イスタンブルのスポーツ

December 05 [Thu], 2013, 17:23
イスタンブルにはいくつかのトルコで最も古いスポーツクラブがある。ベシクタシュJKは1903年に創設され、数あるクラブチームの中でも最古のものと考えられている。初期にはトルコで唯一のクラブチームで、時折トルコの代表チームとしてプレーしていた[124]。サッカーのクラブチームは国内の争いでそれぞれの優位な時期を見て来たが[124]、ガラタサライやフェネルバフチェSKは国際大会では善戦し、プロサッカー1部リーグスュペル・リグで最も多くの優勝回数を誇っている[236][237]。ガラタサライとフェネルバフチェSKはボスポラス海峡を挟んで長年にわたりライバル関係にあり、ガラタサライは市内のヨーロッパ側にフェネルバフチェSKはアナトリア側に本拠地を置いている[236]。 イスタンブルにはエフェス・ピルゼン S.K.、ベシクタシュJK、フェネルバフチェ・ユルケル、ガラタサライ・メディカルパーク(英語版)の4つのクラブチームがあり、プロバスケットボール1部リーグのターキッシュ・バスケットボール・リーグでプレーしている[238]。
イスタンブルには2000年から多くのスポーツ施設が建設されたり改良されており、夏季オリンピックの招致活動が行われている。アタチュルク・オリンピックスタジアムはトルコ最大の多目的スタジアムで、2002年に竣工し国際陸上競技連盟では最上級に分類される陸上競技施設である[239]。スタジアムではUEFAチャンピオンズリーグ 2004-05 決勝が開催され、イスタンブル・ビュユクシェヒル・ベレディイェ・アンカラスポル(英語版)のホームフィールドとして残っている。シュクリュ・サラジオウル・スタジアムはフェネルバフチェSKのホームフィールドで、改修工事が竣工した3年後にUEFAチャンピオンズリーグ 2008-09 決勝(英語版)が開催された。2011年にはトルコ・テレコム・アリーナが完成し、ガラタサライのホームであったアリ・サーミ・イェンスタジアム(英語版)から置き換わった[240][241]。3つ全てのスタジアムはUEFAスタジアムカテゴリーでカテゴリー4に分類され、UEFAチャンピオンズリーグを開催するのに適したスタジアムである[注釈 5]。
スィナン・エルデム・ドームはヨーロッパ最大の屋内アリーナの中に含まれ2010年バスケットボール世界選手権や2012年世界室内陸上競技選手権大会、2011-12ユーロリーグ(英語版)の準決勝が開催されている[245]。
2010年にシナン・エルデムドームが完成するまでアブディ・イペクチ・アリーナがイスタンブルの主要な屋内アリーナで2001年バスケットボール男子欧州選手権が開催された[246]。他の屋内アリーナの中には2000年から運営されているBJKアクアトラルアリーナ(英語版)が含まれ、イスタンブルのスポーツクラブのホームコートを提供している。より最近では13,800席を備えるウルケルスポーツアリーナ(英語版)は2012年に開業し、フェネルバフチェ・ユルケルのホームコートにしている[247]。建設ブームにも関わらず、2000、2004、2008、2012年のオリンピック招致やUEFA EURO 2012、UEFA EURO 2016の招致は失敗に終わっている[248]。イスタンブルは、2020年夏季オリンピックに向けて招致活動 (en) を行っていた。2013年9月7日に開催都市が発表されたが、決選投票で東京に敗れている[18][249][250]。
イスタンブール・パークは2005年に世界ツーリングカー選手権が2006年にル・マン・シリーズが開催されているが、それ以降はどちらも開催されていない[251][252]。2005年から2011年の間、イスタンブール・パークでは毎年開催されるトルコグランプリが行われていたが、資金難から将来の開催は不確実さが残る[253]。イスタンブルセーリングクラブは1952年に創設され、イスタンブルやその周辺の航路で行われるショーケースとなる競技を毎年行っている[254][255]。 トルコオフショアレーシングクラブも主要なレースを主催しており、もっとも権威あるレースである海兵隊杯も含まれる[256]。イスタンブルでは時折、F1パワーボート世界選手権も開催され最後に開催されたのは2000年で、ボスポラス海峡で開かれた[257]。

