運動量を減らしたら疲れがとれるようにしたい!

November 21 [Sat], 2015, 20:04
急に変えても脳の奥まで届くのに時間がかかる



学生のときに長距離走などをしていて

社会人になってからも運動している人の中には

急に疲れがとれなくなる方も意外と多いかもしれません。


社会人になると運動の他には

学業やバイト、その他であった時間が

仕事になってどんどんレベルアップが要求されますよね。


なかには、学生のときと余り変わらない人も

いるかもしれませんが多くの方は

どんどん仕事がメインの時間が増えていくと思います。



疲れがとれないのは睡眠の質が下がっている



日中の栄養や運動など活動のバランスがとれていて

睡眠の質が良ければ

朝までには疲れがとれてスッキリするはずですよね。


でも、学生のときに比べれば

仕事の時間は調整が難しく精神的な疲れを

運動で発散しようとするとセロトニンが減ってしまいます。


学生のときに長距離走などをしていれば

持久力や筋力アップのための栄養指導もあって

セロトニンやトリプトファンはご存知かもしれませんね。


なので、運動量を減らしたなら

食事の内容やその他も変えていかないと

バランスが崩れて疲れになって残ってるんだと思います。


セロトニンのもとになるトリプトファンは

バナナやチーズ、牛乳にも含まれ

肉や赤みの魚にも多く含まれています。


でも、トリプトファンはビタミンB6も

一緒にとらないとはたらきが限られるので

胡麻や唐辛子、豆類も一緒にとりたいものです。


肉や赤身の魚はどちらも含まれていますが

そればかりを食べていると

栄養がかたよってしまうので注意が必要です。


栄養バランスは保ちつつセロトニンのもとを多めに


そこで、運動量を減らしても疲れがとれない方におすすめなのが

トリプトファンとビタミンB6が配合された

月の休息という睡眠サプリメントです。


月の休息ならトリプトファンが

1日の目安の8粒に250mg

ビタミンB6が10mgとたっぷり入っています。


さらに、リラックスをサポートするという

ギャバやテアニン、クワンソウ、ナイアシン、ビタミンB1も

バランスよく配合されています。


そして、月の休息を飲んでから

明るい光をあびて1日をスタートすれば

セロトニンが活性するのでだるさ解消が期待できます。


日中、快活に過ごせれば

夜にはメラトニンの分泌もスムースなので

夜はグッスリ休めるんです。


しかも、今なら10%OFFの他にもお得なサービス付きなので

気になる方は下記の公式サイトをご覧ください ↓


  • URL:http://yaplog.jp/mezamesukkiris/archive/3
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。