2004年12月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:merry3211
読者になる
Yapme!一覧
読者になる
嵐の5人 描いてみた・・・。 / 2004年12月20日(月)
南くんの恋人(1)
深田恭子

by G-Tools
【南くんの恋人】ゾロサン変換遊び中、
ニノを見てたらなんとなく
メンバーを描いてみたくなった。

う〜ん・・・やらなきゃよかった気がするけど
誰が誰だかわかるかなぁ〜・・・?
見てみたい方は
ここ↓へどうぞ
    

参加してみました↓

人気blogランキング
元祖ブログランキング



 
   
Posted at 10:12 / 漫画 / この記事のURL
コメント(0)
ハチミツとクローバー / 2004年12月18日(土)
ハチミツとクローバー (1)
羽海野 チカ



Amazonで詳しく見る
   by G-Tools
おもしろくてかわいいはぐちゃん
 
   
Posted at 02:07 / 漫画 / この記事のURL
コメント(0)
林明子さんの絵本 / 2004年12月15日(水)
きょうはなんのひ?

by G-Tools
林明子さん大好きv

絵本はもともと好きで、何十年もいろんな絵本を見てきても、
最終的には林明子さんの絵がやはり一番心地好く感じる。

子どもの頃に岩崎ちひろ先生の挿し絵や絵本に魅了されて以来、
いろいろ印象深い絵本はあったけど
今も手元に置いて頻繁に開くのは
林明子さんの【きょうはなんのひ?】と【こんとあき】の2冊だ。
どちらもすごく有名・・・の筈。
【こんとあき】は女の子とキツネのぬいぐるみこんのお話。
キツネのこんは男前!そしてすごぉ〜くかわいい。
あきのために身体を張る姿なんて、
そりゃもう、サンジのようで・・・あ、けっきょく、また
なにもかもがサンジにつながってしまうよ^^;軌道修正〜。

あ、えぇと、だから、あと【きょうはなんのひ?】。
これはもう、お母さんと女の子とお父さんとその家庭がすばらしい。
ごく普通の家の中がすごく克明に描かれていて、
その様子は昭和の一般的家庭・・・?といった感じかな。
内容は・・・宝探しふうとでも言えばいいのかな。
小さな女の子に
読み聞かせてあげたらちょっとワクワクしてくれるかも・・・?
あ、ウチの中1の娘もこの本は未だにお気に入りだし。
とにかく家の中の描写がとてもいいです。大好きv
まるでロロノア家のように温かい家庭・・・って、
違うから!軌道修正再び・・・・。

林明子さん、他にもいい本いっぱい描かれてますね。
【はじめてのおつかい】とかも。
何年たっても色あせない絵を描かれるというのは
本当に素晴らしいと思う。
憧れだ・・・v

参加してみました↓
元祖ブログランキング
人気blogランキング


 
   
Posted at 08:30 /  / この記事のURL
コメント(0)
中原中也 / 2004年11月30日(火)
中原中也詩集
中原 中也 吉田 ヒロオ

by G-Tools
中原中也
教科書の写真ってみんな見たことあるよね。
あのルックスはどうしたことかと思いますが。
当時の男の人としてどういうセンスだったのか
いまいち、微妙・・・。

高村光太郎好きはもう暴露してあるとおり、
実は泊はけっこうポエム好きなんであ〜る^^;

ネットサーフィンとかしてて一番むかつくのが
本人とジジババくらいしか喜ばないような、
子どもの写真満載の『親ばかサイト』と
独りよがり極まりない『ポエマーサイト』なんだけど。
そういうワタクシも
ポエムまがいのコンテンツもあったりしてるし
いや、そこは自分大好きの【B型】人間だから、
いいのさ。それは。/(≧∀≦;)\

