英会話 

2008年10月23日(木) 22時40分
先月から習い始めた英会話。友達の友達が離婚してアメリカから帰ってきたから習おうよということで安易に始めてしまった。友達のYもその友達のY先生も私もみんな同い年。いつも私が迎えに行くんだけど
「Hi! thank you for picking me」と高須駅で叫ぶのはどうかとお互い思い切り日本人ですからでもこのアメリカンなY先生のおかげでけっこう楽しい

祝入学 

2008年10月11日(土) 16時01分
もう半年も前のことになりますが。。。海くん中学入学おめでとういや〜長かった涙涙のお受験生活から憧れのN中生にここ10年で一番嬉しいがしかし、首の皮1枚の奇跡の合格だったから当然だが入学後の成績はさっぱり。前回のテストで「4があると高校へ上がる時に会議にかけられます」っておどされていたにも関わらず、今回は3が2つに4が2つ、240人中ワースト10に入ってるではないか本人はまったく意に介さず今日も男女合わせて5人のお友達と楽しそうに遊んでおりまする。まあ友達ができないとか性格が、とかいうより勉強ができないっていうほうがかわいい悩みよね。それにしてももうちょっとなんとかしようよ

 

2007年07月03日(火) 20時16分
今日は午前中屋内コートでテニス
屋内はやっぱり優雅だなあ。セレブ気分
午後からは我が家の長男と同じ受験生を持つママから電話。
「塾変わるんだって?」
続いて別のママからメール。
「塾変わったって聞きました。」
みんな情報早いなあ
成績が悪すぎて大手の塾にはついていけないんだよね。。。
というか受験受験って詰め込む前に基礎をきっちり固めて
勉強の楽しさを知ってほしい。
その上で受験がある、と。
そんな私の気持ちにぴったりの塾&先生を見つけたので移るのだ
で、今の塾に電話したら
「こんなに順調なのになぜ?」って
300人中270番でどこが順調なんだ
そんなだから私は移るのだ。(移るのは子供だけど)
不安だけど賭けてみる。海くん、がんばろうね
関係ないけど牛乳の宅配もやめた。
ヤクルトの宅配もやめた。
駿くんのヘルパーさんも変えた。
どんなことにせよお断りの電話というのは気がめいる
あ〜疲れた

先生 

2006年09月01日(金) 0時07分
昨日しゅんくんの担任の小林先生から速達がきた。
なんだろうと思って開けてみるとしゅんくんの学校での写真が
アルバムに整理されていて
「たくさんの思い出をありがとう。ずっと応援しています。」
と記されていた。
私への手紙もあって、先生は8月23日に切迫早産で緊急入院されたそうで
急遽9月1日から新しい先生が担任としてこられるとのこと。
しゅんくん入学以来ずっと一緒にすごしてきた小林先生。
先生のおかげでしゅんくんも私もどれだけ助けられたことか。
体の弱い小林先生のことだから産休は3年間とられるだろう。
しゅんくんと過ごすことはもうないだろう。
先生が作ってくださったアルバムは先生のしゅんくんへの愛情が
あふれているようで私は涙がとまらなかった。
明日の始業式のため時間割を準備し、連絡帳も新しい物に変えた。
でも先生との思い出が多すぎる。
先生の字を見るだけで心が淋しさでいっぱいになる。
それでも明日はくるし、新しい先生と笑顔で挨拶をかわさなければ。
どうかどうか新しい先生がしゅんくんにとって
私にとっていい出会いとなりますように。

初めてのキャンプ 

2006年08月23日(水) 21時13分
長男と同じクラスのじんくんのお母さんに誘われて初めてのキャンプ
あっくんはこの日のためにせっせとキャンプ用品を買い集め
しかも形から入らないと気がすまない彼はスノーピークじゃないとダメらしい。
初心者はコールマンで十分だと思うんだけど
さてさて着々と準備が進む中台風発生、連日のように雨。。。だというのに
友達一家は海辺にテントを張り3泊4日のキャンプ生活に一足早く突入
私たちも合流せざるを得ない
間一髪で台風は通過したので1泊2日で私たちもキャンプ突入!
心配してた駿くんもなんとか落ち着いていたし、虫も少なくて、誰もいない。
こだわりのお肉屋さんで買ったお肉もおいしかったしやっぱり野外での
ビールとバーベキューはうまい
お酒が進む中友達が衝撃の身の上話
じんくんのパパとママはお互いに再婚でお互いに前のパートナーとの間に
子供がいるそうな。。。驚いた〜
人生いろいろということだねえ。
さてさて問題はこのせまっくるしい暑苦しいテントで寝れるかどうかだ
かいくんはあっという間に就寝。そのうちあっくんも。
結局私としゅんくんはほとんど眠れず。
次の日の朝の焼きそばはすごくおいしかったけど撤収作業も汗だくで
やっぱり私にはキャンプは向いてないと判定

