Kay's story

April 03 [Wed], 2013, 1:53
19歳のKayの夢は、アメリカの2年制大学に入学して、ホテル経営学を学び、オールAで卒業し、
アメリカの5つ星のホテルで働くことだった。そこで何年か働いた後に、日本に帰国しまた5つ星ホテルで働くことだった。

21歳で渡米し、2年後に卒業、そのまま3年アメリカのホテルで働き、日本に帰国する頃には
26歳になっているという人生設計だった。

その前に、Kayは「1年間で100万円貯めたら、留学してもいい」という母との約束を果たすために
早朝からホテルでの朝食サービスのアルバイト、塾での時間講師、家庭教師と3つの仕事を掛け持ちしながら
夢の実現に向けて、早朝から深夜まで働いていた。

同年代の女の子は恋愛やら、遊びに夢中だったけど、Kayはそれまで大好きだったディスコ通いも止め
少しだけたしなんでいたお酒もたばこも一切止め、国際人になるため、自分磨きに専念した。

3つの仕事と留学のための準備と勉強に明け暮れ
勉強を兼ねての映画鑑賞が唯一の趣味だった。

当然のように恋愛もシャットアウトしたのだが、これは留学してから帰国するまでの長期に渡る
決心だった。


お金も順調に貯め、留学の手続きも着々と進み、いよいよ渡米する日を迎え
期待を胸にアメリカへと飛び立った。
母との約束で、卒業するまでの2年間は帰国しないことに決めていたので
少しだけ寂しかったが、それよりも期待のほうが大きかった。
ただ、空港で母と別れる時は泣けて泣けてしょうがなかった。
母と2年間会わない生活がどんなものか考えただけで不安だったからだろうか。


そもそもなぜそんなにアメリカに留学したかったというと
日本の社会の「男尊女卑」が大嫌いだったからだ。
幼い頃より母から「あなたは女の子なんだから」と言われ行動の制限が多く
そのくせやらされることが多かったのが不満だった。




プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:和
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 血液型:O型
  • アイコン画像 現住所:北海道
  • アイコン画像 職業:専門職
  • アイコン画像 趣味:
    ・動物好き
    ・東方神起-ユノが好き
読者になる
スピリチュアルなことに目覚めたはいいが、何をしたいか、何ができるか全くわかりませんでした。
色んなリーディングやチャネリングを受けましたが、答えは自分自身の魂の中にありました。
アニマルコミュニケーターになって多くのアニマルさんの声を届けることです。
でも自分にはムリだと思っていました。
でも全ての導きが用意されていたように、たくさんの方々と出会い、アニマルコミュニケーションの講座も受講することができました。それだけでは自信がつかず、リーディング&チャネリング講座、インナーセッション、ヒプノセラピー、自己回帰ワーク、レインドロップと様々なセッションを受け、自分を見つめ解放してきました。まだまだ自己探求は続きますが、自分を受け入れ、認め、癒し、愛することがどんなワークやセッションよりも大事だと思います。
命あるもの全てが愛され、輝き続ける存在であるようサポートしていきたいです。
最新記事
最新コメント
メールフォーム

TITLE


MESSAGE

Yapme!一覧
読者になる
P R
2013年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/mformimi/index1_0.rdf