参照:Wikipedia「イスタンブル

[PR]大人ニキビの改善方法

イスタンブルの文化

December 05 [Thu], 2013, 17:21
イスタンブルは歴史的に文化的な中心として知られているが、トルコ共和国の中心がアンカラに移ると文化的なシーンは停滞した[210]。新しい政府はトルコ人に音楽の伝統とくにヨーロッパ由来の音楽に適用させようと新しい計画を確立したが、音楽の機関や海外の古典音楽の芸術家は主に新しい首都に集中した[211]。多くのトルコの文化的なシーンはイスタンブルにルーツを持っていたが、文化的な重要性が単にその過去の栄光に基づくだけでない都市として再びグローバルに現れることは1980年代や1990年代までなかった[212]。

○美術館・博物館
19世紀末までにはイスタンブルは都市自体、この地域の芸術の中心としてトルコやヨーロッパ、中東などから街に芸術家を集めていた。アンカラをトルコの文化の中心として作る努力にも関わらず、1970年代までイスタンブルはトルコの主要な芸術関連の機関が置かれていた[214]。さらに、1980年代には大学やアートジャーナルが新たにイスタンブルに創設され、以前はアンカラを拠点としていた芸術家が移って来ている[215]。
ベイオールは街の芸術の中心として一変し、若い芸術家や以前は海外に暮らしていた年長のトルコの芸術家が基盤をこの場所に見付けている。イスタンブル現代美術館(英語版)、ペラ美術館(英語版)、サキプ・サバンジュ美術館(英語版)、サントラル・イスタンブル(英語版)などモダンな美術館は2000年代に開館し、展示スペースやオークションハウスは都市の国際的な雰囲気への寄与を引き立てるものになっている[216]。 しかし、これらの美術館は未だに歴史的な半島にあるトルコの近代的な博物館の先駆けとなったイスタンブル考古学博物館(英語版)やトルコ・イスラーム美術博物館(英語版)ほどの人気は得ていない[199][213]。

○映画
トルコでの最初の映画上映は少なくとも1896年のユルドゥズ宮殿(英語版)で、パリで技術が公開された丁度1年後であった[217]。映画館はベイオールで急速に現れ始め、今ではイスティクラル通り(英語版)の名で知られる通り沿い映画館は集中していた[218]。トルコの映画産業は1950年代まで発展は無かったが、イスタンブルは初期のトルコの映画(英語版)中心であった[219]。それ以来、イスタンブルはトルコで最も人気がある映画やドラマ、コメディーの場所である[220]。トルコの映画産業は世紀の後半に強化されるが、それはウザク(英語版)Uzak (2002)、私の父と私の息子(英語版)Babam ve Oğlum (2005) まで無く、2つの映画はイスタンブルで撮影されトルコ映画は国際的なかなりの成功を見始めた[221]。イスタンブルとその絵のような美しいスカイラインは多くの海外映画の舞台となり、『トプカピ』(1964) や『007 ワールド・イズ・ノット・イナフ 』(1999)、『ミッション・イスタンブル(英語版) 』(2008) などがある[222]。

○イベント
文化的な再現と同時にイスタンブルでは文化的な催しが創設され、1973年頃からトルコや世界中から様々な芸術が披露し始められた。フラグシップとなるイスタンブル国際映画祭(英語版)やイスタンブル国際ジャズフェスティバル(英語版)は1980年代初期から行われている。現在では専ら音楽やダンスだけを中心とした、以前のイスタンブルフェスティバルは1994年以来、イスタンブル国際音楽祭(英語版)として知られている[223]。元のイスタンブルフェスティバルから発展した祭典で最も顕著な催しにはイスタンブル・ビエンナーレ(英語版)があり、1987年以来2年ごとに開催されている。初期の姿はトルコの視覚芸術を披露する目的であったが、国際的なアーティストに開放されて以来、ヴェネツィア・ビエンナーレやサンパウロ・ビエンナーレと並び権威あるビエンナーレとして評価が上がって来ている[224]。

