ローション 

May 29 [Tue], 2007, 13:23
ローションはコットンでふき取るようにしながら同時に水分を補給するもの、手のひらに取り軽く肌を刺激するようにパッティングをしてなじませるもの、ミストやスプレータイプになっていて吹き付けるものなど他にもありますが、ビタミンEやCなどが入って酸化を防げるもの、アロエやローヤルゼリーなどが主成分のものなど天然のよいもの使用しアンチエイジング対策ができるものなど、つけた瞬間に違いのわかるものが増えています。

しかし、ローションは汚れや余分なものを洗い流しバリアフリーになった裸の肌に1番目につけるものなので、お肌の状態に合わない刺激の強いものを選んでしまったり、成分が濃く、実年齢的にも肌年齢的にも選ぶ時期の早いもの(年齢を重ねてから使ったほうが良いもの)などを選んでしまうと、かえって逆効果になります。それに加えて、寝不足や生活習慣の乱れなどから疲労を感じている時はお肌もデリケートになっています。そんな時は洗顔までを優しくしたら、浸透力のよいローションの使用は避けて、(肌につける順番の遠いもの)クリームやトリートメントタイプの美容液だけを使用しすることをお勧めします。

体調も良く通常のお手入れができる時は、水分を充分補給し、次のステップの乳液、クリーム、美容液など栄養を肌に吸収しやすくできるようにローションで筋道を作ってあげましょう。


年会費無料クレジットカード

洗顔 

May 24 [Thu], 2007, 14:55

洗顔料も沢山の形状のものがあります。

クリーム状、ムース状、ジェル状、オイル状、液状などですが、ほとんどのものが、適量を手のひらに取り水を含ませてよく泡立てます(生クリームのように滑らかで弾力のあるあわを作ることがポイントです)それから泡で汚れを落とすように顔も筋肉の流れに沿って優しく転がすように手を動かします。

(摩擦をしないこと上下にこすらないことがポイントです。)


口臭対策


スキンケア クレンジング 

May 18 [Fri], 2007, 14:51


クレンジング

メイクを落とすためクレンジングは、以前は主にクリームタイプが主流でしたが、ジェルタイプ、オイルタイプ、コットンなどに含ませたローションタイプなど、今ではさまざまな形状のものが発売されています。
すべての化粧品にいえることですが、使う用途や肌の状態、好みなどで選択できるようになり、本当に便利になったと思います。化粧品会社のコンセプトなどでも違いやこだわりがあったりしますが、開発に鎬を削ってくれているので、使い勝手や感触、使用感なども良い物が沢山出ています。

使用法としては、クリームタイプはそのまま適量を肌につけ、マッサージするようにメイクや、汚れを浮かせていき洗い流す物や、ふき取りをするものなどがあります。
ジェルタイプやオイルタイプは適量でメイクと汚れを落としてそのまま洗い流すものが多いようです。ローションタイプもコットンでメイクや汚れを浮かせながらふき取りその後洗い流してから次のステップの洗顔をするのが主流のようです。
その他、形状や使用法はショップなどの美容部員さんにカウンセリングをしてもらい、ご自身に合ったものを選ぶと良いでしょう。


シティクリアカードのお申込み

ヘアケアに大切なシャンプー選びと方法 

April 27 [Fri], 2007, 12:53
ヘアケアに大切なシャンプー選びと方法

シャンプーをする上で大切なことは、汚れをしっかり落として清潔にし、同時に血行を促すことです。
一般に販売されているシャンプーの種類は沢山ありますが、中には洗浄力の強い界面活性剤が入っていて、頭皮に必要なうるおい成分まで洗い流し、乾燥してしまうと損傷の原因になります。
ヘアケアをするのに良いシャンプーは、天然成分の物で、汚れや皮脂はきれいに取り除いても、必要な皮脂成分は残しておける物を選ぶようにしましょう。

