瞳の奥 

July 13 [Thu], 2006, 22:32
こんばんは。



仕事を一生懸命やる事は大切な事だし、当たり前ですがあまりにも猪突猛進だと、ダメになってしまいます。特にこの業界では、本当にお客様の気持ち次第で様々に展開します。



今日は昼に、営業が集まって小さな勉強会をしました。そこで、いろいろ意見や参考事例などがありましたが、逆に自分がお客様なら「引いて」しまうようなことをしてしまっている方が見えたのも驚きでした。



一生懸命さが結局「自分本位」になってしまい、どこかで余裕が無くなり、自分の意見ばかり推し進めてしまうのかも知れません。先輩が、



「お客様の瞳に写った自分を想像しながら喋りなさい。」



と、言われました。自分で自分のことは甘く見てしまう傾向にあります。そういう時こそ、その言葉を忘れずにがんばりたいと思います。





成仏経済学のつづき



相続について調べる事になった。自分の残した財産のすべては、妻に全額渡るように「遺言」に書いた。子供は未成年のために。相続税の申告は相続財産を確認して10ヶ月以内に行う。



相続税の基礎控除額は5000万円+法定相続人一人につき1000万円だとも知った。



また、一番大切なこと。それは、一括で入った生命保険目当てに資産運用を進めるセールスが大勢いるという事実だ。いくら、なんでもと思うかもしれないが、やはり寂しくなったときに友人や親戚に言われて、訳のわからない資産運用に手を出すかも知れない。それが一番問題だという。



そこで、生命保険と子供保険が入った場合、3000万円を3つに分けて銀行に入れたほうがよいとアドバイスされた。それは、1000万以上はペイオフの関係で保障されなくなったからだ。それも、一つの知恵として死神に教えてもらった。





続きはまた、明日!

同期が 

July 12 [Wed], 2006, 22:47
こんばんは。



相変わらず、暑い日が続きますが皆様いかがお過ごしでしょうか?と、いうかツーバイフォーの二階は半端でなく暑いんです。だから、クーラーをかけっぱなしにしないと眠れません。すると、朝起きたときに体全体がだるくなってしまいます。かと、いって窓を開けただけではとても眠れません。



さて、お仕事ですが数日前からいい雰囲気になってきました。なんとなく風向きが上向いたように思えます。うちの会社は毎週、誰がどのくらい売り上げたかをメールで発表しています。昨年10月入社13人のうち3人がもうすでに、去りました。



せっかく、一ヶ月間研修をしてきたのに、残念です。よく、この業界は「営業の王様」だと言いますが、現実を見るとやはり厳しいようです。ただ、「夢と希望」を持って来たのに残念でなりません。



とにかく、辞めた人の「魂」を受け継いでがんばりしかありません!





「成仏経済学」のつづき



浪野 道男 は具体的に自分がいなくなったときの家計をもう一度再計算してみた。すると、自分が死ぬと「遺族年金」がもらえ、それが「遺族基礎年金」と「遺族厚生年金」の二つに分かれていることが分かった。



それらを、加えたりしながら計算していく。それでも、マイナスになることが分かった。下の「あゆみちゃん」の

高校の授業料、通学電車賃や家の修繕費なども足したからだ。具体的な数字は本を見ていただいて貰えば結構だが、かなり具体的に数字が書いてあるので参考にされるとよいかもしれません。



また、浪野は別のことも思い出した。それは、家のローンについてだ。2300万円のローンをたった10年しか返していない。残高は1713万円。浪野は真っ青になった。すると死神が、



「団体信用生命保険の控えを見ろ。」



と、言ってくる。土地の権利書を探してもあまり意味は無く、証書が必要だと。



「団信。つまり団体信用生命保険とは平たく言えば、お前が死んだらローンはチャラになるって寸法だ。」



と、言われ驚く。



続きは明日。

モチベーション 

July 11 [Tue], 2006, 22:01
こんばんは。



今日は、久々にお会いした方といろいろとお話できて嬉しくなりました。その方は以前の職場でお世話になり、ずっと可愛がっていただいておりました。「保険」の話も気軽に聞いていただいて、嬉しかったです。



また、実家に帰ったり刈谷に行ったりと移動距離が半端でなかったので、何だか体がふわふわ浮いたような感じがします。



いつも思うのですが、この仕事は「自分」から仕事を組み立てる必要があります。ですから、電話を待ったり来てもらえる事を期待してはいけません。常に自分から行動しないと一日がムダになってしまいます。



その点、無職のときに毎日ブログを書きながらモチベーションを保っていたので、おんなじ感覚です。



さぁ、明日もがんばるとするか!




