愛ナラバ言ウ 

2006年09月01日(金) 0時00分


「この曲、これから先の季節にいいんだよ」

って手渡してくれた曲は

聴けば聴くほどに 切なくて

噛みしめれば噛みしめるほどに 切なくて

張り裂けるようなその想いまでも

秋の空へ向けて 想いを放つ。。。




英語で書かれているその言葉

どんな意味だか聞いてみたら

傍には居ない だったっけ?




愛ならば言う が 傍には居ない になるって

すっごい切ないね。



いつか・・・

そうなる日がやってきて

それでも

気持ちは繋がっているのだろうか



終わりは 怖いけど

終わりの怖さに負けないくらい

今を 繋がって行きたいね


探している。。 

2006年08月04日(金) 2時05分



駄目だね

もうそれは自覚しているくらい

残酷に 鮮明に

自分の中で はっきりと影を落とした。





その 今は居ない存在が

非常に大きく 穴になり

其処から吹く風が 痛いんだ。




みんなが居るのに

どんどん一人孤独さが増し

何をやっているんだろう?

って 漠然としてしまう







その文章

そのやり取り

全てが 私にとっては

最高だった。







また 探し始めている

居なくなった人の影を

また 歩き出してしまいそうだ

長いトンネルへと向かう道を



カクレンボ 

2006年08月02日(水) 18時49分

いろんな事やらなきゃいけなくて
待たせている人も居たりして
でも
あえて人が目を向けている方には書かず
忘れ去られたようなスペースに
ひっそりと滑り込む。


元からここを知っている人間は限られていて
その中で
誰か見つけてくれるかな
なーんていう 他人任せな事を考えている
まだまだだな、、、


人と交じり合うのには
体力と気力が必要で
キャパが少ない私には
それがちょっとしんどくて

でも、、、
発見って物があるのだと
今 ごちゃごちゃした中で考えている。



信頼って
程よい寄りかかりなのかな。。。

その加減がびみょーだけどね
でも そんな風にすら感じてしまう。

寄りかかり過ぎないようにしないとな・・・
バランスってモノは
危ういから

タイミング 

2006年07月31日(月) 20時44分



今日 

君と同じタイミングで

窓を開いた。



これで2度目

その偶然が

ちょっと嬉しい

一つ一つの感情 

2006年07月31日(月) 6時47分


君の喜びも

君の怒りも

君の嬉しさも

君の悲しみも



それらの浮かび上がった感情は

どれも 正しさも 誤りもなく

ただただ そっと

君自身が救い上げなければいけないモノ。



理性や正論で

その姿を変えてしまう前に

それが存在していたことを 自分の中で見つけてあげないと

いつの間にか

呼吸が出来なくなる。




それらの感情全ては

次のあなたを作り出す

要因のひとつなのだから




未来のあなたへ繋げる

一つ一つの大切な歩みなのだから。。。。







猫的毛玉 

2006年07月29日(土) 10時38分

とある所に
それはまるで 猫が毛玉を吐き出すように
あふれ出たものを書いていた。


今にして思えば
弱い自分がもがいている
タダそれだけの文字達。


でも その時は恐らく
必死だったはず・・・


何となく 恥ずかしい反面
その過去の自分を残そうと思った。
タイトルが漢字ってのも
なんだか面白いなーと思ったから。



もう直 その居場所から卒業する。
思えば・・・・
あそこは リハビリの場所だったかもしれない。



もうね
振り返っても あの時のようなものは
かけないかもなー って

学生時代
あの頃には帰れない そんな感覚

個人的な思い出だけつれてきた。
特に、、、
弱っている時の自分を・・・・

カテゴリ『++過去++』 は そんな思い出のページ

破正異論壊 

2006年07月29日(土) 10時37分

正論を ぶち破りたい

内なる異なるもので

破壊してみたい。





何処かしら窮屈で

何処かしら退屈で

そんな枠に 閉じ込められるのはごめんで

だけど一方で・・・





違う角度から確かめてもみたいんだ。

どんな事柄でも

そこにそれが誕生するには『理由』が存在するから

でも語り継がれる間に

どこかが変わり

『今』にあわなくなりつつあるのかもしれない

それを 確かめてもみたい





壊しながら自分だけのモノを

見つけ出していく。

破壊のもう一つの意味は

再生

その意味を知る人は少ないだろう。

そこにまたひとつ

何かを超えた人が見た世界があるんだろう

それを見てみたい。。。





つまらない人間で終わりたくはない

自分がもっと自分を楽しめるようにしなきゃ

此処に居る 意味がない

って ニヤリとしながらもう一人の自分がいう


2006年 6月 16日

−耐性− 

2006年07月29日(土) 10時35分

それは互いに向き合いながら

それぞれの手に

それぞれの注射器。



一つの問題が

立ちはだかる時

そうやって 互いの手に注射器を持つ。



中に入っている液体は

それぞれの『思考』


顔を見合わせて

プスリ と打ち込む。



暫くして

変化が訪れるんだ。



激しく拒絶したら

もうそこで その関係は The End

「受け付けない」というのは きっとそんな感じ。



苦しみながらも

どうにか乗り越える。

そこに『抗体』というものが作り出される。

「アイツは そういう奴なんだ」って

身体が 楽になる




そうやって いくつかのモノを乗り越えてきた。

互いに それぞれに対しての『耐性』を持つ相手。




ホッとして いるのもつかの間

君はもう

その手に また新しい注射器を持とうとしている。




次のそれに 耐えられるのかな・・・

耐え切れなかった時が

自分の限界



また一緒に

その先の風景を見れるのかな

君はいつも 容赦ない。

でもそれすらにも

私の中で 耐性は 出来上がってしまっている。


2006年 6月 12日

於嘉会里 

2006年07月29日(土) 10時33分

ボンヤリと
宙に浮かぶ感情
なかなか
いいものだ。




          君が
            居る
              安心感


                                互いに
                             別々な
                          自由感







    そこに感じる幸せと




    感放解なまま気由自    








手に入れたい感覚は
ひょっとしてこれ?
ボンヤリと
もんやりと
プカプカ宙に舞っている
この感覚が

心地良い

安らぎ



2006年 6月 10日

欲存在 

2006年07月29日(土) 10時31分




友達 ハ 要ラナイ



欲シイノハ



同士






心配 モ 要ラナイ



気配 ヲ 感ジラレルダケデ



独リ デハ ナイカラ。


2006年 6月 3日
2006年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
アイコン画像ME
» 発無意味駄見 (2006年07月29日)
アイコン画像ME
» エライコッチャエライコッチャ (2005年06月17日)
アイコン画像usatyan
» エライコッチャエライコッチャ (2005年06月16日)
アイコン画像ME
» 戦い済んで日が暮れて (2005年06月08日)
アイコン画像黒鱒
» 戦い済んで日が暮れて (2005年06月08日)
アイコン画像ME
» 戦い済んで日が暮れて (2005年06月08日)
アイコン画像黒鱒
» 戦い済んで日が暮れて (2005年06月08日)
アイコン画像ME
» 希望条件 (2005年06月07日)
アイコン画像黒鱒
» 希望条件 (2005年06月07日)
アイコン画像ME
» 希望条件 (2005年06月07日)
★プロフィール★
■名前■ ME                      Windows Meから取りました。  
■好きなモノ■         ちっちゃいもの、乾物系、恐竜の子孫などが好き                         最近は脳科学にも興味あり。 
■セールスポイント?■    ちょっと人とは変わった思考回路らしいです(謎)w
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:meroom
読者になる
Yapme!一覧
読者になる