管理人 中川メトロ   こちらはあるマンガ読みのつぶやきをつづった日記です。ご感想やご意見などありましたら、ぜひきかせてください。 マナーに反する発言等は削除させていただくこともございますので、あらかじめご了承ください。

2006年06月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:metoro-n
読者になる
Yapme!一覧
読者になる
開通!ブログ名由来 / 2006年06月22日(木)
マンガが大好きで日々マンガについて考えています。
 
  まず、初めなのでタイトルの由来から。
「をとめく」というブログ名は当初「おとめく」でした。
これは「おとめ」「オタク」「ときめく」をかけたものです。
早速ネットで検索しますと、すでにどなたかが発見していらっしゃっいました。
その方は、「おとめ」と「ときめく」の造語でつかっていらっしゃったのですが。
ですので、「おとめく」という言葉を使っていいものかしら…、という不安がうまれ、
かつ、オタクという言葉を使うことに抵抗があったため、「をとめく」になりました。
  最近、やおい等を読む女性に注目があつまり、『女子オタク研究』などの出版物も出ていますよね。
私はこの「女子オタク」という言葉に抵抗があります。
なぜなら、このやおい等の少女文化は「24年組」に端を発し、30年近い歴史をもっているのに、
それが、ここにきてオタクの亜種であるかのような扱いをうけるのは、どうしてもしっくり来ないのです。
  しかしながら、この少女文化がもはや不可視の領域にとどまることを許されない以上、
その当事者たちには名前が必要です。
現在は「腐女子」という言葉がけっこう広くつかわれています。
私はこの言葉の起源を知らないのですが、造ったのが当事者であれ、それ以外であれ、
今、当事者の人が自分を表現するときにこの言葉を使うのを、まま耳にします。
  しかし、私はこの言葉を使うことにも躊躇してしまいました。
それで、上記のような「オタク」という言葉への抵抗感がありながらも、
「オタク」という既存の言葉にたよろうとしたのです。
  しかしながら、それへの最後の抵抗として、オタクの「お」を「を」にかえました。
私の敬愛する「三浦しをん」さんの「を」の字です。
  言葉がないって本当にしんどいことです。
  明日からマンガについていろいろ書いていきたいです。
  よろしくおねがいします!
 
   
Posted at 03:49 / マンガ / この記事のURL
コメント(0)
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
 
 
Powered by yaplog!