間抜けな女性がモテる10個の理由

June 05 [Thu], 2014, 11:04

間抜けな女性がモテる10個の理由

by 内野 彩華

Tweet Check

こんにちは。恋愛プロフェッショナルの内野彩華です。女同士で話していると、思わず「この子、大丈夫?」って思ってしまう、ピントのずれた子っていますよね。そういう女の子が、モテたりするから、もう男って意味がわからない!と鳩が豆鉄砲を食らった気分になったことはありませんか?今回は、「間抜けな女性を好む理由」を、男性100名にリサーチしてみました。男性を思い通りにあやつるテクニックを参考にしてみてください。

1.すぐヤレそうだから 「賢い女は、口説いてもなかなか落ちないけど、間が抜けている女は、すぐにヤラせてくれそう。」男性は、本能的にこのように思うようです。すぐにヤレそうだなと思った時点で、「オレの女」ですから、男性は、テンションがあがってしまうわけです。 2.実際、口説きやすいから 間が抜けていると、口説くのがラクというのが2つ目の理由です。話し込んでいて終電を逃してしまったり、うっかり口説かれて断りづらくなってしまったりして、ガードのゆるい女のほうが、敷居は当然低くなります。 3.俺が守ってないと生きていけなさそうだから 間が抜けていて、うっかり財布を忘れたり、落としたり、道に迷ったりすると、「オレが守らなければ、コイツは生きていけないぞ!」と、男性が潜在的に持っている「女を守る」本能に火をつけるようです。 4.反応がおもしろいから 会話をしていて、全く予想してない反応が返ってきたら、びっくりします。これは男性の「好奇心」という本能に火をつけるようです。「次はどんな反応がくるのだろう?」と興味津々で飽きることなく、楽しむことができます。 5.かわいいから 男性にも潜在的に「父性」本能があって、子供を愛するようにプログラムされています。間抜けな女をみると、子供を見ている感覚になり、本能的に愛してしまうのです。 6.自分の色に染めやすそうだから 男性は、小さい頃から、プラモデルを組み立てるのが好きです。車を持つようになると、改造をはじめます。間抜けな女は、「不完全」だから、自分の好きなように改造できそうな気がします。男性は、「不完全なものを愛する」ように、本能がプログラムされているのです。 7.安心感があるから 男性には、「戦う」本能があります。そのため、身近にいる女性の前では、戦わずに、安心していたいと思っています。身近なところで、いつも戦っていると、いざというとき消耗して戦えなくなるので、ぎすぎすした女を嫌います。間抜けな女といると、安心するから好きなのです。 8.自己顕示欲を満たしてくれるから 間抜けな女をみていると、自分のことが、だんだん頼りになる存在に思えてきます。間抜けな女は、男性の「プライドを保ちたい」という本能を満足させるのです。 9.要求しなさそうだから 男性は、「女を喜ばしたい」と本能的に思っています。あれや、これや、要求する女だと、「どこまでがんばっても満足しない!」といずれ、「喜ばせたい」という本能がすり減ってしまいます。間抜けな女は、あれこれ要求しなそうなので、マイペースにがんばれそうな気がするのです。 10.行動を縛られなさそうだから 男性は、「男同士で群れる」という本能があります。それがなくなると、男社会のなかで置いてきぼりを食らいそうな不安感に陥ってしまいます。そのため、男友達と遊んでいなくてはいけないのです。間抜けな女は、いちいち、行動を干渉せず、自由でいられそうなので好きなのです。 おわりに 間抜けおんながモテるのは、男の本能を刺激するからなんですね。ただし、リサーチの結果、「ほんとに間抜けだと、冷めてくる。」「なんてバカなんだろう、とイライラしはじめて、結局、別れてしまう。」という意見が多かったです。
癒しや、安心感は必要ですが、ピントが、あまりにもずれすぎていると、だんだん疲れてくるのだそうです。一昔前にはやった「天然おんな」も、とっかかりではモテるけど、長い目でみたら、生きていくのはラクじゃないんですね。
計算して、間抜けを装う必要はないけど、たまには少し抜いてみたほうがいいかもしれません。とっかかりでは、カレに好かれようとプランをたててガツガツがんばるより、リラックスして、ぽかーんとしていたほうが、モテるようです。
黒倍王 販売
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:mgfdmglfdh
読者になる
2014年06月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/mgfdmglfdh/index1_0.rdf