成仏経済学は、都合により明日に延期します。 スイマセン。

約束 

July 10 [Mon], 2006, 22:05
こんばんは。



今日は、午後1時半より勉強会を開く予定だった。しかし、主催した所長が急用のため3時ということになった。3時では自分が約束したアポがあるので出られない。結局、出られなかったが内容は非常に興味のあるものだった。



約束というものは、人と人が時間と場所を合わせるもので貴重なものである。相手が自分に合わせてもらっているということは理解しないといけない。



昔から「約束はやぶるな」と言われるが、大人になっても言えると思う。自分ももしかしたら忘れてしまう事があるかもしれない。その為には、常に忘れてしまわない努力が必要だと思ったのである。




「成仏経済学」の続き



主人公 浪野道男は死神に言われる。



「お前の息子と娘は本当に「自宅」から「国公立」へ行けるのか?」



と。模試の結果を見たら、それが夢や願望である事に気づくのである。私立の4年間の経費は「入学金」「施設設備費」「授業料」「生活費」をトータルして計算すると657万円となってしまった。



そして、今実際にどれくらい生活費にかかっているのか、嫁さんが寝ている間にナイショの家計簿を覗いてみた。



収入 (月給)+(ボーナス)+(奥さんのパート代)を合わせて 6,090,000円 (詳細は本を見てください)




支出  (詳細は本を見てください)   塾や光熱費、車検代などなど           6117000万円




年間通して、赤字になっていることが分かったのである。そこで、もう一度考え直すのである。



続きはまた明日!

遅くなりました。 

July 09 [Sun], 2006, 7:40
おはようございます。



昨日は先輩の家に嫁さんと呼ばれて、浮かれて飲んでいると3時半までおりました。もう、帰宅時は限界だったので起きてすぐ書いております。



六時半にお邪魔して、「9時間」先輩は仕事について熱く語っておりました。最後は朦朧となっていましたが、いいお話は聞けました。



ただ、一ついえるのは



「長い!」

でも、一生懸命お話をいただいたんでますますがんばろうと思いました。





ですんで、遅くなってスイマセンでしたm(_ _ )m

ボイスレコーダー 

July 07 [Fri], 2006, 23:13
こんばんは。



先輩の言葉や教えてもらった事を忘れないように、ボイスレコーダーを買ってきた。48時間再生可能で5780円だった。



先輩に教えてもらいながら、使ってみると自分の声や喋り方、声の高さ、相槌の打ち方など嫌な部分が分かってきた。正直言って情けなくなる。ただ、自分を客観視できると思えば安い買い物だ。そこで、自分の悪い部分を直していけばいいだけだ。



それにしても、自分の声を聞いてみると本当に「ヘン」だ。しかし、この声で相手に対して喋っているので改善の余地は大有りだ。がんばろっと。





「お父さんの成仏経済学」のつづき



そこで、自分のお金がいくらあるのか確かめてみようと思い立った主人公「浪野道男」45歳は、奥様がパートに行っているすきに部屋をかき回す。しかし、肝心な「保険証書」がどこにあるのかさっぱり分からなかった。すべてを奥様に丸投げなので、大事なものがある場所は分かっていたのだが、よく分からずにいたのだった。



見つかったのは「土地の権利書」だけ。そこで、夕食時にさりげなく聞いてみた。



「オレの生命保険ってどうなってたんだっけ。」



すると、一昨年かけ直したことに気づく。また、他のきっかけで、非常用袋に入れたことに気づきやっと自分が死ぬといくら入るのか分かる。



浪野道男



死亡保険金  2000万円

(終身 500万円 + 定期 1500万円)



特約 災害死亡 (1000万円)

    入院 (病気,ケガ  日額 5000円)

    生活習慣病 (日額 5000円)

    がん  (日額 5000円)



保険料 月額 25000円




昇(こども)のこども保険



満期金  100万円

満期  高校卒業時



保険料 月  8970円




ちなみに長男 昇くんは高校2年生  長女 あゆみさんは中学2年生



そこで、担当の西野さんに聞いてみた。



「これでいいんですか?」



続きは明日!