で、中原中也はやっぱ、はずせない人ね。

【北の海】と言う作品は
大島弓子の【海にいるのは・・・】でもつかわれてるし。

海にゐるのは、
あれは人魚ではないのです。
海にゐるのは、
あれは、浪ばかり。

どうしよう・・・綺麗だ。

綺麗で繊細なだけでなく、
あの武田鉄也がちょこっと歌っちゃったアレ、
♪思えば遠くへきたもんだ〜♪みたいな、
しっかり骨太なオヤジっぽい感慨の詩もあったりするし。

【愛するものは死んだのですから 確かにそれは死んだのですから】
↑こういう、
胸がぎゅぎゅんとするような、
せつないゾロサンやってみたいよ。いろいろ力量不足で
追いつかないけど、それこそ
【畢竟、意志の問題だ】・・・ですね^^;

↓に続く
 
   
Posted at 08:23 /  / この記事のURL
コメント(0)
中原中也 ↑の続き / 2004年11月30日(火)

あとは〜、中也じゃないけど、
【いちめんの菜の花・・・・】とか【夢見たものは・・・】等等。
誰か判るよね。

それと童謡にもいいのがあります〜。
野口雨情vとか!
【青い眼をしたお人形は〜♪】
青い眼と言えばほら、もう、サンジvvv
【雨降りお月さん】もいいな。
〜♪シャラシャラシャンシャン鈴つけた〜♪
童謡だけじゃないな【船頭小唄】とかも雨情だったっけ・・・。

あ〜、それから蕗矢虹児。
【金襴緞子の帯締めながら〜♪】←大人になって聴くと、
この歌はあまりにせつない。
ここから先は竹久夢二とか
またまたメロメロの大正ロマンの世界に入っちゃうのでまた後日。

金子みすずはブームになり過ぎ。嫌いじゃないけど。

宮沢賢治は・・・微妙〜。嫌いじゃないけど。

まぁ、それで、何が言いたいのかというと、
日本語は美しいよね!ということかな。
あやつりたいよ。美しい日本語を。


参加してみました↓

人気blogランキング
元祖ブログランキング





 
   
Posted at 08:17/ この記事のURL
コメント(0)
大島弓子 / 2004年11月27日(土)
秋日子かく語りき
大島 弓子

by G-Tools
大島弓子

この人も萩尾望都さんたちと同じ24年組に入るのかな・・・?
年代的にはそうだと思う。
大島弓子のことを
少女漫画界の吟遊詩人と言った人がいたよね、確か。
あれ?違う人の事だった??

でも、詩人だわぁ〜〜〜、と思うので。この方。
【綿の国星】がやっぱり代表作になるんだろうけれど、
珠玉の名作がありすぎですね、大島弓子先生v!

私の子ども時代からずっと活躍されてるので
古い方にはちがいないんだけど、
絵柄が昔から新しい感じがしてた。
ドコカ違うんだよね。
昔の少女漫画だからキラキラ光るデカイ目とか描いてても。
あ〜、キラキラ光ってはいなくて、
でかくてもフィルターの掛かったような目だったかな。
で、だんだん、いろんなものを脱ぎ棄てていって、
シンプルな線になって、
すごく完成された絵柄になっていったんですね。この方は。
長年漫画家やってらっしゃると、絵柄の変遷で、
あきらかにこの人、方向間違っちゃったな、
と言う感じの否めない方が多い中、
大島弓子は垢抜けて成功してる。

飼い猫モノだけじゃなくて、もっといろいろ、
描いてほしいと切実に思う。
ごくたまに、発表される読みきりも、期待を裏切られた例がない。

↓に続く
 
   
Posted at 08:12 / 漫画 / この記事のURL
コメント(0)
大島弓子 ↑の続き / 2004年11月27日(土)
 タイトルだけでまいっちゃう時もあるほど、
この方の言葉選びには脱帽。
(けっこうイイカゲンにつけてるタイトルもあるらしいが^^;)
大島作品でタイトルだけでクラっときたもの。
【たそがれは逢魔の時間】
【リベルテ144時間】
【草冠の姫】
【ローズティーセレモニー】
【桜時間】
【アポストロフィS】
【四月怪談】
まだまだあるけど・・・・・・・。
【たそがれは逢魔の時間】←特にこれは、
もう、想像力を刺激されるところといい、
このタイトルだけですでにゲイジュツv