○レジャー・エンターテイメント
イスタンブルには歴史的なものから現代のものまで多くの商業施設がある。カパル・チャルシュKapalıçarşı(グランドバザール)は1461年以来市場が開かれており、世界最古で最大の屋内市場である[225][226]。ムハマトパシャ・チャルシュ(英語版)は青空市でカパル・チャルシュからエジプシャン・バザール(英語版)にかけ広がっている。エジプシャンバザールは1660年以来、イスタンブルのメジャーな香辛料の市として開かれている。ガレリア・アタキョイ(英語版)はトルコのモダンなショッピングモールの先駆けとして1987年に開業した[227]。それ以来、モールは歴史的な半島の外のメジャーなショッピングセンターになっている。アクメルケズ(英語版)は1995年と1996年に「欧州最高」、「世界最高」のショッピングモールのタイトルをショッピングセンター国際評議会(英語版)より与えられている。イスタンブル・ジョヴァヒル(英語版)は2005年に開業しそれ以来、欧州最大のショッピングモールである。カニヨンショッピングモール(英語版)は2006年に建てられた商業建築カテゴリーで都市景観建築評価賞を獲得している[226]。
ニシャンタシュ(英語版)のアブディイペクチ通り(英語版)とアナトリア側のバグダード通り(英語版)は高級ショッピング地区へ発展している[228][229]。
典型的なケバブのようなトルコ料理と並んでイスタンブルは、歴史的なシーフードレストランでも有名である。市内の多くの最も評判な店や高級な店はボスポラス海峡の海岸にあり、マルマラ海に沿ったクムカプ(英語版)地区には歩行者ゾーンがあり周辺には約50のレストランがある[230]。
イスタンブル中心部から 15キロメートル (9 mi) 離れたプリンス諸島(トルコ語版)はシーフードレストランでも人気がある。これらのレストランは車の来ない通りと、静かで穏やかな雰囲気がある歴史的な夏の離宮で、プリンス諸島はイスタンブルっ子や外国人観光客にとっては人気のある観光地である[231]。外国の料理を特徴としたレストランは主にベイオール地区に集中している。イスティクラル通りに沿った、チチェキ・パサジュ(英語版)はワインハウス(メイハネ(英語版)としても知られる。)やパブ、レストランが入っている[232][233]。イスティクラル通り周辺の他のいくつかの地区ではベイオールのナイトライフに応えるため最近では改装され、以前の商店街は現在ではパブやカフェ、生演奏が行われるレストランが林立している[234]。他のイスタンブルのナイトライフの中心的な場所にはニシャンタシュ(英語版)やオルタキョイ(英語版)、ベベック(英語版)、カドゥキョイなどがある[235]。

