水戸でトロデ

February 01 [Wed], 2017, 2:23
妊娠を希望している方や、計画されている方に向けて、葉酸の摂取が、厚生労働省により勧告されている事をご存知ですか?妊娠初期の、細胞分裂が活発な時期に葉酸が欠乏してしまうと、赤ちゃんが、先天的な障害(神経管閉鎖障害など)を発症する可能性が高まるといった研究結果が出ているのです。細胞分裂は、一般的に妊娠に気付きにくい受胎時から既に始まっています。


この時の細胞分裂が正常になされるようにするためにも、妊娠前から妊娠初期にかけての期間は、普通の食生活で賄われる葉酸にプラスして、1日400μg(0.4mg)を目標に、葉酸の摂取を心がけてください。サプリや栄養補助食品による補給も、厚生労働省が推奨しています。不妊が続く状態を打破するために、食事を見直すことも有効だと考えられます。
栄養をもとに卵子も精子も作られているので、食生活が良くないのを放置していると、活発な卵子・精子は望むほうが無理なのではないでしょうか。


妊娠しやすさのためには夫妻そろってバランス良く健康的な食習慣を続けていくことが大事です。胎児の健やかな成長に欠かせない栄養素である葉酸ですが、簡単に摂取する方法として、葉酸サプリを飲むのが良いと思います。それでは、葉酸サプリを飲む期間はいつがベストだと思いますか?正解は「妊娠前から授乳期の完了」までの期間だと言われています。妊婦にとって、葉酸が一番必要となるのは、妊娠3か月までだと言われていますが、胎児だけでなく、ママの健康をサポートするという意味においても重要な役割を果たしているのです。


ですので、妊活の時点から早めに葉酸サプリを活用して、授乳終了まで普段の食事とサプリによる葉酸摂取を続けるのが良いでしょう。

妊活なんて聞くと、女性側が主体となって行うもののように感じますよね。

でも男性側が実践できる妊活もあるのです。
それと言いますのも、葉酸を十分に摂るという妊活なんですね。


不妊や流産といった辛い経験に悩まれている方にもぜひご一読して頂きたい事なのですが、そうした原因は母体にあるばかりでなく、意外にも男性側の問題だというケースもあります。中でも、精子の染色体異常は重要な問題で、これは着床率を著しく左右します。葉酸にはこれらの染色体異常を低減し、高品質の精子をつくるという働きがあります。そのため、ぜひ葉酸摂取という妊活を実践してみてください。友人は妊活中によく粉薬のようなものを飲んでいたので、何かと聞くと漢方だと教えてくれました。彼女が言うには冷え性や虚弱体質といった体質を改善し、妊娠しやすい体にするために漢方を飲んでいたそうです。漢方だったら安全に服用できると思います。



漢方の効果かはよく分かりませんが、彼女は赤ちゃんを授かることが出来たそうですから、良かったと思っています。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:アイミ
読者になる
2017年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる