相互リンク 

2009年12月07日(月) 14時14分
プルオイ 口コミ効果サイト
ディセンシア 口コミ サイト
yamaha msp3 レビュー 価格サイト
ヴァイタミンワールド プラセンタ100 口コミ
養蜂堂 マカ王 口コミサイト
ルイボスティー効能・効果 口コミ情報サイト
ボールペン型 ボイスレコーダー PC対応


メタボ健診のペナルティーについて 

2009年10月13日(火) 14時33分
メタボだと保険料が上がる?
こんなことがよく言われていますが、これはどういった仕組みなのでしょうか。

平成20年度から義務化されたメタボ健診ですが、受診率や検診後の保健指導において改善が見られなかった場合、健康保険組合や市町村に対して後期高齢者医療制度への支援金が増額されるというペナルティーが与えられます。
そして、それにともない保険料も上がるというものです。
このペナルティーですが、なぜメタボ健診を受けた個人ではなく、組合などの団体に科せられるのでしょう。
健康保険組合がペナルティーを受け、全体として保険料が上がるとなると、自分のせいで会社に迷惑をかけてはいけないとメタボ健診で引っかからないよう努力する人も増えるでしょう。
また企業側もメタボ対策へのサポートを強力に行なってくれることでしょう。

ペナルティーをつけてまでメタボ健診を義務化していくことは決して望ましいかたちではないかもしれません。
しかしそこまでしないとわざわざ自分の健康診断を受けようと思わない人もいるでしょうし、日々の忙しさに追われて病気の予防は後回しになってしまう人も多いと思います。
メタボ自体は病気ではなく、いきなり危険な状態に陥るわけではないので、おそらくそれほど重大な症状だと認識されにくいのでしょう。
もしメタボ予備軍に入っていても、少し生活に気を配れば内臓脂肪は落ちやすいものです。
しかし自分がメタボであるかどうか、ということにさえ興味がなければ、症状は悪化し最終的には命に関わる病気になる可能性もあります。

ペナルティーが科せられると言っても、自分のメタボが改善されれば問題ないわけですから、日々の生活習慣を見直してメタボ予防に努めましょう。

BMI値の測定 

2009年10月09日(金) 14時29分
皆さんはBMIという言葉を聞いたことがありますか?
健康志向が広まり、自分の体調管理を日々行なっている人が増えてくる中で、BMIとは肥満度か何かをあらわすらしい、ということは知られてきています。
BMIとは、体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)から算出される値で、体格を示す数字になります。
標準値は22で、日本ではこの値で病気になる率が最小になるそうです。
BMI値が25を超えると肥満気味であると判断されます。

平成20年度から始まったメタボ健診では、このBMI値の測定も検査項目として含まれています。
BMI値を計算すれば肥満度がわかるなら、わざわざ腹囲を測らなくてもいいじゃないか、と思う人もいるかもしれません。
しかしBMI値では、全体的な体型が肥満型であるかどうかの判断は可能でも、内臓に脂肪がついているかどうかまでは判断できないのです。
メタボとは内臓脂肪症候群のことですので、単に太っているかどうかではなく、内臓に蓄積されている脂肪量が判断基準となるのでBMI測定と併せて腹囲測定も必要になってくるのです。

よってBMI値が25を超えても、それだけでメタボ対策指導の対象者にはなりませんが、肥満傾向であることは確かなので何かしら自分で対策を練る必要はあります。
肥満は生活習慣病を引き起こす大きな要因になります。
メタボの人が多い会社は将来保険料が上がるなどという話もありますが、会社に限らず個人個人が病気になって医療費が上がれば、保険料も上がる可能性が出てきます。
BMI値は特別な検査をしなくても自分で算出できる値です。
将来大きな病気をしないためにも、自分のBMI値を把握して、食事や運動に気を配って過ごしてくださいね。

メタボ健診の義務化と罰則 

2009年10月08日(木) 15時51分
平成20年4月から、厚生労働省によってメタボ健診の義務化が始まりました。
メタボだと保険料が高くなる、などという話は出てきても、一体どういう仕組みでメタボ検診が行なわれるのか詳しく知らされないまま始まってしまった観があります。
義務化と言われるからには、何か守らないと処罰されるのではないかと心配になる人もいるでしょうね。

メタボ健診の対象年齢は40歳から74歳の人で、将来生活習慣病になるリスクの高い人(メタボの人)を発見し、生活習慣を改めて病気を未然に防ごうというのが目的のひとつです。
メタボだからと言って今すぐ病気になるわけではないので、何も検診を義務にしなくてもよいのでは、と感じる人もいると思います。
確かに、メタボや予備軍の人は、特にこれと言って体調が悪いわけでもなく危機感はあまり感じられませんよね。
しかしそのままからだを放置して生活習慣を変えないと、将来的に命に関わる病気を患う可能性が非常に高くなってしまう人たちなのです。
そうならないために、健診を義務化してリスクを減らそうというのです。