シャンプーの方法

@ブラッシングをしてホコリなどを取り除き、血行を良くしておきます。
Aお湯でよくすすぎ、汚れやホコリを洗い流します。
B両手でよく泡立てたシャンプーを髪全体にのばし、爪を立てないように指の腹で頭皮をマッサージするように良く洗います。
Cシャンプーを洗い流す時は、十分すすいでシャンプーの成分が残らないようにします。
Dリンスやコンディショナーを適量とり、両手に満遍なく広げてから髪全体になじませていきます。
E新陳代謝を促し、頭皮の血行を促進するためにマッサージをしていきます。
F毛髪にはリンス成分をある程度残しても問題ありませんが、頭皮は良く洗い流します。(頭皮にシャンプーやリンス成分が残っているとフケや乾燥の原因になります。)
Gタオルドライは入念にしましょう。(濡れている髪は、キューティクルが膨張してむき出し状態になっているので、損傷の原因になります。)

さっぱりとした後は、お好みの育毛剤や養毛剤を塗布してマッサージすると、効果的なヘアケアができます。

画像安定装置

カツラの金額 

April 24 [Tue], 2007, 14:43
カツラは、量産されてる人工毛制のツーべタイプなどは、数千円単位から購入することができます。
通信販売などでも安価な物が購入できるようになりました。

日常的に使用する場合の既製品で3万円くらいから、素材によっては数十万円のものもあます。
人工毛で、ベースになる部分も、メッシュタイプの頭皮にフィットする素材でオーダーメイドをする場合は
40万円くらいから60万円くらいが平均的な価格です。

耐久性は2年から3年くらいです。メンテナンスやお手入れをこまめにすれば5年くらいは持つ物もあります。日常的に使用する場合は、ストックも必要になるので、2つ購入しておくことを考えた方が耐久性も伸びて1つをメンテナンスに出した時にも困りませんし、1つ洗って乾かしている間に2つ目を使用し
交代で使うことにより両方の傷みも軽減され、長く使用することができます。

口臭対策

カツラの種類 

April 20 [Fri], 2007, 13:53


カツラには、全体を覆う全カツラ(オールタイプ)、気になる部分や必要な部分に使用する部分カツラ(ツーペタイプ)
エクステンションなどに分けられます。また、和装用に前髪だけは自毛をだしてトップ部分からつける、半カツラ(ハーフタイプ)
もあります。

年会費無料クレジットカード

カツラの素材 

April 13 [Fri], 2007, 10:08
カツラは人毛の他に、ポリエステルやアクリルといわれる化学繊維(人工毛)で、できているものがあります。

人毛の特長は、やはり本物の風格や、つやが違うことです。今は製造技術が向上していますので生え際なども
ほとんどカツラとはわからないので、人毛の場合は見分けがつかないといってもよいでしょう。
しかし、人毛は毛自体に重みがあり、水分を吸ってしまうというリスクがあり、雨などにぬれてしまうと
スタイルが崩れてしまうこともあります。
また、カールやウェーブスタイルにしているとパーマが伸びてくるので定期的なメンテナンスが必要で
管理が悪く、乾燥などした場合は、枝毛にもなり変色するので、その場合もメンテナンスが必要になります。
素材も技術的な面でも、金額的にはコストは高めといえます。

人工毛(化学繊維)の場合は、大量に生産されていてカラーなども豊富なので手軽に使用できるという
利点があります。また一度スタイルを決めると、雨などの水分が着いてしまっても吸収しないので
汚れたら簡単に洗うこともできるという利点があります。
それに、人工毛の最大の特長は軽量に仕上げることが可能なので、つけているのを忘れるくらい
使い勝手がよいことです。また、人工毛に比べると手間がかからないのでコスト的には手ごろな値段で
利用することができます。
しかし、科学的に作られている物なので、高熱で伸びてしまうことと、火に弱いというのが欠点です。

他には、メッシュヘアなどのカラーに変化をつけて作る場合は、人毛と人工毛を混合させて作る場合もあります。

画像安定装置
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:met1
読者になる
2007年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる