のっぴきならない理由にて 

June 25 [Sat], 2005, 12:22
夕食の時に、彼氏のNさんが私の顔をまじまじと見ながら『老けたなあ〜』
とつぶやいた。時間が凍りつくとはこの事である。なごやかな夕食は暗転し、
重い空気が充満した。角を曲がったことにおびえている26歳の女にとって
はまさにトドメの一言であった。Nはおのれの犯した大罪にきずいたのか
目を泳がせながらひたすら食べ物を咀嚼する事に専念している。
Nの隣で『怒』のエネルギーを発しながらも、私は他人の目にも分かる程老化
が進んでいる事にショックを受けた。、このままではいけないと、
私は拳を握りしめた。『ゴーゴーアンチエイジングよ!』
単純さゆえに明日への意欲に燃えるところが私の良い所ではなかろうか。
翌日、わたしは『東急ハンズ』へと向かった。
私はハンズの回し者ではないが、本当に何でもあるので、良く利用する。
オヤジが飲み屋で『とりあえずビール』という感覚とおなじで、
『とりあえず、ハンズ』である。
美容関連のコーナーにいくと、数々の化粧品やグッズが『プルプルの赤ちゃん肌に』
やら、『トラブルの無い肌へ』など、甘い文句で誘ってくる。もう、何度もダマされた
経験を持ち、その度に泣きを見るが今度こそ、と思う。男と同じだわ、グスン。
と分け分からなくなった所ですごい物を発見した。その名も『皺取麗子』(シワトリ
レイコ)某有名コミックのタイトルをもじったのは間違いない。許可とかいるのかな?
という素朴な疑問はさておき購入した。優柔不断の私にしては満足いく即買いぶり
であった。これは白いシリコンが程よい大きさにカットされており継続してシワに
貼る事でシワが目立たなくなるらしい。しかし、この手の商品は買っただけで
目的達成感を味わってしまうため実際試さぬまま埋もれてしまう事がよくあった。
買った事さえ忘れ、数年後、大掃除の場で懐かしの再会というやつだ。
そうならぬよう、早速今日にも試さねば。
シワトリレイコを握る手に力を込めて帰路の電車に乗った。
2005年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:meron26
読者になる
Yapme!一覧
読者になる