キシリトールとは 効能 作用

June 08 [Fri], 2012, 11:44

こんにちは!

暑くなってきましたね☆ 節電対策が必要なときですので、もう少し暑くなるのが先でも

いいのになぁ・・・なんて思ったりします。


さて今日は、もう皆さんご存知の『キシリトール』について書いてみたいと思います。


キシリトールとは・・・

樺や樫などの樹木から取れるキシラン・ヘミセルロースを原料とした非う蝕性(虫歯にならない)

甘味料です。砂糖の約75%の甘みを感じます。


☆虫歯にならない訳・・・


虫歯菌(ミュータンス菌)は通常、糖(お砂糖・ショ糖)を取り込みエネルギーとして増殖します。

その他の細菌たちと固まって歯垢となり歯にベッタリくっつき、

その中でミュータンス菌が出す『酸』によって歯が脱灰し(溶ける)虫歯となるのです。

ミュータンス菌はキシリトールを取り込む事ができないため、エネルギーが作れず弱まっていきます。

口腔内のプラーク、ミュータンス菌が減っていくので虫歯リスクが減っていきます。


さらにガムとして取り込むと、ガムを噛む事による唾液分泌促進により、唾液成分のミネラルやカルシウム

を歯が取り込んで再石灰化し、さらに虫歯予防につながるということです!


人には歯を強くする力が元々備わっているのですが、甘いもの(糖)のとり過ぎ、疲れやストレスなどから

唾液が少なくなると菌が増え、再石灰化が追いつかなくなり、バランスを崩す事で虫歯になります。
                                                



キシリトールガムには、甘みもあって食べやすく、ミュータンス菌を弱らせて唾液が出る!

いい事尽くめなのでぜひぜひ皆さんも(特に永久歯の生えてきたお子様も)キシリトールガムや

キシリトール入り歯磨き粉など、積極的に取り入れてみてくださいね♪

ガムを噛んで顎が痛くなってしまう方や、ガムを上手にかめないお子様やご年配の方は

注意が必要ですので他の方法で摂取してみてくださいね☆



私も毎日噛んでいるのですが、どうも顎の筋肉が凝ってしまうのでどちらを取るか・・・

答えは出ません 笑


                          
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:mfclinic
読者になる
2012年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
アイコン画像mfclinic
» 冬ですね! (2012年03月22日)
アイコン画像むかし乙女
» 冬ですね! (2012年02月25日)
Yapme!一覧
読者になる