恋愛版チャライ人間なの?診断をやってみたよ♪

October 31 [Sun], 2010, 23:25
横浜ベイスターズの親会社ホールディングスがトステムなどの住宅建材ブランドを所有する住生活グループとの売却交渉が破談し来年もが球団経営に関わることになった。年月期連結決算で億円の赤字のグループの中で年間億円の赤字をだす球団経営はメリットが無い。住生活は球団移転に積極的な新潟などの移転や新監督など含めて新規一転を図っていたと思われるがは横浜残留を前提に交渉していた模様である。又、は売却額を億円前後としていたが住生活は数十億円前後としており金額でかなりの開きがあったとされる。が球団保有始めてから年で最下位度。観客動員数も万人を少し超えるぐらいしか動員できない。ホールディングスの財津社長は「プロ野球は、では魅力的コンテンツ」(北海道新聞朝刊年月日付)と語っていたが逆を言うと視聴者数が圧倒的に多く多額の広告収入も見込める地上波では魅力が無いと言っているようなものだ。その象徴的な事として今年の日本シリーズ、、戦は地上波全国放送が無い事態になった。球団経営の面で考えると楽天やロッテなどと違い横浜は球場運営をしておらず球場の高額の球場使用料がある。同じく北海道新聞によると月月日付の横浜スタジアム有価証券報告書によると球団のチケット収入の%にあたる億円を球場へ支払っていたとのこと。又、球場の売店販売及び広告看板収入の億円の内球団への分配金億円以外は入ってこないのである。以上により球団収入は放映権含めて億円プラスアルファ(放映権は億円前後)と考えられる。上記収入となると億円から億円前後の支出と考えられる。ここで指定管理者となり売店販売収入や広告収入を含めると億円前後となり赤字を圧縮できる。楽天やロッテは球場の指定管理者となっているので上記の部分が収入として確保できる。としては売却額は年分の赤字を補填する金額として億円前後と見ていたのではないかしかし住生活としてはこの高額になっていく選手年俸の割には球場の収入が増える構造に無い上、それが可能になる方法として横浜スタジアムと改めて交渉するより新都市に移転して球場の指定管理者になった方が観客も収入も増えるし安定経営には不可欠と見ているから今回の交渉が決裂したというのが真相ではなかろうか。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:mfulhnxmbv
読者になる
2010年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/mfulhnxmbv/index1_0.rdf