メタボ健診を受けるのは義務ですが、受けなかったからといって個人的に罰金を払うなどという決まりは今のところありません。
しかし健康保険組合や共済組合、市町村には、受診率が改善されないなどの理由によって金銭的な負担が科せられるようになっています。
将来的には医療費を抑え、保険料も抑えられるかもしれないこの健診、せっかくですから自分の健康のためにもいい機会として積極的に受けてほしいと思います。

メタボ対喫煙について 

2009年10月06日(火) 15時40分
2008年4月から特定健診(メタボ健診)が義務化されたのですが、これについては始動した今でも賛否両論あるようです。
生活習慣病にかかる可能性を早期に発見して適切な指導を行ない未然に病気を防ぐため、そして将来の医療費を抑えるため、ともっともな目的があり、納得もできます。
しかし、この取り組みが果たして妥当なのかどうか、それは疑問が残るところでもあります。

疑問点として挙げられるのは、健診受診率やメタボ減少率に改善が見られなかった場合にペナルティーが科せられることです。
これは健診を行なう医療保険者にかかる負担金が増額されるもので、メタボと診断された個人に直接罰則金が請求されるわけではありません。
この負担金というのは後期高齢者医療への支援金なのですが、メタボ健診を進めるためのペナルティーとされると、「メタボ=肥満」と認識されている社会では、太っている人を疎外する風潮になってしまわないか不安があります。
この制度のために保険料が上がるなんていうことが起きれば、太っている人に対して「あなたがいるから保険料が高くなる」などと言う人も出てくるかもしれません。

メタボと同様に生活習慣病に大きく影響を及ぼすものに「喫煙」があります。
喫煙は肥満と違って本人のみならず、周囲の人も巻き込んで健康に害を及ぼします。
本来なら、国を挙げてメタボ対策に乗り出す前に、喫煙対策を行なうほうが妥当だったのかもしれません。

・・・とここでメタボ対策か喫煙対策か、と議論するより、やはり自分のからだのことですから、自分で気をつけていきたいですよね。
義務化されたメタボ健診ですが、せっかくの機会ですから積極的に受け、これからの健康習慣に役立てていきたいものですね。

死亡保障から医療保障へ 

2009年10月05日(月) 16時51分
世間のメタボへの関心が広まるにつれて、人々が保険に対して求めるものが、死亡保障から医療保障へと変わってきているようです。
メタボになると生活習慣病にかかるリスクが高くなる、と言われますが、医療保険にもこれら生活習慣病に対応した保障を組み込んだものが多く発売されるようになりました。
3大疾病と言われるがん、脳卒中、心筋梗塞に加え、高血圧や糖尿病などの生活習慣病を保障する商品などが発売され、これらの保険の契約が伸びているようです。

このように現在のニーズに合った医療保険が多数あることは安心なことですが、気になるのは保険料です。
例えば入院保障について、すべての入院時に長期保障をつけると保険料がぐんと高くなってしまいます。
そのため、生活習慣病保険は通常の入院時の限度日数と、生活習慣病での入院時の限度日数を分けて設定してあります。
多くの保険会社から、既存の保険に生活習慣病の保障をプラスした商品なども発売されています。
こうして合理的に保障が得られるようになっています。

メタボに不安を感じ、対策として医療保険に入ろうという人は、保障内容と保険料をよく比較して、これはというものがあれば加入するのもよいかもしれません。
しかし給付金は特定の条件に当てはまれば受け取れますが、生活習慣病にかかったからと言って必ずしも受け取れるお金ではありません。
医療保険への加入はあくまで保険、まずは毎日の生活習慣を整えることからメタボ対策を始めてくださいね。

洋ナシ体型とリンゴ体型 

2009年10月01日(木) 15時10分
肥満について少しでも関心のある人や、ダイエットを試みたことのある人は、肥満のタイプに「皮下脂肪型」と「内臓脂肪型」があることをご存知かもしれません。
皮下脂肪型の肥満は、俗に言われる洋ナシ型体型で、お尻や太ももなど下半身に脂肪がつきます。
こちらは女性に多いタイプです。
逆に内臓脂肪型の肥満は男性に多く、腹部に脂肪が蓄積しリンゴ型の体型になります。

メタボと聞くと単に太った人をイメージする人が多いと思いますが、肥満のタイプで言うと、メタボは内臓脂肪型(リンゴ型)の肥満になります。
皮下脂肪ではなく、内臓に脂肪がつくことで生活習慣病にかかるリスクが高くなるようです。

CTスキャンでお腹まわりの断面図を見ると、洋ナシ体型の人では皮膚のすぐ下に脂肪が多く、臓器のまわりにはあまりついていないそうです。
逆にリンゴ体型の人では皮下よりも臓器のまわりに脂肪がたくさんついているのが見てよくわかるそうです。

勤務先での健康診断にメタボ健診が加わることになり、腹囲の測定が始まります。
日頃から自分の体型を気にしている人には、ちょっと酷な健診かもしれませんが、これを機会に肥満解消に向けての対策をとってはいかがでしょう。
メタボ健診の結果によっては、保険料が上がってしまうかもしれないという話もあります。
保険料アップを会社全体の連帯責任で負うことに対して、「社員の健康管理は会社の責任」と言われることもありますが、やはり自分のからだですから自己責任でしょう。
メタボ健診前に、なんとかリンゴ体型を改善しておきたいものです。

