母とヨーロッパ 3/30  

April 15 [Sat], 2017, 0:21
アムステルダム 最終日
朝起きたらもう自分の頭が旅行モードでなくなっているのを感じた(泣)
帰ってからのことで頭はいっぱい。

ホテルの不便さを見たホイツ先生は、チェックアウトする時にトランクを運ぶのを手伝ってやる、と、朝わざわざホテルまで来てくださった。感謝感謝。

早めに空港に行って荷物を落として楽になり、それからもろもろ話し合おうという算段。KLMはチェックインも荷物の預け入れもセルフサービス。荷物の預け入れの機械があるところには搭乗券がある人しか入れないはずなのに、先生もなぜか入って手伝ってくれる。あかんやん(笑)


恒例になった秋の来日レッスンだけでなく、来年1月の私のリサイタルは「番外編」としてジョイントすることになっている。話し合わないといけないことはてんこ盛り。母はそこに付き合うのも退屈なのでひとり空港内を探検(笑)

いつもは先生んちに居候して好きな時に好きなようにこの打ち合わせをするわけだけど、今回は勝手が違う。お互いに要点を整理して(苦手w)簡潔に(苦手ww)
でも本来打ち合わせというのはこうじゃなくちゃ(笑)

写真は機内食についてるクラッカーとチーズの入ったボックス。「食べなくても捨てないで。隣の人が2つ食べるかも」やて。オランダってなんか面白いのよねえ。


また来年行けたらいいなあ。

母とヨーロッパ 3/29 その2 

April 13 [Thu], 2017, 17:41
今回は滞在中にホイツ先生とこの秋の来日レッスンの打ち合わせをしたい、という兼ね合いでアムステルダムでの予定は立てにくかった。でも間際にアムステルダム在住マレーシア人のケイシーが母も一緒に、と、お家に夕食に誘ってくれた。

母はホテルに残りたいとのこと。なのでスーパーで食べるものを買い、母は1人でホテルで。私1人で行くことに。

彼はお菓子やパン作りのプロ。お料理は趣味。数年前友人の友人ということで知り合い、昨年アムステルダムに行った時にはは私に内緒でホームパーティを準備してくれて感激させてくれた、いいヤツ

そのお礼もあり、行く前に何か日本の調理道具でいるものあったら買って行くよ、と聞いたら、雪平鍋がほしいとのこと。なななななんで?(笑)

ということで雪平鍋を携えてお家訪問。アムステルダムは旅程の最後だったので、私はずっとスーツケースに雪平鍋を入れていたというわけ。お家はホテルから歩いていけるところでした。

デザートしか写真を撮らなかったけど、チキンのパイ包み、美味しかった!持つべきものは料理の上手い友人か。


そこに日本大好きイタリア人、パオロ登場。昨年のホームパーティに来てくれたのです。日本のアニメ、特にクリーミーマミがどんなに好きかをとくとくと語ってくれました(知らんがな)主題歌を歌ってくれるんだけど、日本のオリジナルと違う曲だから通じ合えない。残念(笑)

ケイシーの英語は訛りがきつくてわかりにくいけどババババ〜っと喋るし、パオロはオランダ語も英語もフランス語も流暢。
私はいつもNOVAで注意される、話すスピード。これが圧倒的にだめ。痛感しました。2人とも辛抱強く付き合ってくれるけど、とにかく自分に対して悔しいよね!もっと英語のレッスン頑張らないと。

母とヨーロッパ 3/29 その1 

April 12 [Wed], 2017, 0:38

アムステルダム2日目
エンピツみたいなベッド(笑)だけどゆっくり寝て、ゆっくり朝食。ゴッホ美術館とか行きたいのは行きたいけど、オランダならまたきっと来られるだろうと、お土産買いを中心にゆっくり過ごそうと決める。


ミュージアムスクエアのショップでお買い物。私はゴッホのコスプレのミッフィーちゃんを。買わずにおれない可愛さ!


本当はユトレヒトのミッフィーミュージアムに行きたかったのですが。


それから街の中心地ダム広場に出たけど、この日は寒かった。


百貨店が目に入ったので避寒がてら行ってみました。


どこの国に行ってもキッチン用品コーナーは楽しいもの。いらんもん買いそうになるのを自制しながら、それでもいらんもんを買う(笑)。
何も期待せずに最上階まで行ってみたらちょっと高級なフードコートが。迷わずここでランチに決定。明るくて清潔で、そこそこ美味しくてここはいいわ。高級とはいえ量が多いから、一人前ずつスープ、サラダ、フライドポテトと頼めばもう大満足。フライドポテトが美味しかった〜!