【 更新情報 】

スポンサードリンク

肩甲骨ダイエットの効果を高める方法

骨盤の歪みを正しつつ、肩甲骨の歪みを正すことによって、全身の歪みを直すダイエットが可能になります。ゆがみのない体は新陳代謝が活発になり、結果太りにくい体を作ることができるとか。肩甲骨の運動は難しいことはありませんので、性別や年齢を問わず取り組めます。腕を大きく回すだけでも筋肉を動かし、血の巡りを良くする効果がありますので、ダイエットが期待できます。肩甲骨ダイエットはとても簡単なのです。肩甲骨は上半身にあるため、座ったままできるメリットもあります。長時間同じ姿勢のままで作業をした時や、毎日のバスタイムなどで肩甲骨のストレッチを行って血の流れを活発なものにすると気分もすっきりします。

脱毛のあとにでも週間付するといいかもしれませんね。
体温がある程度高まっている時に間接を動かすと運動がしやすいので、入浴時のストレッチはいい方法です。ウォーキング時も、腕を意識してしっかり動かしながら歩くことで、肩甲骨の運動効果をアップすることができます。歩くことは有酸素運動なので、背筋を伸ばしやや大股に歩くことで、基礎代謝を効果的に高めることができます。本格的に肩甲骨や骨盤のゆがみを直したい人は、思い切って整体などに通うのもいいでしょう。肩甲骨ダイエットは運動やストレッチも有効ですが、専門の整体師にかかることで歪みのない肩甲骨になるのもいい方法です。

メタボ健診と腹囲

メタボ健診と腹囲は密接な関係があります。メタボ健診でひとつの基準とされるのが腹囲が、男性で85cm、女性で90cm以上がメタボリックシンドロームといわれ、メタボ健診での指導対象となります。
メタボ健診で肥満の度合いがわかるという仕組みになるのです。メタボ健診では腹囲の他に血圧・血糖値・コレステロール値を測定します。これらのメタボ健診の項目は肥満からくる生活習慣病であるか?の検診となりますが、血圧では高血圧の診断ができ、血糖値では糖尿病、コレステロール値が高いと、脳梗塞や動脈硬化になる可能性が高くなる目安になります。
メタボ健診は現代人の肥満からくる生活習慣病全般の検査ができるというわけです。メタボ健診でわかる生活習慣病は、主に高カロリーな食生活や、運動不足、不規則な生活からなる場合がほとんどなので、メタボ健診の数値が高い場合は、生活の改善方法を考えなければ、メタボリックは進行するばかりです。
健康のためにもメタボ健診を積極的に健診して、生活習慣病にかからないよう心がけましょう。

メタボ健診の内容

メタボ健診の内容は大きなものに腹囲の測定、血圧測定、採血、検尿などの検査を受けます。
メタボ健診は病院によって健診内容が違います。メタボ健診は2008年の4月から実施されている特定健康診査、特定保健指導のことです。

このメタボ健診は義務化されていて、40歳から74歳までの健康保険加入者は必ず受けなければなりません。
このメタボ健診の内容、腹囲や血圧などの数値が基準値より高い場合は、医師や保健士、管理栄養士などの専門家から指導を受け、生活習慣病の原因ともされる食生活・運動不足・不規則な生活を改善するようにしないと、いますぐ命を落とさなくても将来的に糖尿病や心臓疾患、脳疾患などの成人病の原因になることがあります。
自分や家族の事を考えて、メタボ健診の診断内容を軽く見ず、医師などの指導に従って改善しましょう。健康なうちにメタボ健診の健診内容を参考に食生活などを改めれば、今より生活習慣病になる確率はぐんと減ってきます。高血圧などの症状が進むと命にかかわる危険な状態になる場合もあります。メタボ健診で自分の健康を守りましょう。

メタボ健診の費用

メタボ健診の費用は、国民健康保険で受けるのか?企業の健康診断などで受けるのか?それぞれでかなり金額が違います。
メタボ健診が40歳から74歳まで義務化されたことにより、自治体などではかなり費用負担が増え、国民健康保険を使っている人でもメタボ健診の費用が5,000円を超えることが多いようです。

自治体によって多少違いますので、詳しくはお近くの国民健康保険などの窓口にお問い合わせいただくといいでしょう。企業などでメタボ健診が有る場合は費用がかからない(無料)の場合もあるでしょうが、安い金額で受ける場合もあります。
これもそれぞれの会社によって違います。せっかくメタボ健診の費用をかけて健診をうけるのですから、メタボ健診の結果を重く受け止め、自分のために生活を改善して、健康な生活を送るようにしましょう。

日本の死因のトップ3はがん・心臓病・脳卒中です。これらはメタボ健診で予防できる生活習慣病です。日本の死亡者の6割がこの病気で亡くなっています。家族のためにもメタボ健診で生活習慣病を予防しましょう。

メタボ健診と企業

メタボ健診と企業の取り組みは今後注目される出来事です。
2008年4月から特定健康診断・特定保健指導としてメタボ健診が義務化されました。2013年からはメタボ健診など健康増進の成果に応じて企業の国に払う拠出金が増減する仕組みが導入されます。これにより企業の健康保険組合などがメタボ健診に積極的に取り組みはじめています。

メタボ健診をアウトソージングする企業も増えてきています。メタボ健診が義務化されたことにより、企業のメタボ対策が急がれていますが、なかなか思うように進んでいない企業が多いのが現状です。
このため、メタボ健診・メタボ対策専門の会社にアウトソージングして保健士や管理栄養士などを派遣してもらい食生活の相談や健康診断を依頼することもあります。

保健士や管理栄養士は面接やカウンセリング、アンケートなどにより食事や運動の指導をして、メタボ健診でひっかからないように普段の生活全般にアドバイスをして、生活習慣病にならない体作りを指導します。

メタボ健診と健康

メタボ健診と健康は深い繋がりがあります。2008年4月からの改正によりメタボ健診が義務化され、40歳から74歳のかたは全員メタボ健診を受けなければなりませんが、まだまだ浸透できてないようです。

企業などでは2013年からの拠出金の増減にかかわるので、特に大企業ではメタボ健診に前向きな取り組みを始めましたが、今の所大企業のみで中小企業までは完全に行われていません。企業などには今後、メタボ健診を受ける割合が低い場合など健康保険組合に対して、事実上罰金を課すということも検討されています。

それだけ国も企業に対するメタボ健診への取り組みを促進しようとしています。メタボ健診は義務化というとかたくるしいですが、自分の健康を守るためには大切な健診です。会社から言われたからしかたなく受けるというふうではなく、自主的にメタボ健診を受けて、自分の健康は自分で守るようにしましょう。
日本人の死亡原因のトップ3は生活習慣病関係の病気です。医師や保健士、管理栄養士の指導には耳を傾けましょう。
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
SEO対策:ダイエット