運動量を減らしたら疲れがとれるようにしたい!

November 21 [Sat], 2015, 20:04
急に変えても脳の奥まで届くのに時間がかかる



学生のときに長距離走などをしていて

社会人になってからも運動している人の中には

急に疲れがとれなくなる方も意外と多いかもしれません。


社会人になると運動の他には

学業やバイト、その他であった時間が

仕事になってどんどんレベルアップが要求されますよね。


なかには、学生のときと余り変わらない人も

いるかもしれませんが多くの方は

どんどん仕事がメインの時間が増えていくと思います。



疲れがとれないのは睡眠の質が下がっている



日中の栄養や運動など活動のバランスがとれていて

睡眠の質が良ければ

朝までには疲れがとれてスッキリするはずですよね。


でも、学生のときに比べれば

仕事の時間は調整が難しく精神的な疲れを

運動で発散しようとするとセロトニンが減ってしまいます。


学生のときに長距離走などをしていれば

持久力や筋力アップのための栄養指導もあって

セロトニンやトリプトファンはご存知かもしれませんね。


なので、運動量を減らしたなら

食事の内容やその他も変えていかないと

バランスが崩れて疲れになって残ってるんだと思います。


セロトニンのもとになるトリプトファンは

バナナやチーズ、牛乳にも含まれ

肉や赤みの魚にも多く含まれています。


でも、トリプトファンはビタミンB6も

一緒にとらないとはたらきが限られるので

胡麻や唐辛子、豆類も一緒にとりたいものです。


肉や赤身の魚はどちらも含まれていますが

そればかりを食べていると

栄養がかたよってしまうので注意が必要です。


栄養バランスは保ちつつセロトニンのもとを多めに


そこで、運動量を減らしても疲れがとれない方におすすめなのが

トリプトファンとビタミンB6が配合された

月の休息という睡眠サプリメントです。


月の休息ならトリプトファンが

1日の目安の8粒に250mg

ビタミンB6が10mgとたっぷり入っています。


さらに、リラックスをサポートするという

ギャバやテアニン、クワンソウ、ナイアシン、ビタミンB1も

バランスよく配合されています。


そして、月の休息を飲んでから

明るい光をあびて1日をスタートすれば

セロトニンが活性するのでだるさ解消が期待できます。


日中、快活に過ごせれば

夜にはメラトニンの分泌もスムースなので

夜はグッスリ休めるんです。


しかも、今なら10%OFFの他にもお得なサービス付きなので

気になる方は下記の公式サイトをご覧ください ↓


朝食でトリプトファンとビタミンB6多くはとれない

November 21 [Sat], 2015, 20:03
朝目覚めても疲れが残ってスッキリしないと

食欲もわきにくいのでトリプトファンとビタミンB6を

たっぷりとるのは難しくなります。


でも、朝食に十分な量をとっていないと

昼食や夕食でとってもトリプトファンからセロトニン

セロトニンからメラトニンになるには時間が必要です。


さらに、一般的なバランスのとれた食事でとれる

トリプトファンなどの量では

夕方以降のすごしかたもかなり限られたものになります。


なるべく運動といわれるものは控えて

穏やかに静かに過ごすことが必要になりますし

夜9時にはぼんやりとした灯りの中で過ごさないといけません。


しかも、音も静かにして考え事はしない

寝床に目覚し以外は持ち込まない

テレビやパソコンも夜9時以降しないなどもあります。


そこまでしなくても眠くなって

朝までグッスリ休めるのであればいいんですが

何かやってしまうとスッキリ起きられないことが多いです。

仕事の後や寝る前に運動したくなったら

November 21 [Sat], 2015, 20:02
学生のときに長距離走などをしてきて

社会人になってからも仕事帰りや休日などには

運動しないと気がすまないという方は多いです。


でも、バランスが崩れて

睡眠の質が下がって疲れがとれにくくなり

朝スッキリ目覚められないなら調整が必要です。


なので、どうしても運動したくなったら

夕方以降は走らずに歩くようにするとか

寝床に入ったら目を閉じてひたすら深呼吸しましょう。


ストレッチなどもできるだけ

ゆーーっくりと動いている感じがしないほどに

静かにした方が朝スッキリにつながりやすいんです。


それで、朝スッキリ目覚められたら

朝に運動をするのがおすすめです。


ただし、運動に夢中になりすぎて

朝食でトリプトファンやビタミンB6などが

取れないようなことがないようにしてくださいね。