小野寺が大北

February 29 [Mon], 2016, 10:32
いわゆる飲食業界の人が異業種への転職を成功させるのは大変だと聞きます。

飲食業界は過酷で、納得のいかないような労働条件で働かされるということが多々あり、今後の生活に危険を感じ飲食業以外で仕事を探すということも稀ではないようです。体調に不備がでてきたら転職はできなくなってしまいますから、転職に挑むのであれば早めに行動しましょう。
転職に成功しない事もあるでしょう。



転職前よりも仕事量がふえたり、仕事量がふえても給料が変わらなかったり、職場のムードにとけこめない事もあるものです。転職が上手くいくには、資料集めを十分に行う事が大切です。また、自らを売り込む力も大切になります。

気持ちが先走る事無く取り組んでください。転職の際、一般的には、有効だと思われている資格に中小企業診断士という資格があります。中小企業診断士の資格をとることで、経営知識を有することが証明されるので自らを会社にとって貴重な戦力だと扱ってもらうことができるでしょう。

法律を熟知する行政書士やお金関する様々な情報を持つファイナンシャルプランナーも、仕事を変わる際に有利になるでしょう。労働時間の長さが原因で辞めた時は「生産性の高い仕事が希望」、やりがいを感じる仕事と思えずに辞めた時は「環境を変え、新しい自分を発見したい」と記載すると良いと思います。言いかえることでネガティブな転職理由も、ポジティブに感じるようにすることもできます。
採用される履歴書の書き方は、150文字から200文字程度で書くようにしましょう。
転職活動は辞職前から行い、転職先が決まってから、辞めるのが一番です。退職してからの方が時間に余裕が持てますし、すぐにでも働き始めることができますが、転職する先がなかなか決まらない可能性もあります。無職の期間が半年以上になると、就職先が減少していきますから、後先を考慮せずに今の仕事を辞めない方が良いでしょう。

思い付きで異業種への転職をしようとしても、転職先を探してみてもすぐにはみつからない場合があるでしょう。転職希望者が老齢である場合を除き、未経験でも転職に成功するような場合もあります。
しかし、30代後半にもなるとほぼ不可能と言っていいでしょう。


とは言ったものの、慢性的に人員不足に陥っているような業種というのは探せばありますので特に労働条件への拘りなどなければ転職できるかもしれません。転職したいと思ったときに、仕事をきちんと探すためには、それだけ時間が掛かってしまうものです。
今の仕事を辞めずに次の仕事を探す場合、転職のために費やせる時間は少なくなるでしょう。そこで、ぜひ活用したいのが転職情報を集めたサイトです。転職サイトでは会員登録することによって自分と一緒に、キャリアコンサルタントと呼ばれるサポートスタッフが一緒になって、仕事探しの手伝いをしてくれます。


転職する場合、履歴書の職歴欄にはどんな相手でも理解できるように書いてください。あなたの今までの業務の内容がわかれば、入社してすぐに活躍できるか、書類選考の際に、人事がより的確に判断できます。同様に、写真はとても重要なものなので、大げさに感じられるかもしれませんが、写真館などで、撮影してもらったほうが、良いものになります。



もし、書き間違いをしてしまったことに気づいたら、新しい履歴書に記入し直しましょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Yuuto
読者になる
2016年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる