【 更新情報 】

 

メタボリックシンドロームとメタボ検診

メタボリックシンドロームのメタボリックとは、元々は代謝を意味するメタボリズムの事を指し、代謝異常や代謝障害という意味を持つようになりました。そこにシンドローム(症候群)が加わる事で、代謝異常症候群という意味になります。

つまり、メタボリックシンドロームというのは、代謝異常を引き起こす病気が重なっている状態の事を指しています。

定義としては、肥満に加え、高血圧、高血糖、高脂血症の状態が2つ以上重なった状態の事を指すという事になります。肥満や高血圧の基準は国によって違いますが、日本の場合は以下の基準が設けられています。

・肥満:腹囲が男性85cm以上、女性90cm以上の状態若しくはBMIが25以上
・高血圧:収縮期血圧(上)が130mmHg、拡張期血圧(下)が85mmHg以上
・高血糖:空腹時の血糖値が110mg/dl以上
・高脂血症:中性脂肪値が150mg/dl以上若しくは善玉(HDL)コレステロール値が40mg/dl未満

この条件を肥満+他のどれか一つが満たしている場合は、メタボという判断が下され、メタボ検診における指導を受ける事になります。2008年4月からメタボ検診が義務化されます。

メタボ検診とは、特定健康診査および特定保険指導の事です。メタボ検診は、国民健康保険を運営する市区町村、企業の健康保険組合などといったところで採用が義務付けられており、40歳〜74歳の健康保険加入者は必ず受ける必要があります。

メタボ検診で検査するのは、腹囲、血圧、血糖値、コレステロール値の4項目で、これらの項目に問題があると判断された場合、医師や保健士、または管理栄養士といった専門家と面接を行い、改善方法を一緒になって検討するという流れになります。

メタボと食事方法や食べ物

2008年4月からのメタボ検診の義務化に伴い、メタボリックシンドロームが大きな関心になっています。そうなると、そこでクローズアップされるのは、メタボリックシンドロームに対する予防方法です。その中でも特に大切になってくるのは、食事に関する情報でしょう。

現在においても、メタボリックシンドロームの予防として優れている食材や料理に関する情報は氾濫気味ですが、食事方法についてはあまり注目されていません。しかし、食事方法も実は非常に重要なのです。同じ物を食べる場合であっても、どのような姿勢で食べるか、どれだけ噛むか、何時食べるかで摂取される栄養量が変わってくるからです。

まずは、食事は良く噛むことが大事です。噛めば噛むほど満腹中枢が満たされるので、量を抑える効果があります。次に姿勢も重要です。寝ながらなど悪い姿勢で食べると、栄養の吸収が弱くなります。また、食事時間も、規則正しくしないと、消化器官が活発に働いてくれません。

規則正しい食生活というのは健康な生活を送る上で大切ですが、メタボ検診に備え、こういった食事方法についても、今後見直していく必要があるでしょう。

また食べ物として、一番身体に悪いのは、ジャンクフードやスナック菓子です。これらを過剰に摂取する事が原因で、悪質な脂肪が溜まり、腹囲やコレステロール値が平均値よりも大きく上がってしまいます。

そこでお勧めなのが和食です。和食は非常に栄養バランスの良い食事です。塩分の高めにさえ気をつければ、和食こそが人間の体にとって最も優れた食事なのです。

特に海藻類、根野菜はとても身体に良く、メタボ体質の改善にも繋がります。メタボ検診の為に食事療法を行うというのは本末転倒のような気もしますが、結果的には自己の健康に対する認識が高まる訳ですから、問題はありません。

メタボと運動

メタボ検診によって検査される項目は、運動によってその値を改善する事が可能です。メタボリックシンドロームの予防や治療には、運動が大変有効ですので、検診を受けるにあたり、運動する事を習慣付けてみてはいかがでしょうか。

メタボリックシンドロームは、内臓脂肪を減らす事によって予防できますが、この内臓脂肪は、皮下脂肪と比較しても落としやすいといわれています。内臓脂肪は、運動によって落とすのが最も効果的とされています。では、どういった運動が内臓脂肪を落とすのには良いとされているのでしょうか。

良く、お腹を引っ込めるために腹筋運動をしている人が多いですが、腹筋はあくまでも腹筋を鍛える為の運動であり、メタボ防止にはあまり効率的とはいえません。もちろんやって損をするという事はありませんが、内臓脂肪を落とすのであれば、最も有効なのは、有酸素運動の継続です。

激しい運動を10分するよりも、ウォーキングを1時間した方がメタボ防止には効率が良いのです。何より、運動が苦手だったり、お年を召している人にとっても、ただ歩くだけで効果が出るというのは嬉しい事実です。

時間が掛かるというデメリットも、健康状態を保つためだけでなく、精神的にゆとりを持たせるという意味でも決してマイナスばかりではありません。メタボ検診が始まる事をきっかけに、毎朝30分でもウォーキングを行うだけで、随分結果が変わってくるかと思いますので、是非実践してみてください。

メタボ検診の義務化によって、自分の体型にルーズな認識だった人たちには一つの転機を迎えることになります。せっかくの機会なのですから、メタボ検診も有効に活用してみてはいかがでしょう。