同窓会 

2006年08月15日(火) 23時52分
1年に1度、夏の陸上部同窓会。
私が妻でも母でもなくただの私に戻れる貴重な日。
○○先輩とか○○くん、っていう呼び方がなんだかくすぐったい。
先輩に会うために来ました、とかいつもきれいですね〜なんて
お世辞とわかっていても思いっきり嬉しい。
普段主婦なんてしてたら男性から誉められることなんて皆無、
っつうか会話することすらないんだから。。。
一晩だけのシンデレラ
そんな夢からなかなか覚めることができなくて
今日は1人妄想の世界を漂ってしまった。
早く主婦モードに戻らなければ
次の同窓会は1年後かあ。。。
長いなあ

友人の悲しみ 

2006年08月11日(金) 21時12分
今日の雷はすごかった。
友人が15時に訪ねてくるのにあわせるかのように雷鳴がとどろき横殴りの雨が降り・・・
でも少し遅れて友人はやってきた。我が家に来るのは初めてで「素敵なおうちね」と誉めてくれた。
来週のキャンプの打ち合わせもかねて彼女の持ってきてくれた抹茶のロールケーキを食べながら
私の入れたアイスのロイヤルミルクティーを飲んだ。
私は初めてのキャンプの上、最近調子の悪い駿くんが夜泣き叫んだらどうしようかと思い
キャンプには少しうしろむき。。。そんな私に彼女は言った。
「私ね、息子がもう1人いたのよ。」
彼女には20代の娘さんが二人と海くんと同級生(11歳)の息子さんが一人いる。
その息子さんが3歳の時、18歳の長男がバイクの事故で他界したそうだ。
だから子供の存在というのはとても大切で他人の子であってもとにかく愛しく、
駿くんがどんな状況でも私は大丈夫よ、と彼女は言う。彼女は涙を浮かべながら微笑んでいた。
今普通に生きて子供たちも元気でいる、この平凡な幸せがどんなに貴重なものであるか。。。
私はあらためてそのことに感謝した。
そして彼女のことも大切にしようと思った。

旅行の代償 

2006年08月11日(金) 21時02分
5日間の沖縄旅行から帰ってくると駿くんが別人になってた。
毎年夏の旅行は駿くんを実家に預けてゆっくりすごす。
でも今年は駿くんもいろんなことがわかるようになってきたのか
4日目の夜から様子がおかしくなってきたらしい。
私たちが帰宅して、駿くんを送ってきてくれた両親も帰った後
おなかを前後に動かし肩で大きな息をして左手をかきむしり奇声を発する、
それを延々と繰り返し始めた。
23時ごろから始まったそれは夜中の2時すぎまで続き、
止めたくても止められない駿くんはとてもつらそうに泣き始めた。
近所のお宅もあまりの大声に起きてしまったようだ。おなかの動きはチックのようにも見える。
言葉で表現できない駿くんのつらさが胸にささる。旅行なんて行かなければよかった。苦い後悔の念。年々旅行の楽しみが減っていく。代償が大きすぎる気がする。
駿くんに何をしてあげることもできない私。3時過ぎ、疲れ果てた駿くんがようやく眠りについた。
ほんとにほんとにごめんね。。。

はじめてのブログ 

2006年07月28日(金) 21時13分
初めて書くから緊張する
ブログって自分のことや自分の思ってることを誰かに知ってもらいたくて書くのかな
私はひとりごと言ってストレス解消したい
7年前にもらった10年日記も3年で終わっちゃったし
今度は長続きしますように。

今日は朝から忙しかった
しゅんくんを歯医者の定期検診に連れて行き、(歯石とってフッ素塗って3000円は高いよ
でも高いからいつでもすいてるんだよね〜
自閉症のしゅんくんはうるさい所は苦手だし待つのも苦手
うん、やっぱり彼にとってはいい歯医者だ
午後からはかいくんを目医者に連れてった。
遠視度が5度で一生眼鏡が必要でしょうって
これって大変なことなのかな。でも本人は眼鏡が買えるのでまんざらでもないらしい。
私もしゅんくんが自閉症という診断を聞いた時のショックから比べればなんてことはない。

今日も暑かったなあ
2008年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:mhiraoka
読者になる
Yapme!一覧
読者になる