次は大島作品好きキャラは〜^^
【アポストロフィS】のメンソールこと司馬 乱
【七月七日に】の奥羽浅葱
【バナナブレッドのプディング】の奥上大地
【ヨハネが好き】の夜羽
【いたい棘いたくない棘】の須崎かほる。
あ、男ばっか^^;
もちろんもっといっぱいいますけど。

で、作品で言うと・・・、
【海にいるのは・・・】
【七月七日に】
【ローズティセレモニー】
【ヨハネが好き】
【秋日子かく語りき】
【きゃべつちょうちょ】
【四月怪談】
【アポストロフィS】
・・・・・なんだよ、全部になっちゃうよ。やめとこう^^;

【海にいるのは・・・】
・・・寄せる真実・・・返す偽り・・・
寄せるいつわり・・・かえす真実・・・
               
とにかく好きv

【七月七日に】←これはもう、
戦中戦後の話しでBLでメルヘンでせつなくて。はずせない。

【ローズティセレモニー】は
出だしのエリュアールの詩にやられちゃった!
今でも出だしならソラで言えるくらいだよ。

ぼくの生徒の日のノートの上に
ぼくの学校机と樹木の上に
砂の上に 雪の上に
ぼくは書く おまえの名を

たまんないわ・・・。

【ヨハネが好き】はヨハネの
『テープを切りたいんだ』のセリフがもう〜、いいです。

こんなに、アレが好き、
これが好きって書き出してるだけでしょうもないブログ。
いつもだけど(笑)
自己満足の場なんでお許しください。
ここ読んでる人もそうはいないと思うので^^;


参加してみました↓

人気blogランキング
元祖ブログランキング









 
   
Posted at 08:06 / 漫画 / この記事のURL
コメント(0)
御手洗潔と石岡和己 / 2004年11月25日(木)
異邦の騎士 改訂完全版
島田 荘司

by G-Tools
島田荘司といえばやっぱり御手洗潔。
最初読んだとき素直に面白かった。
この人も宮部みゆきも、
中身がどこか少女漫画的要素が感じられて
そこが好きになる理由だと思う。

しかも、御手洗シリーズは同人誌も出てるしね。
『御手洗さんと石岡くんが行く』とか。
サンジにはまる以前に買っちゃったりしてた。
どの話だったっけ?御手洗が石岡君に感じた
BLっぽい気持ちを語ってるとこがあって、
(同人誌じゃなくて)あれはいいよね。うん。

石岡君。かわいいんだ。お料理とか作っちゃって。
【異邦の騎士】はたしか、
石岡君と御手洗さんの出会いの事件だったっけ?
ずいぶん前に読んだのでほとんど忘れてるけど。

御手洗ものと刑事の吉敷もの両方好きだけど。
吉敷もいい男なんだよね。見た目も。
キャラが魅力的です。島田荘司は。
自分的に推理小説系でせつなくて泣けたのは、
島田荘司の【奇想天を動かす】だけ。
これ読んだ時の自分が凹んでる境遇にあったものかどうか、
なんだか泣けちゃった覚えがある^^;

あ、そういえば、京極の榎津礼二郎。
ちょっと御手洗入ってませんか?
島田荘司ご本人も御手洗っぽいよね^^なんとなく。

あれ?京極堂は映画化されるけど、
御手洗って映像化されてなかったかな??無理?

