「カモシカのような足」 

2005年10月06日(木) 21時25分
秋・冬は特におしゃれが楽しい季節です

ということで、お買い物しに久々にまちに繰り出しました。


今更ですが、まちを歩いてると、背が高くて足も長い女の子がいっぱいです。
いいなぁ・・・(> <)!!!最近のコは違うなぁ!!!!

何を隠そうナシエの慎重は 153.9cm
スタイルも、残念な仕上がり


で、「カモシカのような足」になりたいなっ♪ってなことを書こうかと思ったんやけど、そういえば、カモシカってこれ↓ですよね。







あんまり細くも長くもないな。


どっちかっていうと親近感がもてる。


・・・・・・・・・。



脱・カモシカ祈願。

内定式A 

2005年10月04日(火) 23時42分
朝6時におきてゆっくり朝食ブッフェを楽しんでから、企業用TOEIC。
いつもに増してヤバイ結果がでる予感。
しかも、会社で勝手に処理してくれればいいのに、結果を郵送しやがるそうです。
あぁ〜やだなぁ〜〜。そんなんいらんのにぃ〜

ま、入社式でまた受けるそうなので、いっか。そんときはもうちょっとマシな仕上がりにしたいな。要は、点数よりも伸び幅ですよ。

もしくは、点数よりも気に入られ度ですよ。
(これはナシエ苦手やなぁ・・)

あっ、なんか考え方が汚染されてるかんじ。

本当にステキな人は、多少不器用でも、やっぱりどこでも認められてるような気がするので、処世術にばっか気をとられないようにしなきゃね。

処世術だけじゃうすっぺらいもんね。

っていうか、色んな能力あってこその処世術やもんね。

処世術に長けてる=気に入られる。でもないしね。いまどき。

TOEIC後、正式な内定通知をいただいて、解散。
内定者たちと味噌カツ食べてから帰りました。

内定式 

2005年10月03日(月) 22時12分
朝、彼と一緒に新幹線にのって、名古屋へ(彼は東京へ)。

コミュニケーション能力に欠けるナシエにとって、気の置ける人たち約150名とのコミュニティづくりは憂鬱以外のなにものでもありません。

って、うっわぁ・・・のっけから嫌なテンションですな。。

新幹線でも登校拒否児チックな気分やったけど、まぁ、気の合う内定者もいるし、横に彼がいてくれたので、なんとか登校できました。


@グループワーク。グループ対抗コンビニ展開ゲーム。超おもしろかった!!

A立食パーティ。えらい人の発言が気になったんですが、オンラインで述べる度胸はナイです。。内定者たちとの交流は楽しめました。すごく気の合う子がいて嬉しかった☆☆☆

B二次会。立食パーティと同様の感想。


会社が用意した部屋は、マリオットの46階。高っ
49階までが客室やから、フツウの(スウィ〜トとかじゃない)部屋ん中では1番高いかも(>_<)?!とか同室の子ときゃあきゃあ言いながら、夜景やガラス張りシャワー室つきバスルームの写メをとって、騒ぎ疲れて就寝。




きのうから憂鬱な気分やったくせに、もう「来てよかった」と思ってるナシエ。

とりあえずやってみると、「やって良かった」と思うことって多いな。
てかほとんどの事がそうなんやろうな。
何かしら、楽しさとか、学ぶこととかあるんやろうな。

頭ではそう分かっているつもりなのに、ナシエはどうしてこんな怖がりなんやろ。
新しいこと、自信ないことに対してネガティブになってしまうんやろ。

損な性格は直していかないと。

もっとタフにならないと。

気が利かない。 

2005年10月01日(土) 23時05分
夕方、彼が上洛。約半月ぶりの再会で、めちゃめちゃ嬉しかった。

すしが食べたいということでかっぱ寿司(おいっ)行って、マンガ喫茶(おいおいっ)のマッサージ席で3時間すごしてから帰宅。

彼は最近からだの調子が良くないので、ナシエにできることをしたい。

こんなん彼女として当たり前のことやのに、こんなときこそ癒せる存在になりたいのに、もっといろいろできたんちゃうかな、とか、もっと気の利いたこと言えよ、自分!とか思って自己嫌悪ぎみです。

ついに帰国日 

2005年09月28日(水) 22時07分
はやいもんですなぁ。

午前9時過ぎのフライトやったので、色々な時間を考慮した結果5:45に起きて、6時20分にはチェックアウトする予定でした。

なのに、目覚めたのは6:15。ぐはぁ。

というわけでノーメイクで強制的に出発。
なんてこったい。

出国審査でもたついたけど、まぁ、なんとか間に合ったので、良かったです☆

あっという間に関空に戻ってきてしまって、なんだか残念。もっと滞在していたい気分でした。
でもあっさりしたごはんも食べたかったので、まぁいっか。

また行けるといいな・・・(*^ー^*)