参照:Wikipedia「イスタンブル

イスタンブルの経済

December 05 [Thu], 2013, 17:20
2008年現在のイスタンブルのGDPは1,820億ドルで、世界の都市圏の域内総生産では34位に付けている[181]。イスタンブルはトルコ国内のGDPの27%を占め、国内産業労働力の20%が都市に存在する[16][182]。1人当たりのGDPで70%、生産性で50%それぞれ国内平均を上回っており一つには高付加価値に集中した生産活動が要因である。多くの人口とトルコ経済への高い貢献からイスタンブルはトルコの国税の5分の2を担っている[16]。税には30人のイスタンブルを本拠とする億万長者も含まれ、この数は世界の都市で5番目に多い人数である[183]。 都市の大きさが想像されるように、イスタンブルではオリーブオイル、タバコ、輸送機器、電機など様々な製品を生産し多様な産業経済を擁している[182]。高付加価値の生産活動への集中があるにも関わらず低付加価値の生産部門もかなりを占め、イスタンブルのGDPに占める割合は26%だが市の合計出荷額の5分の4に相当している[16]。2005年にイスタンブルに本拠地を置く企業の輸出総額は 41,397,000,000ドルで、輸入総額は69,883,000,000ドルであった。これはトルコ全体の合計にそれぞれ輸出で57%、輸入で60%を占めている[184][185]。
イスタンブルはトルコでは唯一の資本市場(英語版)であるイスタンブル証券取引所を有する。もともとは1866年にたオスマン証券取引所として設立されたが、その重要性は1930年代の世界大恐慌により減少した。一連のトルコ政府の金融自由化計画により1986年に現在の形で再編成されている[186]。19世紀から20世紀初期の間、ガラタのバンカラル・ジャデッシ(英語版)Bankalar Caddesi(銀行大通り)はオスマン帝国の金融センターでオスマン証券取引所もそこにあった[187]。バンカラル・ジャデッシはイスタンブルの金融地区として1990年代まで続き、トルコのほとんどの銀行は本社をモダンなビジネス中心地区であるレヴェントやマスラクに移転している。1995年にイスタンブル証券取引所は現在のサルイエル(英語版)のイスティニエ(英語版)地区に建物を移転している[188]。
現在、石油が豊富な黒海と地中海を結ぶ唯一の海のルートであるボスポラス海峡は世界でも混雑した航路の1つで、1年間で2億トン以上の原油が通過しており交通量はスエズ運河の3倍に上る[189]。混雑を緩和するため、街のヨーロッパ側に海峡と並行してイスタンブル運河(英語版)と呼ばれる新たな運河を建設することが提案されている[190]。
イスタンブルにはハイダルパシャ港(英語版)、アンバルリ港 Ambarlı、ズィーティンブルヌ港 Zeytinburnu の3つの大きな港の他にいくつかの小さな港や石油ターミナルがボスポラス海峡やマルマラ海沿いに立地している[191][192]。ハイダルパシャ港はボスポラス海峡の南東に位置し、2000年代初めまでイスタンブル最大の港であった。ハイダルパシャ港からアンバルリ港へ運営がシフトして以来、ハイダルパシャ港は容量以下で運営され港を閉鎖する計画もある[193]。
2007年現在、アンバルリは都心の西端に位置し年間150万TEUの取扱能力があり地中海沿岸では4番目に大きな貨物ターミナル港である。一方のハイダルパシャ港の取扱能力は354,000TEUである[194][195]。
ズィーティンブルヌ港は自動車道路やアタチュルク国際空港に近いことから利点があり[196]、都市の長期計画で全てのターミナルと道路、鉄道網との相互の接続性を必要としている[197]。
イスタンブルは著名な観光地として観光客数が増加しており、2000年には240万人の外国人観光客が訪れ2010年には700万人の外国人観光客が訪れており世界で10番目に多くの観光客が訪れる都市である[14][198]。イスタンブルはトルコの外国人観光客の4分の1を受け入れ、トルコではアンタルヤに次ぐ国際的なゲートウェイとなっている。イスタンブルの観光業界はヨーロッパ側に集中し、市内の90%以上のホテルはヨーロッパ側に立地している。低中級クラスのホテルはサライブルヌ(英語版)に立地する傾向があり、ハイエンドのホテルは金角湾北側の歓楽街や金融センターに立地する。イスタンブルには70の博物館があるが、もっとも観光客が訪れるのはトプカプ宮殿博物館とアヤソフィアで毎年3,000万ドルの収益をもたらす。市の環境マスタープランでは17の宮殿と64のモスク、49の教会はイスタンブルで歴史的に重要なものであると言及している[199]。
所得分配はイスタンブルでは公平ではなく、20%の最高所得層が64%の資産を利用し20%の最低所得層が4%の資産を利用している[200]。