あと、島田荘司のロス疑惑の三浦和義を取り扱った本。
アレを読むと、マスコミについてとても考えさせられる。
三浦さんの見方も変わった。

確か夏目雅子の訃報と
三浦和義逮捕ってすごく近い出来事だったような・・・。
あの頃とても、わさわさと、
毎日落ち着かないような気持ちがしてた。多分。



 
   
Posted at 08:01 /  / この記事のURL
コメント(0)
夏目雅子・・・本人も星花火 / 2004年11月24日(水)
星花火―夏目雅子写真集

by G-Tools
夏目雅子
ウン十年生きてきて、日本人の女優さんの中でこの人の顔が、
今でも一番理想に近いと思う。
(奈良の興福寺の阿修羅像を見ると、
あの眉根を寄せたあたり、目元が夏目雅子だ。
と、思ってしまうのは私だけ・・・?)
とにかく見ていて気持ちのいい顔だった。声とかも好きだったな・・・。

人でも、物でも、なんでも綺麗でかわいいものが好きだ。
夏目雅子は綺麗でかわいい人だった。

主演作の中で【時代屋の女房】というのがあって、
これは共演の渡瀬恒彦も
まだあんまりオヤジ臭くなくっていい感じだった。
この映画のように暮らしたいものだとマジで思っていた。
(今でもわりと思っている)

あとはやっぱり『なめたらいかんぜよ!』ははずせませんね。
【鬼龍院花子の生涯】
もともと宮尾登美子に一時期凝ってたし。
この映画はいい世界見せてくれてる。

それと【魚影の群れ】この三本が
私の夏目雅子主演映画のベスト3かな・・・。
まだまだいいのあるけど。

ここに載せた【星花火】は写真集&夏目雅子の俳句集。
素直〜な言葉で俳句作ってて、好感度大。

『大女優になるより人間として潔く生きたい』と言った彼女は、
ほんとにまったく、
潔すぎるほどに、27歳の若さで逝ってしまったわけだけど・・・。

すごく好きだったらしい伊集院氏(光じゃないよ)と
結婚した後の俳句、
『結婚は 夢の続きや ひな祭り』がなんか哀しい・・・。
ゆめのつづきのまんま逝っちゃったんだなぁ・・・。

この伊集院氏との結婚発表を
彼女が一人で自宅のお庭かなんかで
普段着でやってた記憶がある。
その時耳につけてたのが、聖子ちゃんから
プレゼントされたお揃いのピアスだかイアリングだったってのは、
今ではもうマニアックな事実・・・。






 
   
Posted at 07:54 /  / この記事のURL
コメント(0)
大草原の小さな家 / 2004年11月23日(火)
大草原の小さな家 第1集

by G-Tools
ローラvvv

時々再放送されるたびに見てるけど、
何度見ても泣ける・・・。

思えばまだ小学校時代
スイミングクラブの送迎バスを降りて
ダッシュで家に駆け込んで見てた記憶があるから
最初の放送はン十年前になるんだろうけど・・・。

あのお父さん、マイケル・ランドン演じるチャールズは
理想のお父さんで夫だったな。
ああいう人とああいう家庭が作りたかったのに
今の私、どうしたことかしら(笑)

ローラのものの考え方がすごく共感できて、
開拓時代のアメリカに浸っていた。

仲間意識とか権力にただでは屈しない姿とか
そりゃもう、ワタクシの愛するあの漫画に通じる要素が
そこかしこにあるし。
何回見てもいいや。やっぱりv

それから何が好きって、後にローラ一家の養子になる
アルバートだ!
彼の愁いたっぷりの眼差しには子どもの頃からやられていた。
今思うと孤児院を抜け出して
幼い頃から一人で生きてきた境遇に
マイ・スゥイートハニー・サンジがダブるダブる(笑)
しかも彼、後々若くして病気で死んでしまうし。
その前に麻薬中毒になっちゃったりとか
(ほらほらこの辺、影響受けまくり^^;)
美味しいエピソードたっぷりの子だったな〜v
坂上忍くんの声もよかったよ。
(坂上くん、最近2時間ドラマの犯人役ばっかだけど)

また再放送しないかな・・・ローラ大好きvvv
 
   
Posted at 07:48 / 映画・TVドラマ / この記事のURL
コメント(0)
  | 前へ  
 
Powered by yaplog!