中性脂肪・コレステロールとは

中性脂肪はよくダイエットや健康の敵であるというようにされていますが、しかし脂肪は、大切なエネルギー源にもなり、内臓を衝撃から守り、体温を保持するという働きもするため、健康の為には適度に必要なものであるといえます。

中性脂肪は、脂肪組織の中で最も多くありますが、糖質の2倍を越えるエネルギーを持っており、身体は非常時にそなえて、この脂肪を貯めこむ癖を持っています。中性脂肪は、食事で取って吸収されず残った分が蓄積される以外に、体内でも作られています。

身体についている脂肪組織の総称が「体脂肪」で、体脂肪のもとがこの「中性脂肪」です。中性脂肪の仲間には、コレステロールやリン脂質があります。

コレステロールは、血液中に分布しているイメージが強いですが、脳、筋肉、脂肪細胞内臓など全身に分布しており、細胞膜を維持するという役割をしています。また、筋肉などを高めるホルモンや、食物の消化などを助ける胆汁の材料でもありますので、人の身体には不可欠な存在ともいえます。

コレステロールは一般に「善玉」、「悪玉」などとも呼ばれています。「悪玉」の場合は、コレステロールを各細胞に運ぶ働きはあるのですが、余分なコレステロールの回収機能が無いために、血液中にコレステロールがたまってしまうことから「悪玉」と呼ばれているようです。

中性脂肪もコレステロールも身体にとって重要な役割をする反面貯め込み過ぎると、どちらも動脈硬化などの原因になってしまいます。しかし、過剰な蓄積と言っても、初期症状や自覚症状が見られるものではないので、健康診断の結果などに注意して早めに対処する事が必要なようです。

中性脂肪・コレステロールの予防と対策

中性脂肪は身体にとって必要な脂肪でもありますが、現代では中性脂肪の過剰な貯め込みによっては様々な病気を引き起こす事でも知られています。

それらの病気は無症状で進行する事が知られているため、日頃の生活習慣の改善が必要となってきます。中性脂肪の増え過ぎを抑制するために効果的なことといえば、食生活の改善と適度な運動と言われています。

食生活の改善と言うと、食事バランスの改善や、油物や糖分の多いものを控えるといった事が思い浮かびますが、その他にも中性脂肪を減らすと言われている成分を食事に取り入れる事もひとつの方法です。

まず、緑茶の葉などに含まれるの苦味成分でもあるカテキンですが、カテキンはココア、赤ワインにも含まれているポリフェノールの仲間とされており、抗酸化作用を持っています。緑茶を食生活に取り入れると良いようですが、緑茶の抗酸化作用は飲んだ後だいたい2時間ほど継続するそうなので、1日に何回も飲むといった方法が良いようです。

カテキンの抗酸化作用により、悪玉コレステロールの酸化を防ぎ、酸化による病気の発生を抑制する事ができるようです。こまめな水分補給は大切だと言われていますが、その水分補給を緑茶にしてみると、水+抗酸化なので最も日常生活に取り入れやすい抗酸化作用のある食品であると言えそうです。

他にサバ、サンマ、イワシ、カツオ、アジなどに多く含まれているEPAという成分は、中性脂肪、コレステロールを減少させる働きがあると言われています。現在では、青魚の缶詰なども多く出回っているので、そういうものを利用するのも良さそうです。

オリーブオイル、ゴマ油、菜種油などに多く含まれる成分のオレイン酸も、コレステロールの悪玉を下げて善玉を上げる働きをするそうです。

中性脂肪とお茶

現代の日本では、ペットボトルのお茶などもかなり多くの種類が販売されていて様々なお茶を楽しむ事ができます。いくつか機能性も兼ね備えたお茶というのも見かける事ができます。

そんな中でも今回特に注目したいのはサントリーの「黒烏龍茶」です。「中性脂肪に告ぐ」のCMでも有名な黒烏龍茶ですが、もともと烏龍茶は中国でも日本でも健康に良いお茶として親しまれてきたお茶ですが、健康への力が科学的に証明されたのがサントリーの黒烏龍茶だそうです。

黒烏龍茶に含まれている烏龍茶重合ポリフェノールという成分は、食事と共に摂ると、食事の脂肪吸収を抑制し、食後の中性脂肪上昇も抑制する働きをすると言われています。

特定保健用食品でもあります。特定保健用食品とは、厚生労働省が科学的に健康の維持や促進に役立つと認めた食品の事です。

その黒烏龍茶の「黒」は、脂肪の吸収抑制の効果が高い成分の烏龍茶重合ポリフェノールを多く含む黒烏龍茶は、通常の烏龍茶より黒い色が濃い事からついています。後味のすっきりした、苦味、渋みが少なく、さっぱりとした味わいの烏龍茶ですので、どんな食事にもピッタリな飲み物です。

食事の際の摂取目安量は1食につき350mlとされていますので、小さめのペットボトル1本を飲めば良いという事になります。

やはり中性脂肪減少には、適度な運動が必要ですので、ウォーキング、ジョギング、サイクリング、エアロビクス、水泳などの有酸素運動もお勧めします。