色々思い返しつつ、爆睡(_ _)。oO

上海7日目 

2005年09月27日(火) 21時03分
午前は、中国の鉄鋼最大手である宝鋼集団のだだっぴろい工場を見学。

知識がないので、専門的な評価はできない(あ、でも機械がストップしたとこを見てしまった。)けど、敷地がめっちゃくちゃ広いということだけはわかりました。

1つめの工場を見学してるときトイレにいきたくなって、次の工場でお手洗い借りようと思ったら、いつまでたってもバスが止まらず、ついには会社の方に「我慢できません」と申告せざるをえなくなるぐらい、広かったです。

お昼ごはんは羊肉&牛肉のしゃぶしゃぶ☆肉もスープも美味しかったなぁ

午後はShanghai Supercomputer Centerを見学、世界でトップ10に入る程の性能のスーパーコンピュータをもつ会社。まさにその、すごいコンピュータをみせてくれた。もちろん撮影禁止。
GRIDの話が面白かったけど、別に新しい話ではないらしいね。バカちんナシエは初耳やったんやもん。。。えーん。ばかー。ぶたー。

で、午後は例のごとく女3人でショッピング。

しかぁし!!買い物を終えようとした頃、悲劇は起こりました。

そぅ、ナシエはアレをやってしまったのです。

・・・つ、つまり・・・




クレジットカード紛失。



まさか、まさか。

いくらバカちんだからって。

慌てふためくナシエ。

紛失してから30分、なんとかカードを止めることに成功。
よっぽど焦ってたんでしょう、やっとのことで電話がつながったときのナシエの第一声は

「パスポートなくしました。」

こらこら、違うでしょっ。めっ。


で、次は警察に届けなければ。ということで110番。
ただでさえ分からない英語が、焦っててさらに分からない。

なんとか理解してもらい、ナシエのとこまで来てくれて、交番につれてってくれた。とってもやさしい警官で、椅子を引いてくれたり、何気ない話をして和ませてくれたりした。ナシエが書類を書き間違えてやり直しになっても、笑って待っててくれた。

もう、ほんとに感動しました。お兄さん、どうもありがとぅm(_ _)m

つきあわせちゃった2人にはほんっっとに申し訳なかったけど、いい経験したなぁとさえ思います。

でも、しばらくカードは使いたくないっす・・・

上海6日目 

2005年09月26日(月) 14時12分
今日は一日SHA○Pの見学。
なんか勘違いしてるのか、先生の力なのか知らんけど、すごくいい待遇でした。


SHA○P側が手配してくれたベンツのバスに乗り込み、四つ星ドライバーの運転により工場へ。

ワーカーの平均年齢はなんと20.5歳で、女性が8割ぐらい。工場労働が高校の単位取得にかわるシステムがあるそう。
ナシエよりずっと年下の女の子たちが黙々と単純作業をこなす姿を見ていると、とても複雑な気分になりました。


工場を一通り見せてもらった後、販売会社へ移動。なんと、SHA○Pの中国総代表が迎えてくれました。総代表の話はSHA○Pや業界のことだけでなく、中国市場、中国という国にまで及ぶもので、本当に面白かったぁ。

彼は、中国と日本の間に国交がなかった大学時代になぜか中国語を専攻したことを、「いい中国株をかった」と表現しました。
アジア各国や中東で経験を積み、中国にきて、規制や悪習などで痛い目にあいながらもSHA○Pを発展させてきた、そういう彼が言ったこの一言が心にのこりました。

また、こんなにも多様な民族が同じ国を名乗って同じお金が通用すること自体、すごいことなんだと言ってました。格差問題はどうなのか、とかばっかり考えていたナシエは、目から鱗が落ちる思いでした。

夕食はみんなで中華。中華はやっぱ大人数で食べるのがいいね
大皿料理は、弱肉強食のゼミ社会での争奪戦。
そんなに回らんでもっていうぐらい、テーブルが回ってました笑

で、女3人でデパートで買い物して、夜景を見て、帰宅。

上海5日目 

2005年09月25日(日) 23時26分
二度寝したら超キモチよかった☆

静安寺というお寺へ。本当、中国人の仏教信仰はあつい。
山吹色が美しいお寺でした。

徒歩で毛太設計という、静かで緑がきれいな通りにあるショップへ。毛沢東グッズと上海ブランド小物がずらり。コインケースとストールを購入。
財布の紐がゆるんでしまいました・・・