おばさま 

July 06 [Thu], 2006, 23:27
こんばんは。



今日も飲み会で遅くなった。二日連続の飲み会は、しんどい。ただ、他の営業所との交流が図れて嬉しい。



ベテランのおばさま方のお話を聞くと、本当にためになるし勇気付けられる。こういった場も大切だと思う。



ただ、酔っ払っているのでこの辺で終わらせていただきたく思います。

大先輩 

July 05 [Wed], 2006, 21:56
こんばんは。



今日は会社の組合の飲み会があり、栄に行った。帰りの電車で私の上司(中年のおばちゃん)と一緒に帰ってきた。そこで、いろいろな話を聞き応援もしてもらって嬉しくなった。



彼女はこの業界に25年もいる超ベテランだ。パワーももちろんすごいが人を見る目も鋭い。だから、自分の今の心境を話すと、一生懸命アドバイスをもらえた。本当に、雲の上から見ているような方で「菩薩観音」のようだ。



その方が、



「実はね、私のこと私以外の全員が半年以内に辞めるって思ってたのよ。でもね、絶対に負けるわけないって思っていたんでがんばったわけ。そうしたら、25年も続いちゃったんだけどね。」



と、言われた。



「この商売は長年やってこそ、本当の仕事だと思うの。一年や二年じゃ勝負じゃないと思うのね。」



とも、言われた。長距離ランナーの仕事なのである。だから、末永くがんばっていくんで応援よろしくお願いします。









ところで、昨日言っていた「成仏経済学」の続き。



主人公  浪野 道男 45歳



妻 と二人の子供あり。



死神からあと三ヶ月の命と宣告され、必死で残った家族にいくらのことができるか計算する。



浪野さんの給料は 基本給 40万 健康保険 介護保険 厚生年金 雇用保険 など社会保険料55710円を引かれ、所得税、住民税、組合費、社内積立 24430円を引かれ、手取り319860円の生活をしている。



高2と中2の子供がおり、家のローンを返して10年目だ。



会社は大手製造メーカーの下請けでいまだリストラ中。自分は免れたがいつでも不安で一杯。



年収は600万円で小遣いは月25000円。



明日は、死の宣告から第1週目にやった事を伝えます。お楽しみに。



夏風邪? 

July 04 [Tue], 2006, 21:27
こんばんは。



久々の体調不良です。やはり、土曜日の昼寝のせいでしょうか?この季節はクーラーが無くてはいけませんが、当たりすぎにも気をつけないといけません。



と、いう訳ですぐに寝ます。



ちなみに、「お父さんのための成仏経済学」と、言う本を買ってきました。現在、読んでいるところですが内容が大変面白かったので、順次公開していきたいと思います。



大雑把に言いますと、主人公の45歳の中年サラリーマンが死神に「あと三ヶ月の命」だと、告げられます。そこで、残された家族に対してどれだけの事ができるか本当に具体的に書いてあります。



それは、またお知らせしたいと思っております。



それでは、皆様体調には気をつけて夏を乗り切ってくださいませ。

よだかの星 

July 03 [Mon], 2006, 23:01
こんばんは。



体はだるくないが、鼻水が出る。夏風邪を引いてしまったようだ。かといって、全く支障があるわけではない。



この業界は、個人商店が集まって仕事をしているようなものだ。だから、技と言うか技術は自分から盗まなければいけない。ただ、親切に教えていただける人が多いのが嬉しい。



「ドラゴン桜」という漫画で、東大に行くような生徒は、「お互いが殺伐として人を信用しない。」というのは昔で今は教えあう事で自分の知識の定着が図れると描いてあった。まさにその通りで、教えていただく事で自分のものとなり、オリジナルになっていく。



最近、自分の変化で教えてもらえる事が多くなった。それによって、今まで分からなかった事が少しずつ解って来はじめた。自分でも、いい兆しが見えてきた。



今まで、悶々としていたが何とかなりそうである。「よだか」のように輝き続けるために、がんばるのである!
2006年07月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:mezayoda
読者になる
Yapme!一覧
読者になる