竹崎の夏目

June 13 [Mon], 2016, 17:05
春になるときっちり来る我が家の定例会合があります。
それは、家族みんなで山菜採りに行く事です。
ウド、ふき、行者ニンニク、タラの芽という色々ありますが、前週からはタケノコ採りをめぐっていらっしゃる。
仲間は、義理の父母って我々といった私の旦那だ。
お子さんふたりは依然小さくてやばいので、私の父母に預けて行ってきましたよ〜。
例年定例ですので、いつものスポットにマイカーで2時間かけて山菜を採りにでかけます。
まだ太陽が上がる今しがた、午前4ら起床し、おにぎりを大量に握り締める!この時点でとうに疲れます!
山々に着いたら4ヒューマンバラバラに山の中を散策しながらタケノコを探します。
例年誰か小気味よいハプニングをおこして戻るんですが、前週は義理の父さんがぬかるみに徒歩を取られて転倒したらしく、顔面がどろんこになっていました。笑
4ヒューマン分のたけのこは信じられない件数になるので、家に帰ってからのタケノコを茹でて、皮をむいて、瓶詰めをする進め方も大販売だ。
それでもぐっすり瓶詰めを通じて真空にしておくといった長期間耐久できるので、うまいタケノコが一年間味わえるんですよね。
最初は嫌々参加していた山菜受けとりですが、今では春が待ち遠しい程の楽しみになっています。
今年はどれだけ採れるのか!期間限定の趣味を満喫しております。


ギャンギャンといった大きな声で泣かれるのもイライラしてくるが、辛さを持ち堪えシクシク達するほうが両親としては乳が痛みます。
我が家の1ヒューマン娘がこの春によって幼稚園へ訪ねだしました。
幼稚園へ行くことはさんざっぱら楽しみにしていましたので、最初は良かったのです。
にこにこでお呼びのバスに乗り込んで笑顔で我々に戦略を振りながら行っていました。
けれども実に通ってみてひと度バスに乗ってしまったら何時間も母さんに会えないんだっに関してに気づいたようで…朝方制服を着せようとすると「母さんといった離れたくないな」っとすごく悲しそうな外見を通じてシクシクってこらえるように喚きます。
困る我々を気遣ってか、あきらかな内容笑顔で「幼稚園楽しいよ」「○○えらい?」という。
自分がわめきそうです(:_;)
だからといって寝かせる事情にもいかないので、行かせてますが。
これ程もの悲しいならギャンギャンといった「行きたくない〜!」と泣かれた方がいいかも…
少なく慣れて幼稚園へ行く事が当たり前の常々になって普通笑顔でするものです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Yui
読者になる
2016年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/mfteoid4qeer10/index1_0.rdf