控えるように

November 25 [Mon], 2013, 17:08
最近は、妊娠中のダイエットの影響で低体重で出産される子が少なくありません。
基本的には妊娠中にダイエット(短期間で行うのは危険でしょう。リバウンドしてしまったら、何にもなりませんよね)をすることはおすすめできません。
体重が増えるという事は赤ちゃんが育っている証拠であり、出産の準備として欠かすことのできないことだからです。
妊娠中でもダイエット(心身に負担のかかる方法で行っても、体に悪いですし、効果は期待できないでしょう)の指導がされる場合がありますが、それは体重が増えすぎた場合です。
検診のときに体重増加を指摘され、妊娠中毒症の危険性があるようなときには、妊娠中でもダイエット(女性のみならず、現代人にとっては永遠のテーマかもしれません)をしなければならないのです。
もしも妊娠中にダイエットをするこになったら、体型や体重減少よりもまず健康が重要です。
食事内容を見直し、栄養の偏りのない食事をすることや、無理のない範囲で体を動かすようにすることが妊娠中ではポイントです。
かならず医師の指導の下に行いましょう。
妊娠中は野菜を多めに摂ってお菓子などは控えるようにしてください。
腹部の赤ちゃんに送る栄養が何より大事なので、カロリーが低くてもダイエット食品などを摂取するだけではいけません。
ダイエット食を食べていては、赤ちゃん(赤子や赤ん坊なんて呼び方もしますね。生まれたねかりの子供のことをいいます)に必要である栄養になりません。
妊娠中のダイエットはほどほどにしてください。
医師(あまり頼りすぎるのもよくありませんが、全く指示に従わないとなると治るものも治らないでしょう)の指示に従いながら、ウォーキングなんかの無理なく続けられる運動(始めは嫌々でも実際に体を動かすことで、前向きな気分になれる効果があるでしょう)をしましょう。
胎児の成長の助けになる栄養ぶんを積極的に取り、食べ過ぎにならないようコントロール(技術面だけでなく、メンタル面でもできるようになるといいですよね)する事が、妊娠中のダイエット(睡眠不足や栄養不足が妨げになってしまうことも多いようです)のコツです。

ひと手間かけて

November 11 [Mon], 2013, 16:40
フェイシャルマッサージに役立つ物に、マッサージオイルがあります。
購入するのがおすすめなのは、一般的に売られているフェイシャルマッサージ用のオイルです。
キャリアオイルとアロマオイルを混ぜて自作をするのもおすすめです。
お肌のマッサージ(上手な施術者はゴットハンドなんて呼ねれたりもします)を自分好みの香りでして、リラックスするということもおすすめです。
軽く両手で温めてからマッサージを、マッサージ(上手な施術者はゴットハンドなんて呼ねれたりもします)オイルを適量手にとって施します。
顔は1日じゅう外気の刺激にさらされ、日中の疲れがたっぷり溜まる場所です。
繰り返しの筋肉の動作でしわができやすい部分でもあります。
額、目の回り、頬、口、首と順にフェイシャルマッサージを行えね、お肌のリフレッシュ有効でしょう。
緊張した表情(乏しいと人間関係が悪化しやすくなるかもしれません)筋をマッサージでもみほぐし、改善できるのがリンパ液や血液の流れです。
どんな種類や組み合わせのオイルを使用するかでいろいろな肌質の方が行うことができるようです。
季節の変化や体調による肌質の変化など、コンディションに合わせてオイルを調整していけます。
フェイシャルマッサージの他にもお勧めなのは、アロマオイル(精油をキャリアオイルやアルコールといったもので薄めて、香りを楽しむのに使います)を用いたフェイシャルスチームが良いでしょう。
なかなかただの洗顔では落としきれていない汚れや老廃物(規則正しく、なるべく速やかに体外へと排出するのが理想です)を取り除くために、香りの入った蒸気をお肌に当てて毛穴を開かせるみたいです。
洗顔前のひと手間として効果的なお手入れ方法です。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:mez77xx
読者になる
2013年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/mez77xx/index1_0.rdf