何故 

June 26 [Sat], 2010, 8:40
女友達の相談を受けた


なんだかクラスの男が好きみたいで


好きすぎてどうしようとかいう話を登校中にしていた


次の休みの日に2人で遊びに行く約束をしたみたいで


俺はよかったねーって思って話していた



途中友達が合流したので、話の続きは放課後になった


いざ帰りになって、話し出してみると


いきなり泣き出し、チャラ男すぎるんだよアイツ!と


俺に訴えてきた


何かあったの?と聞いたら


どうやら男は他の女の子にばっか話しかけてるみたいで


それが気に入らないみたいだ


僕が思うにチャラ男以前に優男なんだと思う


女の子が言うに、体調悪くなったりすると毎回電話してくれる、とか


何か嫌なことあったら俺に言って!相談乗るから!とか


色々気にかけてくれていたらしい


彼は色々な気遣いのできる上にイケメンのパーフェクトな男なのだ


別に下心がない訳じゃないだろう


下心あっての優しさもまた優しさ


それで女の子が毎日元気に登校するようになったのだから、俺は男に感謝している


でも女の子は「迷わせる事するくらいなら優しくしないで欲しかった」って俺に当たった




・・・どうだろう


俺はこの考え方は間違っていると思う


付き合っている訳でもない
色々な女の子と喋っているのを知っての上で好きになった
俺の推測だが、他に彼女がいたって訳じゃなく、その日は偶然絡まれなかっただけだと思う


俺は恋愛、とゆーか片思いしてる女の子はちょっとエキセントリックで恐いし


正直何も意見したくないんだけど


その子があまりにモトカノと同じ思考回路だからつい口から出ちゃったんだ


彼は悪くないと思うよ。
まぁ勘違いさせてくるのは悪いと思うけど、ただ君が心配だったんだよ。
本当に彼は優しい男なんだね、俺にはそんな気遣い出来ないよ。
なのに彼を攻めるのは間違っていると思う。


って言ってしまった・・


別に怒った口調で言った訳ではない決して!


これでも俺はオブラートに包んだつもりだ


ビミョーな乙女が壊れないようにね。


全て受身になるように。


しかしまぁ・・あまりに自分中心に考えているものだから


つい反論してしまった・・


俺は知っている


この手のタイプの女の子には


とりあえず気分が落ちている時に、更に自分が間違っているなどと言ってしまうと


反省するどころか、「なんで落ちてる私にそんなひどい事言うの?」みたいな切り替えしが来る


自分から相談してきて、その事に対して自分を責めるような意見をするとキレる


まるで子供みたいな女・・・


そう・・まるで昔のモトカノみたいなね


これは推測だが、多分だが今はその男の事よりも、俺にキレてるんじゃないか恐い。


それに俺の言った意見の一つ、「男を責めるのは間違ってるんじゃない?」


なんて最大のミスだとわかった。


これじゃ結局女の子が悪いって言い方に聞こえてしまう。責める相手がいなくなる。


そうなるとやっぱ俺にキレてストレス発散とかしてんじゃないか恐ろしくて眠れなかったよ・・・。


昔の俺だったら他人なんてどうでもいいと思っていただろう。
だから話を聞いてあげようが、目の前で泣かれようが
とりあえず全てその子の都合のいいようにテキトーに「うんうん」聞いてあげて
結局心の奥底ではあざ笑っていたのだろう。


でも今回はちゃんと自分の意見をしてみた

それが間違っていたとしても

その子のために思った発言をした


少しは成長したのかな。

でも言う相手を間違えたかな・・


その子に嫌われて、責められて

それで気が済むなら俺はそれでもいい

周りにひどい奴って言われても

実際そのとーりだし

俺は心の奥底から優しくなんて出来ない

無関心な男だから

今の環境にいるほうが間違っているのかもね。


このブログは友達に教えていないし

大丈夫だとは思うけど

もし見られたら言い訳してるって思われるんだろうな

やっぱり書くべきじゃないと思った

けどさ、やっぱり俺もガキだし

相手に不満もあった訳だから、どこかにぶつけたい気持ちがあったのさ

ま・・どうでもいいよねそんな事


長文失礼した

P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:SIn@くろすけ
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:1992年2月6日
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 現住所:神奈川県
読者になる
ピアス好き
気ままに生活してる専門学生
とりあえず眠くて死ねる
2010年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
Yapme!一覧
読者になる