タクシーで伊勢丹にいって最上階で茶葉を購入。
日本語をとても滑らかに話す店員さんがいて良かった☆
でも、にこやかに品物をつつんでくれているときに、急に

「座れ」

とか言われてマジびびった。


ま、「座って色んなお茶を試していってくださいね」ってことだったんやけど。小心者のナシエはドキドキがおさまらなかったよ
やっぱ敬語って難しいんやなぁ。。

お昼ごはんは楊家厨房で蟹豆腐と、やわらか〜い骨付き牛肉と、蟹の小龍包。すごくおいしくて、大満足♪♪♪

で、カシミアのお店、その名もCashmere Loverへ。
ほんっとにステキな色&デザインの服がいっぱい!!!
しかも、とっても肌触りのいいカシミヤが1万円かからない。
最高!!!!
二着購入しました


その後、復旦大学へ。というのも、今日はゼミ生と合流する日なのです。

復旦大学は、「北の北京、南の復旦」といわれる、中国の大学の双璧の1つ。
中国は日本と比べて面積26倍、人口10倍。
「東の東京、西の京都」とは迫力が違うなぁ。

大学の施設に泊まるってことで、あまり期待してなかったんやけど、泊まってたホテルとほとんど変わらない、ぴかぴかのゲストハウスでした。さすが・・・。

先生とゼミ生たちに合流してから、台湾料理を食べにいきました。

上海4日目 

2005年09月24日(土) 23時54分
午前中は上海博物館をじっくり見学。

陶磁器(各時代の名品ばかり)
少数民族の文化(1国の中にあれほどの多様性があるのは面白い)
書(漢字はなんとなく意味がわかって面白い)

など、興味深いものがたくさんありました。

午後は、孫文故居に行ったけど入れなかったので、中国共産党第一回全国大会が開かれたという一大会址を見学。農村に侵攻する軍の写真とか、集会所になっていた船の写真とかが印象的でした。

んで、魯迅公園というめちゃめちゃ広い公園にタクシーを走らせる。
のどかでステキやったけど、やっぱり、見た感じも、英語ができる人の割合も、ブランド街を歩いている人とは明らかに違いました。

魯迅の墓と像をみた後、すぐ近くの多倫路文化名人街という散策路へ。
露店でHow much is this ? って言ったときの、客の驚き様に驚きでした。

中心街へ戻って、マックでトイレに行ったとき、荷物をトイレに置いてきてしまう。やばい〜(T_T)と思って5分後に戻ると(買い物した品全部入ってたので、既に半泣き)、

・・・ちゃんとあるやんか。

やっぱ街は治安いいんやなぁ。すっごく驚きました。

梅龍鎮酒家で麻婆豆腐と、豚の耳と、フカヒレ入りカニ玉みたいのを食べる。おいしかったけど、香酢は慣れるまでは微妙やね笑

その後、浦東から外灘の夜景を満喫。
租界時代の趣に加え、現代の上海のパワーを感じる景色でした。

日帰りで蘇州へ 

2005年09月23日(金) 23時03分
鉄道で1時間ちょっとのまち、蘇州へ。
東洋のヴェネツィアとして知られる水の都です。

まずは寒山寺。もともと漢文かなんかで寒山・拾得っていう名前をしっていたので、興味津々。高貴な色、黄色の布をまとった僧たちが歩き、お経が流れる、静かなお寺でした。

この旅行で初めてのお寺やったんやけど、中国人の深い仏教信仰をかんじました。
日本では古いお寺の年季の入った仏像を観光するけど、中国ではそんなこと関係ない。最近塗り替えたであろう、ピカピカでカラフルな仏像に、老人も若い女の子も、ひざをついて頭をすりつけて祈ってました。

・・・しかし、気になったのが、飾ってあった寒山と拾得の絵。

僧。しかも高僧。

なのに・・・・



えっらい太っとるがな。


いいの?これでいいの?
この人たち、調子乗ってブクブクいっちゃったんじゃないの?

まぁ、いっか。


その後、たくさんの庭園や、虎丘とよばれる墓などを訪ねました。

んで、ケンタッキーで電車までの時間をつぶす。となりに座ってたお姉さんが英語のできる人だったので少し会話。お姉さんの上司が今日本にいってるだとか、ナシエたちも来年から社会人だとか。あと、店内に流れてた曲が気に入ったので曲名教えてもらったり。

あとは、上海に戻ってゆっくり休むだけ。

しかし!!

蘇州駅でトイレにいってしまったのがナシエの運のつきでした。

トイレ前で3元とられる。→まぁ、海外ではよくあること。許す。

なんか臭い。→まぁまぁ、仕方ないか。

鍵がしまらない。→えっ?

ゆえに、ドアをあけて空いてるかどうか確認するしかない。

3名ほどの行為を邪魔してしまう。→ごめんなさい。

便器(っていうか溝)が、全部の個室を貫通。→もう驚かない。


こんな感じのトイレでお花を摘んで、電車へ急ぐナシエでした。
2005年10月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
http://yaplog.jp/metiser/index1_0.rdf
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:metiser
読者になる
Yapme!一覧
読者になる