白沢のハシビロガモ

July 23 [Sun], 2017, 19:00
妊娠における体の変化や胎児の健やかな発育をサポートする栄養素として、最近では「葉酸」が多彩な働きをしていることが分かっています。
葉酸は、水溶性ビタミンの一種でビタミンB群に属している栄養素です。



適切な量をきちんと摂取することで、赤ちゃんが先天的な神経系障害を発症してしまう危険性を抑えてくれるというデータが発表されています。
この効果について正式に発表を行った厚生労働省によると、一日に0.4mgの葉酸を摂ることが好ましいと定めています。



胎児の健康を考えて、妊娠している女性はもちろんですが、今妊娠を要望されている方であっても、葉酸を摂った方が良いと思います。一人目から6年経っても二人目ができず、不妊治療に通いました。
ひとりめが男の子だからか、夫は二人揃っての不妊治療は不要という考えで、話を切り出しづらくて、まず、排卵周期を知る「タイミング療法」でトライしてみました。1回3500円?4000円という値頃感で続けましたが、そう簡単には妊娠できず、不妊を改善するという葉酸のサプリメント(中には粗悪品もありますから、信用できる会社の商品を選ぶことが大切です)も取り入れました。



相乗効果なのか、早々に赤ちゃんを授かることができて、これ以上待たなくて良いのだと思ったら気が楽になりました。妊婦にとって、葉酸の効果的な摂取時期は、妊娠前から妊娠3か月だと言われています。この期間は葉酸の十分な摂取が最も重要な期間であることは、疑いようがありないのです。

それでは、この期間を過ぎた妊婦に葉酸が無くても良いのでしょうか。
妊娠後期は初期に比べて、葉酸が不足する傾向が落ち着くのですが、だからといって全く気にする必要が無いのかと言うと、そんなことはありないのです。


胎児が先天的な障害を発症する可能性を低減してくれるという効果のみに注目した場合、妊娠3ヶ月までの期間が大事な期間という所以です。なので妊娠3ヶ月までの葉酸摂取を特に推奨している所以であって、決して葉酸摂取の期間を限っているのではありないのです。

みんなご存知のように、妊娠初期の女性にとって、大変重要な働きをする栄養素が、葉酸です。



赤ちゃんが健やかに育つように、葉酸サプリメント(中には粗悪品もありますから、信用できる会社の商品を選ぶことが大切です)で補いながら、葉酸が不足しないように注意すると良いでしょう。


厚生労働省の推奨では1日あたり葉酸0.4mgです。さらにこれを毎日摂取する必要があるのです。

これだけの葉酸を野菜だけで摂ろうとするととても大変ですから、葉酸サプリを使用することをオススメします。
不妊の一因は冷え性だともいわれています。
冷え性を放っておくと血液の循環が悪くなり、代謝が落ちて、排卵障害が起きたり、子宮機能が低下することが知られています。


こういった症状の改善には昔からお灸が使われてきました。
お灸は緊張をほぐして血行を良くして自律神経(バランスが崩れてしまうと、自律神経失調症(人によっては、過呼吸や人間不信、生理不順といった症状が起こることもあるようです)と呼ばれる状態になります)に働聴かけ、リラクゼーションも期待できます。赤ちゃんを迎えるには子宮を温めることが大事です。今、妊活中なのですが、気をつけなければいけないことがたくさんある事を実感しています。たとえば、妊娠前から葉酸を摂るように、厚生労働省が勧告していると雑誌に載っていたと、友達が教えてくれました。


どうやら、葉酸は赤ちゃんが大聴くなるために大事な栄養素だそうです。

ビタミンの一種なので野菜を食べればある程度は摂れるようなのですが、それが難しい時はサプリを利用すればオススメだそうです。

葉酸サプリはさまざまな会社が出しているのですが、赤ちゃんと身体のことを考えて、安全性が高く、安心して飲めるものを捜して元気な赤ちゃんを授かれるよう、妊活を頑張っていきたいです。
サプリは不足しがちな特定の栄養素を抽出し、体に吸収しやすく加工したもので、健康的な生活をサポートしてくれる効果が期待できます。


妊活中の女性において、体調管理をするのに適したサプリと言えば、やはり、葉酸を含んだサプリは欠かせないのです。

葉酸の成分には、貧血を予防する効果があるのですし、赤ちゃんが先天的な障害を負う可能性を抑えてくれますし、ほかにも、意外かも知れないのですが、精子の染色体異常を防止してくれる効果もあるりますから、赤ちゃんを望む夫婦どちらにも是非摂取していただきたいサプリだと言えるかもしれませんね。



妊娠初期に多く代謝される葉酸は、細胞分裂をサポートし、造血に必須の栄養素です。
さらには妊娠にも効果的な役割を果たし、とくに着床困難を解消するため、妊娠確率が上がることが期待できます。
葉酸で血液が増産されると、酸素や栄養も運ばれやすくなり、生殖機能をふくむ代謝が活発になり、不妊状態を打破するために大いに役立つのです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ダイチ
読者になる
2017年07月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/mhateertyr0wse/index1_0.rdf