○金融
イスタンブルは1923年にアンカラが政治的な首都になってからも常に「金融の首都」である。1980年代の特定の市場開放はさらにこの地位を強化した。1986年初め発足したイスタンブル証券取引所 (ISE) は普通株、国債、短期国債、収益分配証明書、債券、民営化の管理で発行される債券と社債取引、夜間の業務を行うために設立されたトルコでは唯一の証券取引所である[201]。
1993年にイスタンブル証券取引所は金市場の自由化を決定し、1995年にイスタンブル金取引所が設立されトルコ中央銀行の金塊の輸入独占は終わりを告げ、金取引は民間部門のメンバーに移された[202]。 レヴェント、マスラクはトルコの大企業や銀行、世界的な金融部門の巨大企業の地域本部が置かれており、シティバンク、メリルリンチ、JPモルガン、HSBCホールディングス、ABNアムロ銀行、フォルティスグループ、INGグループ、BNPパリバ、ソシエテ・ジェネラル、ウニクレーディト・イタリアーノ、ドイツ銀行、コメルツ銀行などがイスタンブルに拠点を置いており、他の金融機関も多く立地している。レヴァントとマスラクの両地区は絶えず成長しダイナミックなスカイラインに変わり、いくつもの新しい超高層ビル計画が提案され認可されており毎年着手されている。

○工業
イスタンブルはトルコの産業の中心で、トルコの労働力の20%を雇用し職場の38%を提供している。これに加えて、イスタンブルはトルコの貿易の55%と卸売りの45%を生み出し、GDPの21.2%、税収の40%、工業生産額の27.5%に寄与している。多くのトルコの大きな生産工場はイスタンブルに立地しており、イスタンブルやその周辺部では木綿や果物、オリーブオイル、絹、タバコなど生産されている。食品加工、織物製品、オイル製品、ゴム製品、金属製品、皮革、電機、ガラス、機械、紙や紙製品、アルコール飲料などはイスタンブル市内の主要な工業製品に含まれる。イスタンブルではまた、自動車やトラックの組み立て工場もある。これらの様々な事業は過去にペンキ工場に近かったため悪化した2008年の花火爆発事故のような災害にも見舞われている[203]。
医薬産業は1952年にレヴェントにエジザルバシュ医薬品工場が設立され始まった[204]。今日では134の企業がトルコの製薬業界でビジネスを行っており、大部分はイスタンブルかその近郊を基盤としている[205]。

○観光
イスタンブルはトルコでも最も重要な観光スポットの1つである。数千ものホテルや他の旅行者中心の産業がイスタンブルにはあり、観光や業務で訪れる両方の旅行者を満たしている。2006年には23,148,669人がトルコを訪れ、ほとんどはイスタンブルやアンタルヤの空港や港を通り入国している[206]。 イスタンブルのアタチュルク国際空港やサビハ・ギョクチェン国際空港を利用しトルコに入国した観光客は2005年の4,849,353人から翌年には5,346,658人に増加している[207]。2011年には急成長しているトルコの観光事業により1,050万人に増加している。2011年のイスタンブルの2つの国際空港は5,000万人以上の旅客を扱っている[208]。
イスタンブルはまた世界の主要な会議の目的地の一つであり、世界有数の国際的な団体や機関にとってはますます人気のある選択肢となっている[209]。イスタンブルの会議の魅力は3つに分かれた会議と展示エリアにより発展した。カンファレンス・ヴァレー(イスタンブルコンベンション・エキシビジョンセンター、イスタンブルヒルトン・コンベンション・エキシビジョンセンター、軍事博物館文化センター・ジェマイルレシィトリーコンサートホール)、空港・エキシビジョン地区 (150,000m2)、CNR国際博覧センターの周辺の展示スペース)、ビジネス・金融地区(多くの分散型のセンターを含む)がある。これらが集まったエリアは宿泊施設、会議場、展示スペースが結合したのが特徴である。これらは個々にでもイスタンブルメトロの輸送を通じて総合的に使うことも出来、10,000人またはそれ以上の参加者に対応している。

参照:Wikipedia「イスタンブル
P R
2013年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
ヤプミー!一覧
読者になる
http://yaplog.jp/mevvre57/index1_0.rdf