継続的な健康管理 

2009年09月28日(月) 16時54分
近年、生活習慣病の患者が増え、それに関わる医療費が全体のおよそ3割を占めており、医療分野の財政に大きな影響を与えているようです。
それにより、保険料が引き上げられることも心配されており、各個人の生活習慣病予防が大切な課題となってきています。

これら生活習慣病予防に対する国の取り組みの一つとして、平成20年度から義務付けられているメタボ健診があります。
この新しい健診により、メタボなど生活習慣病の予備軍の人を発見し、早くから指導を行ない、生活習慣病の増加を食い止めようとするものです。

メタボ健診と保健指導は、医療保険者が行なうこととされており、継続的に健康管理ができるものになっています。
また医療保険者が検診を行なうため、受診の有無を把握したり保健指導のためのデータ分析などがしやすくなります。
保健指導の効果により各保険者に負担金が科せられることになるので、データ管理は継続して確実に行なう必要があります。
負担金の増額が保険料にも影響してくるとなれば、各個人も自分自身のデータが今まで以上に気になるかもしれませんね。
この点においても、受診者に渡される検診結果の様式が統一されるため、転職や引越しなどで加入する保険者が変わっても自分の検診経過を継続して把握できるので安心です。

メタボと診断されただけでは、何をどうしてよいのか行動に移せない人もいると思います。
これまでの健康診断のように「要観察」では終わらせず、継続的な保健指導を受けてメタボを解消し、生活習慣病を未然に防ぎましょう。

子どもにもメタボ対策 

2009年09月09日(水) 16時31分
もうメタボ健診を受けた人はいますか?
平成20年度より義務化された、このメタボ健診ですが、対象年齢は40歳から74歳となっています。
しかし、実際にはもっと若い年齢からメタボの危険性を持った人も増えてきています。
そのため、企業によっては国が指定する対象年齢の幅を超えて健診を受けさせてくれるところもあるようです。
5年後に受診率やメタボ社員に改善がみられなかったら、その健康保険組合が高齢者医療に支払う支援金が増額されると言われているため、企業側も社員の健康管理には真剣に取り組んでいます。
また医療費が上がることによって保険料がアップしてしまうと、社員個人の生活も圧迫されてしまいます。

若い人のメタボが増えてきているのですが、20代、30代ならまだしも、10代からメタボの仲間入りをしてしまっている子どももいるのです。
国も、小中学生のメタボの基準を設けました。
なんだか日本の将来を暗示するようで悲しくもありますが・・・
医療費がふくらんで財政を苦しめるようになって、しきりに予防医学が謳われていますが、このメタボも健康なうちから予防に努めることで避けられます。
小学生の間にもメタボが蔓延してしまう前に、しっかりとした予防対策が必要なのかもしれません。

小学生を対象に、腹囲測定や血圧などを検査し、メタボの危険性がある児童には運動や食事の指導を行なうなどして追跡調査をしていく試みが行なわれている県もあります。
40歳以上といわず、メタボ検診はもっと若い人も対象にする必要があるのかもしれませんね。
早いうちから生活習慣病の予防に努め、将来生活習慣病患者が減少し、医療費や保険料も抑えられるとよいですね。

内臓脂肪はつきやすく落ちやすい 

2009年09月01日(火) 17時14分
少し前までは、ダイエットをする人にとって体脂肪率というものが重要な値でしたが、今では内臓脂肪率を気にする人が増加し、体重計も体重、体脂肪率に加えて内臓脂肪率や筋肉量、基礎代謝量まで測れる高機能なものが発売されるようになりました。
内臓脂肪というのは、外見からでは一概に判断できないもので、太っているから必ずしも内臓脂肪が多いともいえず、逆に痩せて見えても内臓脂肪は多い(かくれ肥満と言われます)という人もいます。

この内臓脂肪に注目が集まったのには、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)という言葉の流行が関係しています。
略してメタボと呼ばれていることが多いのですが、将来的に生活習慣病を引き起こす恐れのある症状のことを言います。
今、日本で生活習慣病患者が増え、医療費を圧迫したり大きな問題となっています。
医療費が増加し続ければ、保険料にも影響し、私たちの生活も圧迫しかねません。
健康面でも、金銭面でも、メタボになるということはかなりのリスクを背負うことになるのです。

内臓脂肪というのは皮下脂肪に比べ、からだの代謝との関係が深く、たまりやすい反面、代謝を上げることで減らしやすい脂肪でもあります。
つまり、食事を上手くコントロールし、適度な運動を続けることで確実に減らすことができるのです。
メタボというのは、日々の乱れた生活習慣の蓄積からなってしまうことが多いようです。
逆に、生活習慣を健康的なものに改めていくことで、その症状は改善されていくと言えます。

日頃からメタボ対策を行なって生活習慣病のリスクを減らすことができれば、将来への健康不安が軽減される上、医療保険などの保険料も安く済む場合があり、健康面、金銭面ともに先が明るくなりますね。
P R
http://yaplog.jp/metabohoken/index1_0.rdf