっとした誤差を狙うようなトレード手法です。


スキャルピングで大きな金額をバンバン獲得するような派手は投資手法ではないものの、

収益の差にあまり波がなく、長期的に安定して稼ぎやすいトレード手法となっているため、

先ほど触れたように、いろんな投資ファンドで愛用されているわけです。




しかし、相関トレードにも弱点があり、それは動きが似ている通貨ペアを狙うといっても、

常に全く同じ動きをしているわけではなく、場合によっては動きが全く異なる場面があります。


そういった場合には、どうしても勝率・利益率ともに悪くなってしまうのが難点なのですが、

Market Hunt Systemはこの弱点をカバーすることによって、PF(プロフィットファクター)の大幅に成功しています。





Market Hunt Systemでは、7つの通貨ペアからなる21通りの組み合わせの中から、

その時の相場状況に合わせてもっとも最適な通貨ペアを選び出します。


さらに、資産状況や既に保有しているポジション状況も加味して、もっともバランスよくポジションを持てるように再計算しますので、

ポジションの持ち過ぎで、無駄にロスカットのリスクを増やすことなく、安定して利益を稼いでいくことができます。



運用パターンとしては、利益をとことん追求する攻撃型から、逆に、ドローダウンを小さくしてリスクを最小限に抑えた安定型まで3パターン用意されていて、

自分の好きな方法で運用していくことができます。



また、途中で運用パターンを切り替えたいと思った場合には、

その時持っているポジションを一度すべて決済し、初期資産を再設定すれば、

違う運用パターンでもMarket Hunt Systemを使っていくことができます。





FXでは、何年もトレードに取り組んでいるのに全く勝てるようにならない人が数多くいます。


そして、毎年のようにFXで大金を損して退場させられる人が後を絶ちません。



しかし、Market Hunt Systemのように、1日1回程度のトレードだけで、

安定して稼いでいけるような方法さえあれば、

FXを収入の一つの柱として考えていけるようになります。








FXで稼いでいける自信が持て、家族にも胸を張って「投資をしている」といえるようになるにはこちら





女心
視力回復
社会保険労務士試験

P R
Add to Google
My Yahoo!に追加
  • seo

人気ホームページランキング
FX業者機能一覧
LLCインプルーブの評判・評価
LLCインプルーブ塚原謙の口コミ評判

ブログランキング
  • SEOツール